ひげ太郎 ライターひげ太郎

眉毛

太い眉毛は整えるべき?似合う眉毛スタイルや整え方手順

太い眉毛をコンプレックスに思う人は少なくないでしょう。

眉毛は顔の印象を左右するポイントとなるため、正しい方法で整える必要があります。

この記事では、眉毛の正しい整え方や整える時のポイントについて詳しく解説していくよ!

太い眉毛は整えるべき?

太い眉毛の人は、整えた方がいいのか悩んだことがあるのではないでしょうか。

結論からすると、「ボサボサの生えっぱなしの眉毛は整えるべき」だと言えるでしょう。

太い眉毛は、凛々しい印象を与え、似合っていれば太い眉毛そのものが悪いということはありません。

しかし、何も手入れしていないボサボサの眉毛の状態である場合は、形を綺麗に整えた方が良いとされます。

 

眉毛は顔の印象を変える

眉毛は「顔の印象を左右する」と言われるほど重要なものであると言えます。

わかりやすい例で言えば、大人気の女優の「石原さとみ」さんは、デビュー当時は太い眉毛で素朴な印象でした。

しかし最近では眉毛をシャープに整え、デビュー当時とは全く違う垢抜けた印象で、男女問わず多くの人から支持を集めるようになっています。

このように、眉毛は人に与える顔の印象をガラリと変えることができる重要なポイントの一つなのです。

今現在眉毛を全く手入れしていないという人は、眉毛の形を整えるだけで顔の雰囲気が変わるかもしれません。

 

生まれつき眉毛が薄い人と濃い人の違いって?

眉毛は、人によってある程度濃さや太さに違いがあります。

この違いに起因するものについて解説します。

 

遺伝

眉毛の濃さや太さは、両親の遺伝に大きく影響します。両親の眉毛が濃く太い人は、その遺伝を受け継いでいる可能性が大きくあります。

 

ホルモンバランスの乱れ

眉毛に限らず、体毛は男性ホルモンの影響が大きいとされています。

人の体には、男性ホルモンと女性ホルモンがバランスを保っていますが、何らかの原因によって男性ホルモンが活発になると、眉毛の濃さに影響を及ぼすことがあります。

 

太い眉毛の整え方

眉毛は一度失敗してしまうと、元に戻すにはかなりの時間が必要です。

眉毛を自分で整える際には必要なアイテムをきちんと揃え、慎重に進めていきましょう。

 

必要な道具

眉毛の手入れに必要なアイテムを用意しましょう。ドラッグストアや100円均一ショップなど、どこでも手軽に揃えることができます。

間違っても工作用ハサミなどを使って眉毛を整えるようなことはしないよう、眉毛専用の道具をきちんと揃えましょう。

チェックポイント!

  • 眉毛ハサミ
  • 眉毛ブラシ
  • 眉毛コーム
  • 毛抜き
  • 眉毛カミソリ(シェーバー)

 

眉毛の整え方

眉毛の手入れの手順は次の通りです。

初めて手入れをするという人は、慎重に少しずつ手順を進めていき、大きな失敗をしないよう気を付けましょう。

 

眉毛の形をイメージする

まずは、「自分がしたい眉毛の形」のイメージを固めます。

眉毛のイメージが分からないという人は、芸能人の顔写真などを参考にしてみると良いでしょう。

失敗が不安な人は、アイブロウを使用し下書きとして位置をマークしておくのがおすすめです。

 

眉毛周りの不要な産毛を処理する

眉毛カミソリやシェーバーを使用して、眉毛の周りに生えている産毛や眉毛の間の毛など、不要な毛を処理しましょう。

ただし、産毛と眉毛の境界線あたりを処理する際は、剃りすぎてしまわないように注意してください。

 

眉毛の毛量を調節する

眉毛の毛量を調節することで「眉毛の濃さ」を調節していきます。

ここでは、眉毛ハサミ・眉毛ブラシ・眉毛コームを使用します。

まずは、ブラシを使用して眉毛の毛の流れを整えます。

毛の流れが整ったらコームを眉毛にあてがって、毛の長さを整えていきます。

ここでカットしすぎてしまうと薄すぎる眉毛になってしまったり、眉毛の一部が禿げたようになったりするため注意してください。

 

眉上・眉下を整える

眉上・眉下を整えることで、「眉毛と目の距離感」や「眉山の形」を調節することができます。

ここが顔の印象を左右する最重要ポイントであるため、慎重に行いましょう。

眉毛のバランスを綺麗に作るためには、眉下→眉上の順で整えるようにします。

眉上から整えようとすると眉毛のバランスが崩れやすくなるため注意しましょう。

また、眉山は必ず最後の仕上げとして整えます。

 

眉毛のカーブを調節する

眉毛のカーブは、目頭と目尻を水平にすると自然な印象になります。

カミソリを使用すると一気に毛を処理してしまう恐れがあるため、毛抜きを使って一本一本処理していくことをおすすめします。

 

仕上げの微調整をする

最後に少し離れた位置から鏡を見て、顔全体のバランスや左右の眉毛が対称になっているか確認しましょう。

しかし、顔のバランスはほとんどの人が左右非対称であるため、左右対称の眉毛を作ることは実は難しいのです。

うまく左右対称の眉毛にならないからといってやりすぎてしまうと、どんどん眉毛がなくなっていってしまう恐れがあります。

仕上げの微調整はある程度見切りをつけるようにしましょう。

 

眉毛を整えるときのポイント

眉毛を手入れする上で大切なポイントをいくつか紹介します。少しの失敗が顔の印象を左右するため、見切り発車での眉毛の手入れは絶対に避けましょう。

「自分がどんな眉毛にしたいのか」をきちんとイメージしておくことが大切です。

 

眉毛の黄金比

眉毛には「黄金比」と言われるものが存在します。

これは、眉毛・目・鼻の3つの部位の比率を指し、きれいな顔立ちを作るために大切なバランスであるとされています。

 

眉毛の黄金比のポイントは、眉頭の位置・眉山の位置・眉尻の位置・眉毛の下側の角度の4つです。

 

眉頭の位置

眉頭(まゆがしら)とは、眉毛の始まりの部分を指します。眉頭は、「目頭の真上」が好ましいとされています。

目頭の真上と垂直ではなく、少し斜めにすることでより自然かつ綺麗な眉毛を作ることができます。

 

眉山の位置

眉山(まゆやま)とは、眉毛のカーブの一番高い部分を指します。眉山は、「白目の終わりの真上」つまり、「眉毛のおおよそ2/3の位置」が好ましいとされています。

この眉山の位置こそ、最も顔の印象を左右するとされています。

 

眉尻の位置

眉尻(まゆじり)とは、眉毛の終わりの部分を指します。

眉尻は、「小鼻と目尻を結んだ延長線上」の位置が好ましいとされています。

 

さらに、眉頭と眉尻を水平にすることで自然な眉毛のアーチを作ることができます。

 

眉毛の下側の角度

自然で美しい眉毛の角度は、「10度」であるとされています。

10度を下回ると女性アイドルに多いいわゆる「困り眉」に、10度以上になると「釣り眉」の印象になります。

 

眉毛と目の距離

眉毛が生えている位置は生まれつき決まっていますが、手入れ次第では眉毛の目の距離感をある程度変化させることができるのです。

 

例えば、眉毛と目の距離が近い場合は、「目力の強い外国人風の顔」の雰囲気を作ることができます。

彫りが深く見えるため、キリッとした男らしい印象になります。

 

一方、眉毛と目の距離が遠い男性は、「さっぱりとした優しい印象」を作ることができます。

最近流行の「塩顔男子」に近づきたい場合は、眉毛と目の距離は遠目を意識するといいでしょう。

 

濃さ・太さ

太くて濃い眉毛は「目力をアップさせる」効果がある一方で、太すぎると野暮ったくなってしまう恐れがあります。

太めの眉毛にしたいという人は、野暮ったくならないよう眉毛の形や毛足を綺麗に整えることがポイントです。

 

反対に細くて薄い眉毛は「涼しげで知的な印象」がありますが、細くしすぎると中高生の失敗した眉毛のようになってしまうため注意しましょう。

 

自分に似合う眉毛とは?

自分の理想の眉毛が本当に自分に似合うものなのか、不安な場合も多いでしょう。

また、そもそも多くの人は、自分に似合う眉毛がどんな形なのか分からないのではないでしょうか。

ここでは、自分に似合う眉毛を見つける方法を紹介します。

自分の顔の印象・輪郭・目の大きさの3つを押さえて、自分に似合う眉毛を見つけましょう。

 

印象

クール

クールな印象を強調する場合は、「少し細めのシャープな眉毛」がおすすめです。

細めの眉毛が目元をキリッとさせてくれます。

 

爽やか

清潔感のある爽やかな印象が欲しい場合は、「簡単に整えた自然な眉毛」がおすすめです。

あまり形を作りすぎず、自然なままの眉毛を少しカットして軽く整えましょう。

 

男らしさ

顔が濃く目鼻立ちがはっきりとした印象の人には、「ボリュームのある太眉」がおすすめです。

濃くてはっきりとした眉毛は、より男らしさを強調します。

 

優しい

ふんわりと優しい印象のある人には、「ゆるやかなカーブのある眉毛」がおすすめです。角度をつけすぎない緩やかなカーブで、柔らかい印象を与えます。

 

輪郭

丸顔

丸顔眉毛

全体的にふっくらと丸みを帯びたフェイスラインの丸顔の人は、「シャープな眉山のあるアーチ型の眉毛」がおすすめです。

シャープな眉山にすることで、丸みをぼかしてすっきりとした印象を作ることができます。

 

たまご型

卵形眉毛

角がなくバランスのとれたたまご型の輪郭の人は、「まっすぐ斜めに伸びた眉毛」がおすすめです。

角度をつけすぎないことがポイントで、フェイスラインを引き立てつつ小顔効果も期待できます。

 

逆三角形

逆三角形眉毛

耳の下から顎にかけたラインがシャープで、すっきりとした印象のある逆三角形の輪郭の人は、「カーブが目立つ眉毛」がおすすめです。

カーブを目立たせることで、シャープな印象を中和させることができます。

 

ベース型

ベース型眉毛

エラが張っていてフェイスラインの丸みが少ないベース型の輪郭の人は、「少し長めのへの字眉毛」がおすすめです。

への字眉毛は、眉頭の位置を低くすることで眉山までの角度をつけ、眉尻は下向きに作ります。

眉毛を少し長めにすることで、目立ちやすいエラをぼかすことができます。

 

ダイヤモンド型

ダイヤモンド型眉毛

ダイヤモンド型とは、「頬骨が張った輪郭」のことを指します。

ダイヤモンド型の輪郭の人は、「横に細長いアーチ型の眉毛」がおすすめです。

細長い眉毛を作ることで、頬骨の張りをぼかすことができます。

 

面長

面長の眉毛

縦に長い印象の強い面長の人は、「平行眉」がおすすめです。

横に長く眉毛を作ることで、面長の縦のラインをぼかすことができます。

 

目の大きさ

目の大きい人

目がパッチリと大きい人は、「濃くて太い眉毛」がおすすめです。

反対に細眉にしてしまうと目の方が目立ってしまい、顔全体のバランスが崩れてしまいます。

 

目の小さい・細い人

目が切れ長で小さい人は、「細くてシャープな眉毛」がおすすめです。

反対に太眉にしてしまうと、眉毛の方が目立ち野暮ったい印象となるため注意しましょう。

 

おわりに

太い眉毛は、一概に悪いというわけではありません。

しかし、全く整えていないボサボサの眉毛である場合は、ある程度形をきれいに整えた方が印象が良くなりますよ。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2434

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX