剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

ひげ太郎 ライターひげ太郎

その他

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

クリニックの医療レーザー脱毛や脱毛サロンの光脱毛の施術を受ける際、必ずスタッフから事前に脱毛部位の剃毛をしておくようにお願いされます。

普段ムダ毛処理をする習慣がない男性にとって、剃毛は面倒だったり、やりにくい部位はどうすればいいのかわからなかったりします。

そこで今回の記事は、脱毛をする上で剃毛が必要な理由や、剃毛をする際のポイントについて部位別で解説します。

10月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

脱毛前に剃毛すべき理由

脱毛をする際、どのクリニックや脱毛サロンでもスタッフから事前に剃毛しておくようにお願いされます。

もし剃毛をせずにクリニックや脱毛サロンに行った場合、施術を断られたり剃毛代が発生したりします。

脱毛の施術をするのに剃毛をする必要があるのはどうしてでしょうか?

 

脱毛効果を高めるため

クリニックや脱毛サロンの脱毛は、脱毛機の光を毛に反応させ、毛を生やす毛根の細胞に熱を送ることでダメージを与える仕組みです。毛が長いと脱毛機の光が分散されて毛根の細胞に充分なダメージが与えられないため、脱毛効果が減少します。

脱毛効果が減少してしまうと勿体ないので、効率的な脱毛のためにも脱毛部位の剃毛は忘れないようにしましょう。

 

施術後の肌のトラブルを防ぐため

脱毛機の光は毛に反応させて熱を発生させるので、熱を持った長い毛が肌に伝わり、火傷(やけど)などの肌トラブルが起きる恐れがあります。特に乾燥肌や肌が荒れている男性は痛みが強くなりがちです。

 

剃毛ができていない状態でも、回転率を上げるために脱毛機の出力を下げて照射をするクリニックや脱毛サロンもあります。十分な出力がなければ脱毛効果も減少するので、事前の剃毛はとても重要です。

 

脱毛前の剃毛のポイント

効率的で安全な脱毛のためにも施術前の剃毛が重要だということがわかりました。とはいえ、「実際にどのように剃毛すればいいの?」「脱毛効果を高めるために深剃りした方がいいの?」という疑問を持つ男性もいるのではないでしょうか。

ここでは剃毛するための道具や剃毛のポイントを解説します。脱毛当日にスムーズな施術ができるようにしておきましょう。

 

シェーバーやカミソリを使う

毛抜きやブラジリアンワックスなどでムダ毛を根元から処理してしまうと、施術時に脱毛機の光を反応させる毛が無くなるため、毛根の細胞に熱を送ることができません。脱毛効果が得られないため、施術自体を断られてしまいます。

剃毛をする際は、電気シェーバーやカミソリを使用しましょう。

 

つるつるになるまで剃る必要はない

ある程度短く剃毛し、剃り残しがなければ施術に問題はありません。無理に深剃りしようとすると肌に負担がかかり、カミソリ負けや毛嚢炎の原因になるため注意が必要です。

肌に傷や炎症があると施術できないので、皮膚が薄い部位は特に気をつけて剃毛しましょう。

 

剃毛後はしっかりと保湿する

脱毛部位の肌荒れや乾燥がひどい場合、施術を受けられなくなる恐れがあります。クリニックや脱毛サロンによっては、1回分のコースが消化扱いになったり、キャンセル料が発生したりします。

剃毛後は化粧水やボディクリームで保湿をして肌荒れを防ぎましょう。

 

※RINX(リンクス)では、キャンセル料などのペナルティは発生しませんのでご安心ください。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

 

【部位別】メンズの剃毛のやり方

次に、剃毛の仕方について部位別で解説します。

カミソリで剃毛する場合は、シェービング剤を塗って肌を保護しましょう。電気シェーバーで剃毛する場合、肌にフィットしやすいI字型の産毛用シェーバーがおすすめです。

ムダ毛が長く伸びたまま剃毛すると、刃に毛が引っかかり皮膚や毛穴に負担がかかるため、あらかじめハサミなどで短くカットしておきましょう。

 

上半身の剃毛方法

上半身の剃毛をする際のポイントを部位別にまとめました。上半身の皮膚は薄いため、力を入れすぎないよう少しずつ剃毛するのがコツです。

剃毛後は刺激を受けて敏感になっている肌を鎮静させるため、ボディクリームやローションで保湿をしましょう。

 

部位 剃毛のポイント

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

毛の流れに沿って剃毛します。ひじ周辺の剃毛はひじを曲げた状態で行うと剃り残しを防げます。
肩・胸

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

皮膚が薄い部位なので、毛流れに沿って少しずつ丁寧に剃毛しましょう。

特に鎖骨周辺は凹凸が多いため、肌を傷つけないよう注意が必要です。

背中

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

鏡で確認しながら剃毛しましょう。持ち手の長い背中用のシェーバーもおすすめです。

無理に処理しようとせずに手が届く範囲に留めておきます。

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

毛量が多い部位なので、刃に絡まった毛をこまめに払いながら剃毛しましょう。皮膚のシワが多いため、脇をしっかり開いた状態で行うと剃り残しを防げます。

 

下半身の剃毛方法

下半身の剃毛をする際のポイントを部位別にまとめました。下半身の毛量が多い男性は、入浴をして皮膚やムダ毛を柔らかくしておくと剃毛がしやすく、肌への負担も軽減できます。

凹凸のある部位は、皮膚を伸ばして平らな状態にしてから剃毛を行うことで剃り残しや肌トラブルを防げます。

剃毛後は刺激を受けて敏感になっている肌を鎮静させるため、ボディクリームやローションで保湿をしましょう。

 

部位

剃毛のポイント

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

脚の裏側は椅子などに座って剃毛するとやりやすいです。

ひざ周辺の毛を剃る際は、骨が近く凹凸がある部位なので皮膚を伸ばして平らにしてから剃毛しましょう。脚の指の毛は指を折り曲げた状態で剃ります。

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

皮膚が薄い部位のため、毛流れに沿って少しずつ丁寧に剃毛します。

特にへそ周りの毛は生えている方向がバラバラなので、肌を傷つけないよう毛流れを確認しながら剃毛しましょう。

お尻

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

鏡でお尻を確認しながら、内側から外側に向かって剃毛しましょう。

 

VIO(デリケートゾーン)の剃毛方法

毛量が多く皮膚が薄いため、剃毛をするのに手間と時間がかかる部位です。雑に剃毛をしてしまうと毛穴に雑菌が入り毛嚢炎になったり、色素沈着になったりするので丁寧に行う必要があります。

入浴をして皮膚やムダ毛を柔らかくしておくと剃毛がしやすく、肌への負担も軽減できます。

剃毛後は刺激を受けて敏感になっている肌を鎮静させるため、ボディクリームやローションで保湿をしましょう。

 

部位

剃毛のポイント

Vライン

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

Vラインは骨盤の高さから足の付け根までの三角形の範囲が対象です。毛流れに沿って少しずつ丁寧に剃毛しましょう。
Iライン

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

Iラインは男性器からOラインの手前までの範囲が対象です。

鏡を床に置き、しゃがんだ状態で毛流れに沿って少しずつ丁寧に剃毛します。シワが多い部位は、皮膚を引っ張りながら内側から外側に向かって剃毛しましょう。

Oライン

剃毛は脱毛前に必須!自己処理の方法やポイントを部位別に解説

鏡を床に置き、しゃがんだ状態で毛流れに沿って少しずつ丁寧に剃毛します。お尻を外側に抑えながら内側から外側に向かって剃毛しましょう。

 

剃毛をするときの注意点

前の章で上手く剃毛するためのコツを部位ごとに解説しましたが、どの部位にも共通する注意点があります。

ここでは、剃毛をするときに気を付けておきたいポイントについて解説します。スムーズに脱毛を進めるためにも、剃毛する際の注意点について把握しましょう。

 

逆剃りしない

カミソリで剃毛する際は、毛流れに沿って刃を滑らせながら剃りましょう。逆剃りをすると刃が毛を引っ張りながら剃るため、皮膚や毛穴に負担がかかり肌トラブルの原因になります。

剃毛のコツは、圧力をかけすぎないように注意しながら、なるべく一度のストロークで剃ることです。髭や陰部などの毛は生える方向がバラバラなので、毛並みに沿って少しずつ剃りましょう。

 

日焼けをしない

脱毛機の光は、毛に含まれる「メラニン色素」に反応するため、肌の色が黒いと皮膚にも光が反応してしまいます。光のエネルギーが分散されて脱毛効果が落ちるだけではなく、強い痛みが生じ、火傷(やけど)など肌トラブルが起きる原因になります。

 

日焼けがひどいと安全のために施術を断られる可能性が高いです。脱毛中は日焼け止めクリームや帽子をかぶるなどして、日焼け対策をしましょう。

 

毛抜きで処理しない

毛の根元から処理をすると脱毛機の光に反応させる毛が無くなり、脱毛効果が出ません。脱毛の施術も断られる可能性が高いので、剃毛する際は毛抜きやワックスで処理をしないように注意しましょう。

 

また無理に毛を引き抜く処理方法なので、毛穴や皮膚に負担がかかり、埋没毛や毛嚢炎になるリスクがあります。

もし毛抜きやワックスで自己処理をした場合は、3~4週間ほど期間を空けてから施術を受けましょう。

 

脱毛前の下準備はカウンセリングで!

クリニックや脱毛サロンによって異なりますが、カウンセリングの所要時間は1時間~2時間が目安です。

カウンセリング時に質問される内容は以下です。

チェックポイント!

  • 自己処理の方法
  • 自己処理を始めた年齢
  • 脱毛したい部位
  • 脱毛経験の有無
  • 毛や肌の悩み
  • 薬の服用や持病の有無

 

カウンセリングでは脱毛方法や仕組み、脱毛のリスクなどの説明があります。ムダ毛の悩みや脱毛に関する疑問や不安があれば、スタッフに伝えて解決しておきましょう。

肌の状態や持病、薬の服用の有無などは安全な脱毛ができる状態か確認するための項目なので、正確な情報を伝えることが大切です。

 

自力で脱毛の情報を収集するより、カウンセリングを受けてスタッフに相談するほうが正確な情報が得られるため、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。

RINX(リンクス)は、脱毛経験のある男性スタッフのみが在籍し、一人一人の悩みに寄り添ったカウンセリングで信頼を得ている男性専門の脱毛サロンです。

カウンセリングやパッチテストはいつでも無料で、相談だけでも歓迎です。全国にある店舗のカウンセリングルームはすべて個室のため、人目を気にせず落ち着いた空間で相談できます。

メンズ脱毛の口コミ・体験談はこちら

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

まとめ

脱毛効果を高め、安全な施術をするためにも事前の剃毛は必須です。毛抜きやワックスで毛を根元から抜いてしまうと脱毛効果が出ないので、カミソリや電気シェーバーで剃毛しましょう。

 

RINX(リンクス)では、自己処理が難しい部位はスタッフが電気シェーバーを使用し、無料で処理します。無理な剃毛で肌が傷ついていたり、炎症やひどく乾燥していたりする状態では照射ができない可能性があります。

脱毛や剃毛のことでご不明な点はカウンセリングで気軽にご相談ください。

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11848

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX RINX リンクス