ひげ太郎 ライターひげ太郎

眉毛

メンズ必見!眉毛の綺麗な整え方と眉毛を整えることでえられる3つのメリット

自分の顔の骨格に合う眉毛がわからない。

眉毛のお手入れ方法がわからない。

眉毛のお手入れが苦手だから、上手にできるようになりたい!

髪の毛や髭など、変化を加えることで印象をガラっと変えることのできるパーツは多々ありますが、実は眉毛もそういったパーツの一部だということをご存知でしょうか?

普段眉を整えずに放置している男性が、眉毛を綺麗に整えただけで雰囲気や印象が変わり、周りの反応まで変わるようになったということも、そう珍しいことではありません。

知って得する綺麗な眉毛の整え方のコツや、メリットについて解説していくよ!

9月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

眉毛を綺麗に整えるメリット

男性が眉毛を綺麗に整えるとさまざまなメリットを得ることができます。

そこでここからは、男性が眉毛を綺麗に整えること得られる大きなメリットについて解説していきたいと思います。

 

清潔感が増す

髭にしてもそうですが、お手入れをせず伸ばしっぱなしの無精髭は、どこか清潔感に欠けた印象を与えてしまいます。

一方、均等に長さを揃えた髭や形を整えた髭は、男性の魅力をアップさせてくれるのです。

これは髭に限った話ではなく眉毛も同様で、伸ばしっぱなしのボサボサの眉毛は不潔な印象を与えてしまいますが、眉毛を綺麗に整えることで清潔感が増します。

 

印象が良くなる

眉毛を整えると清潔感を増すわけですが、清潔感が増すことで他者からの印象が良くなります。

印象が良くなることでプライベートはもちろん、ビジネスシーンにおいても何かとプラスに働くことが多くなるでしょう。

眉毛を整える前に知っておきたい代表的な眉の形

眉毛を綺麗に整えるメリットについて把握できたら、すぐにでも眉を整えたくなってしまいますよね。

眉毛は、綺麗に整えられれば印象をアップさせることのできるパーツですが、お手入れを失敗してしまうと取り返しのつかない事態を招いてしまうこともあるのです。

眉毛を整える際は、まず今の自分の眉毛をどういった形に整えるのかというところから決めていくといいでしょう。

眉毛にはいくつか形があり、眉毛を整える場合、基本的にその形になるように整えていきます。

男性が眉毛を綺麗に整える際に参考にしたい、5つの代表的な眉の形について紹介していくよ!

 

直線眉

若干カーブはかかっているものの、まっすぐと伸びた直線的な眉の形。

男性に似合う眉の代表的な形の一つで、男らしさを印象づけることができます。

直線眉は、濃くするとより男性的な印象に、薄くすると少しおだやかな印象になります。

 

アーチ眉

直線眉よりも少し曲線がかったアーチ型のアーチ眉。

眉山がアーチ状になっていることで男らしい印象を緩和する効果があり、やさしげな印象を与えることができます。

 

平行眉

面長の日本人の顔に良く似合うと言われている平行眉。

やさしく柔らかい印象を与えるとともに、面長な印象をやわらげる効果も期待できます。

 

への字眉

眉山から眉尻にかけて少し強めの角度をつけるへの字眉。

への字眉は四角顔の人に似合うと言われており、ゴツゴツとした顔の輪郭をぼかしてくれる効果があります。

 

下がり眉

女性の間で流行っている下がり眉ですが、男性が取り入れるパターンも増えてきています。

下がり眉は名前の通り目尻の部分から眉が下がっていく眉毛の形で、穏やかな印象を与えることができます。

一方、少し貧弱そうなイメージを与えてしまうというデメリットもあるので、下がり眉に挑戦する際には注意が必要です。

 

眉毛を整える際に用意しておきたいもの

眉毛を綺麗に整える場合、事前に用意しておきたいお手入れグッズがいくつかあります。

これらのお手入れグッズは100円ショップや薬局などで手に入れることができます。ぜひ参考にしてみてください。

 

コーム

コームとは眉毛用のブラシのことを指します。

お手入れを行う前の眉は、それぞれの毛がバラバラの方向を向いてしまっています。

そのため、そのままお手入れをすると眉毛の長さを均等に揃えることができません。

そこでこのコームを使ってブラッシングを行い、毛流れを均等にした上で眉毛を整えていきます。

 

はさみ

はさみはコームを使って眉毛の長さを調節する際に使用する道具です。

眉毛を数ミリ単位で調節できる、先端がカーブしているタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

カミソリ

カミソリは毛抜き同様、余分な部分の毛を綺麗に整える際に重宝します。

髭を剃るようなT字のものではなく、眉のラインにそって使用できるI字の刃のものを選ぶといいでしょう。

また、カミソリの代わりにシェーバーを使うのもおすすめです。

 

シェービングフォーム

シェービングフォームはカミソリを使って眉毛を整える際に必要になります。

シェービングフォームを使用せずにカミソリで剃ってしまうと肌を傷つけてしまうおそれがあるため、シェービングフォームを塗ってから剃るといいでしょう。

 

眉のお手入れで失敗しないために知っておきたい綺麗な眉毛にするポイント

眉毛を綺麗に仕上げるためには、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。

知識のないまま眉毛の処理を始めてしまうと、取り返しのつかない失敗をしてしまいかねないので、これから紹介するポイントをしっかりと把握しておくことをおすすめします。

 

細くて幅の狭いカミソリを用意する

眉毛のお手入れに使用するカミソリは、できるだけ細くて幅の狭いものを使用するようにしてください。

細かな部分までしっかりと眉毛を綺麗に整えることができます。

 

シェービングフォームで毛を柔らかくしておく

眉毛のお手入れを行う前にシェービングフォームをつけておくことで眉毛を柔らかくすることができ、カミソリで剃りやすくなります。

水分を含ませて眉毛を柔らかくするという意味では、処理前に洗顔しておいてもいいでしょう。

 

眉上から剃り始める

眉毛のお手入れを行う際は、必ず眉毛の上の部分からお手入れを行うようにしてください。

しかし、上の部分はうぶ毛を整える程度で問題ありません。

それ以上は眉の形が悪くなってしまうおそれがあるので、バランスを意識しながら注意して行いましょう。

 

眉毛を抜くのはNG

眉毛の距離感同様、眉毛の角度も綺麗な眉毛を実現させるための大事なポイントの一つになります。

ただ、眉毛の角度はどういった眉毛の形にしたいのかにより異なってくるので、理想の眉毛の形に合わせて決めるといいでしょう。

 

印象アップを実現してくれる眉の整え方

いよいよ眉毛を綺麗に整える方法について紹介していきます。

眉毛を綺麗に整えるための手順は全部で4つです。

実際にお手入れを行う場合は、この手順に沿って実践してみるといいでしょう。

 

自分の顔のタイプでどの形の眉にするかを決める

眉毛を整える場合、まず初めに自分の顔のタイプを見極めましょう。

先ほど眉毛の形について紹介しましたが、眉毛の形にはその形に合う顔のタイプ(形)があります。

それぞれの眉毛の形に合うとされている顔のタイプは以下の通りです。

 

眉の形 顔のタイプ
直線眉 卵型
アーチ眉 丸型・三角型
平行眉 面長型
への字眉 四角型(ホームベース型)
下がり眉 丸型

 

ブラシで毛流れを揃える

眉毛の形が決まったらコームで毛流れを揃えて下準備を行います。

毛流れを整えておかないと、全て整え終わった後になって実はそれぞれの毛の長さが揃っていなかったということになってしまいかねません。

そのため、眉頭部分は上方向に、眉の中央部分から眉尻にかけては下方向にブラッシングして、毛の流れを添えていきましょう。

 

コームを使って眉の長さを揃える

眉毛の毛流れを整えたら、コームを使って眉の長さを均等に揃えていきます。

毛の流れに沿ってコームを眉毛に当て、コームの先からはみ出した毛のみをカットして眉毛の長さを均等にそろえていきましょう。

 

カミソリで無駄な毛を処理して形を整える

眉毛の長さを均等に揃えることができたら、いよいよ形を整えていきます。

最初に決めた眉の形に沿って余分な毛をカミソリで剃り、眉毛の形を整えていきましょう。

眉毛の形を整える際は、

  • 全体のバランス
  • 左右対称かどうか
  • 細眉になり過ぎていないかどうか
  • 違和感がないかどうか

という点に注意しながら整えていきましょう。

最後に、眉毛におかしい点がないか仕上がりをチェックし、問題がなければ完成です。

 

もともと眉毛が薄い人の場合は?

眉毛を整えて印象をアップしたいと考えている男性の中には、もともと眉が薄くて望んだ眉毛の形にすることができないと悩んでいる方もいることでしょう。

そこでここからは、もともと眉毛が薄い人が綺麗に整った眉毛を手に入れるための方法について紹介していきます。

 

眉毛が薄い人は眉毛ペンシルを活用しよう

もともと眉毛が薄い人の場合、眉毛を太くしたり濃くしたりすることはできません。

そのため、眉毛ペンシルを活用して眉毛を書く必要があります。

眉毛ペンシルで眉毛を書くことにより、理想的な眉毛の濃さに調節することができます。

眉毛ペンシルを使って眉毛を書き足していく際は、

  • 元々の眉毛の色に近いナチュラルな色合いのものを選ぶ
  • 髪色に近いものを選ぶ
  • 一本一本書き足していくようなイメージで丁寧に書く

といった3点を意識しながら書いていきましょう。

そうすることで不自然に濃くなってしまうのを避けることができます。

 

自分で眉毛を書くのが難しい際は?

普段から眉毛を書く習慣のない男性にとって、眉毛ペンシルを使って眉毛を綺麗に書くのはなかなか難しいのではないでしょうか?

しかし、眉毛ペンシルを使って眉毛を書かない限り、眉毛が薄いという問題を解決することはできないので、自分で書くのが難しい場合は美容室や眉毛サロンなどでプロに書いてもらうことをおすすめします。

また、メイクに慣れている身近な女性にお願いしてもいいでしょう。

 

よくある眉毛の失敗例

ここまで眉毛を綺麗に整えるポイントや具体的な手順について解説してきましたが、今回紹介したポイントや手順に沿ってお手入れを行っても失敗してしまう確率がゼロになるわけではありません。

ここからは、眉毛を整える際によく起こる失敗例について紹介していきたいと思います。

 

眉毛を薄くしすぎてしまった

眉毛を整える際コームを使って眉毛の長さを整えていきますが、この際眉毛を短くカットし過ぎてしまうと、眉毛が薄くなってしまう場合があります。

コームを使って眉毛の長さを揃える際には薄くなりすぎてしまわないように注意しましょう。

 

眉毛の形がおかしくなってしまった

眉毛は理想の眉毛の形に合わせて整えていきますが、慣れていないと形がおかしくなってしまう場合があります。

そのため、眉毛ペンシルを使うなどしてあらかじめ眉毛の形を書いておいて、その形にそって眉毛を整えましょう。

 

眉毛の形が左右非対称になってしまった

眉毛は左右の眉毛を対象に揃える必要がありますが、慣れていないとどうしても左右非対称になってしまう場合があります。

この場合も、事前に眉毛ペンシルで眉毛の形を書いておくなどして対応しましょう。

 

眉毛が細くなりすぎてしまった

眉毛を整える際、形を気にしたり左右の形を揃えようとしたりするあまり、眉毛が細くなりすぎてしまう場合があります。

そうなってしまわないよう事前に眉毛ペンシルで眉毛の大まかな形を書いておいて、その形にそってお手入れを行ってください。

 

眉毛が短くなりすぎてしまった

眉毛のお手入れに慣れていないと思っていたよりも眉毛の長さが短くなり過ぎてしまい、不自然になってしまう場合があります。

この場合も事前に眉毛ペンシルで大まかに眉毛の形を書いておくなどして、その形に沿って眉毛を整えていきましょう。

 

「失敗するのが怖い」という方は

眉毛のお手入れは慣れればなんてことない作業ですが、一度失敗してしまうとしばらくはそのままの眉で過ごさなくてはならないので、「失敗するのが怖い」「きちんと整えられるか不安」と感じる方もいるかと思います。

また、定期的にお手入れをするのが面倒だと感じる方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、脱毛による処理です。

眉毛を脱毛することで今後の眉毛のお手入れの時短にもなり、簡単に理想の眉毛を手に入れることができます。

 

おわりに

眉毛を綺麗に整えると、あなたが思っているよりも周りからの好感度はアップするものです。

それだけ眉毛は顔のパーツの中でも非常に印象に残る部分だということがわかります。

今回紹介してきた情報を参考にすれば、これまで眉毛整えたことがない方でも失敗せずに眉毛をお手入れすることができるでしょう。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 4128

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX