すね毛を薄くする方法とは?すね毛が濃くなる原因から処理方法を徹底解説!

すね毛を薄くする方法とは?すね毛が濃くなる原因から処理方法を徹底解説!

「ハーフパンツが履けなくてファッションを楽しめない」

「すね毛が服の中で絡まって痛い」

「すね毛が部屋に落ちているせいで掃除が大変」

すね毛は意外と人の目につく部位です。すね毛が濃いことに悩み、自己処理に苦戦する男性は少なくありません。すね毛をツルツルに処理することに抵抗のある方は、自然な毛量に薄くすれば清潔感が出ます。

この記事では、すね毛を薄くするおすすめの処理方法を解説します。

すね毛が濃い男子にはメンズ脱毛がおすすめ!リンクスは初めての方向けに最大50%の割引キャンペーン実施中!!

 

7月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

すね毛が濃くなる原因

すね毛が濃い方は、脚を露出した際に周りの目線が気になり、悩んだ経験があるのではないでしょうか。すね毛が濃くなる原因には、遺伝的なものや生活習慣の乱れがあげられます。すね毛を薄くするには、健康的な生活を心がけ、ホルモンバランスを整えることが大切です。

ここでは、すね毛が濃くなる原因を詳しく解説します。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンには「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の2種類があり、通常はこの2つのホルモンが一定のバランスに保たれています。生活習慣が乱れるとホルモンバランスも乱れ、男性ホルモンが優位になると毛が濃くなることがあります。不規則な生活をしている方は、以下のポイントを参考に生活習慣を改善しましょう。

・動物性たんぱく質を控え、大豆製品や緑黄色野菜をとる

15時間~6時間の睡眠時間を確保する

・禁煙する

 

遺伝的に毛が濃くなりやすい

両親、祖父母などにもともと剛毛な方がいる場合で、小さいころから毛が濃かったという方は、家族の毛の濃さや太さが遺伝している可能性があります。遺伝が原因の場合、根本的に剛毛を解決することが難しいため、脱毛で対策するのが効果的です。

 

多毛症(たもうしょう)の発症

多毛症とは、本来は産毛であるべき毛が硬く濃くなる病気のことを指します。特定の部位だけに発症することもありますが、髭・わき毛・胸毛だけでなく、腕や顔の毛など全身の毛が異常に濃いため、ただの剛毛ではないことが早い段階で判明する傾向にあります。男性ホルモンの異常な分泌が原因といわれていますが、正確な原因は解明されていません。脱毛施術や薬物による治療を受けることで、多毛症の症状を軽くすることができます。

 参考:MSD マニュアル

 

すね毛を薄くすることのメリットとデメリット

すね毛が濃いと見苦しく、オシャレが台無しになるかもしれません。そのため、最近では男性もすね毛を処理する方が増えています。すね毛の処理は、見栄えを良くする他にもメリットがあります。

ここでは、すね毛を薄くすることで得られるメリットやデメリットを解説します。

すね毛を薄くするメリット

・清潔感が増す

・絆創膏・テーピングが巻きやすい

・部屋にすね毛が落ちにくくなる

すね毛が濃すぎると全体の印象が暗く見えたり、不潔な印象を与えたりしかねません。周りからの見え方も気になりますが、自分のすね毛に嫌悪感を持つ方もいるでしょう。

また、すね毛を薄くすれば排水溝などの詰まりや部屋に散らばる毛の量が減り、掃除が楽になります。スポーツをしている方は、すね毛をツルツルに処理しておけば絆創膏やテーピングの処置がしやすくなります。

 

すね毛を薄くするデメリット

・ツルツルにするのは評判が良くない

・剃るとチクチクする

男性の魅力を体毛に感じる人もいるため、すね毛をツルツルに処理すると評判が良くないこともあります。特に処理した際に残る毛のポツポツは違和感が残ります。すね毛の処理にカミソリを使用する方は多いですが、カミソリは皮膚の角質層を傷つけます。バリア機能が低下し、肌の乾燥を招いたり痒みやニキビのような肌トラブルが発生したりするおそれがあります。

 

 

すね毛の女子ウケは悪い?

引用元:https://www.cdeight.com/sunege-kosa/
それぞれ好みは異なりますが、多くの女性がすね毛を処理する男性に好感を持っています。とはいえ、どの程度処理するのがベストなのか悩む方も多いでしょう。

ここでは、男性のすね毛に対する女性の意見を紹介します。

 

適度に処理するのが人気

多くの女性が男性のすね毛に対して感じていることは「清潔感があればよい」という意見です。ファッションや雰囲気に合った毛量であれば、女性からの好感度も高いでしょう。

一方、足の指から太ももまでびっしり毛が生えていると、不衛生な印象を与えかねません。女子ウケを意識するのであれば、すね毛を適度に薄くして清潔感を出すのがポイントです。すね毛の量を減らし、長く伸びた毛は短くカットしましょう。

 

ツルツルもよいが苦手な人もいる

すね毛をツルツルにすると汗ムレや雑菌の繁殖を防止でき、通気性も良くなります。スポーツする機会の多い方は、テーピングや怪我の治療がしやすいのも利点です。

ただし、ツルツルの肌に好感を持つ女性もいますが、「自分より毛が無いのは引け目を感じる」「美意識が高すぎる」といった理由から苦手な方もいます。すね毛をツルツルに処理するメリットは多いものの、女子ウケを意識する方は薄く残しておいたほうがよいでしょう。

 

無処理はNG

すね毛が濃いのに処理していないと、清潔感に欠けることから女子ウケはあまりよくないでしょう。せっかくオシャレをしても、ハーフパンツから濃いすね毛が見えると、女性に幻滅されるかもしれません。男性のムダ毛処理は、エチケットの一環でもあります。髭剃りと同様、見える範囲の毛は自己処理をして、清潔感を出すことが大切です。カットしたり間引いたりして適度な毛量に調節し、女性の好感度を上げましょう。

 

すね毛を適度に処理する方法5選

すね毛はツルツルにするよりも、適度に薄くして清潔感を出したほうが好感度は高いです。すね毛が不自然に見えないように薄くするには、どのような処理方法があるのでしょうか。

ここでは、すね毛を適度に残しながら処理する方法を5つ紹介します。

 

ハサミで長さや濃さを整える

頻度 メリット・デメリット
3日 適度な毛量に調節できる

ムラができやすい

もともとある毛を薄く整え、ナチュラルにすね毛を残しておきたいという方は、ハサミを使って長さや量を整えるのがおすすめです。眉用などの小さいハサミを使用し、均等な長さに整えいきます。コームを使うと長さを揃えやすくなります。長さを整え過ぎると違和感が出ます。ある程度長さを整えたらコームを使わず、肌に対して直角にハサミを入れてすね毛を梳くようにカットすると自然な仕上がりになります。

 

梳きカミソリやトリマーで毛量を減らす

頻度 メリット・デメリット
7日 ムダ毛の長さを調節できる

毛がチクチクする

梳きカミソリやトリマーですね毛の長さを短くし、毛量を減らすのもおすすめです。トリマーは付属のアタッチメントで好みの長さにカットできます。6mm~9mmの長さに整えると自然な毛量になります。

カットした毛が服に擦れるとチクチクするのが難点です。

 

 

脱色クリームを使用する

頻度 メリット・デメリット
7日 広範囲のムダ毛を即目立たなくできる

肌にダメージがかかる

脱色クリームですね毛を目立たないようにする方法があります。毛の色が金に近い茶色になるため肌になじみ、一見すね毛がないように見えます。
ただし、すね毛が伸びてくると生え際が黒く目立つため、こまめに脱色を継続する必要があります。

また、脱色クリームの成分が肌に刺激を与えてかぶれやかゆみなどの肌荒れを引き起こす恐れがあるため、使用前は必ずパッチテストを行なってください。

 

抑毛ローションを使う

頻度 メリット・デメリット
毎日 化粧水として使用できる

効果が出るとは限らない

抑毛ローションとは、ムダ毛を薄く細くする作用のある「大豆イソフラボン」や「ザクロエキス」といった抑毛成分や美容成分が配合されたローションのことです。肌の保湿効果や美肌効果もあるため、普段のスキンケアとして使ってもよいでしょう。

しかし、抑毛ローションは即効性がなく、3カ月以上使用を継続しなければ効果が出にくい点や、人によっては効果を実感できないことも多い点がデメリットです。

 

すね毛脱毛で自然な毛量にする

頻度 メリット・デメリット
毎月 自然な毛量をキープできる

数回通う必要がある

自己処理の場合ムラができやすく、不自然な仕上りになることがあります。数日で毛が伸びてくるため、頻繁に処理しなければなりません。光脱毛やレーザー脱毛なら毛を生やす細胞にアプローチするため、自己処理の必要がほとんどなくなります。すね毛脱毛の場合、5回程度の照射で減毛が可能です。すね毛を自然な毛量にデザインし、清潔感のある状態をキープできます。

すね毛を薄くするなら脱毛がおすすめ!初めての方限定ですね毛脱毛が最大50%OFFのキャンペーン実施中!詳細はこちら!

 

すね毛をツルツルにする方法6選

すね毛をツルツルにすれば、汗ムレや臭いの予防や、怪我の治療がしやすくなります。日常でジムに行ったりスポーツを楽しんだりする機会が多い場合、「すね毛をツルツルにしたい」方は少なくありません。

ここでは、すね毛をツルツルにする代表的な方法を6つ紹介します。

 

カミソリで剃る

頻度 メリット・デメリット
3日 手軽にツルツルにできる

肌にダメージがかかる

チクチクすることや肌へのダメージはありますが、すね毛をツルツルにしたい方にはやはり「カミソリ」が最もオーソドックスでしょう。手軽に購入でき、誰でも簡単に処理できることから、すでに使いこなしている男性も多いです。肌トラブルを起こさないために、以下の正しい手順に沿って処理をしましょう。

 

1.キレイな刃のカミソリを使用する

刃先の傷んだカミソリは、肌を傷める要因です。1ヶ月を目安に新しい刃に交換しましょう。

また、使用後のカミソリはしっかりと水気を切り、湿気の少ない場所に保管して清潔を保ちましょう。

 

電気シェーバーで剃る

頻度 メリット・デメリット
3日 肌に負担がかかりにくい

深剃りには不向き

電気シェーバーですね毛を剃る場合は、シェービングフォームがなくても使用できます。電気シェーバーは肌に直接刃が当たらないため、肌に負担がかかりにくいです。肌トラブルも起きにくく、カミソリ負けしやすい方にもおすすめです。すね毛が長い場合、最初にハサミで短くカットしておくと、毛が刃に絡まりにくくなります。処理後はしっかりと保湿して肌トラブルを防ぎましょう。

 

除毛クリームを使う

頻度 メリット・デメリット
3日~7日 広範囲のムダ毛を即ツルツルにできる

肌にダメージがかかる

除毛クリームは、体毛の主な成分である「たんぱく質」を分解して除毛します。除毛クリームを塗って310分程度放置し、その後クリームを洗い流すだけでツルツルになります。除毛クリームはカミソリでの自己処理よりもチクチク感がなく、肌触りもよくなります。

しかし、ムダ毛を溶かす強い成分が含まれているため、肌がピリピリしたり炎症を起こしたりする場合があります。使用前は必ずパッチテストを行い、使用中に異常を感じたら無理せず使用をやめましょう。

 

ブラジリアンワックスで引き抜く

頻度 メリット・デメリット
7日 広範囲のムダ毛を即ツルツルにできる

肌にダメージがかかる

処理に手間がかかる

ブラジリアンワックスは、はちみつや砂糖から作られたジェル状のワックスです。ムダ毛を処理したい部位にワックスを塗り、一気に剥がしてムダ毛を引き抜きます。ブラジリアンワックス専門のサロンが展開されている他、家でできるキットも販売されています。

ただし、ワックスを剥がす際の痛みが強く、埋没毛や色素沈着といった肌トラブルが起きるリスクがあります。

 

家庭用脱毛器を使う

頻度 メリット・デメリット
7日~14日 家で脱毛できる

回数と期間がかかる

家庭用脱毛器は家電量販店や通販サイトで購入でき、3万円~10万円前後で販売されています。家で脱毛できる便利なものですが、クリニックや脱毛サロンの脱毛機より出力が抑えられており、永久脱毛もできません。脱毛効果を得るにはこまめに照射し続ける必要があり、クリニックや脱毛サロンに通うより回数や期間がかかります。

また、ある程度脱毛効果を実感できても、照射を止めると元の毛の状態に戻ることがあります。

 

すね毛脱毛でツルツルにする

頻度 メリット・デメリット
毎月 ツルツルのきれいな足をキープできる

毎月通う必要がある

自己処理の場合、日数が経つとまた毛が伸びてくるため、繰り返し処理が必要です。光脱毛やレーザー脱毛なら、毛を生やす原因の細胞にアプローチでき、自己処理の手間や時間が省けます。また、自己処理によるカミソリ負けや毛嚢炎といった肌トラブルも防げます。すね毛脱毛の場合、10回程度の照射ですね毛をツルツルにできます。

すね毛をツルツルにするなら脱毛がおすすめ!初めての方限定ですね毛脱毛が最大50%OFFのキャンペーン実施中!詳細はこちら!

 

【NG】毛抜きの使用は控える

すね毛を薄くする方法として、おすすめできないのが毛抜きによる自己処理です。毛抜きでムダ毛を処理すると毛穴が開きやすくなり、細菌が侵入して「毛嚢炎」が発症する恐れがあります。毛嚢炎になると毛穴に膿みや腫れが生じ、痛みも伴います。悪化した場合は、皮膚科での治療が必要になることもあるため、できるだけ毛抜きを使用しないようにしましょう。

 

脱毛ならツルツルから自然なすね毛まで自由自在

すね毛の処理は脱毛が効率的です。脱毛というと全ての毛を処理してツルツルにすることも、好みの毛量に調節することもできます。「すね毛をツルツルにすることは抵抗があるけど、薄くしたい」「自己処理のわずらわしさを解消したい」という方は脱毛がおすすめです。

脱毛は、毛を生やすもととなる「毛乳頭」にアプローチをかけて毛の成長を抑制します。

 

すね毛脱毛のメリット

  • 剃った後の黒いポツポツ、チクチク感が残らない
  • 自己処理しにくい脹脛(ふくらはぎ)もスッキリ
  • 自己処理による肌ダメージがなくなる

自己処理の必要がほぼなくなるため、時間や手間が省けます。カミソリ負けや毛穴のポツポツが改善し、キレイな肌を目指せます。

また、すね毛を薄くする場合は理想の毛量になった段階で照射を止めますが、そのまま継続すればツルツルにもできます。自己処理だと思うような毛量に調節できなかったり不自然な仕上がりになったりする場合もあります。スタッフに理想の仕上がりを伝えておけば、肌質・毛質を見極め、施術時の脱毛機の出力や回数を調節します。すね毛の処理は、脱毛のプロに任せるとよいでしょう。

リンクスのすね毛・ひざ下脱毛サービスページはこちら

 

すね毛を脱毛する3つの方法

脱毛方法には3つの種類があります。自身に最適な方法を選択することで安全に脱毛することができるでしょう。

ここでは、脱毛方法ごとの特徴を解説します。

 

光脱毛 レーザー脱毛 ニードル脱毛
場所 サロン クリニック クリニック
料金 3〜10万円 7〜15万円 20万円以上
施術

間隔

1〜1ヶ月半 1〜2ヶ月 1〜2ヶ月
痛み
その他 美肌効果も 麻酔が可能 永久脱毛

※痛み ○-痛みが少ない △-痛い

※サロン・クリニックによって異なる場合があります。

自己処理から解放されることを考慮すると、脱毛の方がコスパは高いです。ツルツルにする場合と薄くする場合で回数や料金が違うため、カウンセリング時に確認しておきましょう。

 

ニードル脱毛がおすすめの男性

・白髪を脱毛したい

・日焼けしていても脱毛したい

・永久脱毛したい

ニードル脱毛とは、電流が流れる針を毛穴に挿入し、直接毛乳頭に刺激を与えて毛の成長を抑制する方法です。毛のメラニン色素に左右されないため、白髪も脱毛できます。その場で脱毛効果を実感できますが、一つ一つの毛穴に対して施術するため、広範囲であるほど費用も時間もかかります。

レーザー脱毛や光脱毛で処理しきれなかった白髪やほくろの毛を処理する際にニードル脱毛を検討するのがおすすめです。

 

レーザー脱毛がおすすめの男性

・麻酔で痛みを抑えたい

・短期で効果を実感したい

レーザー脱毛とは、毛のメラニンに反応する特殊な光を照射し、毛乳頭にアプローチをかけて毛の成長を抑制する方法です。

早い段階で効果を実感できるものの、一気に毛がスッキリするため、すね毛を薄くしたい方には不向きです。麻酔を使用しても痛みを強く感じやすいのがデメリットです。

また、しばらく赤みやヒリヒリ感が残りやすく、かゆみが生じる場合があるため、敏感肌の方は安全に脱毛できるかスタッフに相談しましょう。

 

光脱毛がおすすめの男性

・すね毛を薄くしたい

・費用を抑えたい

・痛みの少ない脱毛がしたい

・美肌効果も期待したい

光脱毛もレーザー脱毛と同様、毛のメラニンに作用する特殊な光を照射し、毛乳頭にアプローチすることで毛の成長を抑制する方法です。光脱毛の光は肌に優しく美肌効果も期待できるため、敏感肌の男性も安心して施術を受けられます。

また、3つの脱毛方法の中で最も痛みが少なく、料金が安い点もメリットです。費用を抑えるには、キャンペーンを実施している脱毛サロンを選ぶのもポイントです。

 

すね毛をツルツルにするなら全身脱毛もおすすめ

すね毛を脱毛すると、境目となる股や太ももの毛が気になる方や、すね毛以外の部位が剛毛で違和感を持つ方は多いです。
すね毛の脱毛を検討している方には全身脱毛をおすすめします。

ここでは、全身脱毛のメリットについて解説します。

脱毛期間も費用も抑えられる

いろいろなファッションを楽しもうとすると、腕毛や胸毛が気になることもあるでしょう。すね毛と一緒に全身脱毛すれば、期間を短縮でき、費用を抑えられます。

あとから他の部位を追加するより最初から全身脱毛にしたほうがクリニックや脱毛サロンに通う手間が省け、交通費も節約できます。

 

脱毛を始めるなら秋〜冬も良い

脱毛には、ある程度期間や回数がかかります。もし夏にハーフパンツの着用や海に出かける予定があるなら、半年~1年ほどの余裕を持って脱毛を開始しましょう。

また、秋から冬は空気が乾燥しているため、自己処理で肌に負担をかけやすい時期です。日焼け対策ができる方は、夏から脱毛を開始して秋から冬に脱毛向けて脱毛するのもおすすめです。

 

まとめ

家ですね毛を処理する方法は肌に負担がかかり、毛が伸びてくる度に処理しなければなりません。すね毛脱毛なら自己処理の手間や時間がなくなります。ツルツルにも毛量を減らすこともでき、清潔感のあるすね毛を維持できます。すね毛を薄くしたい方や、脱毛の痛みが心配な方は光脱毛がおすすめです。

 

光脱毛ならメンズ脱毛専門店RINXへ

脱毛は痛みが少なく、肌に負担をかけない光脱毛がおすすめです。

ここでは、RINX(リンクス)をおすすめするポイントを3つ紹介します。

 

RINXは全国展開だから予約が取りやすい

クリニックの場合、他の治療の影響で予約が取りづらいケースがありますが、脱毛の流行により脱毛サロンでも同様の傾向があります。RINX(リンクス)では地域の利用者に合わせて、全国の店舗を拡大、増築リニューアルを行い、常に万全な予約体制を整えています。

 

RINXオリジナル脱毛機による安全な脱毛

同じ脱毛方法でも扱う機器は違い、冷却不十分で痛みを強く感じたり、満足のいく効果が得られなかったりする場合もあります。
RINX(リンクス)のオリジナル脱毛機は、従来の脱毛機を凌ぐ冷却装置を内蔵しており、15段階の光の調整が可能です。あらゆる毛質・肌質の男性にも安心・安全です。

RINXのすね毛脱毛サービス詳細はこちら>>>

こちらは、メンズ脱毛RINX(リンクス)ですね毛脱毛を行った男性の写真です。

すね毛脱毛の場合、1回~3回で効果を実感でき、6回~8回で減毛できます。

 

すね毛を脱毛した男性の感想

実際にすね毛脱毛をした方の口コミも気になるところです。RINX(リンクス)ですね毛脱毛した男性の感想を紹介します。

脱毛してからひげや足の毛をあまり気にしなくなり出かける時などもそらなくてよくなった

脱毛したことで肌が前よりもキレイになり、日々のお手入れも楽しくなります

日々毛がうすくなるのを実感して嬉しいです

すね毛脱毛で「肌がキレイになった」「お手入れが楽になった」という意見が多く、たくさんの男性にご好評いただいています。

 

RINXの脱毛料金は適正価格

脱毛は決して安いものではありません。当サロンでは少しでも多くの男性が気軽に脱毛できるよう、キャンペーン・学割・月額システムなどにより予算に合わせたプラン選択が可能です。

すね毛脱毛が最大50%オフの割引キャンペーンの詳細はこちら>>>

無料カウンセリングで、予算や理想の仕上がりをお伝えください。

ご予約・お問合せはこちら

PROFILE

ドクターの所属学会

・日本形成外科学会専門医
・日本美容外科学会(JSAPS)
・日本再生医療学会

ドクターの経歴

2006年 旭川医科大学 卒業
2008年 昭和大学 形成外科入局
2010年 千葉県救急医療センター 形成外科
2014年 コムロ美容外科 東京院院長
2015年 大手美容外科皮膚科クリニック院長
2015年 表参道ヘレネクリニック
2019年 同理事長
この監修者の記事一覧

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11886

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
RINX RINX リンクス