ひげ太郎 ライターひげ太郎

顔・ヒゲ

髭剃りでニキビができる原因は?対処方法や髭脱毛について詳しく解説

多くの男性が毎日行うであろう髭剃り。

髭剃りはどうしても肌への負担かかってしまい、様々な肌トラブルを引き起こす原因となってしまうこともあります。

中でも最も多い肌トラブルが「ニキビ」です。

でもニキビを改善したくて髭剃りをやめるというのも中々難しいです。

だからといってニキビがある状態で髭剃りをすると、悪化してしまうのが悩ましいところですよね。

 

今回は、髭剃りを含め、ニキビができる原因やニキビの予防方法、さらにできてしまった場合の対処方法など紹介していくよ!

ニキビができる原因とは?

まず、前提としてそもそも髭剃りに限らずニキビができる原因について解説していきます。

 

ニキビができる原因は、皮脂の過剰な分泌・毛穴の詰まり・アクネ菌の増殖といわれています。

髭剃りでニキビができる原因

肌の奥には皮脂を分泌する「皮脂線」がありますが、肌内部の水分不足や生活習慣の乱れなどで皮脂が過剰に分泌されるようになると、そこに古くなった角質などが詰まります。

 

すると、それらをエサとする「アクネ菌」が増殖していきます。

結果、一定のサイクルで行われるはずの肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、肌の健康状態が保たれず、ニキビが発生してしまいます。

 

髭剃りの刺激

そもそも髭剃りは、髭剃り道具の刃によって肌に刺激を与えてしまう行為です。

中でも髭剃り道具として代表的な「T字カミソリ」は、髭だけではなく肌の表面の角質も一緒に削ってしまっているのです。

 

肌の表面が削られてしまうと、肌内部の水分が逃げてしまい本来体の機能として備えられている肌のバリア機能が低下し、ニキビなどの肌トラブルが発生しやすい状態になってしまいます。

 

髭剃り道具の衛生状態にも注意

髭剃り道具が不衛生であることも、切れ味が悪く、効果的に髭剃りができないだけでなく、ニキビの原因になり得ます。

髭剃り道具は使い続けているうちに、刃の間に剃った髭や角質などが蓄積していきます。

それらを蓄積させたまま放置していると刃に次第に雑菌が繁殖し、そのまま髭剃りをすると肌にできた傷などに雑菌が入り込み、ニキビができる原因となり得ます。

 

髭剃り道具は必ず水洗いするなどして清潔な状態を保つよう手入れし、その寿命ごとに取り換えるようにしましょう。

一般的に髭剃り道具は使った後、そのまま洗面台やお風呂場などの水回りで保管されることが多いですが、水回りは湿気が多いため髭剃り道具の刃が錆びやすくなるなど劣化を進行させやすい環境です。

できるだけ乾燥した状態で保管するよう心がけましょう。

 

肌の脂が多い

ニキビの原因となるアクネ菌は肌の表面の脂分を養分として活性化します。

そのため、そもそも肌の脂分が多いタイプの人はニキビができやすいとも言えますが、脂性肌でない人も夏場などは肌の脂が多くなりやすくニキビができやすい環境です。

 

また、髭剃りなどの刺激に対して肌は脂分を多くすることでバリア機能を回復させようとします。

 

ホルモンバランスの乱れに注意

男性ホルモンと女性ホルモンのホルモンバランスの乱れも、肌への脂分の過剰な分泌を促し、ニキビの原因に繋がることがあります。

 

偏った食事や、睡眠不足といった生活習慣の乱れはホルモンバランスの乱れに直結します。

バランスよく栄養素を摂取し、なるべく決まった時間での睡眠を確保するようにしましょう。

 

生活習慣以外では過度にストレスを貯めこむことはホルモンバランスが崩れる代表的な原因の一つです。

 

また、自慰の頻度が高まると男性ホルモンが強くなるため、ニキビの原因につながることがあります。

 

ホルモンバランスの乱れだけでなく、肌荒れや吹き出物につながる可能性もあるので、とくに日常生活の見直しは意識してみてください。

 

