ひげ太郎 ライターひげ太郎

眉毛

【メンズ】理想の眉毛の形は?整え方をパターン別に解説

「人は見た目が9割」という本が出るほど外見の印象は大切です。

顔のパーツの中でも、眉毛は見た目の印象づくりに重要な部分ですので、きちんとお手入れすることは清潔感を出すための身だしなみのひとつとも言えます。

また、眉毛の太さや長さ・眉山の高さなどの形を変化させることで、自分がなりたい理想のイメージになれるのです。

でも、どうやって眉毛を整えればいいのかわからない

自分に一番合った眉毛はどんな形なのかな、、、

今回の記事では、そんな疑問や悩みを持つ男性に向けて、自眉タイプ別の整え方や人気の眉毛デザインについてお答えしていきます。

この記事では、自眉の形やなりたいイメージ別の眉毛の整え方を紹介していくよ!

人気の眉毛の形パターン8選

まず、眉毛の形にはどういったものがあるのでしょうか?

自分がどんなイメージを目指しているのか、周りからの印象をどのように見せたいのかを決めましょう。

ここでは代表的な眉毛の形を8パターン見ていきます。それぞれどのような印象を持たれるのでしょうか?

 

眉毛同士の距離が近い

見た目のイメージ

  • 目が近く見える
  • 内気
  • しっかり者
  • 神経質

目と眉毛の距離が近い

目と眉毛の距離が近い

見た目のイメージ

  • 目力がU Pする
  • 彫り深い顔に見える
  • 男らしい
  • 知性的

上がり眉

上がり眉

見た目のイメージ

  • シャープ
  • つり目に見える
  • 怖い
  • 気がキツい

眉毛が長い

眉毛が長い

見た目のイメージ

  • 顔のパーツがはっきりする
  • 顔が引きしまる
  • 意思が固い
  • 頼りになりそう

眉毛同士の距離が広い

眉毛同士の距離が広い

見た目のイメージ

  • 顔の幅が大きく見える
  • 目が離れて見える
  • 穏やかで優しい

目と眉毛の距離が遠い

目と眉毛の距離が遠い

見た目のイメージ

  • 目力がD O W Nする
  • 薄い顔に見える
  • おっとり落ち着いている

下がり眉

下がり眉

見た目のイメージ

  • 顔がむくんで見える
  • 垂れ目に見える
  • 悲しそう
  • ついてなさそう

眉毛の幅が狭い

眉毛の幅が狭い

見た目のイメージ

  • 顔のパーツがぼやける
  • 顔がむくんで見える
  • 頼りない
  • 弱そう

眉毛を整えるのに必要な便利アイテム3つ

自分がなりたい顔のイメージが決まったら、眉毛を整える準備を始めましょう。

まずは道具を揃えます。

100均にも売っているのでお手軽に揃えることがきますよ。

眉毛を整えるのに必要なアイテムを紹介するよ!

眉用ハサミ

長過ぎる眉毛をカットする時に使用します。

ハサミを置いたときに刃の先端が上がっている方を上向きにして使用します。

工作ハサミでのお手入れは切りすぎてしまうので、専用の眉用ハサミを購入しましょう。

 

眉用コーム

アイブローコーム

コーム側は眉毛を整える時にとかす時、ブラシ側はアイブロウペンシルなどで眉毛を書いた時にぼかす時に使用します。

アイブロウブラシと眉毛コーム別々で用意してもいいですが、写真のようにコームにブラシが付いている物を選ぶと便利です。

 

シェーバー

余分な産毛や細い毛を処理する時に使用します。

電動シェーバーでなくても、小さめの眉毛用剃刀でもOKです。

 

メンズの眉毛を整える時のNG行為

毛抜きを使って眉毛の処理をしてしまうと、埋もれ毛や毛穴から雑菌が入って肌荒れの原因となってしまいます。

また、まぶたの皮膚はとても薄いです。

痛みを伴いますし、毛を根本から抜いてしまうことで皮膚が引っ張られ、まぶたがたるんでしまう可能性があります。

目元がたるむと老けて見えてしまうので、眉毛の処理に毛抜きを使用することは避けた方がいいでしょう。

 

眉毛の基本を知ろう!黄金比とは?

人によって目の大きさや顔の骨格が違うので、似合う眉毛もそれぞれです。

まずは眉毛を整えるにあたって基本になる「眉毛の黄金比」の作り方を紹介します。

一人一人の骨格に個人差があって左右対称ではないですが、以下の方法でバランスが綺麗に仕上がります。

 

男性版:眉毛の黄金比の作り方

眉毛の黄金比

チェックポイント!

  • 眉頭…小鼻の外側と目頭の延長線上
  • 眉山…黒目の外側から目尻の間
  • 眉尻…小鼻の外側から目尻の延長線上

眉尻から眉山までの距離と、眉山から眉頭までの距離が1:2になるようにするとバランス良く見えます。

眉尻は、眉頭よりやや上に位置するようにお手入れするとキレイに仕上がります。

 

 

必見!誰でも簡単にできる眉毛の整え方

①眉毛のアウトラインを書く

アイブロウブラシのコーム側で毛流れに沿って眉毛全体を

とかします。

次に消えやすいペンや、持っている方はアイブロウペンシルで眉毛のアウトラインを書きます。

 

②伸びすぎている眉毛をカットする

コームを眉山から眉下に当てて、下ろしたときにはみ出ている毛は不要な毛なので短くカットします。

眉毛の整え方

カットしすぎると眉毛が部分的に薄くなってしまったり、穴が開いたようになったりと不自然に仕上がるう可能性があるので注意しましょう。

 

③シェーバーで余分な産毛や周辺の毛を処理する

眉上付近などアウトラインからはみ出ている細かいムダ毛を処理します。

この時、シェーバーを使用する場合は勢い余って剃りすぎないように注意しましょう。

最初は眉毛用カミソリで少しずつ丁寧にお手入れしていくと失敗が少ないです。

 

④保湿をして肌を鎮静させる

カミソリやシェーバーでの処理で敏感になった肌を鎮静させるために、化粧水と乳液で保湿をしておきましょう。

この最後のひと手間を入れることで、肌トラブル防止につながります。

 

眉毛カットに失敗したらこれ!

「眉カットに失敗して眉毛に穴が空いてしまった」

「自眉が薄くてムラがある」

という男性にピッタリのアイテムをご紹介いたします。

 

リキッドアイブロウ

リキッドアイブローウで眉毛を書けば、毛を1本1本書くことができるので、自然な眉毛に仕上がります。

ウォータープルーフタイプなら汗や雨でも落ちにくいのでおすすめです。

自眉の色に近いものを選び、毛並みに沿って書いていきましょう。

眉毛全体を書き足す場合は、眉尻→眉頭→真ん中の順に軽い力で書いていきます。

左右対象にするコツは、書きにくい方の眉毛から書き、その後に反対側の眉毛を書くと上手に書けます。

鏡を見て確認しながら少しずつバランス調整しながら書いていきましょう。

 

アイブロウペンシル

自眉が全体的に薄いという男性にはアイブロウペンシルもおすすめです。

鉛筆型と繰り出しタイプがありますが、繰り出しタイプだと削る必要がないので、ゴミが出ません。

使い方は、リキッドアイブロウア同様に眉尻→眉頭→真ん中の順に軽い力で書いていきます。

最後に眉毛コームのブラシ側でぼかして完成です。

 

自眉の形別おすすめの整え方

自眉の形を生かした眉毛の整え方をご紹介していきます。

また、眉毛の毛量が多い男性はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

太い眉毛は整えるべき?似合う眉毛スタイルや整え方手順

 

ボサボサ眉毛

眉毛コームで余分な眉毛をカットします。

眉頭から真ん中までは上に向かってとかし、真ん中から眉尻までは下に向かってとかします。

そこから飛び出した毛をカットしましょう。

 

三角眉毛

眉の山になっている頂点をシェーバーや眉毛用剃刀で剃ります。

眉毛の流れに沿って眉毛コームでとかし、垂れ下がっている部分をカットします。

この時、横向きだと切り過ぎてしまうため縦向きにハサミを入れます。

 

三日月眉毛

眉毛の上部をシェーバーや眉毛用剃刀で直線にそり、眉毛のカーブをなくします。

次に眉尻の下がっている部分を剃ることで、男らしい眉毛に仕上がります。

 

長方形眉毛

知的で力強い感じを出したい場合、眉毛の下の部分をカットして角度をつけます。

剃りすぎないように注意しましょう。

 

癖っ毛眉毛

眉毛コームでとかしてから飛び出している部分をカットします。

カットし過ぎると細くて貧相な顔になってしまうので注意しましょう。

 

つり眉毛

眉山を下げる位置を決めて、眉毛全体が並行になるようにシェーバーか眉毛用剃刀で剃ります。

眉下部分の産毛は処理しなくても大丈夫です。

 

繋がりまゆげ

左右の眉毛がつながっていると、垢抜けない顔になってしまいます。

シェーバーか眉毛用剃刀で剃りましょう。

両小鼻から直線上の位置まで剃ります。

 

ごん太眉毛

眉毛同士が重なって生えている部分、長い毛をカットします。

 

薄い眉毛

アイブロウやアイライナーを使用して眉毛を書き足します。

眉毛の周りにある産毛はシェーバーや眉毛用剃刀で剃りましょう。

眉毛用美容液を使用するのもオススメです。

 

白髪眉毛

眉毛に白髪がある場合、眉毛用のマスカラがオススメです。

 

理想のイメージ別眉毛の整え方

眉毛の形を整える時には、どんなイメージを相手に与えたいかということが大切です。

理想のイメージによって眉毛の整え方が違ってきます。

これからご紹介するポイントや注意点をおさえて眉毛をスタイリングしていきましょう。

 

男らしい

全体的に太くて濃い状態で直線的な眉毛にする。

眉山を後ろの方に作るとワイルドな男らしさが出る。

 

優しい

眉毛に角度をつけず、全体的にカーブのある眉山にする。

丸くなりすぎないように注意。

 

中性的

眉頭を75度に傾ける。

眉山は目尻の上に作り、眉尻を長くする。

眉毛全体はやや細めにする。

 

明るい

少し角度をつけて、上がり眉に。

眉山にカーブを出す。

眉尻を長くする。

 

落ち着いた

角度をつけず、目と平行に。

眉山は目尻より外側に作る。

眉尻に少し角度をつけて落とす。

 

誠実な

太さを残したまま、やや上がり眉に。

眉山を角ばらせる。

 

理知的

眉毛全体をやや細めにして直線的に。

少し角度をつけて上がり眉に。

眉山を角ばらせる。

 

セクシー

眉頭を75度斜めに傾ける。

眉山に角度をつける。

全体的にやや細めにする。

 

外人風

目と眉毛の距離を近くするため、平行眉にする。

眉毛の上部はカーブをつける。

眉下・眉尻周辺の産毛は処理しない。

 

眉毛サロンでプロに任せてみるのもおすすめ

「自分に似合う眉毛デザインをプロの目で見極めてほしい」

「どの眉毛が自分にとって正解なのかわからない」

という男性は、一度専門の眉毛サロンに行って相談してみることをおすすめします。

最近では男性専用の眉毛サロンもあり、眉毛のお手入れ方法や、ヘアスタイルに合わせたトレンドの眉毛スタイルをデザインしてくれます。

眉毛サロンでは、主にワックスを使用した施術になります。

一度キレイに整えてもらえたら、後から伸びてきたムダ毛をお手入れしたらいいだけなので楽です。

自分にとってベストなデザインをプロの目で見てもらうためにも、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

※RINX(リンクス)ではお客様の安全のため、眉毛脱毛は行っておりません。

 

まとめ

自分がなりたい顔のイメージ別から自眉別の眉毛の整え方までご紹介しましたが、いかがでしたか?

自眉の形によっては理想的な眉毛の形にならない場合がありますが、眉毛一つで顔の印象が一気に変わります。

イメチェンしたい男性にもピッタリですので、ぜひ自分に合う眉毛をデザインしてみてくださいね。

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2434

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX