男子高校生の青髭対策をご紹介!髭を薄くする方法とは?

男子高校生の青髭対策をご紹介!髭を薄くする方法とは?

「毎日の髭剃りでいつも肌が荒れていて困ってる」

「青髭が悩みで髭脱毛したいけどまだお金をかけられない。

なにかいい方法はないのかな…」

「毛抜きで髭を抜いていたら肌が汚くなった。

髭を薄くする方法が知りたい」

男子高校生は、第二次性徴期真っ最中で

髭が生え始め、産毛だった毛が濃くなって目立ち始める時期です。

女子からの目線が気になったり、友達の髭や体毛の濃さと比べて悩んでしまったりしていませんか?

 

「自分なりに頑張って髭剃りしているけど、肌が荒れてしまう。

髭脱毛をしたいけど、まだそこまでお金をかけられない…」

そんな男子高校生に向けて、今回はお金をかけずに髭を薄くする方法、カミソリ負けなどの肌荒れ対策について解説していきます。

また、気軽に始められる学生限定の「学割脱毛」についても少しご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

9月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

髭が濃くなる理由

高校生の年齢である16~18歳は「第二次性徴期」といって男性ホルモンの分泌が増える時期になります。

早い人で小学校高学年から始まりますが、髭や体毛が濃く太くなり、声変わりが始まって体つきも筋肉質になっていきます。

父親や兄弟、祖父が毛深い場合は遺伝の可能性が高いですが、食生活や生活習慣を改善することで、髭が濃くなるのをある程度防げる可能性があります。

次の項目でその根拠、髭を薄くする方法について解説していきます。

髭が濃くなる原因は?薄くする方法や対策について紹介!

男性の身だしなみとして欠かせない毎朝の髭剃りですが、カミソリやシェーバーで満足に処理す...

 

 

髭を薄くする方法

では、髭を薄くするために今日からできる方法をご紹介いたします。

髭や体毛が濃くなる原因には男性ホルモンが関係していて、男性ホルモンの分泌量を増やさないことが大切です。

ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンより男性ホルモンが優位になると体毛が濃くなる可能性が出てきます。

 

ここでは、ホルモンバランスを整える生活習慣についてご紹介いたします。

完全に無くすことはできませんが、毎日の積み重ねで少しずつものなので、ぜひ習慣として取り入れてみてください。

 

バランスのいい食事をする

偏った食生活をしていると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

特に肉類(動物性たんぱく質)、油っこい食べ物は男性ホルモンの分泌を促進するといわれているので、食べ過ぎには注意です。

緑黄色野菜・きのこ類・大豆製品を多くとることを意識しましょう。

参考

https://www.angfa.jp/karada-aging/practice/shokuji23/

 

夜更かしをしない

夜遅くまでスマホをいじったり、ゲームに夢中になったりしている男性高校生は多いのではないでしょうか?

午後10時~午前2時は睡眠のゴールデンタイムと言われており、ホルモンの分泌や細胞の再生が活発になる時間帯です。

 

高校生に必要な睡眠時間は8時間が理想ですので、なるべくこの時間帯に睡眠をとっておくことをおすすめします。

睡眠不足が続くとホルモンを分泌している自律神経(交感神経と副交感神経)が乱れるため、結果的にホルモンバランスが崩れてしまいます。

寝る前のスマホはブルーライトの光が良質な睡眠の妨げになりますので、寝る1時間前には見るのを控えておきましょう。

 

ストレスをためない

ストレスを感じるとストレスを体から守るために副腎から「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。

慢性的にストレスを感じていると副腎が疲労するため、コルチゾールの分泌量が低下してホルモンバランスが崩れてしまいます。

適度な運動をしたり、趣味に没頭したりして上手にストレス発散をしましょう。

参考

https://otonanswer.jp/post/14863/

 

サプリメントをのむ

女性ホルモンは男性にも存在するホルモンですが、髭や体毛が成長するのを抑える働きがあります。

この女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」や「プレラリアミリフィカ」などのサプリをのむも有効です。

 

抑毛ローションを使う

ムダ毛の成長を抑制する「大豆イソフラボン」「パイナップル成分」「ザクロエキス」などの成分が配合されている化粧水です。

3ヶ月以上使用しないと効果を実感しにくいのが難点ですが、毎日のスキンケアアイテムとしても使用できます。

 

家庭用脱毛器を使う

20,000円~70,000円くらいするのである程度の費用がかかってしまいますが、家電量販店やネットで家庭用脱毛器を購入して脱毛する方法があります。

脱毛店に通わず自宅で光脱毛やレーザー脱毛ができますが、脱毛店の機械に比べるとかなりパワーが抑えられているので、脱毛効果を実感するまでに回数と期間がかかります。

また、髭はボディの毛より硬くて太いので効果が出にくく、多少薄くなってきたとしても照射を止めると元通りになってしまう可能性が高いです。

 

髭処理のNG行為

毛抜きで髭を抜く

毛抜きで無理に髭を抜いてしまうと毛穴が開いてそこから雑菌が入り、ニキビや膿がたまる毛嚢炎、皮膚の中で髭が埋もれる埋没毛という肌トラブルが起きるリスクがあり、肌が汚くなってしまいます。

「青髭が気になる」「髭の本数が少ないから」といって毛抜きで髭を抜くのは厳禁です。

 

除毛クリームを使う

除毛クリームは「チオグリコール酸塩」という体毛を溶かす成分で除毛するアイテムです。

クリームを塗って体毛が溶けてから水で洗い流すだけなので簡単ですが、ムダ毛と一緒に皮膚にもダメージが大きくかかってしまうので、かゆみや炎症が起きやすいです。

 

また、髭処理に除毛クリームをすすめるサイトや動画がありますが、顔に使用できる除毛クリームは存在しません。

皮膚がかぶれて大変なことになってしまうので、顔への使用は止めましょう。

 

正しい髭剃りで肌荒れを防ごう

毎朝なんとなく洗顔してそのままカミソリや電気シェーバーで髭を剃っていませんか?

正しい手順で髭剃りをすることで、ニキビやカミソリ負けなどの肌トラブルを防ぐことができます。

 

STEP1:洗顔をして肌を清潔にする

まず洗顔をして、寝ている間に分泌された皮脂汚れやホコリを洗い流して肌を清潔な状態にします。

 

STEP2:髭と肌を温める

髭を剃る前に蒸しタオルなどで髭と肌を温めて柔らかくしておきます。

そうすることで髭が刃に引っかかったり、皮膚が引っ張られたりしなくなるので肌や毛穴の負担を軽減できます。

蒸しタオルは、濡らしたタオルを電子レンジで1分くらい温めるとできあがります。

 

STEP3:シェービング剤を塗る

カミソリでの処理は、髭と一緒に角質も少なからず削り取られてしまいます。

シェービングフォームやジェルを塗っておくことで髭が柔らかくなるので肌への負担を軽減し、肌トラブルを防ぐことができるので必ず使用します。

 

洗顔料や石鹸の泡は肌を保護するアイテムではなく、汚れを除去する成分が入っているので乾燥したりつっぱったりするリスクがあるのでおすすめできません。

敏感肌・乾燥肌の方には保湿成分が入っているシェービングジェルがおすすめです。

また、電気シェーバーを使用する場合はプレシェーブローションを塗ります。

 

STEP4:髭を剃る

シェービング剤を塗ったら髭を剃っていきます。

使用するカミソリは、セーフティーガードが付いている5枚刃など複数刃のカミソリの方が、余計な力を入れずに剃れるのでおすすめです。

 

電気シェーバーを使用する場合は逆剃りが基本ですが、カミソリを使用する場合は毛流れに沿って剃っていく「順剃り」で処理し、剃り切れなかった部分を毛流れと逆方向から剃っていく「逆剃り」で処理していきます。

何度も同じ箇所に刃を当てず、なるべくワンストロークで剃り切った方がカミソリ負け防止になります。

 

STEP5:スキンケアで肌を鎮静

シェービング剤を洗い流したら化粧水で肌に水分を補給し、水分の蒸発を防ぐために乳液・クリームで蓋をします。

髭剃り後は目に見えない小さな傷ができて肌が敏感な状態になっているので、スキンケアで肌を鎮静させてあげましょう。

髭剃りで肌荒れが起きる原因とは?正しい処理で解決しよう

カミソリ負けで毎日のように肌に赤みが出ていたり、ニキビが中々治らなかったりしていません...

 

 

髭脱毛なら効率よくキレイになれる

髭を薄くする方法ご紹介してきましたが、いずれの方法も髭が薄くなる効果を実感するまでにかなりの時間がかかってしまいます。

また、カミソリなどを使用した自己処理はどの方法でも肌への負担が蓄積されますし、キレイに剃っても翌日にはまた髭が伸びて生えそろってしまいます。

 

ある程度の費用が必要にはなってきますが、脱毛サロンや脱毛クリニックで髭脱毛をしてしまえば青髭やカミソリ負けの悩みから解放されるのでおすすめです。

学生限定の「学割コース」がある脱毛サロンであれば、通常より安くて始めやすい料金で脱毛をすることができます。

 

高校生が脱毛する時の注意点

脱毛中は日焼けができない

脱毛機の光は黒い毛に反応するため、日焼けで肌が黒くなってしまうと火傷や肌トラブルの原因になってしまいます。

脱毛効果が低くなり、痛みが大きくなってしまうので、施術ができない場合があります。

夏場は日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさしたりして、日焼けしないように気を付けましょう。

 

またムダ毛が生えてくる可能性がある

高校生は子どもから大人になるための「第二次性徴期」の年頃です。

大学生くらいまでに第二次性徴期が終わってホルモンバランスが整ってくると、脱毛でキレイにしてもまたムダ毛が生えてくる可能性があります。

 

まとまったお金が必要

脱毛を始めるとなると、脱毛料金が必要になってきます。

未成年の場合は親権者のサインと押印がしてある「親権者同意書」が必要です。

 

高校生から脱毛を始めるメリット

高校生から脱毛を始めることのメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

 

自己処理による肌ダメージがなくなる

高校生からカミソリや毛抜きでムダ毛処理をしていると、皮膚や毛穴にダメージが貯まって肌が黒ずんだり、ニキビが繰り返しできたりして肌がボロボロになってしまいます。

脱毛をすると自分でムダ毛処理をしなくて済むようになるので、カミソリ負けや肌が黒ずむことが無くなります。

 

青髭から解放される

毎日丁寧に深剃りしても無くならない青髭に悩んでいませんか?

髭脱毛は毛根にある髭を生やす根本原因の細胞に光を当てて、髭が生えてこないように処理をしていきます。

照射を繰り返すうちに段々髭が細く柔らかくなっていき、最終的に青髭から解放され顔色が明るくなります。

 

高校生には肌に優しい光(フラッシュ)脱毛が安全

RINX(リンクス)では光(フラッシュ)脱毛という肌に優しい光で毛根の細胞にアプローチし、ムダ毛を生えにくくしていく方法で脱毛を進めていきます。

 

使用している国産の脱毛機は男性専用のオリジナルで、未成年の高校生・敏感肌の男性でも安全に施術ができる仕様になっています。

通常の脱毛機器より特大サイズの冷却装置を搭載しているので、肌への負担や痛みが少なく快適に脱毛を受けていただけます。

効果が高く痛くない脱毛機はこちら

 

こちらの写真は、RINX(リンクス)で髭脱毛を受けた男性のビフォーアフター写真です。

たった5回の施術で青髭、肌荒れが解消して肌の色が明るくなってツヤが出ていますね。

光(フラッシュ)脱毛には美肌効果が期待できる作用もあるので、肌のキメを整えながら脱毛ができます。

脱毛ビフォーアフターを見る

メンズ脱毛の口コミ・体験談はこちら

 

男子高校生にはRINX(リンクス)の学割プランがお得

高校生を含む学生の男性ならRINX(リンクス)の学割コースがおすすめです。

髭、ボディ、陰部の全部位がお得に脱毛できます。

さらに卒業後も無期限・無制限で80%OFFの値段で脱毛を受けられます。

 

第二次性徴期が終わってまたムダ毛が生えてきたときや、30代になる頃にもホルモンバラスが変わるのでムダ毛が濃くなる可能性があります。

そんなときでも、80%OFFの値段でずっと脱毛できるから安心です。

 

また、コースには期限がないので何度か脱毛を進めて体毛が薄くなれば残りの回数を残しておいて、また体毛が気になりだした時に脱毛を再開することもできます。

カウンセリング・パッチテストは無料ですので、脱毛への疑問や不安などなんでも気軽にご相談ください。

RINXの学割をチェック<<<

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

 

高校生の脱毛の流れ

予約

電話かWEB上からカウンセリングの予約をします。

カウンセリングは無料で、ご本人からの予約でもOKです。

 

来店

特に持ち物は必要ありませんが、当日申し込みと施術を希望される場合は保護者のサインと押印がされている「親権者同意書」が必要です。

事前に準備されるか、当日保護者の方と一緒にご来店ください。

 

無料カウンセリング

個室のカウンセリングルームで脱毛の仕組みや説明をします。

脱毛したい部位や、毛の量をどこまで減らしたいのか、ムダ毛の悩みや不安点、疑問点を伝えましょう。

RINX(リンクス)のスタッフは全員男性ですので、気軽にご相談ください。

 

パッチテスト

パッチテストを希望される方は脱毛がどんなものか、痛みがあるのか無料で体験できます。

パッチテストは着替えをせずに、服を着たまま施術ルームで受けてみたい部位を照射します。

保護者の方も一緒に施術ルームでパッチテストの体験をしていただけます。

RINX(リンクス)のオリジナル脱毛機は痛みが少なく、15段階のパワー調節ができるので高校生の肌でも安全に脱毛することができます。

 

アフターカウンセリング

高校生が安心して受けられる脱毛プランをご提案します。

脱毛の申し込みをされる場合は「親権者同意書」にサインしていただき、次回脱毛のご予約をします。

RINXの学割をチェック<<<

 

 

まとめ

濃い髭や自己処理による肌荒れに悩む高校生にもできる対策方法をご紹介いたしました。

毛抜きで髭を抜いたり、カミソリで剃ったりを繰り返していると肌が傷んでしまうので埋没毛(埋もれ毛)、ニキビ、肌が黒ずむ色素沈着の原因になります。

自己処理の場合は深剃りしても青髭を無くすことはできませんし、またすぐに髭が生えてくるので毛穴と肌にダメージが蓄積されていきます。

 

ある程度の費用はかかりますが、将来的には脱毛をした方が髭を生やす細胞にアプローチできるので根本的な解決ができます。

RINX(リンクス)では高校生に人気のお得な学割コースが充実しています。

髭に悩み続けているなら、ぜひ検討してみてください。

PROFILE

ドクターの所属学会

・日本形成外科学会専門医
・日本美容外科学会(JSAPS)
・日本再生医療学会

ドクターの経歴

2006年 旭川医科大学 卒業
2008年 昭和大学 形成外科入局
2010年 千葉県救急医療センター 形成外科
2014年 コムロ美容外科 東京院院長
2015年 大手美容外科皮膚科クリニック院長
2015年 表参道ヘレネクリニック
2019年 同理事長
この監修者の記事一覧

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11835

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX RINX リンクス