ニキビでなく、毛嚢炎(もうのうえん)の場合も

一見ニキビだと思っていたものが実は、「毛嚢炎(もうのうえん)」である場合があります。

毛嚢炎とは、毛穴の奥にブドウ球菌と呼ばれる細菌が入り込むことで起こる炎症のこと。

 

毛嚢炎が発生する原因の多くは、カミソリなどによって肌に傷ができ、そこからブドウ球菌が入ることによるものです。

 

肌に常に発生しているアクネ菌と違い、ブドウ球菌は体外の菌なのでより深刻なトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

悪化すると肌の色が黒くなる「色素沈着」の原因になるため、早めに皮膚科へ受診しに行きましょう。

 

 

髭剃りでニキビができやすい部位は?

顔の中でも、顎下首・頬・鼻下の3か所は髭剃りを原因としたニキビができやすい部位なので、特に注意して髭剃りや日常のケアを行うようにしましょう。

 

顎下首

顎下首は場所によって毛の生えている方向が違い、鏡でも確認しにくく剃り残しやすい部位であるため、最も髭を剃りづらい部位であると言えるでしょう。

剃りづらいからと逆剃りや何度もカミソリを当てがちで、結果、ニキビができやすい部位です。

 

一方で顎下首の髭を伸ばす場合も、衣類との摩擦でニキビができやすくなってしまうことがあります。

剃りすぎも、伸ばす場合も気を配らなければならない部位です。

 

頬は髭が生える面積が広く何度も髭剃り道具の刃を当てがちなため、髭剃りによる刺激を受けやすい部位です。

カミソリ負けなどで傷が増えればニキビができるリスクも高まるため髭を剃る際には注意しましょう。

 

また、頬は乾燥しやすい部位でもあるため、肌が水分不足にならないよう保湿などのケアも怠らないようにしましょう。

 

鼻下

鼻下は間隔が狭いため髭が剃りづらく、傷を作りやすい部位です。

毎日髭剃りをして慣れている人でも、少しの油断で刃を当て違えて怪我をしてしまいがち。

傷ができてしまった部分には雑菌が入り込み、ニキビが発生しやすいため、もし傷つけてしまった場合は注意しましょう。

 

髭剃りでニキビを作らない方法は?

ニキビの原因や、特に気を付けなければならないポイントを理解したところで、実際に髭剃りでニキビを作らないために注意すべき点を挙げていきます。

全てに共通して言えるポイントは、肌への負担をできる限り減らすということなんだ!

カミソリを使う場合はシェービングフォームを使う

まずぬるま湯で洗顔をして、汚れや皮脂を落として肌をキレイにします。

そしてカミソリを使って髭を剃る際には、必ずシェービングフォームを使用しましょう。

シェービングジェルはカミソリの滑りを良くして、肌に傷を作りにくくしてくれます。

 

また、シェービングジェルには髭を柔らかくする作用もあるため、髭が剃りやすくなり、何度も同じ部位に刃を当てる必要性が少なくなり肌への負担を軽減できます。

洗顔料などの泡ではシェービングジェルのかわりにはなりません。

逆に皮膚がふやけて負担が大きくなるので、必ず専用のアイテムを使用するようにしましょう。

 

電気シェーバーを使う

髭剃りのための道具にはいくつかの種類がありますが、中でも電気シェーバーは肌の負担が少ないとされています。

電気シェーバーは構造上、直接肌に刃が当たらないようになっているため、、基本的に逆剃りで処理していきます。

 

ただし、まったく負担をかけない、というわけではないのでご注意ください。

 

アフターケアを行う

髭剃りを行なった後は、必ずアフターシェーブローションなどでアフターケアを行いましょう。

髭剃りをした後は肌が乾燥しやすい状態となり、そのまま放置していると水分不足になるため、肌を守ろうとする働きによって肌の脂が過剰に分泌されてしまう原因となります。

 

対処法として、化粧水や乳液、クリームなどを肌になじませることが有効です。

 

髭剃りアイテムのメンテナンスを行う

カミソリや電気シェーバーなどのアイテムは、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

メンテナンスを怠ってしまうと、刃が劣化して肌を傷つけやすくなったり、不衛生な状態となって肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

 

定期的にケアしたり、寿命のあるアイテムは買い替えたりと必要に応じたメンテナンスを行いましょう。

 

夕方から夜に髭剃りを行わない

多くの方は朝に髭剃りを行うかと思いますが、中には夕方から夜にかけて、入浴時に行うかたもいらっしゃるかもしれません。

 

夜は肌の血行が悪くなるため髭剃りでの肌トラブルも引き起こしやすくなります。

肌への刺激を避けるという意味でも、髭は朝に剃ることが奨励されます。

 

普段からスキンケアをする

髭剃り後のケアはもちろんのこと、日常から肌がダメージを受けないようにスキンケアを行うことも同様に大切です。

 

普段から保湿成分の入った洗顔料を使ったり、化粧水をつけたり、紫外線の多い季節は日焼け止めを塗るといったことも対策として有効です。

 

髭剃りでできたニキビの対処方法

予防できるに越したことはないけれど、もしニキビができてしまった時の具体的な対処法を解説していくね。

一般的な治療薬を使う

ニキビの治療薬はドラッグストアなどにも市販されています。

小さなニキビが1つ2つできたくらいであれば、最初は市販の薬でも十分な効果を見込めるケースも多いです。

 

皮膚科を受診する

セルフケアでなかなか治らない場合や、複数のニキビが一気にできた場合などは症状が悪化し跡が残ってしまわないよう早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

ニキビではなく、毛嚢炎であった場合なども早めに医師に相談するなどの対処が求められます。

 

ニキビができた所は髭剃りをしない

ニキビができてしまった部分は、髭剃りを避けるようにしましょう。

ニキビにカミソリやシェーバーの刃を当ててしまうと傷がつき、ニキビを更に悪化させてしまう恐れがあります。

 

髭脱毛で髭剃りによるニキビの悩みを解消!

ニキビができる事を避けたいといっても、毎日の髭剃りをやめるわけにもいかない、と思われている方も多いのではないでしょうか?

そういった場合、朝の面倒な時間を解消するためにいっそのこと髭を脱毛してしまうという選択も考えられます。

 

髭を脱毛すれば絶対にニキビができない、というわけではありませんが、ニキビができる大きな原因の一つである髭剃りをなくすことで、肌がキレイになります。

また、ニキビができてしまった場合も、その部分だけ髭剃りができない、なんてストレスからも解放されます。

 

RINXならひげ脱毛初回66%OFF

キャンペーン

髭脱毛の方法

髭脱毛の方法にはニードル・レーザー・光脱毛の3つがあります。それぞれの特徴を解説します。

 

ニードル脱毛

チェックポイント!

  • 毛穴一つ一つに針を刺して電流を流す
  • 痛みがかなり強い
  • 永久脱毛が可能
  • 施術時間と費用がかなりかかる

 

レーザー脱毛

チェックポイント!

  • 特殊なレーザーを毛根に当てる
  • 近年の脱毛方法の中ではスタンダード
  • ニードル脱毛に比べて痛みが少ない
  • 永久脱毛ではないが高い効果を期待できる

光脱毛

チェックポイント!

  • 特殊な光を毛根に当てる
  • 痛みはほとんどない
  • 費用は抑えられる
  • 線維芽細胞を活性化するので美肌効果も期待できる
  • 脇の黒ずみが気になる人におすすめ
  • 継続して通うことでしっかりとした効果を期待できる

それぞれメリット、デメリットがあるから、扱っているサロンやクリニックに相談してみよう!

おわりに

身だしなみを整える上で避けて通れない髭剃りですが、ニキビができる原因となってしまう場合もあります。

 

今回取り上げた内容も参考にしながら、肌に負担をかけないようにケアを行うことで、ニキビを予防するようにしましょう。

 

また、それでもニキビができてしまった場合は、その部分の髭剃りを避けることや、必要に応じては皮膚科に相談することも大切です。

 

最後に、髭剃りやそれに伴うニキビが煩わしければ、髭脱毛という手段もありますので、ご興味ある方は併せてご活用ください。

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2434

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX