ひげ太郎 ライターひげ太郎

その他

ざらつき改善!脱毛でつるつるの肌を手に入れよう

自分の肌に触れたとき、ざらつきが気になったことってない?

ざらついている肌は手触りが悪いし、肌の状態も悪くなっているかも?!

 

肌のざらつきの原因を突き止めて、改善していこう!

肌がざらつく原因は?

肌がざらつく原因を紹介します。

自分の習慣と照らし合わせ、ざらつきの原因となっている習慣を改善していきましょう。

 

肌の乾燥

肌が乾燥している状態であると、ざらつきを引き起こすことがあります。

肌の乾燥がざらつきを引き起こすのは、肌のメカニズムに起因しています。

肌は、複数の角質層(かくしつそう)と呼ばれる層で構成され、それらの層と層の間に潤い成分を閉じ込めることで肌の潤いを保っています。

 

ところが、肌が乾燥してしまうと、角質層の間にある潤い成分が減少してしまい、層の間に隙間ができたり角質がめくれあがったりすることで肌のざらつきを引き起こすのです。

 

毛穴の角栓

角栓(かくせん)は、顔の毛穴に皮脂や角質が詰まることで生じるものです。

自分の肌を鏡でよく見てみると、毛穴が開いて汚れが溜まっていませんか?

それこそが角栓なのです。

角栓は肌をざらつかせるだけでなく、放置していると毛穴の内部で雑菌が繁殖し、炎症やニキビの原因となります。

 

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことで、肌が新しく生まれ変わる周期のことを指します。

ターンオーバーは生活習慣や加齢などにより、その機能が正常に働かなくなってしまうことがあります。

すると、肌に古い角質が留まり、それらが肌のざらつきを生じさせるのです。

 

肌が荒れてしまう生活習慣

肌のコンディションは、生活習慣が大きく関わっています。

根本的に肌の状態を改善するためには、生活習慣の見直しが重要となります。

自分の生活習慣と照らし合わせ、見直すきっかけとしましょう。

 

生活習慣のチェック項目

チェックポイント!

  • スキンケアを怠っている
  • 入浴を湯船に浸からずシャワーで済ます
  • 睡眠不足
  • 喫煙をしている
  • スナック菓子やファストフードなど脂っこいものをよく食べる
  • 汗をかく習慣がほとんどない

 

スキンケアの方法にも要注意

肌が荒れてしまう原因は生活習慣が大きく占めますが、肌に良かれと思って行なっているスキンケアの方法こそが肌荒れの原因となっている場合があります。

次のような誤ったケア方法は控えるようにしましょう。

チェックポイント!

  • 肌に刺激を与えないようスキンケアを何もしない
  •  乳液やクリームを使わない
  •  素肌のままで過ごすようにしている
  •  洗顔を念入りに行なっている
  •  熱いお湯で洗顔している

自分の肌の状態を知る

人の肌は、水分量や皮脂量によって大きく4つのタイプに分けられます。

そのタイプによって適切なケア方法が異なるため、まずは自分の肌の状態を知ることが大切です。

 

脂性肌

脂性肌とは、いわゆるオイリー肌のことで、肌の皮脂量が過剰になっている状態です。

洗顔をしたにも関わらず、少し時間が経っただけで肌がテカテカしてべたつくことはありませんか?

そのような人は脂性肌(オイリー肌)であることが考えられます。

脂性肌(オイリー肌)の原因は、乾燥や遺伝、ホルモンバランス、加齢などが考えられます。

 

乾燥肌

乾燥肌は、ドライスキンとも呼ばれ、肌の水分量が足りていない状態を指します。

入浴後に顔がつっぱるような感じがしたり、全身の肌がかさついたりしているように感じたことはありませんか?そのような人は乾燥肌(ドライスキン)であることが考えられます。

さらに、乾燥肌(ドライスキン)の人は、乾燥を防ごうと皮脂が過剰分泌され、脂性肌(オイリー肌)になってしまうこともあります。

 

敏感肌

敏感肌とは、通常の健康な肌に比べ、肌のバリア機能が低下している状態を指します。

敏感肌の状態は、体調やストレス、冷暖房、季節の変わり目などに敏感に反応してしまい、肌荒れを引き起こしやすくなります。

洗顔や化粧水を塗った後に、肌がヒリヒリと焼けるように感じたことはありませんか?

そのような人は敏感肌であることが考えられます。

 

混合肌

混合肌とは、肌の皮脂量が多く水分量が少ない状態を指します。

ベタついたりニキビができたりしている部分と、カサついて粉が吹いている部分の両方が存在しませんか?

そのような人は混合肌であることが考えられます。

生活習慣やスキンケアの方法が間違っていると、更に肌荒れを引き起こしてしまうことになります。

 

スキンケアで肌をつるつるにしよう!

ざらつきのないつるつるの肌を手に入れるためには、まずは自宅でのスキンケアが重要となります。

毎日こつこつと手入れをしていくことで、つるつるの肌を目指すことができるでしょう。

さっそく今日から取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

毎日の肌のお手入れの方法

洗顔料・クレンジングを選ぶ

まずは、自分の肌に合う洗顔料やクレンジングを見つけることが大切です。

せっかく毎日ケアしていても、自分の肌に合っていないものを使い続けていると、反対に肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

洗顔・クレンジングはごしごしこすらない

肌の汚れをしっかり落として清潔に保とうとするために、洗顔やクレンジング時にごしごしとこすってしまうことはありませんか?

ごしごしとこすると、肌の角質層を痛めてしまいます。

できるだけ肌への刺激を少なくするために、洗顔はたっぷりの泡で洗い、クレンジングもたっぷりと使うようにしましょう。

 

しっかりとすすぐ

洗顔やクレンジングをした後は、肌に残らないようしっかりとすすぎましょう。

また、すすぐ時は熱いお湯ではなく、ぬるま湯にしましょう。

熱いお湯ですすいでしまうと、肌に必要な潤いまで洗い流してしまいます。

 

化粧水で保湿する

洗顔やクレンジング後は、必ず化粧水で保湿を行いましょう。

洗顔やクレンジング後は肌の水分が失われやすい状態となっているため、その状態を放置すると肌荒れを引き起こしてしまいます。

また、化粧水は保湿力の高いものを選びましょう。

 

乳液・クリームで仕上げる

化粧水だけでは肌に浸透する前に蒸発してしまい、せっかく塗布していても保湿が十分にされません。

化粧水を塗布したあとは、必ず乳液やクリームで仕上げましょう。

乳液やクリームには肌の潤いを閉じ込める機能があります。

 

ひげ剃りが肌荒れの原因になることも

男性であれば、多くの人が毎日ひげ剃りを行っているのではないでしょうか?

ひげ剃りは、カミソリやシェーバーの刃が肌への刺激となり、肌荒れの原因となっている恐れがあります。

なぜひげ剃りが肌荒れの原因となるのか、詳しく解説していきます。

 

ひげ剃りと肌荒れの関係

ひげ剃りが肌荒れの原因となるのは、カミソリによって角質層が損傷してしまうことにあります。

カミソリやシェーバーの刃によって角質層が傷ついてしまうことや、剥がれてしまうことで、肌のバリア機能が低下してしまうのです。

 

ひげ剃りをする際の注意点

カミソリ負けを起こさないためには、日頃のスキンケアと併せて、「正しいシェービング方法でひげを剃る」ことも大切です。

男性であれば日頃何気なく慣れたつもりで行なっているシェービングですが、今一度正しいシェービング方法を確認しておきましょう。

 

肌を温めてヒゲをやわらかくする

シェービング前にはまず、蒸しタオルなどをつかって肌の毛穴を開き、ヒゲを剃りやすい柔らかい状態にします。

忙しい朝に蒸しタオルを用意することは面倒ですが、この一手間があるか無いかでカミソリ負けのリスクはかなり軽減できます。

蒸しタオルは、タオルを水に浸し、余分な水気を絞ります。

そのあと、電子レンジで2〜3分温めるだけで簡単に作ることができます。

 

清潔なカミソリを使用する

シェービングに使用するカミソリやシェーバーは、必ず清潔なものを使用してください。

カミソリが不潔で細菌などが潜んでいる状態であると、シェービング時に肌にできた傷に細菌が入りこみ、炎症を起こしてカミソリ負けを引き起こしてしまいます。

また、カミソリやシェーバーの刃は、定期的に交換して刃こぼれの状態などで使用しないようにしましょう。

 

専用のシェービングクリームなどを塗る

シェービングを行う前には、必ずヒゲ剃り専用のシェービングクリームやジェルなどを塗るようにしてください。

シェービングクリームやジェルには、肌やヒゲを柔らかくする成分や保湿成分が含まれ、カミソリやシェーバーの刺激から肌を守ってくれます。

 

また、入浴時にヒゲを剃る人に多いのが、石鹸や洗顔料などを使ったシェービングです。

一見、泡立てて肌に乗せれば刺激から肌を守っているように見えますが、石鹸やボディーソープの洗浄成分により肌の乾燥を招くため、シェービング時の使用はおすすめしません。

できるだけシェービング専用のものを使用すると良いでしょう。

 

 

優しくカミソリを滑らせるように剃る

シェービング時についやってしまいがちなのは、深剃りをするためにカミソリやシェーバーを肌に強く押し当ててしまうことです。

カミソリやシェーバーを強く押し当てることは、肌にとって直接的な刺激となる上に、肌を傷つけるリスクが高まってしまいます。

近頃販売されているカミソリやシェーバーであれば製品そのものの性能が高く、深剃りできる構造になっていることも多いです。

そのため、シェービング時は肌の上で滑らせるようなイメージで優しく剃るだけでしっかりと剃ることができます。

 

保湿ケアを行う

シェービングが終わったら、必ずアフターケアをしてください。

アフターケアで大切なのは、「保湿」をすることです。

シェービング後の肌は非常に乾燥しやすく、敏感な状態になっています。

放置するとカミソリ負けにも繋がる恐れがあるため、シェービング後は必ずワセリンや化粧水、ローションなどを使って保湿を行いましょう。

 

使用後のシェーバーは水気を取って保管

シェービング後は、使用したカミソリやシェーバーを正しい方法で保管しましょう。

カミソリやシェーバーを正しい方法で保管しないと、刃が痛んで刃こぼれなどの原因となります。

また、細菌が繁殖して不衛生な状態にもなってしまいます。

使用後はよく洗い、水気をきちんと取り除いたあと、できるだけ湿気の少ない場所で保管しましょう。

 

食生活を改善しよう!

肌の状態は生活習慣が大きく影響しますが、その中でも食生活は特に大切なポイントであると言われています。

肌のためにもバランスの良い食事を心がけましょう。

 

ビタミン・ミネラルを摂る

ビタミンやミネラルには、肌の調子を整える機能があります。

野菜や果物にはビタミンやミネラルが豊富に含まれるため、積極的に摂るようにしましょう。

毎日野菜や果物を摂るのは難しいという場合は、市販の野菜ジュースやサプリメントを取り入れると良いでしょう。

 

たんぱく質を摂る

たんぱく質は、肌を作る素となるものです。たんぱく質が不足してしまうと、新しい肌作ることができなくなり、いつまでも古い状態の肌になってしまいます。

たんぱく質は肉や魚、乳製品、大豆製品に豊富に含まれています。

 

脂っこいものを摂りすぎない

スナック菓子やファストフードなどを摂り過ぎてはいませんか?

それらには脂質や糖分が大量に使われているため、皮脂を過剰に分泌してしまう原因となります。

さらに、スナック菓子やファストフードに限らず、普段からなんでも食べ過ぎている人は注意しましょう。

食べているものに関わらず、食べ過ぎによって胃腸に負担がかかると、肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。

 

脱毛でつるつる肌を手に入れられる?

男性の多くは、髭が原因で肌がざらついていることが考えられます。

また、髭が生えていると肌に汚れがたまりやすくなり、肌荒れの原因となってしまう場合もあります。

つるつるの肌を手に入れたい人は、髭脱毛も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ここでは髭脱毛について紹介します。

 

ひげの脱毛方法

光脱毛・レーザー脱毛

光脱毛は、RINX(リンクス)などの一般的に脱毛サロンで行われる脱毛方法です。

特殊な光を毛の色素である「メラニン」に反応させ、毛根にダメージを与えることで脱毛効果を発揮します。

光脱毛は、施術時の痛みが少なく肌に優しいことや、費用が比較的安価な面が人気な理由です。

一方、レーザー脱毛は光脱毛より痛みが大きく、高価な傾向にあります。

 

 

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、様々な脱毛方法の中でも最も古くから行われている脱毛方法です。

毛穴一つ一つに電気針を入れて特殊な電流を流し、毛を生やす細胞をにアプローチして毛が生えてこないようにします。

毛穴一つ一つに施術を行う必要があるため手間と時間がかなりかかり、光脱毛・レーザー脱毛と比較すると高額になりやすいのがデメリットです。

また、施術時の痛みもかなり強いと言われています。

 

ひげ脱毛にかかる費用

ひげの脱毛にかかる一般的な費用の平均は脱毛の種類や範囲によって¥14,000~¥50,000程度です。

ただし、ひげの濃さや生える部分の範囲、サロンの料金設定によって費用は異なるため、あくまで平均として参考にしてください。

ひげを脱毛しようと考えている場合は、事前に希望するサロンの料金設定を確認しておきましょう。

 

\RINXならひげ脱毛初回66%OFF

キャンペーン

 

ひげ脱毛の痛みについて

脱毛と聞くと、施術時の痛みについて不安になることも少なくないでしょう。

特に、ひげは他の部位の毛と比べて太く、顔の皮膚は薄い構造となっているため、比較的痛みを感じやすいとされています。

しかし、近年では痛みを軽減できる機械を導入しているサロンもあります。

それでもなお不安だという場合には、サロンスタッフに相談することをおすすめします。

 

おわりに

つるつるの肌を手に入れるためには、生活習慣、食生活、スキンケア、正しい方法でのひげ剃りが大切なポイントとなります。

肌のざらつきが気になっている人は、自身の習慣を見直し、改善していけるようにしましょう。

また、男性の多くは髭によって肌のざらつきが生じている場合があります。

気になるようであれば、一度髭脱毛も視野に入れてみると良いでしょう。

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2433

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX