ひげ太郎 ライターひげ太郎

その他

ムダ毛処理は必要?女性の本音と男性の腕毛処理の方法を解説

腕毛は処理した方がいい?

男性の腕毛は、処理した方が良いのでしょうか。結論からすると、「濃い腕毛は処理した方が良い」です。

体毛は男らしさの象徴である反面、濃すぎる腕毛や長い腕毛は周りからの印象は悪く、多くの女性は不快感を持つ傾向にあります。

特に人と接する仕事をしている販売業や営業職の男性は清潔感のある第一印象が大切ですし、特に飲食業の男性は、腕毛が濃いと不衛生だと思われてしまう恐れがあります。

腕毛処理をしていなかったがために、知らず知らずのうちに自分の印象が悪くなってしまうのは避けたいところ。

腕毛をツルツルにすることに抵抗がある男性は、自然な毛量にできる処理方法もあります。

 

この記事では男の腕毛に対する女性の本音や、腕毛の処理方法について解説していきます。

自分に合った腕毛処理方法を見つけて、男の魅力をアップさせましょう。

どうして腕毛って処理した方がいいんだろう?

腕毛は目立ちやすい

腕毛は、髭などの顔まわりのムダ毛の次に目立つものであると言えるでしょう。

特に、夏場などの半袖やノースリーブを着る季節や、季節に関係なく職業柄腕をよく出す人、接客業で人と接する機会が多いという人は、腕毛が目に入りやすくなります。

日本人は肌の色素が薄いのに毛が黒いので、ムダ毛が目立ちやすいです。

体質的に体毛が濃いという人は、目立つ腕毛に悩まされている人も少なくないでしょう。

 

不快感を与える恐れも

濃い髭や無精髭、青髭と同じように、濃い腕毛は周囲の人に不快感を与える恐れがあります。

最近では、男性も女性と同じようにムダ毛を処理することが当たり前になってきました

そのため毛が濃いと不潔な印象を与えることも少なくありません。

 

また、清潔感が大切な飲食業や、人に見られることが多いアパレルの仕事などで勤務をしている方は、第一印象に関わってくるので腕毛を気にするシーンが多々あるでしょう。

 

男性のムダ毛について女性の本音は?

女性と同じように、男性にも見た目やムダ毛処理などの美意識が求められるようになりつつある昨今では、男性の濃い腕毛に対して嫌悪感を抱く人が増えてきています。

 

「男性の腕毛は男らしくて良い!」という女性の意見も少なくありませんが、冬場には目に入ることが少なかった腕毛が、露出の増える夏場になり目に入ることが増えると、「濃い腕毛に引いてしまう・・・」という人もいることが実情です。

 

濃くて長い、モジャモジャとした腕毛は目立ちやすく、本音では良い気持ちがしないという人が男女問わずいます。

 

腕毛の処理方法を紹介!

実際に腕毛を処理しようと思っても、「どのように腕毛を処理したらいいか分からない!」という男性が多いのではないでしょうか。

女性と同じように男性もムダ毛処理をすることが当たり前になってきたとはいえ、実際の方法について詳しく知っているという男性は少ないはずです。

そこで、具体的な腕毛処理の方法について紹介します。

 

また、それぞれの処理方法のメリット・デメリットもピックアップします。

実際の腕毛処理の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

カミソリで剃る

カミソリは、ムダ毛処理の方法の中でも最もメジャーな方法といっても過言ではありません。

薬局はもちろん、コンビニやホテルのアメニティなど、どこでも簡単に手に入り、かつ価格も安いという点が特徴です。

しかしその反面で、あらゆるデメリットが存在します。

カミソリで腕毛処理メリット

カミソリで腕毛処理デメリット

 

 

バリカンですく

バリカンといえば、男性であれば坊主頭やツーブロックヘアをしている人にとっては身近な存在でしょう。

 

しかし、バリカンはヘアケアアイテムとしてだけではなく、腕毛やすね毛などのムダ毛処理にも使えるアイテムなのです。

バリカンの最大の特徴といえば、「毛を剃り切るのではなく、自然な状態にできること」です

 

濃い腕毛は気になるとはいえ、毛を全て処理して女性のようにツルツルの状態にしてしまうことに抵抗がある男性は少なくないでしょう。

バリカンであれば毛を全て剃ってしまうことはできないため、自然な毛の量を残しておくことができます。

「濃い腕毛を少し薄く見せたい」という人におすすめのアイテムです。

腕毛をバリカンですくメリット

腕毛をバリカンですくデメリット

 

除毛クリーム

除毛クリームとは、専用のクリームを塗り、数分放置した後に拭き取るまたは洗い流すことで簡単にムダ毛を処理できるアイテムです。

専用のクリームがムダ毛のタンパク質に反応し、毛を溶かすことでムダ毛を処理できる仕組みになっています。

カミソリと比較すると肌への負担が少なく、処理後の毛穴が目立ちにくいことが特徴です。

 

しかし、カミソリのような刃による肌への負担がないとはいえ、クリームの成分が肌に合わないと、かゆみやかぶれなどの肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

初めて除毛クリームを使用する場合は、パッチテストを行ってから使用すると良いでしょう。

除毛クリームで腕毛処理メリット

除毛クリームで腕毛処理メリット

 

よく毛ローション

よく毛ローションとは、ローションの成分が毛を薄く・細くしたり、毛が生えにくくなるように作用するアイテムです。

 

ローションに含まれる大豆成分やパイナップル成分が女性ホルモンの構造に似ているため、男性ホルモンを抑制することで濃いムダ毛に働きかけます。

多くのよく毛ローションには、よく毛成分だけではなく肌を整えてくれる美容成分が含まれているため、スキンケアも同時に行うことができます。

 

しかし、残念ながらよく毛ローションには即効性はなく、効果が現れるまでには最低でも数週間〜数ヶ月かかります。

 

さらに効果を持続させるためには、よく毛ローションを使い続ける必要があります。

よく毛ローションだけで腕毛を処理しようとせず、カミソリなどで処理しながら、アフターケアとしてよく毛ローションを使用するといいでしょう。

抑毛ローションで腕毛処理メリット

抑毛ローションで腕毛処理デメリット

 

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスとは、専用のワックスを肌に塗り、その上からシートを貼り付け、シートを一気に剥がすことでムダ毛を毛根から抜き去ることができるアイテムです。

他のムダ毛処理方法に比べて毛根からムダ毛を処理できるため、次の毛が生えてくるまでの期間が長く、処理回数を抑えられるというメリットがあります。

 

しかし、ブラジリアンワックスはほとんどの場合痛みを感じます。痛みの強さには個人差がありますが、毛が太く濃い人ほど痛みを感じやすいとされています。

ワックス自体は肌に優しいのですが、痛みに弱い人にはおすすめできません。

ワックスで腕毛処理メリット

ワックスで腕毛処理デメリット

 

脱毛

脱毛は、特殊なレーザーや光、電流を当てることで毛根にアプローチして、ムダ毛を処理する方法です。

これまで紹介した腕毛処理方法の中でも、一番確実かつ効果的に処理ができると言えるでしょう。

 

脱毛といえば高額なイメージがありますが、最近では脱毛サロンが増えてきているため、料金設定も多様になり、学生でも手を出しやすい料金設定をしているサロンもあります。

 

ただし、腕毛を脱毛してしまうと毛が生えてこないようになるため、ツルツルの状態にしたくないという人は好みの毛量に調節したいということをスタッフに伝えておきましょう。

また、一口に脱毛と言ってもいくつか種類があります。

 

光(フラッシュ)脱毛

エステサロンや脱毛サロンで受けられる脱毛方法です。

特殊な光を脱毛したい部位に照射し、毛の黒色の成分である「メラニン色素」を伝って、毛根をアプローチすることで毛が生えてこないようにする方法です。

個人差はありますが、光を照射する際に毛が太く濃い部分、皮膚の薄い部分では、痛みを感じる場合があります。

 

光(フラッシュ)脱毛は、美肌効果も期待できる肌に優しい光なので、敏感肌の男性でも安心して脱毛することができます。

費用も医療レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて安く、痛みが少ないので気軽に脱毛を始められます。

また、サロンは営業時間が長く、仕事帰りに脱毛しに行けるので通いやすい環境です。

光脱毛で腕毛処理するメリット

光脱毛で腕毛処理するデメリット

 

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は医療機関で受けられます。

特殊なレーザーを脱毛したい部位に照射し、毛の黒色の成分である「メラニン色素」を伝って、毛根をアプローチすることで毛が生えてこないようにする方法です。

個人差がありますが、毛が太く濃い部分や皮膚が薄い部分は痛みを感じやすいです。

光(フラッシュ)脱毛に比べて費用が高い傾向にあり、痛みが大きいです。

痛みが心配な場合、医療機関ですので別料金(相場1回1部分あたり1,000~3,000円)で麻酔を使用できます。

敏感肌の男性は、しばらく肌の赤みが引かない場合があります。
万が一肌トラブルが起きたら、その場で対処してもらえるのは安心ですね。

医療機関は営業時間が短く、他の治療もしているので予約が取りづらい傾向にあります。

医療レーザー脱毛で腕毛処理するメリット

医療レーザー脱毛で腕毛処理するデメリット

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は一部の医療機関でも受けられますが、現在ほとんどが脱毛サロンでの提供となっています。

ニードル脱毛は、脱毛方法の中でも最も古くから行われている脱毛方法です。

毛穴一つひとつに電気針を入れて特殊な電流を流し、毛を生やす細胞にアプローチして毛を生えてこないようにします。

 

毛穴一つひとつに施術を行う必要があるため、好みの毛量にはしやすいですが手間と時間がかなりかかり、レーザー・光脱毛と比較すると高額になりやすく、痛みが大きいというデメリットがあります。

しかし、他の脱毛方法では処理できない白髪の脱毛ができますし、肌の色に関係なく施術できることはメリットです。

ニードル脱毛で腕毛処理するメリット

ニードル脱毛で腕毛処理するデメリット

 

腕毛の処理をする際のポイント

実際に腕毛を自己処理する際に気をつけたいポイントを紹介します。

次のような点に注意しましょう。

 

毛抜きはNG

毛抜きでのムダ毛処理は、肌や毛穴に負担をかけてしまいます。

腕毛の処理に毛抜きは使用しないようにしましょう。

肌や毛穴に負担がかかると、埋没毛(まいぼつもう)や毛嚢炎(もうのうえん)、色素沈着などの肌トラブルの原因となります。

 

アフターケアを欠かさない

腕毛を自己処理した後は、必ずクリームなどを使って保湿をしましょう。

ムダ毛を処理した後の肌は、敏感で乾燥しやすい状態になります。

乾燥や肌荒れを防ぐためにも、アフターケアは欠かさず行いましょう。

 

アフターケアの方法を紹介していくから、参考にしてみてね!

保湿剤を使用する

ムダ毛処理後のアフターケアに使用するものは、保湿効果が謳われている商品を使うと良いでしょう。

クリームやローション、乳液などドラッグストアには様々な商品が販売されています。

 

また、普段から敏感肌で肌が荒れやすいという人は、刺激成分の少ないものを選ぶと良いでしょう。

 

代表的な保湿剤といえば、クリーム・ローション・乳液などが挙げられますが、それぞれ質感と保湿力に違いがあります。

クリーム>乳液>ローションの順で、質感は硬くなり、保湿力は高くなります。

 

腕の他に全身に塗るのであれば質感の柔らかいもの、腕だけに塗るのであれば質感が硬く、保湿力の高いものを選ぶと良いでしょう。

 

重ね塗りをする

特に敏感肌である人は、ムダ毛処理後だけではなく、時間を空けて数回重ね塗りをすると良いでしょう。

より肌の保湿効果が期待できます。

 

肌トラブルが起こってしまったら?

万が一、腕毛の自己処理で肌トラブルが起こってしまったら、放置せずになるべく早く正しいケアを行いましょう。

腕毛の自己処理で起こりやすい肌トラブルには、「毛穴の炎症」と「埋没毛(まいぼつもう)」があります。

それぞれの正しいケア方法は、次の通りです。

 

毛穴の炎症

毛穴が炎症を起こすと、肌に赤いぶつぶつが生じます。

毛穴が炎症を起こしてしまった場合は、炎症を抑える作用のある化粧水などを使用すると良いでしょう。

それでも炎症が治らない場合は、市販薬を使用するか、皮膚科を受診しましょう。

 

毛穴が炎症を起こす原因には、不衛生なカミソリを使用していることや、除毛クリームなどの成分が肌に合わないことが考えられます。

毛穴が炎症を起こした原因をきちんと振り返り、再び炎症を引き起こすことがないよう注意しましょう。

 

埋没毛(まいぼつもう)

埋没毛とは、「皮膚の下に埋まってしまった毛」のことを指します。

人間の毛は通常、肌にある毛穴から皮膚に向かって生えます。

 

しかし、何らかの原因によって毛穴が塞がれてしまい、本来皮膚に向かって生えるべき毛が皮膚ではない方向に向かって生えてしまうことがあります。

 

すると、毛が皮膚から出て来ずに皮膚の下で埋もれてしまい、皮膚の下に毛が透けて見えている状態になってしまいます。

 

埋没毛において一番大切なポイントは、塞がれた毛穴を治すことです。

塞がれた毛穴を元に戻して皮膚の表面から毛が生えるようにするためには、肌の乾燥や分厚くなった角質や肌のターンオーバーを整える必要があります。

スキンケアをするは埋没毛の予防につながるんだ!

次のようなスキンケア方法を実践していこう!

保湿

スキンケアにおいて大切なのは、肌の保湿をすることです。

肌の保湿をすることで毛穴を柔らかく保つ効果があり、毛穴が塞がれることを防ぎます。

また、角質も柔らかくなり埋没毛になりにくくします。

 

ピーリング

ピーリングは、弱い酸で古い角質を溶かすことで新しい皮膚の生成を促し、肌のターンオーバーを活性化させます。

弱いものではありますが酸を使用するため、肌への負担がかかりやすくなります。

使用頻度を守り、使用後のスキンケアは必ず行いましょう。

 

スクラブ

スクラブは、洗顔料やボディケア剤などに含まれていることが多くあります。

主に樹脂などが使われ、その細かい粒子が古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促します。

 

スクラブの粒子は細かいですが、肌への負担は避けられないものです。

使用時は優しく洗うことを心がけ、使用頻度を守り、使用後のスキンケアは必ず行いましょう。

 

腕毛は剃るより脱毛がおすすめ!

濃い腕毛に悩まされている人は、カミソリやシェーバーで自己処理するよりも、脱毛することをおすすめします。

 

ここでは、腕毛は剃るよりも脱毛をおすすめする理由について詳しく解説していきます。

併せて、腕毛の脱毛にかかる費用や期間についても紹介していきます。

腕毛処理の方法に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

腕毛を剃ったら濃くなるってホント?

腕毛をカミソリやシェーバーで剃ると、毛が濃くなるという噂を耳にしたことのある人は少なくないでしょう。

結論からすると、腕毛は肌に負担をかける剃り方をし続けていると濃くなる恐れがあります。

 

腕毛を剃り始めてすぐの時期は、腕毛がカミソリでカットされたことにより毛の断面が広くなり、毛が太く濃く見えるようになったり、チクチク感が強くなったりします。

この時点では実質的に毛が濃くなっているわけではなく、あくまでも毛が濃くなったように「見える」状態です。

毛の断面が広くなったことで、剃る前よりも腕毛が目立つようになることがあります。

 

しかし、腕毛を剃り続けていると本当に腕毛が濃くなってしまうことがあります。

これは、体が肌を守ろうとする働きが深く関係しています。カミソリやシェーバーを使ったムダ毛処理はムダ毛だけではなく、実は肌の表面も剃ってしまっています。

すると、体がカミソリやシェーバーからの刺激から肌を守ろうとするため、毛が濃くなってしまうのです。

 

また、カミソリやシェーバーで誤って肌に傷を作ってしまった場合にも同じような状態になります。

特に、カミソリやシェーバーのメンテナンスや、ムダ毛処理時のケアを怠ってしまっている人は、注意が必要です。

カミソリやシェーバーはしばらく使っていると、刃が劣化していきます。

劣化した刃のカミソリやシェーバーを使用し続けていると、肌に負担をかけ続けることになります。

 

また、カミソリやシェーバーを使用するときに、シェービーングジェルやクリームを塗らなかったり、刃を強く押し当てるような使い方をしたり、逆剃りをしたりしている人は、同じように肌に負担をかける処理方法をしていることになります。

 

カミソリやシェーバーを使う際には、

「シェービーングジェルやクリームを使用する」

「刃を定期的に交換する」

「カミソリ・シェーバーを強く押し当てない」

「逆剃りをしない」

ということに注意しましょう。

 

脱毛にかかる費用

多くの脱毛サロンでは通常、腕毛の脱毛は「ひじ下」と「ひじ上(二の腕)」に分けられています。

腕全体を脱毛する場合は、ひじ上+ひじ下(二の腕)の費用がかかるということを把握しておきましょう。

 

また、関連する手の甲や指毛についても別料を設定していることがほとんどであるため、注意しましょう。

腕毛の脱毛にかかる費用は次の通りです。有名脱毛サロン5社の平均価格を算出しています。

脱毛をしようと考えている人は、事前に希望する脱毛サロンの料金を調べておくことをおすすめします。

 

<ひじ上>
1回平均 ¥6,400

<ひじ下(二の腕)>
1回平均 ¥6,400

 

また、多くのサロンでは1回の料金だけではなく、複数回のセット料金を用意しています。

腕毛の濃さによって脱毛が完了する回数は異なるため、サロンスタッフに相談すると良いでしょう。

 

\RINXなら腕毛脱毛が初回45%OFF

キャンペーン

腕毛の脱毛は何回で完了する?

腕毛の脱毛回数は、腕毛の濃さや脱毛の頻度によって異なります。

腕毛の濃さについては個人差があるため、サロンスタッフと相談しましょう。

 

脱毛の頻度については、「毛周期(もうしゅうき)」が大切なポイントとなります。

毛周期とは、毛が生え変わる周期のことを指します。

脱毛サロンでは、この毛周期に合わせて適切な脱毛頻度を設定しています。

腕毛の脱毛が完了する回数には個人差があるとはいえ、目安が分からない状態では検討することは難しいでしょう。

 

あくまで一般的な目安としてですが、腕毛の脱毛が完了する回数および期間を算出したものは次の通りです。

 

毛が薄くなったと感じる

チェックポイント!

  • 回数:平均5〜6回
  • 期間:約10か月〜1年

毛がほとんど生えてこなくなる

チェックポイント!

  • 回数:平均16〜18回
  • 期間:約2年半〜3年

基本的に脱毛は、即効性を期待できず、効果がしっかりと現れるまでには一定の期間が必要です。

 

しかし、濃い腕毛に一生悩まされて何度も自己処理を続けるよりは、脱毛をして悩みを解決した方が、長い目で見ると良い場合もあります。

とはいえ、脱毛はお金も時間もかかるものであるため、自分に適切な腕毛処理の方法を選択できるようにしましょう。

 

脱毛は痛みを感じることも

脱毛の施術は痛みを感じる場合があります。痛みの強さには個人差がありますが、一般的には毛が太く濃い人ほど強く痛みを感じる場合があるとされています。

 

脱毛の痛みは、「ゴムで弾かれる程度の痛み」であると言われることが多くあります。

不安な人や痛みに弱いという人は、照射する前にしっかり冷やしておくことで痛みを軽減することができます。事前にサロンで相談をしておきましょう。

 

まとめ

腕毛は、男性らしさの象徴となる場合もありますが、最近では不快感を与えることや、周囲の人に嫌悪感を抱かれることがあります。

これは、男性のヒゲと同じように体のムダ毛処理も当たり前になってきたことが背景として考えられます。

半袖やノースリーブを着る機会が増える夏場や、腕毛が目立つ機会が多い人は腕毛をキレイに処理したほうが良いと言えるでしょう。

 

腕毛の処理方法は多岐に渡りますが、中でも脱毛がおすすめの方法であると言えます。

ムダ毛の自己処理は基本的に、肌へ負担をかけてしまうことや肌トラブルの原因になるだけではなく、ムダ毛そのものをさらに濃くしてしまう恐れもあります。

脱毛であれば肌への負担や手入れは最小限に、かつ確実にムダ毛を処理することができます。

また、脱毛ならツルツルにも適度な毛量に調節することも可能です。

自分に最適の腕毛処理方法を選択しましょう。

 

\RINXならカウンセリング無料

ご予約お問い合わせ

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2434

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX