ひげ太郎 ライターひげ太郎

顔・ヒゲ

かっこいいひげの整え方とは?ひげ脱毛についても解説!

ひげはほとんどの男性に生えるけれど、ひげをファッションとして楽しんでいる人は、どうやって整えればいいのか悩んだことはあるのではないでしょうか?

この記事では、ひげをかっこよく整える方法について解説するね!

自分でできるひげの整え方から、ひげ脱毛についてまでピックアップしていくよ!

ボサボサのひげをきちんと整えよう

ひげをファッションの一部として楽しむ男性は多くいますが、ただ生やしていても良いというわけではありません。

 

生やしっぱなしボサボサひげは、一般的には「無精髭(ぶしょうひげ)」と呼ばれあまり良い印象を持たれることはありません。

無精髭は清潔感に欠き、特にビジネスシーンにおいてはマナー違反とされます。

ファッションの一部としてひげを楽しむ場合であっても、ただ生やしている状態で放置せず、必ず整えるようにしましょう。

 

ひげを生やす場所にも注意

通常、ひげは口周りや顎に生えることが多く、ひげが濃い男性であれば、頬やもみあげのあたりまで繋がって生えることもあります。

清潔感を保ちつつファッションの一部としてひげを楽しみたいという人は、ひげを生やす場所を「口と顎」にとどめると良いでしょう。

 

また、ひげの長さは伸ばしすぎないようこまめに整えましょう。

口や顎あたりの綺麗に整えられたひげであれば、場合によってはビジネスシーンでも受け入れられることも多くあります。

しかし、頬やもみあげまで繋がったひげや長いひげは、汎用しにくいと言えます。

 

おすすめのひげスタイル

一口に「ひげ」と言っても、そのスタイルは様々です。

ここでは、ひげの種類や、輪郭や印象別にひげスタイルを紹介します。

自分に似合うひげスタイルを見つけよう!

ひげの種類

ひげの種類は、大きく分けて3つあります。

それぞれのひげを単体で楽しむことや、複数のスタイルを掛け合わせるのもおすすめです。

自分好みのひげスタイルを作りましょう。

 

口ひげ

口ひげは、古くから「権威の象徴」として多くの偉人たちが生やしてきました。

遺跡の壁画や有名な肖像には、必ずと言ってもいい程口ひげが描かれています。

このようなことが起因し、口ひげは「偉そう」という印象を持たれ、中にはあまり好まないという人もいます。

その反面、男性として頼りになりそうな印象を与えられるというメリットもあります。

 

顎ひげ

顎ひげは、日本の若い男性の中で人気があるスタイルの一つです。

あらゆるひげスタイルの中でも顎ひげは比較的ナチュラルであるため、ひげ初心者の人にもおすすめのスタイルです。

また、顎ひげとあわせて口ひげを生やすスタイルもメジャーです。

口ひげ+顎ひげのスタイルは、清潔感を保ちつつも男性のワイルドさやセクシーさを演出することができます。

 

頬ひげ

頬ひげは、頬ひげのみを生やすスタイルは少なく、顎ひげや口ひげと合わせることがほとんどです。

ワイルドさを演出できる頬ひげですが、ひげが薄い人は頬にひげが生えることは少ないため、誰でも楽しむことができるひげスタイルではありません。

その一方で、ひげが濃く頬まで生え、もみあげとひげが繋がるという人はこのスタイルを楽しむことができます。

ただし、頬ひげは他のひげスタイルの中でも特にひげの主張が強いため、あらゆるシーンに汎用しづらいスタイルであるとも言えるでしょう。

 

輪郭別のひげスタイル

自分に似合うひげスタイルを見つけるためには、「自分の輪郭」をよく知っておくことが大切です。

今一度自分の顔の形を鏡で確認し、次のようなひげスタイルを参考にしてみましょう。

 

四角い顔

四角やベース形の輪郭の人はエラが目立ちやすく、顔が大きく見えてしまうことがあります。

エラを隠して小顔に見せるためにも、顔を囲うように、もみあげから頬ひげ、顎ひげにかけてつなぐひげスタイルがおすすめです。

ひげの陰影を利用することで、ひげがない時よりもエラを目立たなくさせることができます。

 

反対に、エラが張った輪郭を生かしたいと言う人は、顎ひげを残し、フェイスラインのひげを剃ったスタイルがおすすめです。

特に、顎ひげは厚めに残すことで、四角やベース形の輪郭をより目立たせることができます。

 

丸顔

丸顔の人は、シャープな印象を持たせることが難しいと悩むことが多いのではないでしょうか。

その場合は、四角やベース形の人と同じように、もみあげから頬ひげ、顎ひげにかけてつないだひげスタイルがおすすめです。

 

ひげの陰影を利用することで、ひげの内側をフェイスラインのように見せる効果があります。

また、四角やベース形の人と違うポイントは、ひげの面積を広めにとることです。

丸顔でぽっちゃりとした印象を変えるためにも、できるだけひげの形でシャープな輪郭に見えるようにします。

 

面長

面長の人は、頬ひげ周辺は剃ってしまった方がいいでしょう。

頬周辺のひげを伸ばしてしまうと、顔の縦ラインが強調され、より顔が長く見えてしまいやすくなります。

面長な印象を軽減させるためには、顎ひげに厚みを持たせることで縦ラインを引き締め、顔を短く見せる効果が期待できます。

 

ひげの整え方

自分に似合うひげスタイルを見つけられたら、続いてひげを整えていきましょう。

ただし、ひげを整える際には、皮膚に負担をかけることがないよう正しい方法で行いましょう。

普段のシェービングも、実は肌に負担をかけてしまっている間違った方法である場合も少なくありません。

手順を紹介していくから、参考にしてみてね!

長さがあるひげはハサミでカットする

ひげが長いという人は、まずはハサミでカットすることから始めるといいでしょう。

仕上がりをイメージしながら、適度な長さまで整えます。ひげ初心者であれば、35mmの長さがおすすめです。

 

また、ひげをハサミでカットする際は、顔やひげが乾いた状態で行いましょう。

ひげが濡れていると乾いたときのひげの長さと変わってしまう恐れがあるため注意してください。

 

不要なひげはシェービングする

仕上げたいひげスタイルに不要な部分のひげは、カミソリや電気シェーバーを使用してシェービングしてしまいます。

カミソリでシェービングを行う際には、必ずシェービングジェルなどを使用し、ひげが柔らかくなった状態にしてください。

 

シェービングジェルなどはひげを柔らかくしてくれるだけではなく、カミソリの引っかかりを防ぎ、肌を傷つけにくくしてくれます。

シェービングジェルなどを使用することが手間であるという人は、電動シェーバーを使用することでその手間を省くことができます。

 

アフターケアをする

ひげを整えたあとは、必ずアフターケアとしてスキンケアを行いましょう。

いくら正しいひげの整え方をしていても、どうしても肌には多少の負担がかかってしまいます。

 

さらに、ひげが生えている状態はケアを怠ると雑菌などが繁殖しやすくなります。

肌荒れや吹き出物、乾燥などの肌トラブルを防ぐために、化粧水や乳液などの保湿剤を使用しましょう

 

ひげのNG処理方法

ひげは必ず正しい方法で整えましょう。

ひげは多くの男性が毎日手入れするため、肌に負担がかかりやすくなります。

次のようなNGの処理方法に注意してください。

 

毛抜き

毛抜きを使ってひげの処理を行うと、ひげを毛根から処理できるため綺麗に仕上がると考える人は多いのではないでしょうか。

ところが、ひげは他の体毛よりも太く毛根もしっかりしているため、毛抜きで毛を引っ張る際に皮膚や毛根にかなり負担をかけてしまうことになります。

 

さらに、ひどい場合だと毛根に炎症を起こしてしまうことや、毛が皮膚の下に埋まってしまう「埋没毛(まいぼつもう)」にも繋がる恐れがあるため、ひげの手入れに毛抜きの使用は避けましょう。

 

逆剃り

逆剃りは、毛の生えている流れに逆らって剃ることになるため、毛穴や肌に負担がかかります。

逆剃りをすることで深剃りができるため、特にひげの濃い人はつい行なってしまいがちですが、肌への負担を考えて避けることをおすすめします。

 

ただし、電気シェーバーを使用している場合は、逆剃りをする必要があります。

 

古い・不潔なカミソリの使用

カミソリやシェーバーの刃は、定期的に新しいものに交換する必要があります。

古い刃を使い続けていると、劣化して切れ味の悪くなった刃が肌にひっかかり、負担をかけることになるためです。

 

また、カミソリやシェーバーの刃は使用後によく洗い流し、湿気の少ない場所で保管しておく必要があります。

洗っていないまたは湿った状態で保管しているカミソリやシェーバーは、細菌などが繁殖し、非常に不衛生な状態です。

そのような状態のカミソリやシェーバーでひげを剃っていると、ひげを剃った時に顔にできた小さな傷に細菌が入り込み、ニキビや炎症などを引き起こす恐れがあります。

 

ひげのお手入れの頻度

ひげを生やしていない人は毎日処理する必要がありますが、ひげを生やしている人はあまり頻繁にひげに手を加える必要はないでしょう。

とはいえ、ひげは毎日伸びるものであるため、おおよそ35日に一回程度のお手入れが必要です

 

ただし、ひげのスタイルに不要な部分に関しては、よりこまめな手入れが必要となります。

こまめな手入れが面倒だという人は、不要なひげの部分を脱毛することもおすすめです。

 

即効性は期待できませんが、継続して脱毛をすることでひげが生えにくくなり、お手入れの頻度も少なくなるでしょう。

 

ひげは1日にどのくらい伸びる?

通常、ひげは1日に0.2〜0.4mm程度伸びるとされています。

つまり、1日にひげが0.4mm伸びると仮定した場合、5日で2mm伸びることになります。

もともと生やしているひげから2mm伸びると、もっさりとした印象が多少あるでしょう。

 

ひげは脱毛もおすすめ!

ひげの脱毛方法

レーザー・光脱毛

特殊なレーザーや光を脱毛したい部位に照射し、毛の黒色の成分である「メラニン色素」を伝って毛根の組織にアプローチして、次の毛が生えてこないようにする方法です。

レーザーや光を照射する際、皮膚が薄い部位や毛が太い部位では、個人差こそあるものの痛みを感じる場合があります。

 

しかし、近年では脱毛機の改良により、基本的には痛みを感じにくくなっています。

また、レーザー脱毛はクリニックにによっては施術時の痛みを抑える目的で、部分麻酔などが使用できる場合があります。希望する脱毛クリニックで相談してみましょう。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、様々な脱毛方法の中でも最も古くから行われている脱毛方法です。

毛穴一つ一つに電気針を入れて特殊な電流を流し、毛を生やす細胞を破壊して毛を生えてこないようにします。

毛穴一つ一つに施術を行う必要があるため手間と時間がかなりかかり、レーザー・光脱毛と比較すると高額になりやすいのがデメリットです。

 

また、施術時の痛みもかなり強いと言われています。ただし、レーザー・光脱毛よりも確実に永久脱毛に近づけることができ、効果が高いといえます。

 

ひげ脱毛にかかる費用

ひげの脱毛にかかる一般的な費用の平均は、おおよそ¥16,000~¥30,000です。

ただし、ひげの濃さや生える部分の範囲、サロンの料金設定によって費用は異なるため、あくまで平均として参考にしてください。

ひげを脱毛しようと考えている場合は、事前に希望するサロンの料金設定を確認しておきましょう。

 

\RINXならひげ脱毛初回66%OFF

キャンペーン

 

ひげ脱毛の痛みについて

脱毛と聞くと、施術時の痛みについて不安になることも少なくないでしょう。

特に、ひげは他の部位の毛と比べて太く、顔の皮膚は薄い構造となっているため、比較的痛みを感じやすいとされています。

 

しかし近年の脱毛機は基本的に痛みを感じにくい仕組みになっています

それでもなお不安だという場合には、サロンスタッフに相談してみるといいでしょう。

 

おわりに

ひげの整え方といえば、基本的にカミソリやシェーバーを想像する人が多いかと思います。

しかし、カミソリやシェーバーはあくまでも一時的な処理のため、しばらくすると再び生えてきてしまいます。

こまめな手入れが難しい場合や、ひげの形を綺麗に整えたい場合は、ひげ脱毛を選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2430

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX