ひげ太郎 ライターひげ太郎

鼻下

鼻毛は脱毛できる?鼻毛の正しい処理方法を解説!

鼻毛はムダ毛の一つであるとはいえ、決して意味もなく生えている訳ではありません。

実は鼻毛には、体を守るための重要な役割があるため、むやみに処理をして良い毛ではないのです。

 

鼻毛が担っている役割や自己処理の方法を紹介していくよ!

9月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

鼻毛の役割とは?

鼻から異物が入ることを防ぐ

鼻毛は、鼻から異物が入ることを防ぐ「フィルターの役割」を果たしています。

鼻で呼吸をするときに、空気中のホコリや細菌、ウイルスなどを吸い込まないよう鼻毛がフィルターとなってくれているのです。

鼻毛をむやみに処理してしまうとこのフィルターが無くなってしまい、ホコリや細菌、ウイルスが鼻から入りやすい状態になってしまうため、くしゃみが出やすくなることがあります。

 

匂いを嗅ぎ分ける

鼻毛の中には、「嗅毛(きゅうもう)」と呼ばれる毛が生えています。

嗅毛には、匂いを嗅ぎ分ける役割があります。

鼻毛を全て処理してしまうとこの嗅毛まで無くなってしまい、匂いをうまく嗅ぎ分けられなくなる恐れがあります。

 

鼻水が垂れるのを抑える

鼻毛は外から異物が入ることを防ぐだけではなく、鼻水が外へ出ることも防いでいます。

鼻毛が無くなってしまうと、鼻水が垂れ流しの状態になってしまう恐れがあります。

特に、花粉症やアレルギー性鼻炎、風邪を引いている人などは、より鼻水が垂れ流しの状態になりやすいため注意が必要です。

 

鼻毛が伸びやすくなる原因

鼻毛が気になるという人は、鼻毛が伸びやすくなる環境で生活をしている可能性があります。

鼻毛には体を守る役割があるため、鼻毛が伸びやすい環境にいる人は体の防衛機能により、鼻毛が伸びやすくなっているのかもしれません。

今一度、自分の生活環境を見直してみましょう。

 

空気が汚れている

空気が汚れている環境で生活をしていると、鼻から異物が入ることを防ごうとするために、鼻毛が伸びやすくなることがあります。

例えば、排気ガスが多い環境や埃っぽい場所で仕事をしている人は、注意をする必要があります。

「空気清浄機を置く・マスクを着用する・部屋をこまめに掃除して清潔に保つ」等の対処を行いましょう。

鼻から異物が入る危険性のない環境にいらっしゃるであれば、鼻毛が過剰に異物を防ぐ必要がなくなるため、鼻毛が伸びやすくなってしまうことはなくなるでしょう。

 

タバコを吸っている

タバコは空気が汚れている場合と同じメカニズムで、鼻毛が伸びやすくなります。

タバコに含まれる有害な煙が、鼻から体に入らないようにするために鼻毛が伸びやすくなります。

 

タバコを吸っている人はタバコを吸わない人に比べて、約2倍ものスピードで鼻毛が伸びるとも言われています。

鼻毛にお悩みで喫煙をされている方は、タバコの本数を減らすことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

また、喫煙をされるご本人様だけの問題ではなく、副流煙でも鼻毛は伸びやすくなる恐れがあります。

ご自身がタバコをお吸いになっていなくても、タバコが充満している職場環境で働いていらっしゃる方は、副流煙によって鼻毛が伸びやすくなっていることがあります。

副流煙が避けられない環境にいらっしゃる方は、マスクを着用する等の対策を取りましょう。

 

鼻毛の自己処理方法

鼻毛は決して無意味なものではなく、体を守るために様々な働きをしています。

このため、過剰に処理をすることはおすすめできません。鼻毛は適度に処理を行うように心がけましょう。

また、鼻の中はデリケートな部分でもあるため、正しい方法で処理を行うことが大切です。

次のような処理方法を参考にしてみてください。

 

鼻毛を処理する頻度は?

鼻毛の伸びるスピードには個人差があるため、ご自身の鼻毛の様子をこまめにチェックして頂く ことが大切です。

適切な頻度としては、約2〜3週間に1度を目安に鼻毛を確認し、処理をすると良いでしょう。

ただし、空気が汚れている環境にいる人やタバコを吸っているという人は、通常よりも鼻毛の伸びるスピードが早くなることがあります。

その場合は、おおよそ週に1度くらいを目安に鼻毛をチェックしましょう。

 

鼻毛用ハサミ

鼻毛用ハサミを使用して、鼻毛をカットする方法です。

鼻毛用ハサミは工作用ハサミよりも小さく、刃先が丸くなっていて、鼻の中の粘膜を傷つけにくい構造になっています。

100円ショップで購入できます。

また、ドラッグストアなどでも1,000円以下で販売されています。

 

鼻毛用カッター

鼻毛用カッターは、安全に鼻の穴の入り口周辺の鼻毛を処理できる構造になっています。

鼻の中へ挿入し、スイッチを入れるだけで鼻毛をカットできるため、簡単に扱うことができます。

家電量販店などで、約2,000円で販売されています。

ポーチに入るくらいのコンパクトなサイズなので、持ち運びにも便利です。

 

毛抜き

毛抜きは、鼻毛を根元から抜き去ることができます。

根元から処理するため、次の鼻毛が生えるまでの期間がより長くなるため、手間も省けて楽な方法です。

しかし、毛抜きでの鼻毛処理は粘膜への負担が大きく、炎症などを引き起こすリスクも高いためおすすめしません。

 

鼻毛用ブラジリアンワックス

最近では人気海外ドラマに登場したことがきっかけで、鼻毛用ブラジリアンワックスが話題になっています。

SNSやYouTubeでも鼻毛用ブラジリアンワックスの投稿をする人が増え、鼻毛処理の方法として知られるようになりました。

鼻毛用ブラジリアンワックスとは、ブラジリアンワックスを専用の棒に付着させ、それを鼻の中に入れて数分後に棒を引き抜き、ワックスで鼻毛を抜き去る方法です。

鼻毛がワックスに大量に付いている様子や、大量の鼻毛を一気に抜き去ることができることから人気を集めています。

しかし、鼻毛用ブラジリアンワックスも毛抜き同様、鼻の中の粘膜への負担が大きいため、おすすめできません。

 

鼻毛用ブラジリアンワックスは危険!?

最近話題となっている鼻毛用ブラジリアンワックスには、様々な危険性が潜んでいます。

鼻毛の自己処理方法としては、基本的にはおすすめできません。

鼻毛用ブラジリアンワックスがなぜ危険なのかを解説します。

 

鼻の粘膜を傷つけてしまう

ブラジリアンワックスは粘着力が強力であるため、鼻毛の処理に使用すると鼻の中の粘膜まで一緒に剥がしてしまい、傷をつける恐れがあります。

粘膜が傷つけられると鼻の中の保湿機能が失われ、呼吸器疾患やアレルギー性鼻炎などを発症する原因となります。

 

花粉症になるリスクが上がる

ブラジリアンワックスで大量の鼻毛を処理してしまうと鼻のフィルター機能が失われ、花粉症の原因となる花粉が鼻の中に入りやすくなってしまいます。

花粉に晒される状態が続くと、花粉症を発症しやすくなります。

 

風邪を引きやすくなる

鼻のフィルター機能は、花粉だけではなく様々な細菌やウイルスの侵入も防いでくれます。

ブラジリアンワックスによって大量の鼻毛が失われると、細菌やウイルスが鼻から入りやすい状態となり、風邪やその他の疾患にかかりやすくなってしまいます。

 

毛嚢炎になる恐れ

毛嚢炎(もうのうえん)とは、毛穴に細菌が入り込み炎症が起こる病気です。

鼻毛に限らず、どの部位のムダ毛を処理する上でもリスクのある病気です。ブラジリアンワックスは粘着力が非常に強いため、毛嚢炎になるリスクも高いです。

また、特に鼻の中には雑菌が多い上に、粘膜はデリケートで傷つきやすいため、炎症が起こりやすい場所になっています。

さらに、鼻の中で毛嚢炎が起こると菌が脳にまで進行し、脳炎や髄膜炎(ずいまくえん)などの死に至るリスクのある病気にも発展する恐れがあります。

 

鼻毛は脱毛できる?

自己処理が面倒で肌に負担をかけたくないと考える人は、脱毛を選択するでしょう。

しかし、鼻毛の脱毛は他の部位とは違い、簡単には脱毛できません。

鼻毛の脱毛を希望している人は、鼻毛脱毛のリスクや実情をよく知っておきましょう。

 

鼻毛脱毛のリスク

鼻毛には体を守るための様々な機能があります。

さらに、粘膜がデリケートで範囲も狭く、眼球にも近い部位であるため、プロによる脱毛の施術であっても鼻の中を傷つける恐れがあります。

また、プロが行う施術であっても、鼻の奥にある鼻毛まで処理することはできません。

安全性や鼻毛の持っている機能を考慮し、鼻の入り口周辺の鼻毛のみを脱毛することが一般的です。

 

鼻毛脱毛ができるサロンは少ない

鼻毛の脱毛はリスクが高いため、非常に高い技術を必要とします。

そのため、鼻毛の脱毛ができる脱毛サロンは少なく、また費用が高額になりやすいのが実状です。鼻毛が目立ちやすい鼻の形の人や、鼻毛を手入れすることが面倒な人であれば、鼻毛を脱毛することは一つの手段です。

しかし、鼻毛に対して大きな悩みがなく、全身脱毛の一つとして鼻毛も脱毛しようと考えている人であれば、今一度リスクに目を向けて、きちんと考えてみましょう。

 

おわりに

あらゆるムダ毛の中でも処理方法が悩ましい鼻毛。

腕や足などと比較してデリケートな部位であるため、特に自己処理をする場合は適切な方法を選ぶ必要があります。

 

また、鼻毛そのものの役割も体にとって非常に大切なものであるため、鼻毛を処理すること自体、あまり頻繁に行うべきものではありません。

 

鼻毛用ブラジリアンワックスは鼻毛の処理方法として話題となっていますが、一気に大量の鼻毛を処理できて爽快感を得ることができる反面、鼻の粘膜に大きな負担をかけることになります。

粘膜はとてもデリケートな部分であるため、負担がかかる処理方法は避けるべきです。

鼻毛用ブラジリアンワックスは娯楽の面ではとても面白味のあるものですが、健康面を考慮すると控えた方が無難でしょう。

 

脱毛をすることで自己処理の負担を軽減させることができます。

しかし、鼻毛の脱毛はリスクが大きいため、実際に施術を受けることができるサロンはかなり限られています。

 

また、鼻の奥まで完全に脱毛することは医学的にデメリットが大きいため、鼻毛を自己処理する際には鼻の奥まで処理せず、鼻の入り口周辺のみに留め、リスクを抑えましょう。

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 3903

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX