硬毛化って何?脱毛との関係や予防・対策法を解説

ひげ太郎 ライターひげ太郎

その他

硬毛化って何?脱毛との関係や予防・対策法を解説

「脱毛しているのに、なぜか毛が濃くなってきた」

ムダ毛の悩みを解決したくて脱毛を始めたのに、以前より毛が濃くなる場合があります。これは硬毛化と呼ばれる現象で、脱毛で発生するリスクのひとつです。

脱毛を検討している方は、始める前に起こりうるリスクを把握することが大切です。

今回の記事では、硬毛化の予防法や、万が一発症した場合の対処法を解説します。

10月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

脱毛で硬毛化するって本当?

硬毛化とは、脱毛を進めていくうちに毛が濃く硬く変化する現象のことです。硬毛化に加えて、毛の本数が増える「増毛化」が起きることもあります。硬毛化や増毛化の発症頻度は1%程度といわれていますが、部位によって異なります。

体毛は男性ホルモンの増加により濃くなる傾向がありますが、脱毛は毛根に存在する毛母細胞にのみアプローチをするため、ホルモンバランスへの影響はないとされています。

以上から、硬毛化や増毛化は男性ホルモンの増加により発生するものではなく、脱毛が引き起こしているものだという仮説が成り立ちます。

 

硬毛化や増毛化の原因は何?

硬毛化や増毛化は、レーザー脱毛や光脱毛で起こりうるリスクです。人間の毛穴は妊娠6カ月の頃に完成し、以降増えることはありません。そのため、脱毛で毛穴の数が増えたり毛の本数が増えたりすることはないといわれています。

では、硬毛化・増毛化にはどういった原因があるのでしょうか?

 

正確な原因は不明

実は、硬毛化や増毛化の原因は解明されていません。「脱毛によって退行期や休止期の毛が急成長した」という説などがありますが、あくまで仮説です。

ただ、脱毛機の熱刺激で細胞が活性化し、毛の成長が促進されて硬毛化や増毛化が発生するという説は有力だとされています。

 

脱毛時の刺激が原因という説がある

レーザー脱毛や光脱毛は体毛のメラニン色素に反応する光を照射することで、毛根の細胞に熱を送る仕組みです。しかし、脱毛器の光は産毛のような細くメラニン色素の薄い毛には反応しづらく、十分な熱を伝えられません。

脱毛機の出力が不十分であれば、刺激はあるものの毛根の細胞は生き残ります。結果、毛の成長因子が活性化し、硬毛化や増毛化が発生すると考えられています。

ただし、仮説の域は出る話ではなく、はっきりとした原因は解明されていません。

 

硬毛化しやすい部位は?

メラニン色素が少ない細い毛や産毛は脱毛機の光が充分に反応しないため、硬毛化・増毛化のリスクが高いとされています。硬毛化・増毛化はどの部位でも起こりえますが、特に起きやすい部位をまとめました。

■顔

顔には産毛が多く生えています。中でもフェイスラインやもみあげ周辺は、硬毛化・増毛化のリスクが高い部位です。

■背中・うなじ

背中からうなじにかけての部位は細い毛や産毛が多く、硬毛化・増毛化が起きやすいといえます。

※RINX(リンクス)では硬毛化・増毛化のリスクを避けるため、うなじは脱毛対象外としています。

■二の腕・肩

肩から二の腕の範囲も産毛が多く、特に肩周辺は硬毛化・増毛化が起きやすい部位です。

 

硬毛化を避けるための脱毛方法

硬毛化や増毛化のリスクをゼロにはできませんが、確率を下げることはできます。硬毛化・増毛化対策をしているサロン・クリニックもあり、どこで施術を受けるかも関係してきます。

ここでは、硬毛化・増毛化を避けるための方法をご紹介します。

 

毛質に合わせて施術できるサロンやクリニックを選ぶ

毛質に合わせた脱毛機の使用や施術方法の変更、細かい出力調整ができる脱毛機を扱うサロンやクリニックを選ぶのがおすすめです。出力の弱い脱毛機を使用しているお店や、カウンセリング時に脱毛で起こりうるリスクを説明してくれないお店は避けたほうが無難です。

判断がつかない場合は、硬毛化や増毛化が不安だとはっきり伝えた上で、どのような対策を取っているのか確認しましょう。

※RINX(リンクス)では15段階もの出力調整が可能なオリジナル脱毛機を使用しています。

効果が高く痛くない脱毛機はこちら

脱毛ビフォーアフターを見る

 

メラニン色素の少ない毛が生えている部位を避ける

メラニン色素が少ない体毛が生えているところは、硬毛化・増毛化の好発部位です。ムダ毛が目立たなければ、該当する部位の脱毛を避けるのもひとつの方法です。

また、毛を生やす指令を出す「バルジ領域」にアプローチする「蓄熱式脱毛」が、硬毛化・増毛化予防として有効とする説があります。しかし、まだ歴史や実績を積んでいる状態で、本当に予防できるのか断言できる状況ではありません。

 

万が一硬毛化したときの3つの対処法

硬毛化・増毛化はどの部位でも発生する可能性があり、十分に注意してもリスクをゼロにはできません。そのため、できたときの対処法を知っておくことが重要です。

ここでは、万が一硬毛化・増毛化した場合の有効な対策法について解説します。

 

高出力のレーザーで脱毛する

確実に脱毛するには毛母細胞を破壊する必要があり、高出力のレーザー脱毛を継続することが有効です。硬毛化・増毛化しても、毛母細胞が機能しなくなれば毛が生えてこなくなります。

脱毛で毛が濃くなれば焦るかもしれませんが、毛周期に合わせて根気よく照射を続ければ解消されるでしょう。

出力が不十分な古い脱毛機や、女性向けの脱毛機を男性にも使用しているサロン・クリニックは避けることをおすすめします。

 

ニードル脱毛を受ける

針を使ったニードル脱毛で、硬毛化・増毛化した毛をピンポイントに処理する方法もあります。

ニードル脱毛は、脱毛サロンや一部のクリニックで行われています。プローブと呼ばれる器具を毛穴に挿入し、微弱電流を流すことで毛母細胞に攻撃する方法で、永久脱毛が可能です。

ニードル脱毛は体毛を1本ずつ施術するため時間と費用がかかりますが、万が一硬毛化・増毛化した場合でもほぼ確実に処理できます。

 

体毛の生え替わりを待つ

毛が生え替わることで改善する可能性があるため、いったん放置する手もあります。脱毛時の刺激が原因で硬毛化・増毛化しているとすれば、元の毛質に戻るまで施術を中断すると改善するかもしれないからです。期間は半年以上必要ですが、毛周期を繰り返すうちに解消する方もいます。

しかし、長期間放置しても変わらないケースも多く、通常は照射の継続やニードル脱毛に移行することが多いです。

 

硬毛化が心配なら脱毛を受ける前に相談しよう!

硬毛化や増毛化は、脱毛をする上で起こりうるリスクのひとつです。確実に予防する方法がないため、保証付きのクリニック・サロンを選ぶのがおすすめです。

硬毛化・増毛化が発症した場合の保証の有無や内容は、クリニックやサロンによって異なります。施術料金が割引になる保証や一定期間無料で脱毛できる保証など、対応や期間もさまざまです。

まずはカウンセリングを受けて相談することが大切で、硬毛化や増毛化に対しどういった対策や保証を設けているのか確認しましょう。

 

脱毛に関するご相談はRINX(リンクス)へ

メンズ脱毛サロンRINX(リンクス)では、カウンセリングの際に硬毛化・増毛化のリスクや対策について説明し、好発部位の施術はお客様にご理解いただいた場合にのみ行っております。

施術は毛質や肌質を見極め、硬毛化や増毛化のリスクを最小限に抑えるよう努めています。

安心して脱毛をするなら、男性の脱毛に特化したRINX(リンクス)がおすすめです。

メンズ脱毛キャンペーンを見る

 

独自開発した脱毛マシンで毛質に合わせて施術できる

RINX(リンクス)では、医師監修のもと独自開発した男性専用の脱毛マシンを使用しています。

硬毛化や増毛化のリスクを軽減するには、毛質や部位に適した出力で施術することが重要です。その点、RINX(リンクス)の脱毛機は、15段位もの出力調整により全ての毛質・肌質に対応できます。従来機の3倍以上の冷却機能で痛みを最小限に抑え、敏感肌の方には低刺激で安全に脱毛できるのも大きな特徴です。

また、脱毛のリスク軽減のため、さまざまな講習・研修を行いスタッフの技術力向上にも努めています。

脱毛ビフォーアフターを見る

 

硬毛化・再発毛した際にも安心な永久80%OFF保証

永久脱毛でも再発毛する可能性はあり、再び脱毛するにはコースの再契約が必要なのが一般的です。しかし、それでは費用がかさんでしまうため、RINX(リンクス)ではコース満了後の永久80%OFF保証を設けています。

再発毛時には低価格で施術を受けられる上、期限や回数に制限もありません。生涯レベルでメンテナンスが可能で、お引っ越しなどで店舗が変わっても無料で変更できます。

※80%OFF保証は、ヒゲ脱毛10回コース、ボディ・陰部脱毛8回コースが対象です。

メンズ脱毛の口コミ・体験談はこちら

 

全身のあらゆる部位に対応

メンズ脱毛の場合、コースの取り扱いがヒゲ脱毛のみの場合や、VIO(陰部)が施術対象外のサロン・クリニックも少なくありません。

RINX(リンクス)ならVIO(陰部)を含む全部位の脱毛に対応しており、希望部位や予算に合わせたオーダーメイド脱毛も好評です。

スタッフは全員脱毛経験のある男性で、「女性がいると恥ずかしい」「コンプレックスの体毛を見られたくない」という気持ちに寄り添った対応を心がけています。

 

まとめ

硬毛化・増毛化は明確な原因が不明で、確実な予防策もありませんが、リスクを軽減することはできます。

脱毛を受ける人なら誰にでも起きる可能性があり、硬毛化や増毛化が起きた際の保証や対策をしっかり行っているサロン・クリニック選びが重要です。

RINX(リンクス)では毛質に合わせて適切な出力を見極め、施術時間を調整することで脱毛のリスクを最小限にしています。

カウンセリングは無料ですので、ご相談のみでも気軽にお越しください。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11848

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX RINX リンクス