kenta ライターkenta

顔・ヒゲ

ウェットシェービングとは?髭が濃い人には脱毛がおすすめ!

多くの男性にとってシェービングは毎日の習慣。

シェービングの方法には大きく分けて、「ウェットシェービング」と「ドライシェービング」の2つの方法があります

「ウェットシェービング」に焦点を当て、ドライシェービングとの違いやウェットシェービングのポイントについて解説します。

また、濃い髭に悩まされている人であれば検討したことがあるであろう「髭脱毛」についてもピックアップします。

今回はあまり聞きなれない「ウェットシェービング」について紹介するよ。

ウェットシェービングとドライシェービングとは?

ウェットシェービングとは、髭を保湿することで深剃りやなめらかな剃り心地を実現するシェービング方法です。

シェービングジェルやフォームを肌に塗布して髭を柔らかくし、さらにシェーバーの刃を水やお湯で濡らした状態でシェービングを行います。

欧米諸国では多くの人がウェットシェービングを行なっている一方で、日本人の約半数がドライシェービングをしているとされています。

メリット

シェービングが早く終わる

ウェットシェービングは、シェービングジェルやフォームを使って髭を柔らかくした状態でシェービングするため、比較的早くシェービングを完了することができます。

 

肌に優しい

ウェットシェービングは早く終わるという点で肌に負担をかける時間が短い上に、シェービングジェルやフォームで肌への摩擦を軽減しているため、肌に優しいシェービング方法であると言えます。

 

なめらかな剃り心地・スベスベした仕上がり

ウェットシェービングはシェービングジェルやフォームを髭や肌に塗布しているため、滑りの良いなめらかな剃り心地があります。

さらに、柔らかい髭は深剃りをしやすいため、ドライシェービングと比較して仕上がりがスベスベとしています。

 

デメリット

シェービングに手間がかかる

ウェットシェービングは髭や肌にシェービングジェルやフォームを塗布したり、髭剃り後に洗顔をしたりなど、ドライシェービングより工程が多くあります。

朝仕事へ行く前など忙しい時間帯にウェットシェービングをするには、少し時間に余裕を持たせる必要があります。

 

電気シェーバーを使う場合は防水機能が必要

電気シェーバーでウェットシェービングを行うためには、電気シェーバーに防水機能が搭載されていなければなりません。

防水機能付きの電気シェーバーはドライシェービング用の製品に比べると、少し値段が高くなることもあります。

 

シェーバーのメンテナンスが必要

ウェットシェービングに使用したシェーバーは、シェービングジェルやフォームが付着し、刃が濡れている状態になります。

シェービング毎に洗い流さなければならない上に、十分に乾燥させておく必要があります。

シェーバーを濡れた状態で保管すると、刃の劣化を早めたり、シェーバー自体の寿命を縮めたりしてしまう恐れがあります。

 

ドライシェービングとは?

ドライシェービングとは、肌や髭が乾いている状態で行うシェービング方法です。

肌や髭を保湿する工程がないため、時間がない朝でも手軽にシェービングを行うことができます

一般的にはウェットシェービングと比較すると肌への負担がかかりやすいとされていますが、近年販売されているシェーバーのほとんどは肌への負担も考慮された製品になりつつあります

個人の好みやシェービングの習慣に合わせてシェービング方法を選択するといいでしょう。

 

ウェットシェービングはこんな人におすすめ

お肌に優しい髭剃りができるから、できるだけ、ウェットシェービングを頑張ってみてね!

肌に優しいシェービングをしたい

「毎日のシェービングによる肌への負担が気になる」という人は、ウェットシェービングを選択するといいでしょう。

ウェットシェービングはシェービングジェルやフォームで髭を柔らかくするため、剃り味がなめらかになりシェービング時間が短縮される上に、シェービングジェルやフォームにより肌への摩擦を軽減してくれます。

 

シェービング時間に余裕がある

ウェットシェービングは髭や肌にシェービングジェルやフォームを塗布したり、洗顔をしたり、シェーバーを洗い流して乾燥させたりなど、ドライシェービングに比べて必要な工程がいくつかあります

その分シェービングにかかる時間が多くなってしまうため、時間に余裕のある人におすすめします。

 

なめらかな剃り心地やスッキリ感を味わいたい

ウェットシェービングはシェービングジェルやフォームを使用するため、滑りが良くなめらかな剃り心地を味わうことができます。

さらに、メントールなどの成分が含まれるシェービングジェルやフォームを使用すると、シェービング後に爽やかなスッキリ感を感じられます

 

正しいウェットシェービング方法

脱毛中は自己処理を避けた方が良いとされるのが一般的ですが、夏場はハーフパンツを着用するなど露出が多くなることもあり、ムダ毛の処理が必要となることもあるでしょう。

次のようなことに注意して肌にできるだけ負担のかからない自己処理を行いましょう

ウェットシェービングのやり方についてご紹介するよ。

準備するもの

チェック!

  • シェーバー
  • シェービング剤
  • 洗顔フォーム
  • 保湿剤

 

ウェットシェービングの手順

 

 

シェービング剤の違い

ジェルタイプ

ジェルタイプのシェービング剤は透明であるため、髭に塗布してもシェービングする部分が見えやすく、剃り残しが少なくなります

初めてシェービング剤を使用するという人にも向いているシェービング剤と言えるでしょう。

 

フォームタイプ

フォームタイプのシェービング剤は、きめ細やかなフォームがシェービング時の摩擦から肌を守ってくれます

水で簡単に洗い流すことができるため、シェービング剤が肌に残ることも少なく快適です。

 

ウェットシェービングのポイント

きちんと下準備をする

ウェットシェービングにおいて「洗顔」は重要な工程の一つです。

洗顔では、寝ている間に分泌された脂や老廃物を綺麗に洗い流すだけでなく、シェービング剤を塗布する前に髭に水分を含ませます。

この下準備の有無でシェービングの仕上がりが変わってくるため、洗顔は欠かさず行いましょう。

 

重いカミソリを使う

プラスチック製の軽いカミソリは手元が安定しづらいだめ、肌を傷つけてしまう恐れがあります。

カミソリの滑りを良くするためには、ある程度重量感のあるカミソリを使うと良いでしょう。

 

髭は朝に剃る

髭は通常、午前6〜10時に最も伸びるとされています。

この時間帯を経て伸びきった髭を剃ることで、できるだけ長い時間髭が無い状態を保つことができます。

 

剃った後はクリームやオイルで保湿

シェービングをした後の肌は、非常に乾燥しやすい状態です。

必ずクリームやオイルなどを塗布し、肌の保湿をしましょう。

 

深剃り・逆剃りする際のコツ

カミソリ

カミソリを使ってウェットシェービングを行う場合は、髭の生えている方向に沿う「順剃り」→髭の生えている方向に逆らう「逆剃り」の順でシェービングを行いましょう。

深剃りのコツと言えば「逆剃り」を思い浮かべる人が多くいるかと思いますが、逆剃りは深剃りができると同時に肌の角質を剃り落としてしまうというデメリットも存在します。

肌の角質を落としすぎてしまうと、いわゆる「カミソリ負け」の原因となるため、順剃りで剃りきれなかった部分を逆剃りしましょう。

 

電気シェーバー

電気シェーバーでウェットシェービングを行う場合は、「逆剃り」をしましょう。

逆剃りは肌への負担がかかりやすい剃り方であることでも知られますが、電気シェーバーは刃の構造上、逆剃りが正しいシェービング方法であるとされています。

電気シェーバーで順剃りをしてしまうと、髭が短くなってしまうため刃が髭をキャッチできなくなり、綺麗にシェービングできなくなってしまいます。

 

濃い髭が気になる人は髭脱毛もおすすめ!

正しいシェービングを行うことで髭を綺麗に剃ることができますが、シェービングはあくまでも一時的な処理方法であり、髭の根本的解決にはなりません

特に髭が濃い人は、1日に2回以上シェービングが必要であったり、夕方には髭が伸びて青髭に悩まされたりなど、一生つきまとう悩みがあります。

そこで、「濃い髭で毎日のシェービングにうんざり!」という人は、「髭脱毛」を検討してはいかがでしょうか。

髭脱毛で、髭剃りのお悩みを解決しよう!

髭脱毛の方法

レーザー・光脱毛

特殊なレーザーや光を脱毛したい部位に照射し、毛の黒色の成分である「メラニン色素」に反応して、毛根刺激することで毛を薄く細くするようにする方法です。

レーザーや光を照射する際に皮膚が薄い部位や毛が太い部位では、個人差がありますが痛みを感じる場合があります

また、クリニックによっては部分麻酔などを使って痛みを抑えることができる場合もあります。希望する脱毛クリニックで相談してみましょう。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、様々な脱毛方法の中でも最も古くから行われている脱毛方法です。

毛穴一つ一つに電気針を入れて特殊な電流を流し、毛を生やす細胞を破壊して毛を生えてこないようにします。

毛穴一つ一つに施術を行う必要があるため手間と時間がかなりかかり、レーザー・光脱毛と比較すると高額になりやすいのがデメリットです。

また、施術時の痛みもかなり強いと言われています。

ただし、レーザー・光脱毛よりも確実に永久脱毛に近づけることができ、効果が高いといえます。

 

髭脱毛の痛みについて

「脱毛」と聞くと多くの人が気になるのは、「施術時の痛み」ではないでしょうか。

髭は毛が太く濃い上に、顔の皮膚は薄いため、他の部位に比べると痛みを感じやすいとされています。

しかし、最近のレーザー・光脱毛であれば、痛みが感じにくくなっています

また、痛みを感じやすい人の場合は、針を使わない麻酔などを使用するクリニックも増えているため、髭脱毛の痛みに対してあまり恐怖心を持つ必要はないでしょう。

 

光脱毛は、当サロンでも取り扱っております。
まずはカウンセリングにてお話を伺い、御一緒にお悩みを解決させて頂いております。

お痛みや、その他ご不安な方は是非お気軽にご相談ください。カウンセリングは無料で行っております。

ご予約お問い合わせはこちら

※当サロンは男性専用です。

 

おわりに

脱毛はただ施術を受けていれば効果が現れるものではなく、脱毛後の正しいケアがその効果を左右します。

男性であればほとんどの人が毎日行うであろうシェービングには、「ウェットシェービング」と「ドライシェービング」があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分のライフスタイルに適した方法を選択しましょう。

また、濃い髭に悩まされているという人には、「髭脱毛」を選択肢の一つとして検討するといいでしょう。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2434

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX