ひげ太郎 ライターひげ太郎

その他

男性の体毛が濃くなる原因を徹底解説!

体毛が濃いことで悩んでいる男性はいませんか?

髭だけではなく、腕毛やすね毛、脇毛、胸毛など、全身の体毛に悩まされている男性はたくさんいます。

体毛をうまく処理できずに、悩みを抱えている男性必見!

体毛が濃くなる原因から、正しい処理方法まで解説していくよ!

体毛が濃い原因は?

男性ホルモンが多い

体毛が濃くなる原因には、「ホルモンバランス」が密接に関係しています。

人間の体には通常、「男性ホルモン」と「女性ホルモン」が体内でバランスを取りながら共存しています。

しかし、何らかの原因で「男性ホルモン」が活性化してしまうと、体毛が濃くなる傾向があります。

また、男性ホルモンが活性化している男性は、性格にいくつか共通点があるとされています。

 

男性ホルモンが活性化している男性は、いわゆる「男らしい性格」であると言われており、リーダーシップをとる人や独立心が強い人が多いとされています。

さらには、「性欲」も強くなる傾向があると言われています。

 

体質の遺伝

自分の家族や親戚に体毛が濃い人はいませんか?

もし血縁関係のある人の中に体毛が濃い人がいる場合は、その遺伝を受け継いでいる可能性があります。

また、その遺伝は自分の子供や孫にまで受け継がれることがあります。

 

外部からの刺激が多い

体毛は男性ホルモンだけではなく、肌のダメージによっても濃くなる場合もあります。

これは、人間の体の仕組みが関係しています。

例えば、怪我をすると怪我をした部分の皮膚を守ろうとするため、毛が太くなったり、毛の量が増えてしまったりすることがあります。

そのほか、カミソリや衣類の摩擦などによって皮膚が刺激され、体毛が濃くなることもあります。

 

食生活によるもの

男性ホルモンによって体毛が濃くなっている場合は、食生活を改善することで体毛を薄くすることができる可能性があります。

人の体は、酸性になればなるほど毛が生えるスピードが早くなることが医学的に報告されています。

毛の成長スピードを遅くするためには、体をアルカリ性にする食事を意識的に摂ることが大切です。

次のような食事を参考にしてみるといいでしょう。

体毛が濃くなりやすい食事

チェックポイント!

  • 肉などの高タンパク質の食品
  • エビやカニなどの甲殻類
  • イクラやたらこなどの魚卵
  • カップ麺などのインスタント食品

体毛が薄くなりやすい食事

チェックポイント!

  • わかめなどの海藻類
  • 大豆などのイソフラボンを含む食品
  • バナナやグレープフルーツなどの果物
  • ごぼうやほうれん草などの食物繊維の多い食品

また、食事の内容に気をつけるだけではなく、「不規則な食生活」にならないように意識することも大切です。

不規則な食生活を送っていると内臓に負担がかかり、体がストレスを感じるようになります。

ストレスはホルモンバランスを乱す原因となり、男性ホルモンを過剰に分泌して毛を濃くしてしまう恐れがあります。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを保つためにも、朝昼晩に栄養バランスの取れた三食を決まった時間にきちんと摂ることが重要です。

 

体毛が濃い人と薄い人の違いは?

体毛が薄い人の特徴

体毛が薄い人の特徴として、次のようなものがあります。

 

男性ホルモンが少ない

人の体は通常、男性ホルモンと女性ホルモンがバランスを取りながら共存していますが、体毛が薄い人は男性ホルモンが比較的少ないとされています。

 

毛穴の数が少ない

体の毛穴の数は生まれつき決まっており、年を重ねることで増えたり減ったりすることはないとされています。

つまり、生まれつき毛穴の数が多い人は体毛が濃くなり、毛穴の数が少ない人は体毛が薄くなる傾向があるのです。

 

体毛が濃い人の特徴

次に、体毛が濃い人の特徴として、次のようなものがあります。

 

加齢によるホルモンバランスの変化

体毛の濃さに影響するホルモンバランスは、年齢によって分泌量が変わっていきます。

男性は年を重ねると男性ホルモンが減少する人と、反対に男性ホルモンが増加する人に分かれます。

男性ホルモンが増加する人の場合、体毛が濃くなります。

 

筋肉トレーニングのしすぎ

筋肉トレーニングをすると、男性ホルモンが活発化します。

頻繁に筋肉トレーニングをしている人は、それが原因で体毛が濃くなっている場合があります。

 

ストレスや食生活

ストレスを溜め込むと、男性ホルモンの分泌量が増えることがあります。

ストレスの原因は多岐に渡りますが、主に過度なダイエットによる食生活の乱れがホルモンバランスに大きく影響し、体毛が濃くなることがあるとされています。

 

髪の毛・髭が薄いのに、体毛が濃いのはなぜ?

体毛と髪の毛は、それぞれ関係するホルモンが異なります。

体毛は「男性ホルモン」の分泌により濃くなりますが、髪の毛は「女性ホルモン」が成長を促すのです。

つまり、体毛が濃い人はもともと女性ホルモンより男性ホルモンの分泌の方が活性化しているため、髪の毛が薄くなる傾向があるのです。

 

男性の体毛について女性の意見は?

ポジティブな印象

体毛が濃いことで悩む男性は多くいますが、意外と女性から好まれる場合もあります。

よく見られる意見としては、「体毛が濃い方が男らしい」という意見や「クマみたいで愛らしい」など、様々な意見があります。

反対に、綺麗に整えられていたり、全く体毛が生えていないツルツルの状態であったりする方が違和感を感じる女性も一部存在するようです。

 

ネガティブな印象

濃い体毛は一概に悪いとは言い切れませんが、悪い印象の方が多いと言われています。

整えられていない生えっぱなしの体毛は、「清潔感に欠ける」という意見が圧倒的に多く見られます。

見た目や触り心地も苦手とする女性が多く、男性もこのような意見を気にして体毛について悩む人が増えていると考えられます。

 

自然な印象を与える毛量に調整するのがおすすめ

体毛が全くない状態も体毛が濃い状態も賛否両論であるため、「適度な薄さ」を目指すのがよいです。

しかし、自己処理で体毛の量を調節することは簡単ではなく、こまめな処理が必要となります。

手間も技術も必要となるため、脱毛をすることで適度な体毛の状態に調節することがおすすめです。

 

脱毛といえば毛が全くない状態を目指すイメージがありますが、脱毛の回数を調節することで完全に無くすのではなく、適度な薄さにすることができるのです。

体毛が濃くて悩んでいるが毛が全く無い状態にはしたくないという人は、脱毛をして適度な薄さにするといいでしょう。

 

男性で体毛が濃い部位は?

男性の体の部位の中で体毛が濃い箇所を、ランキング形式で1~5位まで紹介します。

処理するべき部位の体毛はどこなのか参考にしてください。

 

1位:胸毛・乳輪周り

外国人であれば胸毛が生えていることはよくありますが、日本人ではあまり多くないため、生えているとかなり目立ちやすい部位です。

また、体毛が濃い人であれば、乳輪周りにまでその範囲が及ぶことがあります。

女性の意見でも胸毛や乳輪周りの毛はあまり印象が良いとは言えないため、生えているという人は処理することをおすすめします。

しかし、中には胸毛は男らしさの象徴として好む女性もいるため、パートナーの好みに応じて処理をするかどうか検討するといいでしょう。

 

2位:腕毛・すね毛

腕毛とすね毛はほとんどの男性に濃く生える体毛の一つです。

特に、夏場などTシャツや短パンを着る際に目立ちやすく、気にしている男性も多くいるのが実情です。

また、腕毛やすね毛は体毛の中でも全処理に抵抗がある場合が多く、自己処理をする場合は処理方法を選ぶ必要があります。

全処理ではなく薄くしたいという場合は、脱毛をして濃さを調節するといいでしょう。

 

3位:背中の毛

背中の毛は自分では見えにくい部位であることから、意外と自分の背中の毛をきちんと見たことがないという男性も多いのではないでしょうか。

案外濃い毛が生えていることもあるため、今一度鏡などを使って自分の背中を確認してみるといいでしょう。

男性は女性のように背中を露出するような服を着る機会が少ないため、女性ほど背中の毛を気にする男性の割合は他の部位と比較して少ないとされています。

しかし、あまりにしっかりとした濃い毛が生えていると、良い印象を持たれないこともあります。

4位:わき毛

体毛が生える部位の中でも、わき毛が薄いという男性はかなり少数派でしょう。

また、腕毛やすね毛と同様に、全処理に抵抗がある場合が多い部位であるとも言えます。

適度な濃さに調節することがおすすめです。

わき毛は見た目の印象だけではなく、汗が溜まりやすい部位であることから体臭の原因ともなり得ます。

特にわき毛が濃い男性は、わきが蒸れて悪臭を放ってしまっている恐れもあるため、適切なケアを行いましょう。

 

5位:陰毛・へそ周り

陰毛やへそ周りの毛は、いわゆるギャランドゥとして知られています。

一般的には体毛の中でもデリケートが一番濃く生えていますが、生えていることが当たり前なので違和感を抱く人が少ないと考えられます。

しかし、欧米ではハイジニーナといい、全部処理するのがエチケットの基本とされている国もあるため、脱毛を前向きに検討するのもいいでしょう。

 

パンツを履いてもはみ出してしまうような場合は、ある程度処理しておいた方が清潔感が得られるでしょう。

しかし、陰毛の全処理は他の部位の中でも、男女関係なくかなり抵抗感がある人がほとんどです。

パンツからはみ出る毛はカットをして長さを整えたり、脱毛をしたりして量を調節することをおすすめします。

 

濃い体毛の正しい処理方法は?

カミソリでの処理

カミソリはあらゆる体毛の処理において最もメジャーな方法です。

カミソリはどこでも手に入り、かつ比較的安価であるため、一番手軽な方法であるとも言えます。

少し高価なカミソリであれば、複数刃で深剃りができるものもあるため、ツルツルの状態にしたいという人におすすめです。

ただし、肌が弱い人は「カミソリ負け」に注意しましょう。

最近のカミソリは肌に優しい商品も多くありますが、それでも肌への刺激は避けられません。

肌が敏感かつ、頻繁に体毛を処理をするという場合は、肌が荒れてカミソリ負けになってしまうおそれがあります。

カミソリで体毛を処理した後は、必ず保湿クリームなどでアフターケアを行いましょう。

 

毛抜きでの処理

毛抜きは毛を毛根から抜き去ることできるため、ツルツルの状態を目指すことができる方法ですが、その一方で肌への負担が大きくなりやすい方法でもあるといえます。

毛抜きで毛を引っ張る際に、周辺の毛細血管を傷つけてしまったり、毛根への強い刺激により炎症を引き起こしたりするおそれがあります。

また、毛が皮膚の下に埋まってしまう「埋没毛(まいぼつもう)」になるリスクもあるため、毛抜きでの体毛処理は避けることをおすすめします。

また、毛を一本一本処理することになるため時間がかかり、あまり効率的な方法でないため基本的にはおすすめしません。

 

脱毛クリームでの処理

除毛クリームとは、専用のクリームを除毛したい部分に塗り、数分間放置してクリームを拭き取ったり洗い流したりすることで毛を処理できるものです。

専用のクリームが毛のタンパク質に反応し、毛を溶かすことで除毛してくれます。

除毛クリームは表面に生えている毛を溶かして処理するため、体毛をツルツルの状態にしたい人におすすめです。

また、除毛クリームの中には敏感肌用など、肌に優しい成分で作られているものもいくつか存在します。

カミソリ負けで悩んでいた人は、一度試してみるといいでしょう。

ただし、敏感肌用の除毛クリームであっても毛を溶かす成分が入っているため、肌の刺激にはなりやすいです。

初めて除毛クリームを使用するという人は、一度目立たない部位でパッチテストを行うことをおすすめします。

 

ブラジリアンワックスでの処理

ブラジリアンワックスとは、天然成分で作られた専用のワックスを処理したい毛の部位に塗り、その上からシートを貼り付け、一気に剥がすことでムダ毛を毛根から抜き去ることができる方法です。

専用のサロンもありますが、家庭でできる商品も販売されています。

カミソリなどの処理に比べると、毛根から毛を抜き去るため次の毛が生えてくるまでの時間が長いこと、チクチク感がなく即効性があることが特徴です。

ただし、ブラジリアンワックスでの毛の処理は、個人差がありますが痛みを伴います。

特に、陰毛をブラジリアンワックスで処理する場合は、陰毛周辺はデリケートであるため痛みを感じやすくなります。

 

濃い体毛には脱毛施術が効果的

カミソリやシェーバー、除毛クリームなど、自宅で簡単にできる体毛の処理方法は数日経過すると再び毛が生えてきてしまうため、頻繁な自己処理が必要になります。

頻繁な自己処理は肌への大きな負担となり、あらゆる肌トラブルを引き起こす原因となります。

この悩みを改善したいという人は、脱毛してしまうことがおすすめです。

脱毛に即効性はありませんが、回数を重ねるごとに体毛が生えにくくなり、自己処理の回数も自ずと減ってくるため肌への負担を軽減することができます。

 

脱毛の種類

脇毛の脱毛方法には、ニードル・レーザー・光脱毛の3つがあります。

それぞれの特徴を解説します。

ニードル脱毛

チェックポイント!

  • 毛穴一つ一つに針を刺して電流を流す
  • 痛みがかなり強い
  • 永久脱毛が可能
  • 施術時間と費用がかなりかかる

レーザー脱毛

チェックポイント!

  • 特殊なレーザーを毛根に当てる
  • 近年の脱毛方法の中ではスタンダード
  • ニードル脱毛に比べて痛みが少ない
  • 永久脱毛ではないが高い効果を期待できる
  • 費用は比較的に抑えられる

光脱毛

チェックポイント!

  • 特殊な光を毛根に当てる
  • 効果が現れるまでに時間がかかる
  • 痛みはほとんどない
  • 費用は比較的抑えられる

脱毛は痛い?

脱毛といえば痛みを伴うイメージを強く持つ人も多いでしょう。

しかし、一般的には「ゴムで軽くパチンと弾く程度の痛み」であるとされており、最新の脱毛機であればほとんど痛みを感じない場合もあります。

しかし、毛が太く皮膚が薄い陰毛の場合は刺激を感じやすく、個人差がありますが痛みを強く感じやすい部位であるとされています。

痛みに不安があるという人は、事前にスタッフに相談しておくといいでしょう。

 

生活習慣を正して体毛が濃くなるのを防ごう

タバコをやめる

人の体はタバコを吸うと体に有害な物質が入ったと判断し、体を守るために男性ホルモンの分泌が活性化されます。

すると、男性ホルモンの分泌が過剰となり毛が濃くなります。

毛が濃いことに悩んでいる喫煙者であれば、まずはタバコの本数を減らすことから視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

さらに自分がタバコを吸っている場合だけではなく、「受動喫煙」の場合でもこの影響を受ける恐れがあります。

例えば、自分はタバコを吸っていなくても家族がタバコを吸っていて、常に同じ空間にいるということであれば、同じ働きが体の中で行われて毛を濃くしている恐れがあります。

喫煙者の家族に対して禁煙をしてもらうことは難しいかもしれませんが、本数を減らしてもらったり、有害物質の含有量が少ない電子タバコに切り替えてもらったりするなどの対処をしていきましょう。

 

睡眠をきちんととる

睡眠不足もホルモンバランスを乱す原因となり、男性ホルモンが過剰に分泌されて毛を濃くしてしまう恐れがあります。

生活リズムが不規則で寝不足気味だという人は、生活リズムを整えるように心がけましょう。

生活リズムが整ってくればホルモンバランスも安定に向かい、毛の濃さも改善していくことでしょう。

また、医学的には夜1時までに床に就くことをおすすめしますが、必ずしもその時間に寝なければならないというわけではありません。

一番大切なのは、毎日決まった時間に寝て生活リズムを安定させることです。

 

仕事などの都合上、早朝近い時間に寝なければならないという場合でも、毎日安定して決まった時間に睡眠をとっていれば問題ありません。

もちろん、トータルの睡眠時間も大切なポイントです。

少なくとも5~6時間は毎日睡眠をとることをおすすめします。

 

おわりに

体毛は「男性ホルモン」が大きく関係しています。

男性ホルモンが増加することで体毛が濃くなりますが、男性ホルモンは遺伝的に多く分泌されている場合と、生活習慣の乱れによって過剰に分泌されている場合があります。

遺伝的な原因である場合は簡単に改善することは難しいですが、生活習慣の乱れが原因であればそれらを改善することで体毛の悩みの改善が期待できます。

しかし、生活習慣の改善によってすぐに体毛を薄くすることはできないため、すぐに体毛をどうにかしたい場合は、カミソリや除毛クリームなどを使って自己処理をするといいでしょう。

また、体毛の量の調節や、確実に処理してしまいたいという人は、脱毛も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 879

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!