kenta ライターkenta

その他

男性アンダーヘア(VIO)の処理・ケアは?おすすめお手入れ方法を解説

男性の間でもすっかり定着しつつある体毛の処理。

皆さんの中にもシェーバーやカミソリ、除毛クリームなどを使って処理された経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

自己処理は難しい場合もあるアンダーヘアの脱毛ですが、今回は簡単に処理できる方法や注意点をご紹介させていただきます

ぜひアンダーヘアの脱毛や自己処理に関心があるという方や、本当に脱毛している人がいるのかと半信半疑の方も、この機会に参考にされてみてはいかがでしょうか?

また、処理の仕方によっては、肌荒れ、肌の黒ずみなどお肌トラブルの原因に繋がりかねません。

既にアンダーヘアの自己処理を実践しているという方も、適切な方法で処理を実践できているのか、今よりもっと自分に合った方法があるかなどを確認してみてください。

アンダーヘアを処理することに迷っている方や、処理する方法がわからない方は、じっくり見ていってね!

アンダーヘアは処理すべき?海外や国内の事情

そもそも、アンダーヘアは処理すべきであるか、海外と国内の事情をみていきます。

アンダーヘアの処理は欧米では一般的

サウナなどが発達した外国では、男女とも陰部の周りを剃るのがマナーとして定着しています。

男性でも、ブラジリアンワックスなどを用いてアンダーヘアを綺麗に処理することが一般的です。

 

長さや形を整えるくらいが良いという声が大きい

日本でも衛生面や手入れのしやすさから、アンダーヘアの処理が人気を集めています。

男性のムダ毛処理ランキングを見ると、第一位のヒゲ脱毛に次いで人気を集めているのが、陰毛なのです。

しかし、日本では完全になくすのは違和感がある、抵抗があるという声がまだ強く、長さや形を整えるくらいがちょうどよい、という声が多いです。

 

アンダーヘアとは?

アンダーヘアとは、一般的に4つの部位で構成されており、下記のような名称で呼ばれています。

アンダーヘアの範囲

  • Vライン:Vラインとは、太ももの付け根から骨盤の高さまでのエリアを指します
  • Iライン:Iラインとは、睾丸の下から肛門手前までのエリアのことを指します
  • Oライン:Oラインとは、肛門まわりの直径6cm周辺エリアのことを指します
  • おしり:「おしり」とは、お尻の全域と骨盤から裏太ももの付け根あたりまでのエリアを指します

脱毛をするときによくみられる「VIO」などは、これらのアルファベットを組み合わせたものです。

 

アンダーヘアの手入れのメリット

男性がアンダーヘアを手入れすることで得られるメリットは数多くあるよ。アンダーヘアを処理するメリットを一緒に見てみよう。

夏場にプールや海水浴などで水着から毛がはみでる心配がないこと、下半身がムレる心配が減ること、陰毛が伸びるときに感じる股間のかゆみを感じにくくなるなどが挙げられます。

他にも、部屋の掃除が楽になる、臭いを軽減し衛生的に良い、大便時にトイレットペーパーの使用回数を減らせるなど、細かい点を含めれば数えきれないくらいのメリットが存在します。

 

男性がアンダーヘアを処理するときにおすすめな処理方法

アンダーヘアの処理にメリットが多いことは分かりました。

続いてはどのような手入れ方法があるのかを見ていきましょう。予算や手間、仕上がりなどが異なりますので、見比べてみてください。

ヒートカッターの使用

ビキニゾーントリマーの定番道具の一つがヒートカッター。金属の熱線で処理したい箇所の毛を焼き切る際使う道具です。

 

メリット

インターネット通販サイトなどでも手軽に入手できます。

くしのような見た目の内部には電熱線が張り巡らされ、ケアしたい部位をなぞるようにあてることで毛をカットすることができます。

ヒートカッターの先端はプラスチックでコーム状になっているため、直接熱線に触れることはなく、火傷の心配もありません。

ヒートカッターを使った陰毛の断面は、ハサミなどでカットしたときと比べ、毛先が丸くなるため、処理後の不快感が少ないのも魅力です。

 

デメリット

手軽に陰毛を短く処理できる人気グッズのひとつですが、一部では毛が焼ききれる際の独特な臭いが苦手という声も挙がっています。

 

電動シェーバー(女性用の顔用シェーバー)

電動シェーバーはムダ毛処理の定番アイテムです。

 

メリット

電動シェーバーの刃に切断したい毛を当てるだけで処理ができるため、ヒゲ剃りと同じ要領で簡単に使える点が魅力的です。

T字カミソリよりお肌への刺激を抑えることができ、肌荒れの心配や皮膚のトラブルが少ないなどの理由から、選ばれることが多い道具です。

 

デメリット

表面の毛をカットするだけなので、ムダ毛が伸びるときにチクチクして痛みを感じやすくなります

 

T字カミソリ

男性であれば、ひげを剃る時に一度は利用したことがある方がほとんどではないでしょうか?

T字カミソリも、電動シェーバー同様定番のアイテムです。

剃りたい箇所にクリームを塗布し、刃を滑らせて毛を処理します。

 

メリット

既に所有している方が多く、コンビニエンスストアや100円ショップでも安価で手に入る点が魅力です。

ひげ剃りの際に扱い慣れている方が多く、ひげを剃る感覚でアンダーヘアの処理をすることが出来ます。

 

デメリット

電動シェーバーと同じく処理したムダ毛が伸びると、チクチクした痛みを感じやすくなります

また、肌ケアやシェービングクリームを使用して、肌荒れの対策が必要です。

 

バリカン

髪の毛用のアイテムというイメージが強いバリカンですが、実は全身のムダ毛処理にも使うことができます。

 

メリット

シェービングフォームなどを使用せず、充電式のものであれば本体一つでアンダーヘアを処理することが可能です。

アタッチメントで毛の長さを調節できるため、完全に毛を無くすのではなく、短く整えたい処理時に活躍してくれます

 

デメリット

バリカンの種類によっては、お手入れが面倒です。

お手入れに時間をかけたくない方は水洗い可能のバリカンを推奨しますが、中には水洗いができない物もあり、ブラシで刃を掃除する必要があります

 

ワックス

近年では、デリケートゾーンの毛を処理するブラジリアンワックスなどのワックスを用いた脱毛も流行しています。

市販で販売されている商品もあれば、専門のサロンでワックス脱毛を受けることもできます。

 

メリット

ワックスは毛根から一気に処理ができ、見た目が綺麗になります。

特に、全ての毛を取り除いた状態「ハイジニーナ」にしたい時に重宝します。

また、毛が伸びてくるまでに時間がかかる為、頻繁に処理する必要がないのも利点です。

 

デメリット

ワックスを肌から引き剥がす時に、毛量が多いほど痛みを感じやすくなります

また、ワックス脱毛を受けた後、しっかりアフターケアを行わなければ「埋没毛(まいぼつもう)」や「毛嚢炎(もうのうえん)」の原因に繋がります。

ブラジリアンワックスについての詳細は「【メンズ】ブラジリアンワックスでVIOをツルツルに!セルフでも可能?」をご覧ください。

 

アンダーへアの自己処理で注意すべき方法

代表的な処理方法を紹介してきましたが、自己処理をする際に注意すべきポイントを手法別に紹介していきます。

自己処理をする場合は、気を付けながら処理を行いましょう。

おすすめの自己処理アイテムを紹介したけど、使用についても確認してみてね。

毛抜き

毛抜きを使った処理は、毛を毛根から抜くことにより皮膚の表面に青みを残さず処理できます。

しかし、無理に毛を抜くことで毛根内部を傷つけ、ムダ毛の処理後に埋没毛が発生することや、細菌の侵入により、化膿し、毛嚢炎や炎症を起こす可能性があります

肌を外敵から守るという点から、毛抜きを使った処理は奨励されません。

 

毛剃り

カミソリなどを使った処置は安くて手軽な反面、陰部周りや男性器をカミソリで傷つけてしまう可能性があります

また、自分自身では剃り残しがないかどうか確認しにくいなどの問題点があります。

 

カット

ハサミなどで陰毛をカットする定番の処理方法ですが、毛の長さを揃えるのが難しいです。

その他、お尻などの背面は自分では確認し辛く、切り残しをしてしまうことがあります。

また、熱線でムダ毛を焼き切って処理するヒートカッターを利用する場合には、独特の毛が焦げた匂いがします。

 

ワックス

一気に剥がすため肌への負担は小さくありません。

敏感肌の方は特に注意する必要があります。

 

肌に優しく痛みの少ないサロン脱毛

メリットが多いアンダーヘアの処理ですが、自分での処理は手間がかかるうえに、やり方を間違えると肌のトラブルやけがに繋がる恐れもあります。

アンダーヘアの脱毛に興味はあるけれど、トラブルは避けたいという場合は脱毛サロンの利用がおすすめです。

脱毛によるアンダーヘアの処理は、根本的にお悩みを解決することができるよ。

プロ監修による脱毛

脱毛サロンでのメリットは、プロ監修による脱毛施術が受けられることです。

自分自身では処理の難しいアンダーヘアの定量や肌質を見極めた上で、適切な施術が受けられます

さらにプロの監修により、適切な脱毛処理のタイミングを知ることができる点も人気のポイント。

これらが手軽さと安全性を兼ね備えていることから、近年人気が出ています。

 

光脱毛ならデリケートなアンダーヘアの処理も安全

サロンやクリニックでの脱毛には「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」などがありますが、中でもデリケートな陰部への施術でおすすめなのは光脱毛です。

光脱毛は、肌への負担と痛みが少ないため、安心して施術を行うことができます。

また、継続して通うことにより、しっかりとした効果を期待できる点もメリットのひとつです。

 

当サロンの光脱毛ビフォーアフターの一例
※画像をクリックして頂くと、他の陰部脱毛のモニター写真をご覧いただけます。

RINX陰部モニター

光脱毛は、当サロンでも取り扱っております。
まずはカウンセリングにてお話を伺い、御一緒にお悩みを解決させて頂いております。

ご予約お問い合わせはこちら

※当サロンは男性専用です。

 

アンダーヘアのデザイン

アンダーヘアを脱毛で処理する場合、完全に脱毛してしまうだけでなく毛の残し方によってデザインをすることも可能です。

人気のデザインをいくつか紹介します。

 

ナチュラル

自然な形で残しているように見せて、下着からはみ出さないデザインです。

剛毛にならない程度に処理します。

別の形に変える対応もしやすいため、最初は整えているとわかることに抵抗がある場合は、こういったものから試してみるのはいかがでしょうか?

 

逆台形

ナチュラルよりは整えていることがわかる程度の印象を与えるデザインです。

陰茎の横の毛の有無で雰囲気を変化させることができます。

 

長方形

陰茎の上を長方形型に残すデザインで、スラッとした長い足に見せる効果があります。

いきなり幅を小さくせずに、ある程度余裕を持った幅から始めるのがおすすめです。

 

V字

陰茎を軸にV字に伸ばしたデザインです。

ビキニラインの毛が全体的に広い場合に限って可能なデザインで、男らしさが強調されるというメリットがあります。

 

ハイジーナ

「パイパン」と言われる毛がない状態のことを指します。

サウナなどが発達している欧米では男女関係なくスタンダードな状態で、匂いの改善やセックス時の密着度の増加につながります。

 

サロン脱毛に関するよくある質問

サロンでの脱毛について、よくある質問を掲載します。

こちらで解消されない疑問点については、電話やメールで問い合わせるか、無料カウンセリングを予約し、直接聞いてみてください。

 

学生でもできますか

年齢制限は設けておりません。

また、学割が受けられるサロンでは、学生でも利用しやすい環境が整っています。

 

敏感肌でも脱毛できますか

可能です。 お客様の肌の状態や強さに合わせて脱毛処置を行っていきます。

肌荒れが気になる方は無料カウンセリングでご相談ください。

 

施術する店舗は変更できますか

サロンやクリニックによって、方針は異なります。

RINXの場合、急な転勤やお引っ越しにも対応可能な店舗間移動システムを用意しています。手続料金も発生しません。

 

プロのアンダーヘア脱毛で他の男性に差をつけよう

一昔前と異なり、現在身嗜みの一つとして脱毛を行うのは常識になりつつあります。

海外の情報が入ってきやすくなったこともその要因の一つかもしれませんね。

アンダーヘアについても、処理すべきムダ毛として、ある程度のケアを行うことが好まれます

他の部位と同じように自宅で自己処理することも可能ですが、デリケートでかつ自分での処理が難しい箇所でもありますので、本気でケアを考えるのであれば、脱毛サロンという選択肢も考えられます。

カウンセリング、相談は無料で行っているところも多いので、気になる方はまずはお近くのサロンに相談しに行ってみてください。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2434

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX