背中のムダ毛のおすすめ処理・脱毛方法と注意点

背中のムダ毛のおすすめ処理・脱毛方法と注意点

鏡を見て背中の毛が意外と目立つことが確認できたり、あるいは他人に指摘を受けたりして気になり始めたことありませんか?

一度毛が気になり始めると、綺麗にお手入れしないと気が済まない方も多いです。ただ、方法がわかったとしても背中を目視できないので自己処理の難易度は高めです。

男性向けの自己処理方法をご紹介する他、「そもそも男性も背中の産毛を処理した方が良いの?」といった疑問にもお答えしています。

背中の毛をスッキリするならボディ脱毛がおすすめ!創業13年メンズ脱毛の老舗リンクスは初めての方向けに割引キャンペーン実施中!!

背中の毛を処理するかどうか迷っている人に向けて、メリットについても紹介しているよ。

12月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

男性も背中のムダ毛を処理した方が良いの?

今や男性にも清潔な見た目が求められていて、薄着の時や服を脱ぐ時に背中の毛が気になって自己処理を始める人は少なくありません。

海や温泉、大切なパートナーとホテルで‥色々な状況が想定されます。もちろん毛は自身の個性として自慢できることもあるかもしれませんので一概になくせば良いとは言い切れません。

 

体毛の元々の役割は外からの刺激から肌を守ることや体温を保つことです。しかし、普段は衣服を着るので外敵からは十分に保護されますし、人にとって体温調節はムダ毛がなくても安易なことですね。

剃ることに慎重でも良いかもしれませんが、体にとって必要性は低いので見た目の部分を加味してキレイにしておいた方が現代ではメリットの方が多いでしょう。

ただ、うぶ毛程度であれば肌の色と同化しやすくて、気にしない方も多いため、無理に処理を行う必要はありません。

 

男性が背中の毛を処理するメリット

見た目が清潔になる

大抵の人は背中の毛の見た目が嫌で剃ることを検討するでしょう。

キレイにお手入れができれば清潔な後ろ姿が手に入ります。

 

蒸れにくくなる

ムダ毛による蒸れといえば陰部の悩みが多いですが、意識してみるとヒートテックやインナーで背中も意外と蒸れやすい箇所です。

特に運動をよくする人にとって嬉しいメリットではないでしょうか。

 

背中の毛を放置するデメリット

やはり見た目の問題が一番で体毛は蒸れやすい、汗によって臭いが発生する、抜け毛の影響で不潔なイメージを抱かれやすいです。

仕事柄、学生生活、アウトドア派の男性にとっては上半身を露出する機会がありお困りの方もいらっしゃるでしょう。

背中の毛は自分では確認できないので、人にどのように思われるのか特に不安を煽りやすい箇所です。あらゆることに対して消極的になってしまう原因となります。

 

メンズ向け|背中のムダ毛を自分で処理する方法

結論ですが背中やうなじ、お尻など自分で確認しづらい箇所は、他人の力を借りた方が安全かつ、丁寧に処理することができます。可能であれば理解がある人にお願いするのが一番です。

しかし、一人暮らしの方、人に見られたくない方からすれば簡単な話ではありません。

世の中の様々な人のニーズに応える為に、色々な便利グッズが登場しています。

中でも、すぐにでも実践できる男性向けの自己処理方法をご紹介していきますね。

あまり知られていないんだけど、実は魅力的なグッズはたくさんあるんだよ!

カミソリ・「バックシェーバー」

カミソリといえば背中に限らず、顔ひげや全身のあらゆる体毛を剃るときにも用いる定番アイテムですよね。

カミソリで背中の毛を処理する手順

1.シャワーや湯船に浸かり毛を柔らかくする

まず毛や皮膚に水分を与えます。水分で毛が柔らかくなることでカミソリが滑りやすく、皮膚はカミソリ負けなど肌に負担がかかりづらい状態になります。入浴、シャワーの後は軽くタオルで拭き取ります。

 

2.シェービングフォームを塗布する

適量のシェービングフォームを手に取り背中に満遍なく塗ります。この時手が届かない箇所などはシェービングフォームをタオルに乗せて伸ばすのも良いです。

 

3.手の方向を調整しながら剃る

背中の毛をキレイに剃るには多少の柔軟が必要になります。肘を曲げて肩の方から、脇腹から背中に手を伸ばしてカミソリで毛を剃ります。合わせ鏡などを駆使して処理するのがおすすめです。

人にお願いする時には毛の流れに逆らう「逆剃り」は肌に負担がかかるので、極力毛の流れに沿った「順剃り」を意識してもらいましょう。凹凸で剃りづらい箇所は肌を傷つける恐れもあるので逆剃りを交えながら処理しても良いです。

 

4.シャワーで洗い流す

剃り残しのチェックをしてから、シャワーでシェービングフォームや毛を洗い流します。洗い残しは肌荒れや乾燥の原因にもなるのでしっかりと流しておきましょう。最後に清潔なタオルで水気をよく拭き取ります。

 

5.保湿剤で乾燥を防ぐ

カミソリの刃で皮膚は傷つき、肌に必要な水分が蒸発しやすい状態です。化粧水を馴染ませてから保湿クリームなどをムラなく背中に塗布していきましょう。一人では難しいかもしれませんが、手で優しく馴染ませるようにしてくださいね。

季節や場所によっても外気で肌が乾燥しやすいといった状況もあるので、アフターケアに限らずこまめに行うのも良いです。

 

以上がカミソリで背中の毛を処理する手順ですが、一人の力では限界があり手の届く範囲までしか剃れないでしょう。無理をしてしまうとニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こすかもしれません。

最近では持ち手が長く、刃の部分が大きな専用のカミソリもあるのでチェックしてみてください。

とはいえ、シェービングフォームを塗るのでシャワーで流すしかなく、毛も一緒に流れて排水溝が詰まる原因にもなります。

そこでおすすめなのがバックシェーバーと呼ばれる、背中の毛を剃る専用の電動シェーバーです。

バックシェーバーとは

引用:amazon

まごの手のように持ち手が長く、痒い所に手が届く背中の毛を剃ることに特化された電動のシェーバーです。

カミソリと違い、電動刃の部分が肌を刺激しづらい構造になっている為、深剃りはできませんがシェービングフォームを使用しない「ドライシェービング」ができます。

事前の入浴、鏡で剃り残しを確認することや保湿は必要ですが、毛で散らからないように、いらない新聞紙などを敷いて毛の処理ができるので後始末が楽です。

自己処理を検討している人にはバックシェーバーがおすすめです。

 

脱毛タオル

脱毛タオルは「あかすりグローブ・タオル」のように手触りがざらざらしている特殊な繊維でムダ毛を絡めとるアイテムです。

使い方は至ってシンプルでタオルを水で濡らし、石鹸・ボディーソープをあわ立てて、力を入れず優しくこするだけ。普段、入浴時に体を洗う感覚でムダ毛の処理が行えます。

あかすりのような角質ケアの効果も期待できますが、強くこすると痛みを感じたり、色素沈着になる恐れがあるので注意してください。

また、タオルを使用したあとは化粧水と保湿クリームでアフターケアは欠かさないようにしましょう。

脱毛タオルは元々の毛質が薄い、うぶ毛などを処理する時には便利ですが、太い濃い体毛だと取りきれないこともあるようです。

また、肌に負担がかかるので、頻繁な使用や肌が強くない方は控えた方が良いです。あくまでムダ毛を処理する時だけの使用に留めておきましょう。

 

よく毛ローション

よく毛ローションは含まれる成分により、毛の成長を遅くするといった効果が期待できます。保湿剤などと同じように一定量を手に取り、背中に馴染ませるだけです。

「肌艶が良くなった」など一部では美肌効果が実感できた人もいますが、よく毛効果を実感するには時間をかける必要があります。

使い方は簡単で、美容成分が豊富に含まれていることからスキンケアとしても使えるので、カミソリや脱毛タオルで処理した後にアフターケアの保湿剤として使い続けるのが良いでしょう。

 

背中の毛を処理するなら脱毛もおすすめ

背中のムダ毛を一層脱毛してしまうのも良いでしょう。光や針を用いた脱毛がありますが、脱毛タオルやカミソリとは違い、表面の毛を一時的に取り除く方法ではありません。毛の成長を促す細胞にアプローチをかけて、根本的に毛を薄くしたり、成長を抑制したりします。

脱毛といえばご存知の人も多いかと思いますが、「料金や痛みが心配」「背中の毛を見られるのが恥ずかしい」といった悩みがあり、諦めてしまってはいませんか?

最近では、家庭で扱える機器も登場しているほど身近で気軽に行える方法です。とはいえ家庭用脱毛器と呼ばれる方法で、自分で脱毛するのは危険でおすすめできませんので、サロンやクリニックでの脱毛方法をご紹介いたします。

メンズの家庭用脱毛器に脱毛効果はあるのか?

メンズ脱毛に行く時間が取れない方や、通うことに抵抗がある方には家庭用脱毛器で脱毛する方...

家庭用脱毛器についてはこちらで詳しく解説しています。第三者の協力が得られそうであれば、参考にしてみてくださいね。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

自己処理と脱毛の違い|メリットは?

前述の通り、自己処理と脱毛の一番の違いは脱毛だと根本的に毛が減らせるということです。自己処理そのものの手間が解消されるので、特に自分では確認が難しい背中の毛を処理したい場合には脱毛がうってつけでしょう。剃り残しなどの心配もいりません。

脱毛は痛くて肌にも悪いイメージを抱く方もいますが、一時的な負担はありますが自己処理で肌を傷つけるより安全ですし、むしろ毛の処理をしなくなることで吹き出物などを対策してくれます。

汗をかきやすい、肌が乾燥して処理が痛いなど季節によって引き起こる悩みを、時期を問わず解消できるのも脱毛の強みです。

また、初めて利用する際には脱毛の方がコストはかかりますが、自己処理にかかるランニングコストまで抑えてくれるので、頻繁に処理する人にとっては経済的となります。

脱毛ビフォーアフターを見る

 

RINX(リンクス)では実際に脱毛を体験した男性のお写真を公開させていただいております。※ご本人様に許可をいただいたもののみ公開しており、無断で掲載することはございませんのでご安心ください。

 

脱毛にはある程度の回数が必要です

自己処理は気軽にいつでも行えますが、脱毛はお店に何度か通う必要があります。毛を減らしたい方は35回、スッキリしたい方は6回〜10回以上を目安にしてみてください。

ただ、自己処理も背中の毛が気になり続ける限りは継続する必要があるので、先を見据えると脱毛でスッキリしてしまうのが良いのではないでしょうか。また、専門のプロに処理をお願いした方が安全で、キレイな仕上がりが期待できます。

脱毛に通う期間・頻度は毛周期がカギ!効果的・効率的に脱毛しよう

メンズ脱毛が浸透し、男性専用の脱毛サロンも普及するほど男性の美意識が高まってきました。...

脱毛に回数がかかる理由・仕組みについてはこちら。

 

背中の毛が脱毛できる3つの方法

脱毛は大きく分けて「フラッシュ脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3つの方法があります。フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛は、毛の色素に反応する特殊な光を照射して、光の熱を発毛組織に届けて脱毛処置をする方法です。ニードル脱毛は、針を毛穴に挿入して電熱で発毛組織を破壊します。

 

脱毛方法のおすすめ

脱毛がはじめてなら、フラッシュ脱毛をおすすめします。医療レーザー脱毛やニードル脱毛は、強いパワーで脱毛を行う代償として大きな痛みを伴い、脱毛の価格設定も高めです。

フラッシュ脱毛でも十分に背中の毛を減らせますし、光による脱毛で広範囲をある程度スッキリしてから仕上げにニードル脱毛を利用される方もいます。それでも不安であれば、まずはお試しメニューを検討したり、脱毛サロンのスタッフに相談したりする手段を取るのもよいでしょう。

 

RINX(リンクス)はフラッシュ脱毛を扱う男性専用の脱毛サロンです。男性の認定脱毛技能士のみが在籍しており、背中やご自身で確認しづらい箇所の脱毛も責任を持って対応致します。男性専用サロンなので、お体を女性に見られるのが恥ずかしい方にも安心してご利用いただけます。

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

 

まとめ

男性の背中のムダ毛処理は、意外にも多くの方が行なっており、女性からも求められています。

男女問わず、万人に清潔な印象を持って欲しい場合は、自己処理をしておいた方が良いでしょう。

近年では、沢山便利な脱毛グッズが登場してきており、背中の自己処理のハードルもどんどん低くなってきました。

しかし、背中の産毛があまり目立たないのであれば、必ずしも無理して処理する必要はありません。

自己処理によって肌に負担がかかり、肌の黒ずみやニキビの原因に繋がることが考えられます。

背中の毛が濃い、産毛でも意外と目立つという悩みを抱える方は、ぜひ一度メンズ脱毛を検討してみて下さい

PROFILE

ドクターの所属学会

・日本形成外科学会専門医
・日本美容外科学会(JSAPS)
・日本再生医療学会

ドクターの経歴

2006年 旭川医科大学 卒業
2008年 昭和大学 形成外科入局
2010年 千葉県救急医療センター 形成外科
2014年 コムロ美容外科 東京院院長
2015年 大手美容外科皮膚科クリニック院長
2015年 表参道ヘレネクリニック
2019年 同理事長
この監修者の記事一覧

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11889

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
RINX RINX リンクス