ひげ太郎 ライターひげ太郎

顔・ヒゲ

ヒゲを脱毛クリームで処理したい男性が取るべきオススメ対策

「青髭がコンプレックスだから、脱毛クリームで綺麗にしたい」

「ヒゲ剃りが面倒だから、脱毛クリームで一気に処理したい」

ドラッグストアなどで購入できる脱毛クリームでヒゲを処理することを検討している男性もいるでしょう。

脱毛クリームは、ムダ毛を処理したい部位に塗って洗い流すだけなので、自宅でだれでも簡単にできる自己処理方法です。

しかし、市販の脱毛クリームを顔に塗っても問題ないのでしょうか?

 

そこで今回は、自宅でできるヒゲ処理方法とともに、脱毛クリームでヒゲの除去ができるのか、結局効果的なヒゲ処理はどのような方法なのかを詳しく解説していきます。

代表的な処理方法や、それぞれのメリットやデメリットを紹介するよ!

【アイテム別】ヒゲ自己処理のメリット・デメリット

ヒゲの処理によく使われる方法

男性であればたいていの場合、ヒゲをこまめに処理する必要があります。

特に、濃い人の場合は一日何回剃っても伸びてしまうことや、肌の下に剃り残したヒゲが残る「青ヒゲ」ができる可能性もあり、密かにお悩みの男性も多いと言われています。

ここでは、多くの男性が利用していると思われるヒゲ処理用の器具とそれぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介します。

 

毛抜き

「毛抜き」は、一本一本ムダ毛を引っ張れば毛の根元から処理できる便利なアイテムです。

しかし、その手間や時間から広い範囲を処理するのは難しいことや、一箇所を強く引っ張ることにより肌にダメージを与えてしまいます。

さらに、毛抜きによる処理を施した後の広がった毛根に細菌が入りやすい状態になり、毛嚢炎やニキビ、吹き出物ができてしまう可能性があることなどから注意が必要です。

処理をした後には保湿などのきちんとしたケアをするようにしましょう。

 

カミソリ

カミソリは100円ショップやコンビニエンスストアでも手軽に入手でき、処理も簡単なことから、多くの人から利用されているムダ毛処理アイテムです。

しかし、手軽さとは対照的に、処理するときの力の入れすぎや、無理に押し付けて処理してしまうと肌を傷つける可能性があることなどから注意が必要なアイテムでもあります。

 

シェーバー

カミソリと同様にヒゲ剃りの定番アイテムといえるのが電気シェーバーです。

カミソリよりも肌を傷つけにくい傾向があることや、手軽な処理ができる点が魅力ではありますが、カミソリと同様に奥深くにあるヒゲを処理するためにシェーバーを肌に押し付け、無理に処理しようとすると皮膚に傷がついてしまいます。

傷に細菌が入り、ニキビや吹き出物、毛嚢炎などの皮膚トラブルを招く恐れもあるため、皮膚の衛生面に気をつけなければなりません。

 

脱毛クリームでムダ毛処理ができる仕組みを知ろう

「脱毛クリーム」は、正式には除毛クリームと言われています。

この「除毛クリーム」は毛を抜くのではなく、タンパク質でできた毛を溶かす有効成分によって毛を取り除くクリームです。

脱毛クリームの一般的な使い方は、除毛したい箇所にクリームを塗り、5~10分ムダ毛が溶けるのを待った後、毛が溶けてきたらクリームを洗い流すという簡単な方法で除毛できます。

一度処理すると3~7日程度効果が持続し、キレイな仕上がりになります。

 

抑毛クリームとの違いに注意

脱毛クリームや除毛クリームと似たような商品に、「抑毛クリーム」と呼ばれる商品があります。

これは発毛を抑えるクリームなので、脱毛クリームよりも効果が出るまでに時間がかかります。

また、必ずしもお顔に使える製品ばかりではないので、ヒゲ処理のために使いたいと考えているのであれば注意が必要です。

抑毛クリームを使用したあとに十分な効果を感じられないケースがあることも報告されており、そのときはクリームを代えるなどの策を講じる必要があります。

 

脱毛クリームでムダ毛処理する時の注意点

脱毛クリームをボディに使用する場合には、どの点に注意すれば良いのでしょうか?

ボディは良くても、脱毛クリームをヒゲに使用するのはNGだよ!

日焼けを避ける

脱毛クリームの使用前後は、日焼け止めや日傘などを使用して日焼けをしないように注意しましょう。

紫外線を浴びて日焼けをした後に使用すると、皮膚が弱っているので火傷や炎症など肌トラブルの原因になります。

日焼けをした後に脱毛クリームを使用する場合は、最低3日以上は空けて、肌の赤みや火照りが引いてからにしましょう。

 

パッチテストを行う

本格的にクリームを使用する前にパッチテストを行いましょう。

パッチテストとは、肌の目立たない場所に塗って、赤みやかゆみが出ないかチェックするテストのことです。

可能な限り肌のトラブルが起こらないようにするために、初めて使うクリームにはパッチテストを行うようにしましょう。

 

効果を高める脱毛クリームの使い方

ボディに脱毛クリームを使う際、どのようにすれば効果を高めることができるのでしょうか?

ここでは脱毛クリームを使う際に効果を高める方法をご紹介します。

 

脱毛部位を温める

クリームを塗る前に、クリームを塗る予定の箇所を温かいタオルなどで温めておくようにしましょう。

ムダ毛が柔らかくなり毛穴が開くので、脱毛クリームが入りやすくなり、高い脱毛効果が期待できます。

 

毛穴の汚れを落とす

クリームを塗る前に除毛したい部位をきれいに洗い、皮脂や汚れを落とすようにしましょう。

クリームが肌に浸透しやすくなり、脱毛効果のアップが期待できます。

 

乾いたタオルで水気を拭き取る

濡れた肌にクリームを塗ると効果が激減してしまいます。

そのため、肌が乾いた状態でクリームを塗る必要があります。

もしクリームを塗ろうとしている箇所が濡れている場合は、乾いたタオルで水気を拭き取るようにしましょう。

 

クリーム塗布後はしばらく置いておく

利用する脱毛クリームによって違いはありますが、一定時間置いて洗い流すのがベストです。

その間、クリームを塗った部位にラップを巻いておくと薬剤の有効成分が浸透しやすくなるので、ムダ毛除去に効果的です。

肌トラブルを起こす恐れもあるので、長い時間付けすぎるのは避けましょう。

 

時間が経過したあとはお湯やタオルでクリームを洗い流します。

非常に強い成分でできているので、肌トラブルを避けるために長い時間クリームを付けたままにしておくのは避けましょう

 

化粧水や保湿クリームで潤いを与える

脱毛クリームを洗い流した後には、化粧水や乳液、さらには保湿クリームを使って、きちんとアフターケアをしましょう。

アフターケアをすれば、肌荒れを防ぐことができます。

 

脱毛クリームを利用するデメリット

手軽に脱毛できる脱毛クリームですが、本来はボディ用なので皮膚が薄いお顔やVIO(デリケートゾーン)に使用できるものではありません

通販で購入できるものに顔の産毛用の脱毛クリームがありますが、男性の硬くて太い髭にしっかり除毛効果が出る可能性はかなり低いです。

また、肌が弱い・もしくは敏感肌でない男性であっても、脱毛クリームの強い成分が原因で赤く腫れあがったり、ヒリヒリとした痛みや肌荒れをおこしてしまったりする可能性が高いです。

 

脱毛クリームは、ムダ毛の主成分であるタンパク質を分解するために、強いアルカリ性が主成分として使われています。

肌もタンパク質でできているので、脱毛クリームを使用するとお肌にも強い刺激とダメージが加わるため、お肌にトラブルが起こってしまうのです。

さらに脱毛クリームは表面に出ている毛を溶かすだけなので、毛根の細胞にアプローチすることはできないため、時間が経つと再び毛が生えてきてしまいます。

そのため、脱毛クリームで永久脱毛することは不可能です。

脱毛クリームでヒゲ処理をした男性の声

市販のボディ用脱毛クリームは、皮膚が薄い顔やVIO(デリケートゾーン)には使用できませんが、中には注意書きを無視して使用する男性もいます。

実際顔に脱毛クリームで除毛した場合、どうなってしまうのでしょうか?

ネットで投稿されている男性の声を集めてみたよ!

1日目はあまり刺激はなかったが、二日目はかなり痛くなるのと、唇周りが腫れたようになり、普通に髭を剃るとヒリヒリした。

使用後の肌の荒れが酷く、病院へ行くことになりました。

髭も除毛しきれていなかった。

使用禁止部位である髭周りに使ったら、鼻の下部分がかなりただれる?というか赤くなりヒリヒリしました。(当たり前ですね)

下顎は水で流してる際に感触が消えていたので、皮膚にかなりの負荷がかかってる模様。

 

使用禁止部位はしっかり守りましょう。(じゃないとえらい目にあいます)

このように、顔は全身の皮膚の中でもデリケートな部位なので、脱毛クリームでヒゲ処理をしてしまうと炎症や化膿などの肌トラブルを起こして、病院に行く事態になってしまいます。

最悪の場合、目に入って大事になってしまったり、肌が黒ずむ色素沈着になったりします。

色素沈着になると元の肌状態に戻るまでに長期間かかってしまうので、脱毛クリームを髭に使用するのは止めておきましょう

 

ヒゲの処理ならメンズ脱毛サロンがおすすめ

肌に優しい方法で毛根からきちんとヒゲを処理して、ツルツルの肌を維持させたいときの解決策の一つとして、脱毛サロンで脱毛を行うことをおすすめします。

脱毛サロンは「毎日ヒゲを剃るのは煩わしい」と考える男性の間で急速に人気が広まっています。るのが、男性向けのサロンを利用した脱毛です。

 

脱毛サロンで髭処理するメリット

自己処理のメリット&デメリット

脱毛サロンで処理するメリット&デメリット

サロンで受けられる光(フラッシュ)脱毛は、脱毛クリームのような毛の表面だけを処理するのではなく、ムダ毛の発生源である毛乳頭という細胞に光を当てることで、毛の発生を抑止することができます。

そのため、脱毛クリームでは改善できない青髭の悩みや、剛毛の悩みを解決することができます。

自己処理の場合はカミソリ負けや、毛抜きでムダ毛を処理して毛嚢炎になったり、毛細血管を傷つけてしまい色素沈着が発生したりするリスクなどがあります。

 

しかし、光脱毛は肌に優しい光で施術を行うため、そのため毛嚢炎などの自己処理で起きてしまうような肌トラブルに陥りにくく、敏感肌の人でも安心・安全に受けられる脱毛方法です。

さらに、光脱毛の光の成分には美肌効果が期待できる作用があるので、肌をキレイにしながら脱毛することができます。

専門的な知識を持ったプロのスタッフが肌の状態を毎回確認しながら施術を進めてくれるので安全です。

 

メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)で髭脱毛!

 

サロンとクリニックで行われる脱毛の種類

脱毛はサロンや・クリニックで受けることができます。
は一般的に「光脱毛」、「レーザー脱毛」、「ニードル脱毛」の3種類の方法によって脱毛が行われます。

特殊な光や電気針を用いて毛根に当てることで毛が再生されないようにする方法です。

各脱毛方法によってメリット・デメリットがございますので詳細に関しては、脱毛方法の種類をご参照ください。

 

メンズ脱毛なら全国15万人の実績を持つRINX(リンクス)へ

脱毛クリームは、塗って洗い流すだけでムダ毛が無くなるお手軽アイテムですが、ヒゲに効果が出る且つ使用できるものはありません。

ボディに使用する場合でも肌への刺激が強いことや、定期的なお手入れが必要であるなどのデメリットもあります。

RINX(リンクス)のメンズ脱毛なら、脱毛クリームなどによる自己処理で生じるデメリットを解決できますし、施術の回数を重ねるうちに自己処理の間隔が延びてくるので肌荒れが改善していきます。

費用面でも将来的に考えると自己処理よりもヒゲ脱毛の方がコスパがよいです。

また、脱毛クリニックで受けられる医療レーザー脱毛に比べて、RINX(リンクス)のような脱毛サロンで受けられる光(フラッシュ)脱毛の方が肌に優しく美肌効果が期待できる作用があるので、敏感肌の男性やカミソリ負けで肌が荒れ気味の男性でも安心・安全に髭脱毛ができます。

 

RINX(リンクス)のヒゲ脱毛が人気の理由

チェックポイント!

  • スタッフも全員男性
  • 男性専用オリジナル脱毛機を使用
  • 全部位80%OFF保証付き
  • 支払い方法が豊富だからお小遣いで通える
  • 医療提携サロンだから安心

 

RINX(リンクス)はお客様だけではなく、スタッフも全員脱毛を経験している男性。

元お客様のスタッフも多数在籍しているので、女性スタッフだと話しにくいヒゲのコンプレックスやムダ毛の悩みを打ち明けやすいです。

カウンセリングルームや施術ルームは個室なので、安心して脱毛施術を受けられます。

また、使用している機械は医療監修の下つくられた、男性専用のオリジナル脱毛機器を全店に導入しています。

15段階の設定が可能なので、肌と毛質に合わせた最適で安全な施術ができます。

費用面では無理のないお支払いができるよう、月500円~設定可能な月定額やクレジット分割払いなどが可能です。

 

さらに、全部位コース満了後に無期限で80%OFFの値段で脱毛を受け続けることができるので、新たにコースを組み直してお金を払う必要がありません。

毎日のように面倒なヒゲ剃りや、青髭コンプレックスに悩まされているなら、一度RINX(リンクス)へ気軽に足を運んでみてください。

RINX(リンクス)でヒゲ脱毛した男性の声<<<

 

 

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2433

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX