髭剃りによる肌荒れでブツブツができたら?原因と対処法を紹介

ひげ太郎 ライターひげ太郎

顔・ヒゲ

髭剃りによる肌荒れでブツブツができたら?原因と対処法を紹介

「髭剃りの後いつもヒリヒリする」「カミソリ負けが一向に治らない」。

毎日の髭剃りで起こる肌荒れの悩みを抱える男性は少なくありません。

髭剃りによる肌荒れは、正しい手順で自己処理・スキンケアをすれば、ある程度防げます。さらに、自己処理のデメリットを根本解決したい方には、脱毛が効果的です。

今回の記事では、髭剃りで起きる肌荒れの原因や対処法を解説します。

10月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

髭剃り後にできるブツブツは何?

カミソリで髭剃りをすると髭と一緒に皮膚の表面が削れるため、皮膚のバリア機能が低下します。肌荒れが起きやすい状態になった結果、赤いブツブツや黒いブツブツ、ヒリヒリした痛みが発生するというのが大まかな理屈です。

ここでは、髭剃りでできるブツブツや痛みの正体について解説します。

 

カミソリ負け(尋常性毛瘡)

一般的に「カミソリ負け」といわれている尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)は、カミソリでムダ毛処理した箇所にできる肌トラブルのことです。赤いブツブツやニキビのような膿がたまる出来物で、痛みを伴う場合があります。

カミソリは皮膚の表面(角質層)が削れるため、処理後は肌が敏感な状態です。雑菌が着いたカミソリを使用したり、間違った方法で自己処理をしたりするとカミソリ負けが起きやすくなります。

 

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)は毛穴の奥で起きる炎症のことです。髭剃りでできた傷に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が侵入すると発症します。どちらも皮膚の常駐菌ですが、肌のバリア機能の低下や衛生状態が良くない環境にいると増殖しやすいです。

毛嚢炎になると周辺が炎症して膿を持った赤いブツブツができ、押すと痛みを感じることもあります。

 

埋没毛

埋没毛とは、皮膚の外に出てくるはずの毛が出ず、皮膚の中で毛が成長することで「埋もれ毛」とも呼ばれます。埋没毛ができると、皮膚の中で毛が丸まって黒いブツブツのように見えます。

髭剃りや毛抜きで毛穴が傷ついた結果、カサブタができると皮膚の表面が硬くなり、毛根から伸びてきた毛が出られなくなります。埋もれた毛を皮膚の外に出すには、スクラブやピーリングジェルで硬化した皮膚の表面を柔らかくするのが効果的です。

 

髭剃りによる肌荒れでブツブツができたらどうする?

髭剃りをすると肌のバリア機能が低下し、赤いブツブツや黒いブツブツが発症するリスクがあります。ブツブツが悪化したり、いつまで経っても肌荒れが治らなかったりする可能性があるため、適切な処置が必要です。

ここでは、髭剃りで肌トラブルが起きた際の対処法を解説します。

 

スキンケアして患部を衛生的に保つ

髭剃り後は角質層が削れ、肌の水分が蒸発しやすい状態です。肌が乾燥すると肌トラブルが起きやすくなるため、化粧水で保湿することが重要です。手のひらで触ると肌が吸い付くまでしっかり保湿しましょう。化粧水で保湿した後は、水分が逃げないよう乳液とクリームを使用するとより乾燥を防げます。

また、タオルや寝具などから雑菌が付着しないよう、皮膚に触れるものを清潔に保つことも重要です。

 

カミソリや毛抜きによる処理を避ける

患部に刺激を与えないために、カミソリや毛抜きによる処理は避けたほうが無難です。カミソリは角質層を傷つけやすく、毛抜きは無理に毛を引き抜くことで毛穴や皮膚に大きな負担を与えます。

特に、肌トラブルで敏感になっている肌にカミソリや毛抜きを使用すると、症状が悪化しやすいです。できるだけ髭剃りをしないほうがよいですが、どうしても必要な場合は電気シェーバーで優しく処理しましょう。

 

必要以上に患部を触らない

カミソリ負けでブツブツができると、つい触って潰したくなる方もいるのではないでしょうか。患部を触ると細菌に感染して症状が悪化したり、肌が黒ずむ色素沈着が起きたりするリスクがあります。

色素沈着になると元の肌の色に戻るまで数カ月以上かかり、コンプレックスを抱えるかもしれません。跡を消すための治療が必要になる恐れもあるため、できるだけ触らないようにすることが大切です。

 

症状がひどい場合は皮膚科で治療する

カミソリ負けや毛嚢炎は肌を保湿することや、清潔な状態を保つことで改善されます。市販薬を使用する際は、雑菌の繁殖を防ぐ抗菌作用のあるものがおすすめです。

いつまで経っても治らないのに自分で解決しようとしていると、傷跡が残ったり皮膚に凹凸ができたりするリスクがあります。

1週間ほど経過しても症状が治らない場合や、より悪化している場合は皮膚科を受診しましょう。

皮膚科では軟膏が処方され、症状がひどければ抗生物質の内服薬を併用することもあります。

 

肌荒れでブツブツができないように予防しよう

誤った髭剃りでカミソリ負けや毛嚢炎が発生すると、見た目が気になるだけでなく痛みやかゆみに悩まされます。

また、症状が悪化して肌に跡が残ったり、クレーター状の凹みができたりする恐れもあります。その場合はレーザーでの治療が必要で、長い時間と高額な費用がかかる上に、完全に元の肌の状態に戻るとは限りません。大切なのは、そもそも肌荒れができないように予防を徹底することです。

 

髭剃りで肌荒れしないための具体的な予防法

社会人の男性は髭剃りを欠かせないことが多く、肌荒れが治らないうちに髭剃りを繰り返した結果、悪化するケースもあります。

肌が丈夫な方でも安心はできません。バランスの悪い食生活や、睡眠不足が続くと肌荒れしやすくなるので注意しましょう。

ここでは、髭剃りで肌トラブルが起きないよう、具体的な予防法をご紹介します。

 

衛生的で切れ味がよいカミソリやシェーバーを使う

髭剃り後の肌はデリケートな状態のため、カミソリやシェーバーに雑菌が付着していると肌荒れが起きやすくなります。カミソリやシェーバーの使用後は毎回洗浄し、清潔を保つことが大切です。保管場所は、雑菌の増殖を防ぐため湿気の多い浴室ではなく、乾燥した場所にします。

切れ味の悪い刃は使わず、カミソリは2週間、シェーバーは外刃1年・内刃2年を目安に交換しましょう。劣化した刃は毛が引っかかり、皮膚や毛穴に負担をかけるためです。

 

正しい方法で髭を剃る

できるだけ肌に負担をかけない髭剃りをすることも大切です。正しい髭剃りの手順を把握しましょう。

チェックポイント!

  • 洗顔で肌を清潔にする
  • 蒸しタオルで肌と髭を柔らかくする
  • シェービング剤を塗る
  • 優しいストロークで剃る
  • シェービング剤を洗い流す

シェービング前に蒸しタオルで顔を温めることで毛穴が開き、髭が柔らかくなるためシェービングしやすくなります。シェービングは圧をかけ過ぎず、何度も同じ部位をシェービングしないよう注意しましょう。

髭剃りで肌荒れが起きる原因とは?正しい処理で解決しよう

カミソリ負けで毎日のように肌に赤みが出ていたり、ニキビが中々治らなかったりしていません...

 

 

髭剃り後は保湿する

髭剃り後は敏感になった肌を保湿して鎮静させ、肌トラブルを防ぎましょう。

まず、化粧水で水分を肌に補給し、乳液・クリームの油分で蒸発を防ぎます。

・化粧水

アルコールや香料などの添加物が入っていない化粧水がおすすめです。「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」といった保湿成分が配合されていると、肌の乾燥を防げます。

・乳液

乳液は、水分と油分がバランスよく配合されています。べたつきが苦手な方や脂性肌の方にもおすすめです。

・クリーム

クリームは油分が多く含まれており、化粧水の保湿効果を上げる効果があります。べたつきが気になる方は、就寝前に付けるだけでも効果を期待できます。

 

電気シェーバーを使う

カミソリ負けしやすい方は、カミソリより肌への負荷が低い電気シェーバーを使用しましょう。電気シェーバーは肌に刃が直接当たらないため、肌トラブルが起きにくいのが特徴です。

なお、電気シェーバーには「回転式」「往復式」「ロータリー式」の3種類があります。最も肌ダメージが少ないのは回転式で、ロータリー式は深剃り向け、往復型はその中間・バランス型です。

どのタイプを使うにしろ、使用後はきちんと洗浄して雑菌の増殖を防ぎましょう。手入れが面倒な方には洗浄機能付きの電気シェーバーがおすすめです。

 

根本的に肌荒れ対策したいなら脱毛がおすすめ!

髭剃りは肌荒れやブツブツの原因になり、すぐに伸びてくるため繰り返し処理が必要です。髭剃りをする度に肌に負担がかかるため、肌荒れがなかなか治らないケースもあります。

しかし、特殊な光を当てて毛を生やす細胞にアプローチできる髭脱毛なら、髭剃りのデメリットを解決できます。

髭剃りの頻度を大きく減らし、肌への負担を軽減できるため、カミソリ負けや青髭の悩みが改善できます。

クリニックで受けられる医療レーザー脱毛より、脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛の方が肌に優しく痛みが少ないです。

 

脱毛に関するご相談はRINXへ

髭剃りで肌荒れしやすい方は、肌に優しく痛みが少ないフラッシュ脱毛がおすすめです。

RINX(リンクス)は男性の脱毛に特化したメンズ専門のサロンで、スタッフ、利用客ともに男性のみの脱毛サロンです。女性スタッフには話しづらい悩みも打ち明けやすく、待合室で女性と居合わせて気まずくなる心配もありません。

ここでは、RINX(リンクス)が男性から選ばれる4つの理由を解説します。

 

フラッシュ脱毛で肌への負荷が低い

RINX(リンクス)のフラッシュ脱毛は、肌に優しい脱毛方法です。医療脱毛のレーザー脱毛は狭い範囲で集中的に作用しますが、フラッシュ脱毛は広域でマイルドに作用します。

レーザー脱毛は、効果は高いものの痛みが強めで、施術後に炎症やかゆみ、赤みが続く方もいます。敏感肌の方がレーザー脱毛を受ける場合は、肌トラブルのリスクについてきちんと確認しておきましょう。

一方、フラッシュ脱毛の機械はシミやくすみ改善を目的としたフォトフェイシャル機器をもとに作られており、美肌効果も期待できるメリットがあります。

脱毛ビフォーアフターを見る

 

髭に効果が高いオリジナル脱毛マシンを使用

RINX(リンクス)の脱毛マシンは、専任の医師監修のもと開発したオリジナル製の機械です。

男性特有の太くて濃い毛への効果が出せるよう、従来機の1.5倍の脱毛効果を実現させ、特大サイズの冷却タンクを搭載して痛みを最小限に抑えています。

また、多くの脱毛機の出力調整は5段階~10段階ですが、RINX(リンクス)の脱毛マシンは15段階もの調整が可能です。それにより肌質・毛質・部位に合わせたパーソナルな脱毛ができ、敏感肌の方でも安心して施術を受けられます。

効果が高く痛くない脱毛機はこちら

 

全国展開していて通いやすい

脱毛効果を実感するには、毛周期に合わせて継続的に通う必要があり、最低でも半年はかかります。RINX(リンクス)なら全国各地にサロンがあり、駅からのアクセスもよく、車移動の方は近くのコインパーキングを利用できます。

また、仕事や家庭の事情で遠方へ引っ越した場合でも、手数料なしで通いやすい店舗に移転できます。営業時間は平日12時~21時、休日は11時~20時と、仕事帰りや休日の外出ついでに立ち寄りやすいサロンです。

RINXの最寄り店舗を探す

 

保証が充実していて安心!

脱毛はどの方法でも再発毛する可能性があります。元通りの毛量まで戻ることは考えにくいですが、部分的に毛が生えてくることはあり得ます。再び脱毛するとなると費用がかかるところですが、RINX(リンクス)は永久80%OFF保証を設けています。割安料金で制限なしで脱毛できる、お得で安心な保証です。

※80%OFF保証の対象は、顔ヒゲ10回コース、ボディ・陰部8回コースが対象です。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

まとめ

髭剃りで起きるカミソリ負けやブツブツを防ぐには、正しい髭剃りとアフターケアが大切です。しかし、肌に負担をかけ続ける以上、肌荒れのリスクは避けられません。

髭脱毛をすれば、毛を生やす細胞にダメージを与えて毛が生えにくくなります。髭剃りの頻度が落ちる結果、肌荒れは徐々に改善していくでしょう。

メンズ脱毛専門のRINX(リンクス)は、肌に負担をかけず、痛みも少ない男性専用のオリジナル脱毛機を使用しています。

ぜひ一度、無料カウンセリングにお越しいただき、肌荒れの悩みや脱毛の疑問をご相談ください。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11850

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX RINX リンクス