ひげ太郎 ライターひげ太郎

その他

中学生のムダ毛処理に有効な方法は?肌に優しい処理をしよう

小学校高学年から中学生になると、体が子どもから大人になっていくための「第二次性徴期」という時期が始まり、ホルモンバランスが変わります。

第二次性徴期に入ると、今まで生えていなかったワキや陰部に毛が生え始め、産毛だったはずの腕や足の毛が濃くなってきます。

するとプールや体育の授業で肌を露出した時や夏場に半袖を着た時に、女子からの印象や周りの反応、友達と自分の毛の量と比べて気になり、毛の処理を始める男子中学生が多いです。

実際にインターネットやSNSでムダ毛処理について調べたことがある男子中学生は多いのではないでしょうか?

しかし、肌に負担のかかる方法で毛を処理しているとニキビができたり、肌が荒れてヒリヒリ痛くなったりして肌が汚くなってしまいます。

そこで今回はムダ毛に悩む男子中学生に向けて、肌に優しいムダ毛処理の方法をお伝えしていきます。

1月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

中学生から脱毛を始めるメリット

中学生から脱毛を始めることのメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

 

自己処理による肌ダメージがなくなる

中学生からカミソリや毛抜きでムダ毛処理をしていると、皮膚や毛穴にダメージが貯まって肌が黒ずんだり、炎症が起きたりして肌がボロボロになってしまいます。

脱毛をすると自分でムダ毛処理をしなくて済むようになるので、カミソリ負けや肌が黒ずむことが無くなります。

また、毛根の細胞から処理をするので、カミソリや電気シェーバーで処理をした後のように毛穴から見える黒いブツブツが残りません。

 

プールや体育の授業で体毛が気にならない

学校生活で避けて通れないプールの授業や、体育の授業で半袖半パンになった時でも脱毛をしていれば友達にムダ毛をからかわれることがなくなります。

また、遊びに行く時でも好きな服を着られるので、ムダ毛を気にすることなくファッションを楽しむことができます。

 

中学生から脱毛を始めるデメリットはある ?

では、中学生の子どもが脱毛をすることにデメリットはあるのでしょうか?

 

脱毛中は日焼けができない

脱毛機の光は黒い毛に反応するため、日焼けで肌が黒くなってしまうと火傷や肌トラブルの原因になってしまいます。

痛みも大きくなってしまうので、施術ができないことがあります。

夏場は日焼け止めクリームを塗るなどして、日焼けしないように気を付けましょう。

 

またムダ毛が生えてくる可能性がある

中学生は子どもから大人になるための「第二次性徴期」が始まる年頃です。

高校生や大学生くらいになって第二次性徴期が終わり、ホルモンバランスが整ってくると、脱毛でキレイにしてもまたムダ毛が生えてくる可能性があります。

 

中学生でムダ毛処理の処理は必要?

男子中学生の7割近くがムダ毛を気にした経験があるようで、ムダ毛が気になり始めた時期と、ムダ毛の処理状況に関するアンケート結果がこちらです。

 

引用:https://lab.testee.co/hair-removal-2019

夏場の体操服や部活での肌の露出や、プールの授業でムダ毛に悩む男子中学生が多いようです。

 

男子中学生が自分でできるムダ毛処理の方法

男子中学生でも簡単にできるムダ毛処理の方法をご紹介します。

お金をかけずにできる方法や、両親に相談して機械を買ってもらって処理する方法があります。

それぞれのメリット・デメリットや特徴をチェックしてみましょう。

 

カミソリ

コンビニでも300円くらいから購入できる手軽なカミソリですが、中学生の柔らかい肌にカミソリの刃を当て続けていると肌の色が黒ずんできたり、カミソリ負けが起きたりすることが多いです。

肌に黒ずみができてしまうと、中々元の肌の色に戻らないので注意が必要です。

カミソリを使う場合は

・刃が4~5枚付いている

・刃にセーフティーガードが付いている

・カミソリのヘッドに石鹸が付いている

このようなカミソリを使うと肌荒れしにくいです。

 

 

毛抜き

100均でも購入できるのと、持ち運びしやすいサイズで手軽に使えるアイテムです。

毛を1本ずつ毛抜きでつまんで引っこ抜く方法なので、広い範囲のムダ毛を処理するには向いていません。

また、毛を無理に引っ張り抜くので毛穴と皮膚への負担が大きく、ニキビのような膿が溜まる出来物ができたり、毛が皮膚の中で埋もれたまま伸びて「しこり」になったりする肌トラブルが起きやすい方法です。

 

除毛クリーム

ドラッグストアや通販で1,000円くらいから購入できる除毛クリーム。

ムダ毛処理したい箇所に除毛クリームを塗って、しばらく放置したあと水で洗い流すだけで毛のないツルツルの肌になれます。

簡単に出来る方法ですが、除毛クリームの成分で毛を溶かしてムダ毛処理する方法なので肌ダメージが大きいです。

中学生の柔らかい肌に使ってしまうと炎症が起きてヒリヒリしたり、乾燥して痒くなったりする可能性があります。

 

電気シェーバー

中学生が肌に負担を掛けずにムダ毛処理をするなら、電気シェーバーを使うことをおすすめします。

1,000円くらいから家電量販店やドラッグストアで購入できますが、安すぎると刃が毛に引っかかってうまく剃れないことがあります。

3,000円くらいの電気シェーバーを選ぶとよいでしょう。

また、刃が付いているヘッドの部分がスイングするものだと肌にフィットするので剃りやすいです。

 

抑毛ローション

抑毛ローションは、ドラッグストアや通販で2,000円くらいから購入できます。

毛の成長を抑える成分が入っている化粧水で、保湿作用もあるので毎日のスキンケアアイテムとしても使えます。

毛をツルツルに無くすことはできませんが、毛が薄くなったり、毛が伸びるのが遅くなったりする効果が期待できます。

ただ、3カ月以上は毎日使い続けないと効果が実感できないのと、必ずしも自分に効果が出るとは限らないのは難点です。

 

家庭用脱毛器

自宅でできる脱毛器で、家電量販店や通販で60,000円くらいから購入できます。

特殊な光を当ててムダ毛処理をする方法ですが、脱毛サロンで使っている機械よりパワーが小さいので、定期的に何度も光を当てる必要があります。

また、一度毛が薄くなっても照射をやめるとまた毛が生えてくる可能性がありますが、

カミソリや毛抜きのように肌や毛穴への負担が少なく、毛が薄くなっている間は自己処理をしなくて済みます。

中学生のお小遣いで買うのは難しいので、家庭用脱毛器でムダ毛処理をしたい場合は、両親に相談してみましょう。

 

 

費用 メリット デメリット
カミソリ 簡単に剃れる 2~3日でまた生える
カミソリ負けしやすい
毛抜き

カミソリより長持ちする
持ち運びしやすい
肌荒れしやすい
肌と毛穴負担が大きい
2週間くらいでまた生える
除毛クリーム その場で毛がなくなる 2~3日でまた生える
皮膚も溶けるので肌荒れしやすい
電気シェーバー 肌に優しい 2~3日でまた生える
抑毛ローション スキンケアも同時にできる 効果が出るまで時間がかかる
脱毛はできない
家庭用脱毛器 自宅で脱毛ができる
好きな時間にできる
永久脱毛ではない
定期的に照射しないと元に戻る
回数と期間がかかる
他の方法よりコストがかかる痛みがある

サロンやクリニックでメンズ脱毛を受ける

自分でムダ毛処理をする場合は手が届く範囲に限ってしまいますし、また生えてくるので何度も繰り返し処理をする必要があります。

一方、エステサロンやクリニックで受けられる脱毛は、毛を生やす細胞に特殊な光を当ててムダ毛が生えてこないようにする方法です。

自分でムダ毛処理をすることで起きていた肌ダメージが無くなるので、毎日のように悩まされていたムダ毛や肌荒れが解決されます。

脱毛に通いたい場合はある程度のお金が必要なので、両親に相談してみましょう。

 

 

中学生が脱毛をするならサロンかクリニックどっちがいいの?

クリニックで受けられるレーザー脱毛は、中学生の成長期の肌にはパワーが強いかもしれません。

大人の肌でもしばらく赤みや痒みが出ることがあります。

料金もサロンよりクリニックの方が高いところが多く、痛みが大きいのでサロンで脱毛を受けている男子中学生の方が多いです。

また、脱毛サロンの機械には美肌効果が期待できる作用もありますので、肌の調子を整えながら脱毛ができます。

中学生には、肌に優しい脱毛サロンがおすすめです。

 

中学生でも安全なRINX(リンクス)の脱毛

RINX(リンクス)では、中学生を含む学生の男性のお客様もたくさんいます。

次に、中学生が最初にメンズ脱毛を受ける時の流れをご紹介します。

 

中学生の脱毛の流れ

予約

電話かWEB上からカウンセリングの予約をします。

カウンセリングは無料で、ご本人からの予約でもOKです。

 

来店

特に持ち物は必要ありませんが、当日申し込みと施術を希望される場合は保護者のサインと押印がされている「親権者同意書」が必要です。

事前に準備されるか、当日保護者の方と一緒にご来店ください。

 

無料カウンセリング

個室のカウンセリングルームで脱毛の仕組みや説明をします。

脱毛したい部位や、毛の量をどこまで減らしたいのか、ムダ毛の悩みや不安点、疑問点を伝えましょう。

RINX(リンクス)のスタッフは全員男性なので、気軽にご相談ください。

 

パッチテスト

パッチテストを希望される方は脱毛がどんなものか、痛みがあるのか無料で体験できます。

パッチテストは着替えはせずに、服を着たまま施術ルームで受けてみたい部位を照射します。

保護者の方も一緒に施術ルームでパッチテストの体験をしていただけます。

RINX(リンクス)のオリジナル脱毛機は痛みが少なく、15段階のパワー調節ができるので中学生の肌でも安全に脱毛することができます。

効果が高く痛くない脱毛機はこちら

 

アフターカウンセリング

中学生が安心して受けられる脱毛プランをご提案します。

脱毛の申し込みをされる場合は「親権者同意書」にサインしていただき、次回脱毛のご予約をします。

 

中学生にはRINX(リンクス)の学割プランがお得

中学生を含む学生の男性ならRINX(リンクス)の学割コースがおすすめです。

顔ヒゲ、ボディ、陰部の全部位がお得に脱毛できます。

さらに卒業後も無期限・無制限で80%OFFの値段で脱毛を受けられます。

第二次性徴期が終わってまたムダ毛が生えてきたときや、30代になる頃にもホルモンバラスが変わるのでムダ毛が濃くなる可能性があります。

そんなときでも、80%OFFの値段でずっと脱毛できるから安心です。

また、コースには期限がないので何度か脱毛を進めて体毛が薄くなれば残りの回数を残しておいて、また体毛が気になりだした時に脱毛を再開することもできます。

RINXの学割をチェック<<<

 

まとめ

自分のお小遣いでできるムダ毛処理の方法や、両親に相談してできるムダ毛処理の方法をご紹介してきました。

子どもの頃からカミソリなどで自己処理を繰り返すことは、肌にダメージが貯まっていくので皮膚が硬くなったり、肌トラブルが絶えなかったりするのであまり良いことではありません。

また、自己処理の刺激によって身体を守ろうとする働きによって体毛が濃くなる可能性があります。

どうしてもお金をかけられない場合は、夏場の間だけ自分でムダ毛処理をして、大人になってから脱毛でキレイにすると良いでしょう。

メンズ脱毛は中学生や成長期の子どもが受けて身体的な影響を及ぼしたという事例はなく、科学的に安全とされています。

脱毛をすることで自分に自信がつき、ファッションも楽しめるので学生生活をより豊かにすることができます。

将来的にも早いうちから脱毛を始めることで無駄になることはありませんので、一度カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 8732

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX