光脱毛に副作用はある?知っておきたいトラブルやリスク

hirotake ライターhirotake

その他

光脱毛に副作用はある?知っておきたいトラブルやリスク

男性の脱毛が身だしなみのひとつとして浸透し、メンズ脱毛サロンやクリニックが増えてきました。

手軽に受けられる料金体系や、学生向けのプランを扱っているお店も多いですが、特殊な光を直接肌に当てるわけですから、脱毛を検討している男性にとって「脱毛」自体に副作用やリスクがないのか気になりますよね。

脱毛はどの方法でも副作用・リスクが起きる可能性があります。起こりうる可能性のあるリスクや予防方法はカウンセリング時に説明がありますが、事前準備として知っておくのも大切です。

この記事では脱毛で起こりうる副作用・リスクや、予防法について解説いたします。

体毛が濃い男子には痛みが少ないリンクスの脱毛がおすすめ!リンクスは初めての方向けに最大96%の割引キャンペーン実施中!!

9月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

脱毛で可能性のある副作用

赤みが出る

脱毛機の光は、毛の黒いメラニン色素に反応させて毛根の組織に熱を送ってアプローチしています。

そのため、施術後は熱が皮膚の中にこもっているので肌に赤みが出たり、むくみが出たりする可能性があります。

医療レーザー脱毛は出力が高い分、肌の弱い男性や皮膚が薄い部位を照射した場合、数日間赤みが続く場合がありますが、自然に治まります。

 

火傷(やけど)

医療レーザー脱毛の場合、皮膚が薄くて弱い人や日焼けして肌が黒い人は火傷(やけど)のリスクがあります。

日焼け肌に施術をすると火傷(やけど)のリスクがある理由は、脱毛機の光が毛の黒いメラニン色素に反応させて熱を送る仕組みですので、肌が黒いと肌にも光が反応してしまうためです。日焼けが顕著な場合は安全面を考慮して、施術を断られるケースがあります。

万が一医療レーザー脱毛で火傷(やけど)を負った場合は、施術してもらったクリニックに連絡して適切な処置をしてもらいましょう。毎日の肌の保湿ケアをすることで外的刺激から肌を守る「バリア機能」が強くなるので、火傷(やけど)や赤みを防ぐことができます。また、日焼け止めクリームなどで紫外線対策をすることも重要です。

 

かゆみが出る

照射後は皮膚の中に熱がこもるので、水分が蒸発しやすい状態になります。肌の水分が蒸発すると乾燥してしまい、そうなると肌のバリア機能が低下するためかゆみが出ることがあります。これも肌を保湿することで防ぐことができます。

 

痛みがある

脱毛機の光を照射する時は、少なからず痛みがあります。医療レーザー脱毛の機械はパワーが強く、痛みが大きいので麻酔を使用する場合が多いです。

光脱毛は肌に優しい光なので痛みが少なく、アイスパックや冷却ジェルで痛みを抑えることができますが、肌が乾燥していたり肌が日焼けして黒くなったりしていると痛みを感じやすくなってしまいます。脱毛機の光は毛の黒い「メラニン色素」に反応させて熱を送っているため、肌が黒いと光の熱量が分散して痛みを感じやすくなるのです。脱毛効果も落ちてしまうので、脱毛中は紫外線対策と乾燥しないように肌の保湿ケアをしっかり行いましょう。

 

毛嚢炎(もうのうえん)

脱毛の施術によって皮膚の下に熱が送られるため、肌の水分量が低下してバリア機能が一時的に下がります。その際に摩擦などの刺激によって毛穴に雑菌が入ってしまうと、毛嚢炎(もうのうえん)になることがあります。

黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌という細菌が毛根の組織に入り込み、赤みやニキビのような膿をもった炎症で、痛みや熱をもちます。

光脱毛で毛嚢炎になる可能性は低いですが、光のエネルギーが強い医療レーザー脱毛に起こりやすい副作用のひとつです。塗り薬を処方してもらい、清潔にしてお手入れをしていれば1週間ほどで良くなります。

引用元:第一三共ヘルスケア

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_hifuken/symptom/mounouen/

毛嚢炎の原因と正しい予防の方法

髭やムダ毛を処理するときに起こる代表的な肌トラブルのひとつが「毛嚢炎(もうのうえん)」で...

皮むけ

光脱毛では可能性が低いのですが、医療レーザー脱毛の場合は毛包組織を破壊する強い光を照射するため、肌へのダメージが大きいです。怪我を治そうとする働きによって、皮膚の表面から皮がむけて白い垢が出てくることがありますが、1~2週間で治まります。肌が乾燥しないように保湿ケアをしましょう。

 

硬毛化

ごく稀にですが、脱毛によって以前より毛が太くなる硬毛化・増毛化という現象が起きることがあります。なぜ硬毛化になるのかはまだ解明できていませんが、脱毛機の光によって発毛組織を弱らせるはずが、何らかの原因によって活性化してしまう現象です。硬毛化・増毛化は、産毛や細い毛が生えている背中やうなじ、二の腕などに起きやすい傾向があります。

万が一硬毛化・増毛化が起きた場合は、施術を継続することで解消させていきます。脱毛店選びをする際は、カウンセリング時に硬毛化の説明、予防や対処をしているところを選びましょう。

※RINX(リンクス)では、毎回施術時に経過をチェックしてしっかりと硬毛化・増毛化への十分な対策をしております。不安な方はお気軽に無料カウンセリングへお越しください。

照射漏れ

施術後2週間経過しても毛が抜けない場合、照射漏れの可能性があります。毛が抜けない箇所が一列になって残っていたり、かたまりになって残っていたりするのが特徴です。光脱毛の脱毛機の照射口は大きいので照射漏れが起きにくいですが、医療レーザー脱毛の脱毛機は照射口が小さいので照射漏れが起きやすいといえます。照射漏れだと思われる場合は毛が残っている箇所を自己処理せず、早めに施術を受けたサロン・クリニックに連絡して打ち直しをしてもらいましょう。

※RINX(リンクス)では、照射漏れが起きないよう脱毛部位にマーカーを入れて施術をしておりますが、万が一照射漏れが発生した場合は無料で再照射いたします。2~3か月以上経過すると判断できかねますので、早めにご連絡ください。

 

脱毛をすると皮膚がんのリスクが高まる?

全身脱毛を検討している男性の中には、脱毛の光を全身に何度も当てていると皮膚がんになるのではないかと考える方がいるようですが、皮膚がんの原因となる紫外線は脱毛機の光に含まれていないので、皮膚がんを誘発されることは医学的にありません。

参考:http://hisamotohifuka.com/faq/

 

脱毛をすると汗の量が増える?

特に脇毛脱毛をした場合、汗の量が増えたように感じることがあります。脱毛によって毛が無くなると、今まで汗をかくと汗の一部を毛が吸い取っていた分、障害物が無くなって汗が皮膚の上の流れる感覚になります。

汗の量が増えたと錯覚することがありますが、脱毛によって汗を出す汗腺の量が増えることはありませんので、脱毛によって汗の量が増えるという心配はありません。

 

光脱毛はリスクが少なく肌に優しい

医療レーザー脱毛は脱毛機の光の出力が高いので、少ない回数で脱毛効果を実感しやすい方法ですが、肌ダメージや痛みが大きいのでとくに肌が弱い男性や敏感肌の男性は赤みが引かなかったり、かゆみが出たりする副作用が起きる可能性も高いです。一方、光脱毛の光は肌に優しい光で、美肌効果が期待できる作用があるので肌の調子を整えながら脱毛をすすめていくことができます。痛みも少なく、敏感肌の男性でも安全に施術ができます。

 

脱毛なら痛みが少ない男性専用のRINX(リンクス)がおすすめ!

オリジナル脱毛機を使用

RINX(リンクス)では脱毛機メーカーと共同開発した男性専用のオリジナル脱毛機を全国のサロンに導入しています。特大サイズの冷却装置を搭載し、痛みを最小限に抑えています。

15段階のパワー調節ができるため、一人一人その時の毛質・肌状態に合わせた照射ができるので、肌に優しく安全な施術が可能です。

また、スタッフ・利用客ともに男性のみです。全部屋個室で打ち明けにくい体毛へのコンプレックスや脱毛に関する相談も気軽にできる環境です。コース満了後は無期限・無制限80%FF保証もあり、お財布に負担がかかりません。

始めやすいお試しコースやキャンペーンも豊富でカウンセリング・パッチテストはいつでも無料です。お気軽にお近くのサロンへお越しください。

初めての方限定!メンズ脱毛96%OFF割引プランはこちら!!!

ご予約お問い合わせはこちら

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11888

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
RINX RINX リンクス