ひげ太郎 ライターひげ太郎

その他

腹毛が濃い原因と男性が取るべき対策

服を着ている時は見えない「腹毛」ですが、プールや海、温泉に行くとなると、お腹の毛が生えている男性は人目が気になり行くことが億劫になってしまいますよね。

女性目線でも、男性の腹毛やへそ周りの毛に良いイメージを持っている人は少数派なので、お手入れしている男性が多いです。

特に近年では清潔感のあるジェンダーレスな男性が人気を博しているという背景や、価格が落ち着いてきたことなどがあり、男性向けの脱毛サロンで処理をされる方が増えています。

今回の記事では腹毛が濃くてお悩みの男性に向けて、自分でお手入れする方法や、おすすめの腹毛脱毛についても詳しく解説していきます。

 

9月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

腹毛はどうして生えるの?

男性のお腹周りに生えているムダ毛のことを、「腹毛」と言い、胸毛などの上半身の毛と合わせて、「ギャランドゥ」の通称で呼ばれることもあります。

男性らしさの象徴でもある反面、周囲の方に不快な思いをさせてしまうこともあり、非常に厄介な存在です。

女性を対象にしたアンケートでは、女性の約40%が腹毛を嫌がっているという結果も発表されています。

その理由には、「気持ち悪い」「不潔感がある」「生理的にムリ」といったような、厳しい言葉も見受けられました。

 

腹毛の役割

多くの人に不快な思いをさせてしまう腹毛ですが、実際には様々な役割があります。

腹毛の主な目的は、腹部の保護や身体の温度調節にあります。

デリケートなお肌を守り、身体の温度調節をスムーズに行うということが、一番の役割です。

男性の腹毛が生えるのは思春期以降のことですが、生え方には男性ホルモンの分泌量が大きく影響しています。

 

腹毛が生えやすい人

腹毛の生え方や濃さには個人差が見受けられます。

これには、体内で分泌される「男性ホルモン」の量が大きく影響しています。

「男性ホルモン」は、筋肉がつきやすくなる、行動力・意思決定・判断能力などが高まる傾向があると言われており、体内でプラスに作用することも多くあります。

しかし、男性ホルモンの分泌量が多いことで、ムダ毛が増えやすくなると言われています。

 

腹毛は遺伝する?生える原因は?

一般的に、「毛が濃くなる人は男性ホルモンの分泌量が多い」と言われていますが、男性ホルモンを減らしたからといって、必ずしも、ムダ毛の量が減るというわけではありません。

男性のムダ毛を増やしているのは、「悪玉男性ホルモン」と「5αリダクターゼ」という酵素です。

両者が体内で交わり反応し合うことで、ムダ毛が生えやすい状態に変化していきます。

男性ホルモンの分泌量が遺伝で決まることはありませんが、「5αリダクターゼ」の量は、遺伝が大きく影響しています。

「体毛の濃さは遺伝する」と言われることがあるのは、この点が理由ではないかと推測されます。

 

腹毛を自己処理する方法5つ

周囲の人に不快感を与えてしまうことがある腹毛は、どのように処理すれば良いのでしょうか?

ここでは一般的に用いられることが多い、代表的なムダ毛処理のアイテムを紹介します。

 

ハサミでムダ毛を切る

ハサミを用いたムダ毛の処理は、誤って肌を傷つけたり、炎症を起こして赤みを帯びるなど、さらなる肌のトラブルを引き起こす恐れがあります。

出来る限り、ハサミを使った処理は避けましょう。

 

カミソリを使う

カミソリはムダ毛の処理に幅広く使われる定番アイテムですが、必ずしも万能というわけではありません。

カミソリは、直接お肌に傷を付け、ダメージを与えてしまう恐れがあるだけではなく、肌の表面にある角質層まで削り取ってしまうと、肌の内部に含まれている水分が逃げてしまい、カミソリ負けや乾燥肌を引き起こすこともあります。

また、綺麗に処理できた場合であっても、しばらくするとまた腹毛は伸びてきてしまいます。

伸び始めの時期には、生えてきた毛が黒くブツブツと見えることもあり、清潔感が失われてしまいます。

カミソリは広く浸透し、手軽に行える腹毛処理アイテムでもありますが、処理後のトラブルには注意する必要があります。

 

シェーバーを使う

カミソリと同様に、シェーバーも簡単にムダ毛の処理ができる定番アイテムです。

刃物を直接肌に当てて毛を処理するため、肌に与えるダメージに注意する必要があります。

処理をしたときに肌の角質層まで削り取ってしまうと、乾燥や炎症などの肌トラブルを引き起こす恐れや、これまでよりも太く濃い質感のムダ毛が生えてくる恐れもあります。

シェーバーは優しく肌に当てるように使用し、使用後の保湿を欠かさず行いましょう。

 

毛抜きを使う

ムダ毛処理の定番アイテムとしてお馴染みの毛抜きですが、処理の際、毛穴を強く引っ張ることになるため、皮膚の中で毛が伸びてしまう埋没毛が発生するなど、肌にダメージを与えてしまいます。

また、毛を抜いた後には毛穴から細菌が入り込むことによって、さらなる肌トラブルを引き起こす恐れもあります。

手軽に行えるムダ毛処理方法ではありますが、さまざまなリスクを伴うため、あまりおすすめできる方法ではありません。

 

脱毛クリームを使う

近年では、「脱毛クリーム」をムダ毛処理に用いる男性も増えてきました。

塗ったままの状態をしばらく放置するだけで、ツルツルとした肌を手に入れられることもあり、幅広く支持を得ているアイテムです。

しかし、脱毛クリームには、皮膚やムダ毛の大部分を構成しているタンパク質を分解するための、強い成分酵素が含まれています。

そのため皮膚へのダメージもゼロではなく、肌荒れや、炎症による赤み・痛みを伴うケースもあります。

ツルツルとした肌で過ごすことができる点は魅力的ですが、肌に与える負担が大きいため、アフターケアを怠らず一定期間を空けて使用しましょう。

 

腹毛を減らす生活習慣

腹毛を減らすために、ムダ毛処理に併せて生活習慣の改善も同時に行うことで、さらなる効果を期待できます。

日々のムダ毛処理だけで十分な効果を得られないと感じる方は、次のような生活習慣の改善をおすすめします。

 

タバコを吸わない

タバコを吸うと、男性の体内にある女性ホルモンを破壊するため、結果として男性ホルモンが優位になってしまうこととなります。

男性の体内で男性ホルモンが優位になると、腹毛などのムダ毛を濃くさせてしまうことがあるため、ムダ毛を増やさないためには、出来る限りタバコを控えましょう。

 

睡眠時間を確保する

睡眠が足りていないと、体内では身体を守るために「副腎皮質ホルモン」という物質が分泌されます。

副腎の機能の中には男性ホルモン分泌機能も含まれているため、睡眠不足を続けていると、体内に男性ホルモンも分泌されます。

ムダ毛を減らすためには、毎日十分な睡眠時間を取ることも大事です。

 

バランスの良い食事

バランスの良い食事の摂取も、効果的な対策方法です。

現在、食生活が肉中心の場合は、野菜を中心にした食生活に切り替えるようにしましょう。

まず、にはタンパク質が多く含まれています。

動物性のタンパク質を過度に摂取すると、男性ホルモンの分泌量を増やすこととなり、ムダ毛を増やす原因となる可能性があります。

バランスの良い食生活を送るのがベストですが、女性ホルモンと似た働きをする「植物エストロゲン」が含まれている、豆腐や納豆といった大豆製品、亜麻仁油、ゴマなどを積極的に摂取するように心がけましょう。

 

ストレスフリーな生活をする

現代社会においてはなかなか難しいことでもありますが、出来る限りストレスのない生活を心がけましょう。

身体がストレスを受けると、身体を守るために副腎皮質ホルモンと男性ホルモンが分泌され、ムダ毛を増やす原因となる可能性があります。

ムダ毛が濃くならないようにするためには、趣味を見つけるなどして、なるべくストレスを溜めない生活を送る必要があります。

 

腹毛が濃くて悩んでいる男性にはメンズ脱毛がおすすめ

腹毛をサロンで脱毛するメリット

お腹は肌がデリケートな部位な上に範囲が広いので、自己処理の場合は時間がかかり、色素沈着など肌トラブルが起こりやすいです。

さらに丁寧に処理をしても、3日もすればまた腹毛が伸びてくるので服との摩擦で「チクチク」とした不快感が伴いますし、頻繁な処理と保湿ケアが必要です。

 

しかし脱毛サロンでの腹毛の脱毛施術を受けると、自身で毎日処理やアフターケアをする必要がなくなります。

そのため、時間をより有意義に使えることや、処理を終えた後に生えてくる細かいムダ毛による摩擦や、チクチクとした痛みから解放されることが主なメリットとして挙げられます。

 

RINX(リンクス)のメンズ脱毛でコンプレックスが解消されたお客さまの声を掲載していますので、ぜひご覧になってください。

メンズ脱毛の口コミ・体験談はこちら

脱毛ビフォーアフターを見る

 

光脱毛とは?

脱毛サロンでの施術は、光脱毛によって行われます。

「光脱毛」は、ムダ毛を生成する働きをする細胞「毛乳頭」に光を当て、毛が再生しにくい状態に変化させる施術方法です。

毛根の奥深くにある毛乳頭を毛が生えにくい状態に変化させるためには、「成長期」のムダ毛に適量の光を当てる必要があります。

その理由は、成長期の毛は毛根まで切れずにつながっており、毛乳頭に十分な光を与えることができるためです。

しかし、光脱毛の効果が最も高く発揮される成長期のムダ毛は、体内全体のおよそ3分の1程度と言われています。

このような背景から、脱毛施術は1回では終わらないのです。

 

腹毛脱毛は何回必要?

一般的には、毛が生え変わる2ヶ月ごとに「毛周期」に合わせた光の照射が必要で、満遍なく毛根に光を当てるまでは、継続して施術に通う必要があります。

ムダ毛の量や毛質・体質によって個人差はありますが、目安の回数や施術を受ける間隔の目安を一覧にしたので、参考にしてください。

 

効果を実感 減毛完了 ツルツル 施術の間隔
1~3回 6~8回 10~15回 5~7週間

 

施術時間は、照射前の消毒などの準備から照射後のスキンケアまでを含めて20分ほどで終わります。

光脱毛は痛みが少ないので、快適に施術を受けられます。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

家庭用脱毛器との違いは?

腹毛は気になるけれど、

「自宅で脱毛をしたい」

「脱毛サロンに通うのが恥ずかしい」

「時間に余裕がない」

という方は、家庭用脱毛器を使用することで、サロンでの光脱毛を自宅で行うこともできます。

しかし、インターネットや家電量販店などで販売されている家庭用脱毛器の多くは、一般の方でも取り扱えるように出力がとても小さく設定されているため、脱毛サロンで施術を行ったのと同等に効果を実感するまでは、かなりの時間と回数を要するケースがほとんどです。

自身で光を当てて処理をすることになるため、処理をしたい箇所に手が届かずに、満足な処理ができないケースや、照射漏れ、無理な体勢での処理によって肌を傷つけるなどのトラブルが発生する恐れもあります。

 

価格は数万円と、脱毛サロンに通うよりもリーズナブルであるため、それぞれのメリットとデメリットを把握しながら、自身に合った脱毛方法を選択しましょう。

当店メンズ脱毛のRINX(リンクス)ではも、無料カウンセリングやパッチテストも行っていますので、興味のある方は是非お申込いただければと思います。

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

 

腹毛を処理してコンプレックスを解消しよう

女性からの印象が良くない・お腹の露出に抵抗があるなどをコンプレックスに感じている男性は、腹毛を処理することでコンプレックスが解消されます。

実際に腹毛を脱毛した男性からは、「自分に自信を持てるようになった」などの声も上がっています。

正しい方法で行えば肌トラブルが起こるリスクも少なくおさえられるため、
生涯必要な自己処理にかかる費用・時間・手間・肌ダメージなどを考慮すると、脱毛サロンでプロに任せたお手入れをする方法がおすすめです。

自身にあった脱毛方法を選択し、まずは一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 4128

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX