kenta ライターkenta

その他

抑毛ローションとは?脱毛効果やメリット・デメリット、選び方を紹介!

メンズのムダ毛処理が認知されつつある今、抑毛ローションの宣伝や実体験を見かけるようになりました。

男性もムダ毛を一度処理したり、気になったりすると、無性にキレイにお手入れしておきたい方も多いのではないでしょうか?

しかし、肝心の定番アイテムであるカミソリはお肌への負担に繋がり、シェービングフォームをつけたり、刃の交換をしたりと手間がかかりますね。

最近では、脱毛クリーム、脱毛石鹸など色んな商品も紹介されていますが、肌への刺激が強くて断念してしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

抑毛ローションは簡単に使えるということ、幅広い人のお肌に対して低刺激で抑毛できることで話題になっているようです。

実際に抑毛効果があるのか、専門的に解説しています。

抑毛ローションがよくわからない人も必見だよ。

9月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

抑毛ローションとは?

抑毛ローションとは、ローションに含まれる成分により「毛の発育を抑制する」働きのあるものです。

脱毛効果はないため、混同しないよう注意しましょう。

カミソリやシェーバーなどを使ったムダ毛処理とは違い、即効性は期待できず、同時に手間がかかります。

その反面、抑毛ローションは他のムダ毛処理方法と比較して肌に優しいので、敏感肌の方でも安心です。

一定期間使い続けることで、毛が薄くなったり、毛の生えるスピードが遅くなったり、毛が細くなったりなどの効果を実感できるものです。

 

抑毛ローションのメリットは?

抑毛ローションのメリットは、次の通りです。

ムダ毛処理時の肌への負担が比較的少ない

カミソリは先端の刃物による刺激、毛抜きは引っこ抜いたときの刺激でお肌に負担がかかります。

また、他にも除毛クリームは塗るだけ簡単な、抑毛クリームとよく似た商品ですが、クリームに含まれる成分は皮膚への負担が大きいものになります。

一方で、抑毛クリームに含まれる成分は比較的肌に優しいものを使用している為、肌への負担を抑えることが出来ます。

 

抑毛以外に美肌効果も期待できる

成分についての詳細は後述しておりますが、抑毛クリームに含まれる成分はお肌に優しいだけでなく、美容にも良いとされています。

中には、カミソリや電動シェーバーでムダ毛処理を行った後のアフターケアトリートメントとして使用できる商品も販売されています。

 

子供にも使えるくらい肌に優しい

多少の差はあるものの、抑毛クリーム全般的にお肌に優しい成分が配合されている傾向にあります。

その為、商品によっては対象が異なる場合もありますが、子供向けの抑毛クリームも販売されているほどです。

 

お店に通う必要がないため自分の好きなタイミングで使用できる

忙しい方はもちろん、周囲の目が気になる方にも抑毛クリームは一役買ってくれるでしょう。

即効性がない為、今すぐに処理したい方には不向きかもしれませんが、自宅で手軽に継続することが出来るでしょう。

 

抑毛ローションデメリットは?

抑毛ローションのデメリットは、次の通りです。

脱毛効果はない

抑毛ローションには、毛が薄くなる、細くなるといった脱毛効果は得られない為、エステサロンやクリニックで受けられる脱毛と混同しないようにしましょう。

前述でも解説しておりますが、あくまでも毛の成長を抑制するものです。

 

一定期間使い続ける必要がある

カミソリや毛抜きのように、使用してすぐに毛の処理ができるわけではありません

一定期間使用を続けることで、抑毛の効果を実感することができるでしょう。

個人差はありますが、一定期間使用を続けてもなかなか効果を実感できない場合も。

最低でも1ヶ月くらいは様子を見てみましょう

 

剛毛や太い毛にはあまり向かない

実は抑毛ローションの内容成分は、男性の剛毛、太い毛の処理には不向きな傾向にあります。

その為、剛毛や太い毛の男性は、アフターケアトリートメントとして推奨されている商品を普段行っているムダ毛処理の後に使用し、抑毛効果を待ってみる方法から試してみるのが良いかもしれません。

 

抑毛ローションは本当に効果があるのか?

抑毛ローションは、果たして本当に効果があるのでしょうか。

答えは、「一定の効果は期待できる」です。

抑毛ローションに即効性はなく、効果を実感するまでに一定の期間が必要で、かつ効果を持続させるには使用し続ける必要があります

しばらく使い続けることにより、毛の量や生えるスピードなどに対して効果を実感できるでしょう。

なお、抑毛ローションの効果を実感するためには、最低でも2〜3か月は使用し続けましょう。

抑毛ローションは、ムダ毛処理の補助的なものとして使用するのがおすすめです。

例えば、「明日までにすぐに毛を無くしたい」という場合に抑毛ローションを使用しても効果はありませんが、カミソリなどのムダ毛処理と併せて抑毛ローションを使用することで、将来的に毛が薄くなるなどの効果が期待できるでしょう。

 

抑毛ローションを選ぶポイント

実際に抑毛ローションを使ってみようと考えている人のために、「どのような抑毛ローションを買えばいいの?」という疑問を解決します。

抑毛ローションを購入する際には、次のようなポイントに注意しましょう。

抑毛ローションの購入をお考えの男性は是非参考にしてね。

抑毛効果のある成分が含まれているか

抑毛ローションにおいて一番重要な、「抑毛効果のある成分」がきちんと含まれているかチェックしましょう。

抑毛効果のある成分として代表的なのが、「イソフラボン」と「パイナップル成分」です。

イソフラボンとは、主に大豆製品に含まれている成分です。イソフラボンは女性ホルモンと似た構造を持ち、ムダ毛の成長を抑える働きがあります。

参照:厚生労働省:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ &A

https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0202-1a.html#q04

また、パイナップル成分とは、ブロメライン酵素やパパイン酵素などを指します。

これらには、タンパク質を分解する働きがあります。ムダ毛のタンパク質を分解することで、毛質を柔らかくしたり、発毛する力を弱くしたりする働きがあります

参照:パイナップルに含まれる酵素を知りたい。 | レファレンス協同データベース

https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000206777

商品の成分表を確認し、イソフラボンやパイナップル成分が含まれるローションを選びましょう。

 

肌への刺激は強くないか

肌が敏感でカミソリなどを使用すると肌が荒れてしまうという人は、抑毛ローションでも肌が荒れる恐れがあるため、肌への刺激が弱いものを選びましょう

せっかく肌に負担をかけないムダ毛処理方法を行なっても、ローションによって肌が荒れてしまっては元も子もありません。

化学物質の含有量が少ないものを選ぶといいでしょう。特に、陰部や顔は、他の部位よりも皮膚が薄い構造となっているため刺激を感じやすくなります。

初めて陰部や顔に使用する際は、体の目立ちにくい部分でパッチテストを行うことをおすすめします

 

抑毛以外の効果はあるか

抑毛ローションには、抑毛効果の他に保湿や美白効果のある商品も販売されています。

肌に直接塗って使用するものであるため、抑毛効果だけではなくスキンケアも同時に行えるものを選ぶことをおすすめします

 

抑毛ローションの香りで選んでみる

効果や刺激が少ないローション選びは大切ですが、特に女性の間では香りで選ぶ方も多いです。

塗った後、しばらくは香りが残り続ける為、自身の好みを見つけましょう

 

抑毛ローションの値段の相場

現在販売されている抑毛ローションの相場は、安いものであれば500〜600円前後、高いものであれば5,000〜6,000円前後となっています。

価格が高いものであれば、抑毛効果以外のスキンケア成分が含まれていることが多いです。

これから初めて抑毛ローションを使うという人であれば、まずは500〜600円前後の安いものから試し、気に入れば少しずつ価格の高いものを購入するといいでしょう。

 

抑毛ローションはどこで売っている?

抑毛ローションは、一般的なドラッグストアや通販サイトで販売されています

ドラッグストアの場合は、少し見つけにくい場所に陳列されていることや、そもそも取り扱いをしていない場合も少なくないため、事前に問い合わせて在庫を確認するといいでしょう。

通販サイトであれば、一度に数種類のメーカーの商品を比較することもできるため、色々な抑毛ローションを見てみたいという人は通販で購入するのがおすすめです。

一般的な通販サイトで販売されている抑毛ローションよりも、ドラッグストアで取り扱っている商品の方が、価格が安い傾向があります。自分の予算に合わせて正しい選択をしましょう。

 

抑毛ローションの効果的な使い方

実際に抑毛ローションを購入して手に入れたという人は、より効果を実感できるような正しい使い方をしましょう。

そもそも抑毛ローションには即効性はなく、効果を実感できるまで時間がかかるものです。

間違った使い方を続けていると、思うような効果を発揮できないこともあります。

これから抑毛ローションを使うという人は、次のことに注意してください。

初めてでも、失敗したくない人も是非みてね。

メンズ脱毛・キャンペーン中!

 

ムダ毛処理後に使う

抑毛ローションは、ムダ毛を自己処理した後に使用することをおすすめします。

多くの抑毛ローションには保湿成分などが含まれているため、ムダ毛処理後の刺激を受けた肌に使うことで、抑毛しながらスキンケアを行うことができます

 

肌が清潔な状態で塗る

抑毛ローションは、できるだけ肌に浸透させて抑毛成分を行き渡らせることが大切です。

入浴前など肌が不潔な状態でローションを塗っても、汗などがローションの浸透を妨げ、思うような効果を実感できなくなる恐れがあります。

特に、入浴後に使用することがおすすめです。

入浴後は肌が清潔な状態である上に、毛穴が開いているためローションの成分が比較的浸透しやすい状態となっています。お風呂上がりのスキンケアの一貫として使用するといいでしょう。

 

1日2回塗る

抑毛ローションは、抑毛成分が肌に浸透し、ムダ毛に作用することで効果を実感できるものです。

そのため朝と夜の2回使い、できるだけ抑毛成分を肌に浸透させることが大切です。

例えば、夜お風呂に入った後や朝顔を洗った後など、できるだけ毛穴にローションの成分が浸透しやすい状態で使うことをおすすめします。

 

継続して使用する

抑毛ローションは、とにかく使用し続けることで効果が得られるものです。

不定期の使用になってしまうと、人の体の自然治癒力により再び以前のムダ毛が生える状態に戻ってしまいます。

毎日、そして1日2回使用し、効果が実感できるまで根気よく続けましょう。

 

ローションを塗った後は化粧水で保湿

スキンケアの一つとして抑毛ローションを使っていても、ローションのあとは必ず化粧水などを使ったスキンケアも忘れないようにしましょう。

抑毛ローションにも保湿成分などが含まれているとはいえ、あくまでもメインの目的は抑毛をするための商品になっています。

これまでのスキンケア方法を怠ることなく、併せて使用するようにしましょう。

 

抑毛ローションが使える体の部位

抑毛ローションは、全身どの部位でも使用できるのかを解説します。

抑毛ローションが使える体の部位は、基本的には製品によって異なります。

部位によっては皮膚が敏感で、抑毛ローションの使用に注意する必要があります。

抑毛ローションを使用する前に、必ず確認をしておきましょう。

それぞれの商品で推奨されている使用部位を確認しよう!

顔周り

頬や額、口の周りの産毛などは、顔専用の製品もしくは全身に使える優しい成分の抑毛ローションを使いましょう。

顔の皮膚は、他の部位と比較すると非常に薄い構造となっています。

抑毛ローションに含まれる成分の刺激を受けやすく、肌荒れになる可能性もあるため、適切な製品を選びましょう。

 

男性のムダ毛の悩みとして代表的な髭は、他の顔まわりのムダ毛と比較すると、毛が太いという特徴があります。

そのため、全身用の抑毛クリームなどでは効果を実感しづらい恐れがあります

髭に抑毛クリームを使用したい場合は、男性向けの製品や、顔もしくは髭専用の製品を使用するといいでしょう。

 

胸毛

胸毛に抑毛クリームを使用したい場合は、全身用の製品を使用するといいでしょう。

胸毛は他のムダ毛と比較すると、カミソリなどを使った自己処理に抵抗がある人が多いでしょう。

剃った後のチクチク感などが嫌だという人は、抑毛クリームを使って徐々に薄くすることをおすすめします。

 

すね毛

すね毛に抑毛ローションを使用したい場合は、全身用の製品を選ぶといいでしょう。

すね毛は、男性のムダ毛の悩みとして代表的な髭に次いで、悩みを抱える男性が多いとされている部位です。

また、胸毛と同じようにカミソリなどを使用するとチクチクしてしまうことや、完全に処理してしまうことに抵抗がある人も多いでしょう。

すね毛に毛ローションを使用すると、毛が一気になくなることはないため、徐々に自然な感じですね毛を薄くすることができます

ツルツルの状態にしたいという人には不向きですが、濃いすね毛を少しでも薄くしたいと考えている人にはおすすめです。

 

脇毛

脇毛に抑毛ローションを使用したい場合は、全身用の製品を選ぶといいでしょう。

脇毛は、髭に次いで毛が太く濃い部位であると言えます。

しかし、髭とは違って毛を全て処理しきってしまうことに抵抗感のある男性も少なくないでしょう。

抑毛ローションであれば、一気に毛が全てなくなるということはないため、脇毛を適度に薄くしたいという人にとってはうってつけです。

 

 

青髭・濃い髭にも効果があるのか?

男性のムダ毛の悩みNO.1とも言われる髭は、特に濃い髭や青髭に悩まされている人も少なくありません。

抑毛ローションは、そのような濃い髭や青髭にも効果があるのかどうかを解説していきます。

青髭

そもそも青髭は、生活習慣の乱れなどの様々な原因により、男性ホルモンが活性化することで髭の生えるスピードが早いことや、顔の皮膚の薄さによって皮膚の下の毛が透けて見えていることが要因となっています。

抑毛ローションには、毛を細くしたり薄くしたりする効果だけではなく、髭の生えるスピードを遅らせる効果もあります

抑毛ローションに含まれる抑毛成分が、青髭の原因となっている男性ホルモンに働きかけ、青髭の悩みを改善することに繋がります。

 

濃い髭

濃い髭は青髭と同じように、男性ホルモンが活性化することが最大の原因です。

抑毛ローションは、ローションに含まれる抑毛成分が男性ホルモンに働きかけるため、抑毛効果が期待できます。

しかし、通常の髭よりも毛の量が多いことや、毛が太いことから、一般的な髭の男性よりも効果を実感するまでに時間がかかりやすい場合があります。

 

抑毛ローションは手作りもできるのか?

抑毛ローションは市販されているものだけではなく、手作りできることで知られています。

手作りできるローションは、代表的な抑毛成分の一つであるイソフラボンが含まれたものです。

用意するものもあまり多く無いため、手軽に作ることができます。
興味のある人は是非参考にしてみてください。

用意するもの

チェックポイント!

  • 無調整豆乳・・・400ml
  • レモン・・・1〜1.5個
  • 消毒用エタノール
  • コーヒーフィルター
  • ろうと
  • 保存容器

 

作り方

豆乳を温める

豆乳を鍋に入れ、火にかけて温めます。

膜が張ったり鍋に焦げ付いたりしないように注意しながら、弱火で温めながらかき混ぜてください。

 

レモン汁を加える

豆乳がある程度温まったら、レモンの皮を取り除いて絞ったレモン汁を鍋に加えます。

すると、レモン汁の成分の働きにより、豆乳が分離していきます。

 

消毒用エタノールを加える

豆乳が分離したら火を止め、消毒用エタノールを加えます。

 

フィルターでこす

鍋で温めていたものをコーヒーフィルターでこし、無駄なものを取り除いていきます。

 

よく冷まして保存容器に入れる

しばらく放置して冷まし、必要であればろうとを使って保存容器にうつします。

食品を使った手作りローションであるため、使用期限はおおよそ1か月程度としてください。

 

抑毛ローションは副作用があるのか?

肌に直接塗る抑毛ローションは、その副作用について心配する人も少なくないでしょう。

抑毛ローションは基本的には肌に優しい成分で作られていますが、製品やその人の体質、体調などによっては副作用が現れる恐れもあります。

考えられる副作用としては、肌の赤みやかゆみ、かぶれなどがあります。

ただし、このような副作用は抑毛ローションに限ったものではなく、どのような化粧品を使用しても全くリスクが無いとは言い切れません。

副作用の現れ方も人によって違うため、不安がある人や初めて抑毛ローションを使用するという人は、事前にパッチテストなどを行うといいでしょう。

また、抑毛ローションに含まれるイソフラボンやパイナップル成分などについては、体の機能に支障をきたすような副作用はないとされています。

参照:厚生労働省:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ &A

https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0202-1a.html#q04

参照:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A:農林水産省

https://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_daizu_qa/

 

抑毛ローションの効果を気にする方は‥

抑毛ローションのデメリットとしてご紹介した、「剛毛、太い毛には不向き」であるという点から効果が気になる方は、メンズ脱毛サロンやクリニックで受けられる脱毛を検討されてみてはいかがでしょうか?

中でも近年主流の脱毛方法と言えば「光脱毛」

光脱毛は、光が毛の黒色(メラニン色素)に反応して、毛根まで熱を届けて毛に栄養を送る細胞に刺激を与えて成長を抑制していきます。

メラニン色素に反応するという性質上、剛毛、太い毛の男性には特に脱毛がうってつけです。

効果が高く痛くない脱毛機はこちら

 

初めて利用する際には抑毛ローションより料金はかかりますが、根本的に毛が薄く、細くなるので、将来に必要な自己処理の費用、手間を軽減することが出来ます

当サロンでも光脱毛を取り扱っておりますので、メンズ脱毛に少しでも興味を持った方は、公式サイトも是非ご覧くださいませ。

RINX公式サイトへ

※当サロンは男性専用です。

 

おわりに

抑毛ローションの最大のポイントは、脱毛効果はなく、毛を細くしたり、薄くしたり、毛の生えるスピードを遅らせる効果のあるものであるということです。

どんなに使用し続けても、毛を完全に無くすことはできないということを押さえておく必要があります。

毛を完全に無くしてツルツルの状態にしたいという人は、「脱毛」が適切

脱毛であれば毛根に直接働きかけて、毛が薄く細くなり、根本的な解決になります。

最近では、学生でも手を出しやすい価格設定をしているサロンやクリニックもありますが、それでも抑毛ローションより費用がかさむ場合、自分の予算とよく相談した上で選択することをおすすめします。

抑毛ローションや脱毛に限らず、ムダ毛処理の方法は自分の目的に最適な方法を選びましょう。

ムダ毛処理方法それぞれの特徴をきちんと把握し、併せて自分の予算などもよく考え、自分が希望する体毛の状態を目指していきましょう。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 3903

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX