ニキビ・できものができても脱毛できる?

kenta ライターkenta

その他

ニキビ・できものができても脱毛できる?

脱毛を利用するのは今や女性に留まらず、男性の中でも当たり前になりつつありますね。

脱毛を検討する男性の悩みといえば、髭剃りが面倒だと感じることや青髭のせいで自信が持てないといったものがあります。

また、近年では恋愛や仕事など清潔感を求められる機会が増えました。悩みを解消するための手段として髭はもちろんボディ脱毛も人気です。

 

「清潔感」といえば、ムダ毛処理と同時にお肌の清潔感を保つためのボディーケアも欠かせません。思春期ニキビや体のできものなどの悩みもまた、尽きないものです。

そこで気になるのは、ニキビやできものがあっても脱毛はできるのでしょうか?

今回は脱毛とニキビやできものの関係性について解説しております。

6月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

ニキビ・できものがあると脱毛できない?

ニキビやできものがあっても脱毛施術は受けられる

ニキビがあっても、その部分を避けることで通常通り脱毛の施術を受けることはできます。

状態にもよりますが、ニキビやできものへの脱毛は行えない場合がほとんどです。

 

最も良いのはニキビやできものが治ってから脱毛することです。ただ、脱毛当日に悪化した場合には直接専門家に見てもらった上で脱毛できるかどうかを判断してもらうのが良いでしょう。

 

ニキビ跡への脱毛はできる

炎症や膿といった症状が治り、ニキビ跡だけの場合には通常通り脱毛できるケースがほとんどです。

 

ニキビやできもの部分にはなぜ脱毛できないの?

光やレーザー脱毛の光の熱でニキビやできものの症状が悪化する可能性があるためです。

せっかくムダ毛の悩みが解消されるのであれば、お肌状態も美しく保ちながらケアを進めた方が良いですよね。

 

【脱毛のメリット】ニキビができにくい肌質になる

脱毛のメリットのひとつとして「ニキビ(できもの)ができにくい肌質」を期待することができます。

 

カミソリによる肌への負担がなくなる

自己処理にはカミソリで肌を傷つけるリスクがあります。また、カミソリの刃に付着した細菌が小さな傷口から侵入して、ニキビとよく似た「毛嚢炎」を引き起こす恐れもあります。

脱毛で自己処理から解放されることで、これらのリスクを減らしてお肌を清潔な状態に保ちやすくなります

髭剃りを頻繁に行う男性の場合、特に脱毛後の肌質の変化がわかりやすいでしょう。

 

ムダ毛をなくして雑菌の繁殖を防ぐ

髭や体毛についた汚れや皮脂は雑菌を繁殖させてしまいます。繁殖した雑菌がカミソリなどで傷ついた部分から侵入すると毛嚢炎や肌荒れを引き起こす恐れがあります。

脱毛でムダ毛を減らして雑菌の繁殖をある程度防ぐことで、お肌トラブルのリスクを軽減できるのです。

お顔以外にも日頃のお手入れが難しい背中や陰部周りへの脱毛もおすすめです。

 

ムダ毛をなくして毛穴詰まりを解消

毛穴に詰まった皮脂と常在菌の「アクネ菌」が感染すると炎症を起こします。この炎症が赤ニキビと呼ばれます。

つまり、毛穴詰まりを解消することでニキビのリスクを減らすことが出来るのです。

毛穴を通るムダ毛を脱毛することで、徐々に毛穴が引き締まります。結果、毛穴から排出される汗や皮脂が詰まりづらくなり、ニキビができにくい肌質になるでしょう。

 

脱毛でニキビやできものができることはあるの?

脱毛後にニキビのような赤いブツブツができた場合、それは「毛嚢炎」であるかもしれません。脱毛を受けた後、実際に症状が出た方も慌てずに対処していきましょう。

 

毛嚢炎とは

毛包(毛囊)と呼ばれる部分の傷口から細菌が侵入して炎症を起こす感染症です。

ニキビと非常に似ていますが、一箇所あるいは複数箇所に赤いブツブツができることもあります。傾向としては、メンズ脱毛の後には顔や足にできやすいでしょう。

毛嚢炎の状態によっては痛みを伴う場合もあります。

参考:第一三共ヘルスケア「毛包炎(毛嚢炎)」

 

なぜ脱毛後に毛嚢炎ができるの?

脱毛は毛根にある細胞に強い刺激を加えます。

そのため、脱毛後はとてもデリケートなお肌状態です。日頃からカミソリ負けを起こしやすい敏感肌の方ほど、皮膚への細菌の侵入を許して毛嚢炎ができやすいかもしれません。

 

脱毛で毛嚢炎ができたらどうしたら良い?

様子を見てもなかなか治らない場合や毛嚢炎が悪化した場合には、まずは今現在通っているサロンもしくはクリニックに相談してみると良いでしょう。

医師が在籍する医療機関ではそのまま毛嚢炎の対処をしてくれる場合もあります。

 

脱毛による毛嚢炎を予防するには?

脱毛で毛嚢炎ができるリスクを減らすには、脱毛を受ける皆様のご協力も必要となります。

予防策は、脱毛の期間中には特に清潔なタオルを使用したり、保湿といったアフターケアを心がけたりするなどです。

清潔な状態を保つことで毛嚢炎のリスクを抑えることができます。

毛嚢炎の原因と正しい予防の方法

髭やムダ毛を処理するときに起こる代表的な肌トラブルのひとつが「毛嚢炎(もうのうえん)」で...

こちらでも詳しく解説しております。

また、実際にサロンやクリニックでも事前に脱毛の注意点について説明はあるかと思います。注意事項については専門家にしっかり確認しておくことをおすすめします。

 

脱毛でカミソリ負けを解消するのがおすすめです

脱毛では毛嚢炎などのリスクがあります。しかし、髭や体毛を自己処理し続けることの方がお肌にとって良くありません

自己処理でも肌を傷つければ毛嚢炎になることはあります。他にもニキビや皮膚に毛が埋もれてしまう「埋没毛」の症状に悩まされることもあるでしょう。

何より手間がかかりますし、忙しい時ほど焦って処理を行うと肌を傷つけるリスクは高くなります。

お肌への慢性的な負担を考えても、脱毛で自己処理から解放される方がきめの細かいお肌を保ちやすいでしょう。

 

お肌トラブルが気になる人は肌に優しい「光脱毛」がおすすめ

脱毛と一口に言っても、その手法には3つあります。ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛です。

レーザーや光脱毛は特殊な光が毛のメラニン色素に反応して脱毛効果を発揮するため、白髪や日焼け状態では脱毛できません。色素の影響を受けずに脱毛できるのがニードル脱毛で、一部の毛を取り除く場合に適しています。一方で肌への刺激が強いため、お肌トラブルが起こりやすい、痛みを強く感じるといったデメリットがあります。

レーザー脱毛は脱毛を受けてから早い段階で効果を実感しやすい傾向にあります。しかし、その分お肌への負担が大きいため、肌が敏感だと感じる方にとって強い刺激となるでしょう。そこでおすすめなのが光脱毛です。肌に優しい光を扱うため、お肌トラブルになるリスクが少ないです。効果の実感にやや回数を必要とする場合もありますが、肌への負担を抑えることでダウンタイム(次に脱毛が行えるまでにお肌が回復する期間)が短くなります。

光脱毛であれば脱毛にベストな周期で効率の良いムダ毛処理が行えるでしょう。

光脱毛には他にも‥料金が安くて、痛みが少ないといったメリットもあります。

脱毛の種類を調査!それぞれの脱毛方法のメリット・デメリットを紹介

近年、男性も身だしなみの意識からムダ毛処理をする方が増えています。とりわけ、濃いムダ毛...

3つの脱毛について詳しくはこちらの記事でもご紹介しております。

 

また、実績と信頼のあるサロン・クリニックであれば毛嚢炎といったお肌トラブルのリスクを減らすことができるかもしれません。

脱毛後、万が一何かあっても保証のあるお店を選ぶというのも良いでしょう。

 

RINX(リンクス)では実績の高い光脱毛機を導入しております

効果が高く痛みの少ないRINXオリジナル脱毛機を導入

当サロンではIPL(インテンス・パルス・ライト)と呼ばれる、オリジナルの光脱毛機を採用しております。

従来の一般機では痛みや肌への負担を抑えることはできても、脱毛効果が心配されます。一方で男性脱毛15万人の実績をもとに開発した当サロンの脱毛機は、痛みの少なさと脱毛効果の最適化に成功いたしました。

効果が高く痛くない脱毛機はこちら

 

快適な予約体制で硬い髭を効率よく脱毛

おかげさまで、現在RINXは全国に60店舗以上を展開しております。

地域の利用者様の数に応じて近隣店舗のご用意や増築リニューアルを行なっております。快適なご予約体制で皆様をお待ちしております。

また、各店徒歩圏内でお通いの際も楽々♪全国店舗間移動が可能の為、ご異動の予定がある方もご安心くださいませ。

RINXの最寄り店舗を探す

 

学割や季節限定の豊富なメニューでお得に髭脱毛

お髭や体毛の生え方は個人差があります。お客様ひとり一人に合わせた脱毛を行うために、当サロンでは豊富なメニューを取り揃えております。

学割、季節限定のメニュー、脱毛料金80%OFF保証などお得に脱毛が進められる特典もございます。詳しくは特設ページでご覧いただくか、初回カウンセリング時にご案内させて頂きます。

メンズ脱毛・ヒゲ脱毛料金表を見る

当サロンは男性専用サロンです

万が一ご満足いただけない場合でも、安心の返金制度がございます。

 

まとめ

ニキビやできものがあっても脱毛することはできますが、その部分は避けて施術する必要があります。「脱毛当日にニキビやできものができてしまった」「今日の予定を逃すとしばらく脱毛が困難である」といった事情がある場合は、直接サロンやクリニックの専門家に相談してみてくださいね。

また、脱毛によるお肌へのできもの(毛嚢炎)を心配される方も一定数いらっしゃいますが、信頼と実績のあるサロン・クリニックであればリスクを抑えられるかもしれません。

脱毛の手法については、一長一短ありますのでご自身に合った方法を選択してみてくださいね。自己処理による慢性的なお肌への負担を解消するためにも、ぜひ一度脱毛を検討してみるのも良いでしょう。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 10344

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX