kenta ライターkenta

その他

ピンセットや毛抜きで毛を抜くのはNG?正しい自己処理方法

手軽にムダ毛の処理ができる「ピンセット」は、身だしなみを整える上で欠かせないアイテムです。

男性でも日常的に使用されている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしその手軽さとは対照的に、「ピンセットで引っ張ったら途中で毛が切れてしまい、うまく処理できなかった」「短い毛を処理する際にピンセットの先で皮膚を傷つけてしまった」という、トラブルに直面することも多い器具でもあります。

また、中には皮膚への負担を顧みず、日々のストレスを発散する為に無意識に毛を抜く方もいらっしゃるようです。

そんな、「毛を抜く行為」を続けていると、お肌の黒ずみ、ニキビの原因になることをご存知でしょうか?

ピンセットを使った正しいムダ毛処理の方法と、皮膚を傷つけないピンセットの選び方をご紹介します。

毛を抜いてからお肌の調子が悪い、これからピンセットの使用を続けるのが不安という方に向けて、お肌に負担の少ないムダ毛処理についても解説しております。

これから、ピンセットの使用を検討している男性はこの記事を参考してみてね。

8月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

ピンセットを使ったムダ毛処理のメリット

さまざまな脱毛用器具があるなかで、ピンセットの特性やピンセットを使うことによるムダ毛処理のメリットをご紹介します。

基本的に自己処理に推奨されないけど、使い方次第では大きく活躍してくれるよ。

毛が伸びる期間が長い

ピンセットを使うと、毛根からムダ毛の処理をすることになります。

そのため一度処理すると、次の毛が生えるまでにツルツルの状態を比較的長い期間維持できます。

個人差はありますが、一般的に再びムダ毛が再生されるまでには2〜8週間程度といわれています。

カミソリやシェーバーは肌表面のムダ毛のみを処理しているため、一度処理してもすぐに生えてきてしまいます。

一方でピンセットによる処理は、ヒゲソリやシェーバーのように処理回数は少なく、剃り残しに悩まされることもありません

 

効果がすぐに出る

ピンセットは、「引っ張って抜く」という単純な作業の処置です。そのため、手軽で素早く脱毛効果を出すことができます。

また、毛根からきちんと処理ができるため脱毛後の仕上がりもキレイ

さらに再び生えてくるムダ毛も、毛抜き処理の前のものより毛先が細くなるため、チクチクした痛みを軽減することもできます。

カミソリやヒゲソリなどで処理すると、剃った後のチクチクとした感触を感じてしまう事がありますが、不快感のない処理ができるのは魅力的です。

 

費用が安い

「ピンセット」の魅力は手軽さです。

安いものなら100円ショップやコンビニエンスストアでも手に入れることができ、入手性、金銭面の双方で手軽な脱毛グッズと言えるでしょう。

また、持ち運びにも便利で、使いたいときにいつでも使用することができる点も魅力です。

 

ピンセットを使ったムダ毛処理のデメリット

ピンセットを使うと手軽でキレイに脱毛処置をすることが出来ますが、残念ながらデメリットもあります。

ここでは、ピンセットでムダ毛を処理した場合に考えられるトラブルやデメリットをご紹介します。

痛い

ピンセットを使ってムダ毛を処理した際に、必ずつきまとうのが「痛み」です。

太いムダ毛を強い力で引っ張って処理した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「ムダ毛」はピンセットで引っ張る皮膚の外部より、皮膚内部に埋もれている毛根部分の方が大きいため、無理に力を入れて引き抜くと大きな痛みを伴うこともあります。

強い刺激を与えすぎると毛穴や皮膚を傷つけてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

 

永久脱毛ではない

ピンセットを使ってムダ毛処理を施した場合には、毛根からムダ毛が抜けることがありますが、 毛根から処理をすることができた場合であっても、生えてくるスピードは若干遅くなりますが、いずれまた生えてきてしまいます

毛根から処理すると、永久脱毛につながると思われている方もいらっしゃると思いますが、実際に毛を作るのは「毛乳頭」と呼ばれる、毛根の奥にある場所です。

毛乳頭は毛細血管とつながっており、ここが機能している限りはムダ毛は再生されていってしまいます。

力強く引っ張って毛根から処理することができても、残念ながら「永久脱毛」につながるというわけではありません。

 

毛穴を傷つける

ピンセットによるムダ毛処理は、毛穴を傷つける恐れがあります。

確かに、カミソリを使用した時に起こる「カミソリ負け」による肌荒れを回避することは可能です。

しかし、毛の一点に力を入れて無理やり引っ張る方法は皮膚に大きな負担がかかり、継続して続けると色素沈着や皮膚を傷つける可能性があります

また毛を無理やり引き抜いているため、毛穴が広がる可能性もあり、将来的に予期せぬ肌トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

 

ピンセットの使用で起こりがちな毛穴トラブル

ピンセットを使った脱毛は、毛穴に大きな力をかけることになるため、皮膚に負担を与えます。

場合によっては、毛穴や皮膚にトラブルを起こすこともあるため、注意が必要です。

ピンセットを使ってムダ毛処理した場合に起こることがある、代表的な毛穴トラブルをご紹介します。

埋もれ毛(埋没毛)

「埋もれ毛」とは、皮膚の内側で毛が伸びることを指し、埋没毛と呼ばれることもあります。

この原因はピンセットやワックスを使ってムダ毛を抜いたときに毛穴が傷付き、その傷が治るときにできた「かさぶた」が、皮膚の外に新たに生えてきたムダ毛が伸びるのを妨げることで発生しますが、ピンセットで引っ張った毛が途中でちぎれて、別の方向に伸びてしまうことでも起こりうる症状です。

 

毛嚢炎

「毛嚢炎」(毛のう炎)とは、ピンセットなどで毛を抜いた後に、毛穴や皮膚についた傷から細菌が入ることが原因で発生する感染症で、白いニキビのようなボツボツが皮膚にできる症状です。

治った後も痕が残ってしまうことがあるので、ピンセットを使ってムダ毛の処理をする場合には中知るようにしましょう。

もしできた場合には、無理に潰したりせず、清潔な肌状態を維持するように心がけましょう。

 

色素沈着

紫外線によるダメージなどがおなじみの色素沈着ですが、ピンセットを使ってムダ毛を処理した場合に受けるダメージで発生してしまうことができます。

毛を無理に抜くことで、皮膚がダメージを受けたように錯覚し、皮膚が反応することによってメラニンを活性化させます。

メラニンは表皮内にあるメラノサイトと呼ばれる細胞によって作られ、外の刺激から肌を守る効果があります。

しかし、メラニンが活性化してしまうと、日焼けしたときのように肌が茶色や黒色に変化し、色素沈着が起こってしまいます

色素沈着を防ぐためには、無理にピンセットなどを使って脱毛処理をしない。 もしピンセットを使って処理を施した場合には、処置後に正しい方法で肌ケアを施す必要があります。

 

出血

ピンセットを使ったときに多いトラブルが、出血です。抜きにくい毛を無理な力を加えて抜いてしまうと、血が出ることがあります。

毛には「毛周期」と呼ばれる生え変わりのサイクルがあります。

一般的には3〜4ヶ月周期のペースのことが多く、毛根の奥にある毛乳頭に毛細血管から栄養素が送り込まれ、体毛は生成されます。

毛周期の成長過程にあるムダ毛は、毛細血管に直結していることがあるため、無理に力を入れて引き抜くと、血管を破り血が出てしまうことがあるので、無理なピンセットでのムダ毛処置は禁物です。

 

毛穴へのダメージを抑えたピンセットの使い方

一点に力を入れて引っ張るという特性上、どうしても一部分に負担がかかりがちな 毛穴での脱毛処理ですが、どのようにすればダメージを抑えることができるのでしょうか?

ここでは、簡単にできる皮膚へのダメージを抑えたピンセットの使い方をご紹介します。

ネガティブな面も多いけど、お肌を守るためにも使い方と手順を覚えよう。

皮膚を温めて毛穴を開いておく

ピンセットを使った脱毛処理をする前に、ムダ毛を抜く部分の肌を蒸しタオルなどで前もって温めておくと良いでしょう。

湯気などで温度を上昇させることで、血行が良くなり、通常状態よりも毛穴が開かれた状態になります。

毛穴を開くと無理に力をかけなくても毛が抜けやすい状態になるので、皮膚への負担や毛穴が受けるダメージを軽減できます。

 

毛が生えている方向に沿って抜く

ピンセットを使うとき、ムダ毛をやみくもに引っ張って抜いてしまっていませんか?

ムダ毛にも生えている流れがあるので、毛の流れに逆らうことはせず、まっぐぐにムダ毛を向くようにしましょう

毛並みに沿ってムダ毛を抜くことで毛穴を傷つけたり、皮膚に必要以上の負担を与えずに済みます。

 

根元から抜く

ムダ毛の毛先からピンセットで引っ張ると、ムダ毛が途中でちぎれることがあり、埋もれ毛の原因になってしまうこともあります。

ピンセットを使う利き手とは反対の手で、皮膚を軽く押さえながら、ムダ毛の根本を挟んで抜きましょう

 

1本ずつ抜く

「短時間で大量のムダ毛を処理したい」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、大量のムダ毛を一気に力を入れて抜いてしまうと、皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

複数の毛を一気に抜くと、毛の間にある皮膚を引っ張ってしまうことがあるため、皮膚に負荷を与える傾向にあり、皮膚や毛穴を傷つけてしまう可能性があります。

面倒だと思っても、ムダ毛を一本一本丁寧に引っ張って抜くようにしましょう。

 

肌トラブルを防ぐピンセットのポイント

手軽にムダ毛を処理できるピンセット。皮膚トラブルの可能性があったとしても、その手軽さはやはり魅力的です。

ピンセットを使ってやむを得ずムダ毛の処理をしなければならない場合の肌トラブルを防ぐためのピンセットの使い方をご紹介します。

手やピンセットを消毒する

まず、ムダ毛を抜くときには、前もって手を洗うなど、手を清潔にしてから行うようにしましょう。

特にムダ毛を処理した後の毛穴は刺激に弱く、ウイルスや細菌が入りやすい状態になっています。

ピンセットもアルコールや消毒液などで、消毒してから使用する方が、細菌の繁殖による皮膚のトラブルを防ぐためにはおすすめです。

 

脱毛後は皮膚を冷やす

ピンセットでの脱毛後、皮膚の炎症を抑え,広がった毛穴を引き締めるために皮膚を冷やすが効果的です。

細菌が入らないようにするため、清潔な水で冷やしたタオルやアイスシートなどを使うと良いでしょう。

また、冷却後には必ずはだへの保湿ケアを忘れずに行い幹部へのダメージを最小限にするように心がけましょう。

 

抜いた箇所はなるべく触らない

脱毛後の肌は敏感なため、皮膚トラブルもおこりやすい状態になっています。

もしウイルスや細菌などが毛穴に入ってしまうと大きな肌トラブルを引き起こす可能性もあるため、一度脱毛した後の毛穴は必要以上に触れないようにする方が良いでしょう。

 

ピンセットの選び方

街の至る所で売られている「ピンセット」。

最近では100円ショップやコンビニエンスストアなどでも販売されており、安価なピンセットが手軽に入手できます。

しかし、多くの安価なピンセットも販売されてる一方で、種類や価格帯によって、その性能には大きな違いがあるというのが実情です。

ピンセットを変えるだけで毛穴や皮膚へのダメージを軽減できることもあるので、その差は軽視できないものがあります

ここでは、ピンセットを使いたいけれど、何を選んだらいいかわからないという方のために、代表的なピンセットの種類や用途などをご紹介します。

一緒に思えるピンセットも、実は、使いやすさを追求した職人さんのこだわりがあるんだ!

先端の形状で選ぶ

ピンセットを選ぶ選択肢の一つに「先端の形状」があります。用途や使用部位によって適している形は異なりますが、一般的に下記のような適性があると言われています。

先が平らなピンセット

一般的に売られているピンセットに最も多く見られるのが、先が平らに作られているピンセットです。毛抜き幅もあるのでムダ毛がつかみやすい傾向にあります。

 

先が斜めのピンセット

先が斜めになっているピンセットは、狙った部分が見やすい作りになっており、ムダ毛を正確につかめるというメリットがあります。

 

先が細いピンセット

先が細いピンセットは、その先端の細さから毛を一本一本確実に掴めるため、細かい箇所のムダ毛をピンポイントに抜けるというメリットがあります。

 

先が丸いピンセット

先が丸いピンセットは先端が尖っていなため、皮膚や毛穴を傷つける心配が少ないという魅力があります。フェイスラインなどの皮膚の薄い部位への使用が特にオススメです。

 

メーカーで選ぶ

さまざまな企業によって販売されているピンセットですが、企業の特徴によって性能にも違いがあることをご存じですか?

ここでは、メーカーごとに見られる「ピンセット」の特徴をご紹介させていただきます。ピンセット選びの参考にされてみてはいかがでしょうか?

化粧品メーカー

化粧品メーカーが販売しているピンセットは、「フェイス用」を主目的としているため、けさきが細いピンセットが多い傾向にあり、持ちやすさや滑りににくさなどが考慮された形状で工夫が見られる点です。

 

刃物メーカー

刃物メーカーが販売しているピンセットは、刃物の金属加工技術を生かして作られているため、精巧な噛み合わせを備えている商品が多いことが特徴です。

 

精密機械メーカー

精密機械メーカーが販売しているピンセットは、細かいパーツなどの製造が得意な企業が開発している場合など、その素材や性能にこだわりが多くの点に見られます

 

ピンセットからメンズ脱毛の処理に乗り換えてみませんか?

お肌への負担を極力軽減できる処理方法をご紹介しましたが、お肌の安全を考慮すればピンセットによる自己処理は頻度を減らした方がよいでしょう。

しかし、毛は次々に生えてくる為、自己処理は欠かせないですよね。

根本的に毛の生えてくる頻度を減らすのにうってつけな方法に、メンズ脱毛があります。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

メンズ脱毛の効果って?

メンズ脱毛は「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類が代表的です。

3つの脱毛方法は共通して、毛に栄養を送って成長を促す根本的な原因「毛乳頭」という細胞を刺激して毛の総量を減らします

最終的に毛がほとんど目立たない状態に変化して、自己処理の頻度、手間を軽減してくれるメリットがあります。

毛が薄くなるので、特に青髭でお悩みの方は初めに検討してみてください。

 

脱毛も結局痛いのでは?

脱毛には「痛い」というイメージを抱く方も多いかと思いますが、脱毛技術が発展し、最新の「光脱毛」が徐々に浸透してきたことで、そのイメージも変わりつつあります

お髭やアンダーヘアなど、一部多少の痛みを感じる箇所はあるものの、当サロンでは「ほとんど痛みがない」「身構えていたほどではなかった」という意見をいただいております。

当サロンの脱毛機特設ページもぜひご覧くださいませ。

効果が高く痛くない脱毛機はこちら

 

脱毛サロンって高くない?

現在でも、脱毛の料金は決して安いものではありません。

それでも、最近ではお小遣いやアルバイトのお給料の範囲内で脱毛する学生さん〜幅広い層で脱毛を受ける人が増えています。

料金が時代と共にお手頃になっていること、将来的な自己処理の費用を抑えられることにフォーカスしてみると、脱毛人口が増えていることにも合点がいきます。

また、一回でのお支払いが難しい方でも、カードの分割や独自の月払いができるサロン・クリニックもあり、お支払いの負担を軽減して脱毛することも可能です。

メンズ脱毛・ヒゲ脱毛料金表を見る

 

当サロンでもメンズ「光脱毛」を取り扱っております。

ご不安なことをお抱えの方も、まずは無料のカウンセリングを実施しておりますので、ご安心くださいませ。

RINXの公式サイト

※当サロンは男性専用です。

 

ピンセットのきれいな仕上がりを維持するために取るべき方法

男性が日頃の身だしなみを整えるためにも、ピンセットは欠かせないアイテムになってきました。

今回正しいムダ毛の処理方法と、皮膚を傷つけないピンセットの選び方をご紹介させていただきましたが、あなたは正しいムダ毛処理ができていましたか?

入手しやすさや、すぐに効果が体感できる手軽さも魅力的ではありますが、一点に力を加える方法での脱毛は皮膚に与えるダメージも大きく、継続的に施術を続けていくためには、皮膚の消毒や冷却、保湿といった、正しい肌へのケアが必要になります。

そして、毛根から処理をした場合でも、数週間後には再びムダ毛が生えて来てしまいます。

もし、継続的にきれいな仕上がりを維持したいという場合には、サロンでの脱毛施術を受ける必要があります

ムダ毛が作られる毛乳頭にレーザーを照射することで、ムダ毛が生えてこない状態にすることができます。

無料体験施術などが受けられるサロンもあるので、ムダ毛処理の悩みを長期的に抱えていらっしゃるようでしたら、一度足を運んでみることをオススメします。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 3265

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX