脱毛前後の注意点は何?予期せぬ肌トラブルを防ぐための方法を解説

kenta ライターkenta

その他

脱毛前後の注意点は何?予期せぬ肌トラブルを防ぐための方法を解説

脱毛は、日常生活で不要だと感じる体毛を取り除くことができる方法です。毛量を減らせるため、例えば早朝の髭剃りの手間が省けたり、ハーフパンツからはみ出るすね毛を解消できたりします。

かつては「女性がするもの」という印象が強かった脱毛ですが、今では男性向けの脱毛サロンやクリニックが増え、誰でも気軽に利用できるようになりました。ただし、利用上の注意を守らないと予期せぬトラブルが生じる恐れがあります。

そこで今回は、脱毛をする際に知っておきたい注意点や、起こりうるリスクをご紹介します。

11月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

脱毛での注意点を知って肌トラブルを防ごう

一般的に脱毛は、毛のメラニン色素に反応するレーザーや光を用い、そこで発生した熱を利用して発毛組織にダメージを与える仕組みです。根本的に毛を減らせる一方で、発毛組織に与えるエネルギーは周辺の皮膚にも影響を及ぼします。結果、ダメージを受けて肌トラブルとなって現れる可能性があります。

しかし、いくつかの注意点を意識すれば肌トラブルは回避可能ですので、過度に恐れる必要はありません。

 

脱毛1か月前~2週間前に意識したい注意点

脱毛前に意識したい注意点は主に3つです。

■ ブラジリアンワックスや毛抜きで自己処理しない

■ 日焼けをしない

■ 予防接種を受けない

どの行為も定着している方がいるほど身近な注意点です。うっかり忘れていたという方も少なくありませんので、しっかりとご確認ください。

 

ブラジリアンワックスや毛抜きで自己処理しない

約1か月前から毛抜きによる自己処理は避けましょう。十分な脱毛効果を得られなくなります。

理由はシンプルで、毛抜きは毛を毛根から抜いてしまうため、レーザーや光が反応しづらくなるためです。脱毛効果を発揮するには、ある程度は毛の長さが必要ということです。

「すでに毛を抜いてしまった」という方は、生えそろったタイミングで脱毛を受けるとよいでしょう。

 

日焼けをしない

脱毛前は日焼けを避けなければいけません。レーザーや光はメラニン色素に反応する都合上、日焼けで黒くなった肌にも反応してダメージを与えてしまいます。やけどや脱毛の痛みが強くなる恐れがある上、日焼けの程度によっては施術を断られることもあります

日焼け止めクリームを使用する、日差しが弱い秋〜冬ごろに脱毛を開始するなど、日焼け対策を徹底しましょう。なお、日焼け状態がある程度治り、サロンやクリニックが「安全に施術できる」と判断すれば、脱毛は再開できます。

 

予防接種を受けない

インフルエンザや麻疹などのワクチンを打つ前後は施術を受けられません。予防接種後は肌に刺激を与えずに安静にする必要があり、脱毛もNGです。肌の腫れや赤みといった肌トラブルを引き起こす恐れがあるため止めましょう。

副反応が出ている場合はもちろんですが、予防接種後になんとなく体調が優れないという場合も、施術は断られるケースがあります。メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)では、脱毛の前後1週間から10日ほど予防接種の期間を空けるようにお願いをしております。

 

脱毛数日前~当日の注意点

脱毛数日前〜当日までの主な注意点は以下の3つです。

■ 脱毛部位の体毛を処理する

■ 激しい運動を避ける

■ 飲酒を控える

脱毛の直前は肌や体調のコンディションを万全にしておくことが大切です。脱毛数日前〜当日までの注意点を詳しく解説します。

 

脱毛部位の体毛を処理する

脱毛の前日に施術を受ける部位の体毛を処理する必要があります。ただし毛を抜くのではなく、カミソリや電気シェーバーなどによる剃毛です。

毛が長すぎるとレーザーや光のエネルギーが発毛組織にうまく届かず効果を妨げたり、やけどしたりする恐れがあります。そのため、できる限り深剃りしておく必要もあります。

自己処理の際には肌を傷つけないように気をつけましょう。自分では手が届きにくいところ特に要注意なので、他の人の手を借りられるなら借りたほうが安全です。

 

激しい運動を避ける

脱毛当日、施術の前後は激しい運動を避けてください。脱毛はレーザーや光により熱エネルギーが発生し、運動して体温が上昇すると

肌の赤みやかゆみが出る恐れがあるためです。さらに脱毛後の肌はデリケートなため、汗を放置してしまうと雑菌が原因で毛嚢炎を引き起こすリスクも高まります。

激しい運動を控えて体温の上昇を抑え、加えて汗をこまめに拭き取るなどして肌の清潔さを保つことが大切です。

 

飲酒を控える

脱毛当日の飲酒は控えましょう。体内のアルコールがなかなか抜けないケースもあるため、前日も控えるほうが無難です。最低でも12時間以上は空けたいところです。

飲酒は運動と同様に体温が上昇し、血行がよくなることで肌が敏感になります。さらに、利尿作用により体内の水分が減ると、肌が乾燥しやすい状態にもなりますすしやすくもなにくいところはの際にブルに。結果、肌のバリア機能が低下し、レーザーや光の熱でやけどや炎症を起こすかもしれません。

脱毛当日中に飲み会などがある場合は、約束を後日にずらすことをおすすめします。または、脱毛の予約日を変更しましょう。

 

脱毛後の注意点

次に、脱毛後に注意するべき3つの点を挙げました。

■ 当日は入浴を避けてシャワー浴にする

■ 残った毛を無理に抜かない

■ 肌をしっかり保湿する

脱毛後の肌はとてもデリケートです。肌に刺激を与えず、衛生的にしておく必要があります。以下で具体的に解説します。

 

当日は入浴を避けてシャワー浴にする

脱毛後はついつい気になって毛を抜いたり、触りたくなったりする方もいますが、NG行為です。

毛穴への刺激や細菌のついた手で触れるなどの行為は肌トラブルの原因になります。脱毛後の毛は自然に排出されるので、自分で抜く必要はありません。

また、普段通りカミソリなどで剃毛を行っても大丈夫です。ただし、肌への負担とならないように優しく剃ることを心がけてください。

 

肌をしっかり保湿する

脱毛後は肌をしっかりと保湿します。「アミノ酸」「ヒアルロン酸」など保湿効果の高い成分が多く含まれた保湿剤がおすすめです。

肌が乾燥した状態で脱毛すると肌トラブルの原因になる他、水分が損なわれているので熱による痛みが増す恐れもあります。なお、アトピー肌でお悩みの方は、サロンやクリニックに相談して肌質を確認してもらいましょう。

脱毛後の保湿を継続すれば、清潔感のあるモチモチ肌が際立つため、美容の一環としてもぜひ行っておきたいですね。

 

脱毛に関してよくある質問と答え

この段落では、脱毛に関してよくある質問と回答を掲載しました。施術当日だけではなく、施術前後にも役立つ情報なので、しっかりチェックしましょう。

なお、ムダ毛や脱毛に関する疑問の悩み相談は、RINX(リンクス)の公式LINEアカウントでも承っています。こちらから、チャットで簡単診断もぜひお試しください♪

Q.脱毛後にニキビのようなものができたけれど大丈夫?

脱毛後にできたニキビのようなものは毛嚢炎(もうのうえん)かもしれません。ニキビは常在菌が発生源なのに対して、毛嚢炎は脱毛後などの開いた毛穴に外から侵入した細菌が原因で起こります。

自然に治ると言われますが、広範囲に広がったり、膿が大きかったりと程度がひどければサロンやクリニックに相談しましょう。

クリニックであれば医師が診断できるため、その場で適切な処置をしてもらえるでしょう。

 

Q.日焼けしている場合はいつから脱毛できる?

日焼けの度合いによって脱毛できるかどうかが決まるため、一概にいつからとは言えませんが、基本的には日焼けの状態が落ち着けば脱毛できます。

脱毛ができない肌状態の一例を挙げると、日焼け直後の肌が赤くやけどを起こしている状態、肌の色が黒に違い状態などです。いずれの肌状態で脱毛を受けてもやけどの原因になってしまいます。

日焼けが治るまでに時間がかかる方もいるため、脱毛期間中の日焼けは避けるのがベストです。

 

Q.埋没毛があっても脱毛を受けられる?

埋没毛があっても脱毛は受けられますし、しっかりと脱毛効果も得られます。一方で、脱毛後の毛は毛穴から自然排出されるのが通常ですが、埋没毛の毛は脱毛効果が得られてもそのまま皮膚の中にとどまります

ピーリングなどで自己ケアをする場合は、脱毛の前後2週間は期間を空けましょう。皮膚科でキレイに取り除いてもらうこともできます。

なお、脱毛後は根本的に毛が減るため、埋没毛対策としてもおすすめです。

 

Q.ホクロや傷跡があっても大丈夫?

ホクロや傷跡部分には脱毛できませんが、避けて脱毛することは可能です。できない理由は、ホクロのメラニン色素に光やレーザーが反応してしまうためと、傷が悪化する恐れがあるためです。

擦り傷であっても、その部分は治ってから脱毛を受けましょう。また、ホクロの毛を脱毛したい方は、先にレーザー治療でホクロを取り除いておけば施術が可能となります。ただ、脱毛できるかどうかはケースバイケースなこともあるため、事前にサロンやクリニックに相談しておくことが大切です。

 

Q.脱毛前の自己処理が難しい部位の場合はどのようにすればよい?

脱毛前は可能な限り自己処理しなければいけませんが、背中などの手が届かないところまで無理に処理する必要はありません。無理をするとケガのリスクがあり、脱毛できなくなる可能性があります

サロンやクリニックによっては剃毛をサポートしてもらえるため、自己処理が難しい部分はサポートをお願いしてはいかがでしょうか。余計な出費を増やしたくない方は、剃毛サポートが無料のサロンやクリニックを探しましょう

 

まとめ

脱毛は発毛組織に直接アプローチするため、少なからず肌にも負担がかかります。肌トラブルを未然に防ぐには、施術を受ける方の協力も必要不可欠です。

とはいえ、脱毛には注意点が多く、ただでさえ忙しい方は受ける前に気疲れしてしまいそうですね。

だからこそ、脱毛サロンやクリニックの担当者のコミュニケーション能力は大切です。RINX(リンクス)では専属の脱毛技能士が丁寧にお悩みをお聞きし、お客様がご満足いくまで全力でサポートさせていただきます。

ご予約・ご相談はRINXの最寄りの店舗へお電話いただくか、webから可能です。お気軽にご連絡ください。

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

 

脱毛に関してお悩みの点がある方はRINX(リンクス)へご相談を!

RINX(リンクス)は男性スタッフだけのメンズ脱毛専門店です。おかげさまで全国に70店舗以上を展開し、約500万件の施術実績がございます。

剃毛のサポートやカウンセリング代など、脱毛以外の料金は一切発生いたしません。安心と信頼の脱毛を全国の男性の皆様へお届けいたします。

脱毛が初めての方の他、肌トラブルが心配な方、痛みや効果が不安な方も、お気軽にご相談ください。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

脱毛技能士が丁寧なカウンセリングを実施

RINX(リンクス)は信頼の置ける脱毛技能士のみが在籍しています。お問い合わせの段階からカウンセリングまでひとりの技能士が対応し、お客様と二人三脚でお悩みを解消します。

押し売り等は一切ございません。お客様の肌質をしっかりと見極め、納得いただける脱毛プランをご案内いたします。カウンセリングは無料で実施しており、お見積もりのみのご相談でも承っています。

脱毛の途中でもご不明な点がありましたら、いつでもお申し付けください。

 

脱毛前のパッチテストを無料で実施

RINX(リンクス)では脱毛前のパッチテストを無料で実施しており、肌トラブルが心配な方も安心して脱毛をお試しいただけます。痛みが気になる方にもご好評です。

痛みの感じやすさと肌トラブルには体調や肌質の不良といった共通点があるため、万が一痛みがあれば、肌トラブルを未然に防ぐ参考にもなります。

パッチテストの結果をもとに、脱毛技能士がひとりひとりの肌質に合った脱毛スケジュールを組み、安全に脱毛を進めて参ります

 

肌への負担が少ない独自開発した脱毛マシンを使用

創業以来、メンズ脱毛のみを追求してきた実績と経験をもとに、あらゆる男性の肌質を考慮した脱毛機を独自開発しました。肌への負担を極力抑えられるため、肌が強くない方でも安心して施術を受けていただけます。

肌への負担が少ないことで、脱毛の効果に不安を感じる方もいるでしょう。しかし、RINX(リンクス)のオリジナル脱毛機は毛質や肌質に合わせたパーソナルな設定ができるのでご心配ありません。日本人男性の太くて濃い毛にも最大限のアプローチが可能です。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11872

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX RINX リンクス