脱毛の種類を調査!それぞれの脱毛方法のメリット・デメリットを紹介

脱毛の種類を調査!それぞれの脱毛方法のメリット・デメリットを紹介

近年、男性も身だしなみの意識からムダ毛処理をする方が増えています。

とりわけ、濃いムダ毛に悩んでいる男性にとって、どのような方法でムダ毛処理を行うかという点は悩みのタネになりがちです。

 

ムダ毛の自己処理の方法はたくさんありますが、自己処理の他にメンズ脱毛というムダ毛処理の方法があります。

メンズ脱毛の種類に、主に
光脱毛
医療レーザー脱毛
ニードル脱毛
の3つがあります。

 

主に脱毛サロンで行われる「光脱毛」、クリニックで施術できる「医療レーザー脱毛」については、耳にしたことがある方も多いでしょう。

脱毛店を選ぶにも、脱毛サロンかクリニックのどちらがいいのか悩んでしまいますよね。

 

そこでこの記事では、ムダ毛の自己処理やメンズ脱毛の種類別に特徴やメリット・デメリットを詳しく解説します。

ムダ毛処理にお悩みの男性は、ぜひ参考にしてください。

7月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

自己処理からの解放!脱毛のメリットとは?

自己処理の場合、どの方法でキレイにお手入れしたとしても数日で元通りに毛が生え揃ってしまいます。

そのため、定期的に繰り返しお手入れをし続ける必要がありますが、メンズ脱毛をすることで自己処理のわずらわしさから解放されます。

 

では、メンズ脱毛のメリット・デメリットは具体的にどのような点なのでしょうか。

 

清潔感が出てコンプレックスが解消される

体毛の濃さや青髭に対するコンプレックスが、メンズ脱毛によって解消されることが期待できます。

青髭は、肌の色が暗く見えるため実年齢より老けて見られがちですが、メンズ脱毛をすることで毛穴が引き締まり、肌のトーンが明るくなるので若々しい印象になります。

 

また、髭や手の甲、指毛の脱毛はビジネスシーンや面接でも好感度が上がります。

さらに、きちんとムダ毛処理することで清潔感が出て女性からの印象もアップし、自分に自信が持てるようになります。

 

日々のムダ毛処理の手間がなくなる

メンズ脱毛をすることによって自己処理の手間がなくなります。

脇やVIOなど、自分から見えなかったり手が届きにくかったりして処理が難しいところや、髭などの毎日剃る必要がある部位の処理をする必要がなくなります。

 

そのため、ムダ毛処理にかかっていた時間を他のことに使うことができ、カミソリや電気シェーバーなどにかかる費用もなくなります。

また、メンズ脱毛をしてしまえば剃り残しすることもなく、キレイな肌の状態を維持できます。

 

自己処理による肌トラブルのリスクが軽減される

カミソリはシェービング剤を使用しても、ムダ毛と一緒に皮膚も削り取られてしまうため、そこから雑菌が入ったり乾燥することで炎症が起こりやすくなります。

毛抜きを使用した自己処理はムダ毛を引き抜く際に毛穴が広がり、雑菌が入ってニキビや赤みが出やすい状態になります。

 

メンズ脱毛をすると自己処理の必要がなくなるので、カミソリ負け・乾燥・髭剃りの摩擦によるくすみ・黒ずみ(色素沈着)・埋もれ毛(埋没毛)など、自己処理によって生じる肌トラブルのリスクが軽減されます。

 

脱毛のデメリット

メンズ脱毛は清潔感がアップするだけではなく、自己処理の手間が省けて肌トラブルの軽減にもつながることがわかりましたが、デメリットはあるのでしょうか?

 

メンズ脱毛には、ある程度の費用と時間がかかるため、メンズ脱毛を始める前にデメリットを知っておきましょう。

ここでは、メンズ脱毛の3つのデメリットとともに、それらの解決方法を紹介します。

 

施術方法によっては痛みがある

クリニックで行う医療レーザー脱毛の脱毛機は、出力が高いので痛みを強く感じるという方が多々います。

ニードル脱毛は電流が通った器具を毛穴に挿入してムダ毛を処理していく方法なので、施術の際の痛みとして最も大きいと言われます。

 

また、医療レーザー脱毛やニードル脱毛は肌への負担も大きく、数日間肌に赤みやかゆみが出る場合があります。

施術後、数日間炎症が引かない場合は、施術を受けたクリニック・脱毛サロンに連絡しましょう。

 

痛みに不安がある人、敏感肌の人は脱毛サロンでの光脱毛がおすすめです。

痛みが小さく、美肌効果を期待できる作用もあるので肌に優しい脱毛が可能です。

 

脱毛中の日焼けはNG

光脱毛や医療レーザー脱毛の脱毛機は、ムダ毛の黒い「メラニン色素」に反応します。

肌が日焼けして黒、光が肌にも反応してしまい、痛みなどのトラブルの原因となるだけでなく、十分な脱毛効果が得られない恐れがあります。

 

日焼け直後は皮膚がダメージを負い、肌のバリア機能が低下している状態なので、肌トラブルを避けるため術を断られる場合があります。

 

脱毛期間中は、紫外線対策をして日焼けしないように注意しましょう。

 

脱毛後は毛が生えてこない可能性がある

毛を生やす細胞を破壊する医療レーザー脱毛やニードル脱毛で「永久脱毛」をした場合でも、毛が二度と生えてこなくなるわけではありません。

ホルモンバランスの変化や、一定期間を過ぎると、また毛が生えてくることがあります。

 

とはいえ、メンズ脱毛後はほとんど毛が生えてこなくなるため、本当に脱毛の施術をしていい箇所なのか、慎重に検討する必要があります。

髭を全て脱毛した数年後に、髭をデザインしてオシャレを楽しみたくなったとしても、脱毛前の元通りのように生やすことはできないことを把握しておきましょう。

 

自己処理のメリット・デメリット

メリット デメリット
自宅で気軽に実践できる 処理を繰り返す必要がある
価格が安い 常に肌トラブルのリスクあり
生涯コストがかかる
青髭が解消できない

脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
自己処理から解放 日焼けができない
自己処理の肌トラブル改善 方法によっては痛みが強い
青髭解消
自己処理のコスト削減

 

脱毛の仕組み

脱毛は毛に栄養を供給する毛根に対して特殊な光や針で刺激し、成長を抑制する方法です。(各脱毛の詳細は後述しています)

根本的に毛の総量を減らすことができるのが「脱毛」です。

ただ、脱毛は毛の成長に合わせて施術を行う必要があります。

今、あなたの目に見える体毛や髭は全体の2割程度で、効果が得られるのはその中でも一部の毛。

そのため、脱毛効果を実感するには何度か回数をこなす必要があります。

目安回数 (髭の場合)

  • 自己処理軽減、青髭改善:56
  • 体毛や髭がスッキリする:10回以上

なぜ、脱毛の施術は何度もしなければならないのかという点は、毛が生え変わるサイクル「毛周期」が関係しています。脱毛と「毛周期」の関連性につてはこちらを参考にしてください。

毛周期とは?部位別の毛周期と効率的な脱毛について解説!

ムダ毛処理に悩み、脱毛を今まさに考えている方は、「いつまでに脱毛を完了させたい」といっ...

脱毛を始めるおすすめの時期は?

脱毛を開始するのであれば、回数や期間がかかることも考慮しましょう。

春:新生活に向けて 青髭、剃り残しは印象マイナス
夏:体の露出に向けて 剃るとポツポツが残り違和感
秋・冬:乾燥対策で 自己処理は肌トラブルのリスク大

など目的に合わせた、脱毛スケジュールを組むことをおすすめします。

また、気になる範囲が多い場合、全身脱毛で一気に処理した方が、費用と時間をかけずに済むことができるので、無理のない範囲で検討してみましょう。

 

脱毛の種類は3つ|それぞれのメリット・デメリットとは?

脱毛の種類には「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3つの種類があります。

光脱毛 レーザー脱毛 ニードル脱毛
場所 サロン クリニック サロン・クリニック
料金(髭) 1.5〜5万円 8〜12万円 20万円以上
料金(体) 1〜10万円 7〜15万円
施術

間隔

3〜4週間 1〜2ヶ月 1〜2ヶ月
痛み
その他 美肌効果も 麻酔が可能 永久脱毛

※痛み ○-痛みが少ない △-痛い

※サロン・クリニックによって異なる場合があります。

有名脱毛サロン・クリニック5社の平均をまとめました。

脱毛によって痛みや金額などが異なるため、特徴を理解して自分に合った脱毛方法を選択してください。

それでは各脱毛方法の違いについて詳しく見ていきましょう。

 

光脱毛のメリット・デメリット

光脱毛は、「フラッシュ脱毛」とも呼ばれ、毛根・毛乳頭・毛母細胞といったムダ毛を生やす働きをする細胞に、光を当てて毛を減らしていく方法です。

料金が低価格で、エステサロンや脱毛サロンでも広く浸透しています。

 

ムダ毛の黒い色素に含まれる「メラニン色素」と照射した光との反応によって、毛乳頭の活動が抑えられ、ムダ毛を徐々に目立ちにくくします。

この「光脱毛」は、痛みや刺激を感じにくいというメリットがあり、肌に優しい脱毛方法でもあります。

 

また、美肌効果がある点もメリットの一つです。

継続して通うことにより、しっかりとした脱毛効果が期待できる脱毛方法です。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

光脱毛の種類は3つある

光脱毛には「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」の3つの種類が存在します。

種類 脱毛効果 痛み
IPL脱毛 効果が高く、美肌効果が期待 部分的に痛みを感じる
SSC脱毛 IPLより効果は劣るが美肌効果は高い 部分的に痛みを感じる
SHR脱毛 効果を実感するまで時間がかかる ほぼ痛みがない

 

それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

IPL脱毛

「IPL脱毛」は、「インテンス・パルス・ライト」と呼ばれている特殊な光を患部に当てて脱毛を促進する方法です。

RINX(リンクス)が導入している脱毛方法で、、痛みが少なく、1回の照射範囲が広く、全身脱毛にも適しています。

 

さらは、様々な光の波長を照射できるため、太さが異なるムダ毛の処理にも柔軟に対応できる点がメリットです。

美肌効果も期待できるので、肌の調子を整えながら脱毛を進められる方法です。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

SSC脱毛

「SSC脱毛」とは、イタリアで研究、開発された「スムーススキンコントロールメソッド」に基づく脱毛方法です。

「ビーンズジェル」という専用のジェルと、「クリプトンライト」という光の相乗効果でムダ毛の成長を抑制します。

 

毛根や肌に与えるダメージが少なく、痛みも少ないことが特徴です。

ただし、毛根の細胞に直接的なアプローチをする方法ではないので、永久的に毛をなくせるものではなく、毛を薄くすることを目的とした脱毛方法です。

 

SHR脱毛

SHR脱毛とは「バルジ脱毛」とも呼ばれ、新しい概念のもと近年開発された方法で、毛を作り出す細胞に指令を出す「バルジ領域」にアプローチし、発揮する仕組みです。

「IPL脱毛」「SSC脱毛」「医療レーザー脱毛」は、毛周期という毛が生え変わるサイクルのうち「成長期」の毛に照射することで脱毛効果を発揮します。

 

SHR脱毛の場合は「成長期」「退行期」関係なく施術ができ、肌の色にも左右されないので日焼け肌やアザ、ホクロにも照射が可能で痛みもほとんどありません。

 

しかし、他の脱毛方法より効果を実感するまでにかなりの回数がかかってしまうことと、脱毛方法としての実績が浅く、脱毛完了までの施術回数や期間の目安が定かではないことがデメリットです。

 

光脱毛のメリット

■ 脱毛料金を抑えることができる

■ 痛みを抑えて脱毛ができる

■ 脱毛で美肌効果が期待できる

 

光脱毛は費用を抑えて脱毛することができるため、脱毛を始めたいけど料金が高いので迷っているという男性でも気軽に利用することができます。

 

また、光脱毛は肌に優しい光を使用しているので、敏感肌で肌トラブルや脱毛の痛みが怖いという男性にも安心です。

光の成分には肌の生まれ変わりを促進する効果も期待できるので、自己処理などで起こった肌荒れや、ニキビを改善し、モテ肌を目指すこともできるでしょう。

 

光脱毛のデメリット

■ 白髪の脱毛ができない

■ 日焼け肌では脱毛が難しい

 

上記でご紹介した「IPL脱毛」「SSC脱毛」に限り、白髪の脱毛、日焼け状態での脱毛はできません

光脱毛は主にメラニン色素に反応するため、白髪では効果が得られず、日焼けした肌は光を吸収して痛みを感じやすくなったり、十分な効果が得られなくなったりします。

 

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

「医療レーザー脱毛」は、毛の色の素である「メラニン色素」にレーザーを照射し、毛乳頭・毛母細胞といった組織を破壊してムダ毛が再生しない状態に変化させる方法です。

 

しかし、レーザーを用いた脱毛は「医療行為」に該当するため、皮膚科などの専門医療機関や、美容クリニックなどで医師や看護師しか施術ができません。

照射直前に冷却ガスを噴射して肌を冷やすことで、痛みを軽減します。

 

脱毛効果を感じやすいことが特徴ですが、高い効果に比例して、施術にかかる料金も光脱毛に比べて高額です

また、強い光を使用するため、施術時に感じる痛みも強く、痛みに弱い方は、スタッフに相談して、別料金で利用できる麻酔の使用を検討しましょう。

 

敏感肌の方は、施術後に赤みが数日残ることがあります。

肌トラブルが起きた際は、医療資格者が在籍しているので、迅速な対応が期待できるでしょう。

 

レーザー脱毛の種類は3つある

レーザー脱毛には「蓄熱式ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」の3つの種類があります。

種類 脱毛効果 痛み
蓄熱式ダイオードレーザー 効果を実感するまで時間がかかる ほぼ痛みがない
アレキサンドライトレーザー 効果が高く、美肌効果が期待 部分的に強い痛みがある
ヤグレーザー 産毛に高い効果が期待 強い痛みがある

 

それぞれの特徴について詳しく解説します。

蓄熱式ダイオードレーザー

蓄熱式ダイオードレーザーはSHR脱毛と同じ「バルジ脱毛」です。

「毛周期」関係なく施術ができ、肌の色にも左右されないので日焼け肌やアザ、ホクロにも照射が可能で痛みも少ない点が特徴です。

 

SHR脱毛より高い効果を期待できますが、バルジ脱毛自体の実績が浅いことには変わりはありません。

他の脱毛方法より効果を実感するまでに回数がかかってしまうことと、脱毛方法としての実績が浅く、脱毛完了までの施術回数や期間の目安が定かではない点がデメリットです。

 

アレキサンドライトレーザー

光脱毛が様々な波長の光を組み合わせる「複合波長」である一方で、レーザー脱毛では「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」のように各「単一波長」の光を照射します。

 

幅広い男性の毛質・肌質や目的に合わせて、光を選択する必要があり、剛毛でより脱毛効果を感じたい方は、蓄熱式よりアレキサンドライトレーザーを検討しましょう。

アレキサンドライトレーザーは光脱毛より部分的に強い痛みを感じることはありますが、麻酔で軽減することが可能です。

 

ただし、最近では蓄熱式アレキサンドライトレーザーというものもあり、選択される際には混同に注意してください。

 

ヤグレーザー

皮膚のより深い層にまで光を届けるのがヤグレーザーで、通常光では反応しづらい産毛に対して高い効果が期待できます。

また、ヤグレーザーは日焼けや色素沈着がある部分への脱毛も安全に脱毛することが可能です。

 

一方で、機械の構造上レーザーを細かく当てる必要があり、普段からカミソリ負けなど肌トラブルを引き起こしやすい男性だと、赤みが残ったり、痛みを強く感じたりしてしまうでしょう。

時間がかかる、当て漏れが起こりやすい面からも広範囲への脱毛にはあまり適していません。

 

レーザー脱毛のメリット

■ 剛毛・産毛など毛質に合わせて脱毛できる

■ 麻酔の利用で痛みを軽減して脱毛できる

 

レーザー脱毛は毛質・肌質、目的などに合わせて光を選択して、高い効果を得られるのがメリットです。

クリニックによっては脱毛機を指定できない場合もあるので注意が必要です。

 

また、レーザー脱毛は光脱毛と比べて全体的に強い痛みを感じやすいですが、麻酔の利用で痛みを軽減することも可能です。

 

レーザー脱毛のデメリット

■ 白髪の脱毛ができない

■ 光脱毛より料金が高額

■ 肌の赤みや腫れが数日残ることも

 

上記でご紹介した「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」に限り、白髪の脱毛ができません

加えて、光がメラニン色素に吸収されやすいアレキサンドライトレーザーに限り、日焼け肌の脱毛もすることができません。

 

また、いずれのレーザーを選択しても光脱毛より料金が高く、肌の負担も大きくなります

麻酔など追加オプションで総額が高くなることに注意し、極力レーザー脱毛の後には、肌トラブルなどの可能性も考慮し、予定を空けておくことをおすすめします。

 

ニードル脱毛(電気脱毛)のメリット・デメリット

「電気脱毛」「針脱毛」とも呼ばれるニードル脱毛は、毛穴のひとつひとつに絶縁処理をした針を刺し、毛乳頭に電気や高周波を流してムダ毛を再生できない状態にする仕組みです。

 

ニードル脱毛は、その他の施術では難しい白髪やメラニンの薄いうぶ毛にも施術ができる点や、「色素沈着」がある肌にも脱毛できる点が大きなメリットです。

 

一方で1本ずつ処理していくので料金が高額なことや、施術時間も長く、脱毛時に強い痛みを伴うこと、広範囲の脱毛には適していないことなどがデメリットとして挙げられます。

 

ニードル脱毛の種類は2つある

ニードル脱毛には「絶縁針脱毛」「美容電気脱毛」の2つの種類があります。

種類 脱毛効果 痛み
絶縁針脱毛 効果の高い、永久脱毛 強い痛みがある
美容電気脱毛 高い効果が期待

 

それぞれの特徴について詳しく解説します。

絶縁針脱毛

絶縁針脱毛は医療機関でのみ扱われています。

針の一部に絶縁(電流が流れない)加工が施されていて、皮膚に負担をかけない脱毛方法です。

原則、使用する針は個別で分けているクリニックがほとんどですが、万が一の感染病予防として、別途採血が必要です。

 

美容電気脱毛

美容電気脱毛は主にサロンで扱われています。

美容電気脱毛では、十分に殺菌された「プローブ」と呼ばれる針を使用します。

プローブは使い捨てで安全で、ゴールド、チタン加工のプローブを使用するサロンでは金属アレルギーにも配慮があります。

 

ニードル脱毛のメリット

■ 様々な毛質に対応する永久脱毛

■ 日焼け肌・色素沈着でも安心

■ 細かいデザイン脱毛ができる

 

ニードル脱毛の2つの方法を解説しましたが、一番の違いは絶縁されているかそうでないかという点です。

どちらの方法を選択しても、針はメラニン色素の干渉を受けないので剛毛、産毛、白髪などあらゆる毛質、日焼け、シミ、ほくろなどあらゆる肌質であっても効果が得られるでしょう。

 

また、毛穴1本1本に丁寧に施術を施すため、細かい髭やビキニラインなどのデザインをしたい場合にも適しています。

 

ニードル脱毛のデメリット

■ 脱毛の痛みを強く感じる

■ 脱毛料金が高額

■ 肌の赤みや腫れが数日残ることがある

■ 脱毛に時間がかかる

 

光やレーザー脱毛にはない魅力がある一方で、注意すべき点が多く、特に広範囲の脱毛には向いていません

広範囲であればあるほど、施術に時間がかかり、費用も膨れ上がります。肌に負担がかかり、赤みや腫れも目立ちやすくなります。

 

光やレーザー脱毛で多くのムダ毛を処理してから、一部残った産毛、シミやほくろの毛をニードル脱毛するのが一般的です。

 

脱毛方法よりサロン・クリニック選びが大切

3つの脱毛方法をご紹介しましたが、毛がスッキリするという最終的な目標は同じです。

同じ脱毛方法でも痛みや効果、料金に大きな差が出ることもあるので脱毛方法や脱毛店を決める際は、下調べをしっかり行いましょう。

 

また、通いやすいかという点にも注目しましょう。

例えば、レーザーを扱う医療機関では他にも治療があるため、部屋が埋まる、人手不足などが影響して予約が取りづらく、スッキリするまでに時間がかかったという男性は少なくありません。

 

女性スタッフの在籍が多い店舗では、ムダ毛に関する相談がしづらい、陰部やコンプレックスを見られるのは恥ずかしいなどの問題が挙げられ、陰部脱毛の取り扱いがない店舗も多数あります。

 

メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)では、最新の高性能脱毛機を導入し、在籍スタッフは男性のみで、陰部脱毛にも対応しています。

メニューが豊富で自分に合った脱毛がしたい、予約をスムーズに取りたい男性にもおすすめです。

 

パッチテストで痛みを確認することができ、お見積もりだけも可能です。

脱毛に不安や疑問を抱える方は、まずはRINX(リンクス)のカウンセリングへお気軽にお越しください。

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

 

脱毛の悩みを二人三脚で解決!RINX(リンクス)のメリット

RINX(リンクス)では、自社製の光脱毛機を導入しています。

最新の高性能マシンが肌に優しい安全な脱毛を実現しました。

医療レーザーやニードル脱毛より、お肌への負担が少なく赤みや肌荒れの心配はほとんどありません。

 

敏感肌の男性でも安心して脱毛を受けることができます。

また、RINX(リンクス)は在籍スタッフ男性のみ、陰部脱毛が受けられる全国でも数少ない脱毛サロンです。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

※定員となり次第終了となります。

RINXの特徴

  • 自社開発のオリジナル脱毛機使用
  • 全国約60店舗展開で快適な予約体制
  • コース終了後脱毛料金80%OFF
  • 独自の「月定額」システム導入

 

自社開発のオリジナル脱毛機使用

自社で開発した最新のオリジナル機器を使用。

脱毛しながら美肌効果も期待できるIPL脱毛で、部分的なお痛みも内臓の冷却装置が大幅に軽減します

 

15段階の設定が可能で、あらゆる男性の毛質にも対応した安心の脱毛機です。毛を薄く調整したい男性にもおすすめです

効果が高く痛くない脱毛機はこちら

 

全国展開で快適な予約体制

現在RINX(リンクス)は全国展開をしており、地域の利用者に応じて部屋数の確保や近隣店舗を展開しています。

いつでもスムーズに予約を取りたい男性はRINX(リンクス)がおすすめ。

他店舗へのコースの引き継ぎも可能で、転勤が多い方でも安心です。

RINXの最寄り店舗を探す

 

コース終了後脱毛料金80%OFF

RINX(リンクス)では、コース終了後は無期限で都度料金の80%OFFで脱毛を継続することができます。

どの脱毛も、成長や生活リズムの影響で「男性ホルモン」が増えると、毛が再び生える可能性があります。

 

RINX(リンクス)では、脱毛を再度受ける際、新たなコースの組み直しが不要で、格安で施術を受けることができます。

独自の「月定額」システム導入

脱毛は生涯にかかる自己処理の費用を削減してくれるため、結果的にはコスパが良くなります。

しかし、決して安いものではありません。

 

RINX(リンクス)では独自の「月定額」システム導入により、月々500円〜脱毛が可能となりました

月々に必要な自己処理程度の費用で脱毛を始めましょう!

メンズ脱毛・ヒゲ脱毛料金表を見る

 

まとめ

ムダ毛の自己処理の方法には様々な種類がありますが、いずれも期間が経てば元のように毛が生えてくるので、繰り返し処理する必要があります。

 

自己処理を繰り返すことは、カミソリ負けや色素沈着などの肌トラブルの原因になります。

メンズ脱毛ならどんな剛毛の男性でも自己処理の頻度が少なくなり、手間が省けるだけでなく肌荒れ改善にもつながります。

 

光脱毛なら、始めやすい料金プランや支払い方法を用意しているお店が多くあります。

肌がデリケートな方でも安全に脱毛ができる方法ですので、ムダ毛に悩んでいる男性はぜひ光脱毛を検討してみてくださいね。

 

PROFILE

ドクターの所属学会

・日本形成外科学会専門医
・日本美容外科学会(JSAPS)
・日本再生医療学会

ドクターの経歴

2006年 旭川医科大学 卒業
2008年 昭和大学 形成外科入局
2010年 千葉県救急医療センター 形成外科
2014年 コムロ美容外科 東京院院長
2015年 大手美容外科皮膚科クリニック院長
2015年 表参道ヘレネクリニック
2019年 同理事長
この監修者の記事一覧

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11794

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX RINX リンクス