kenta ライターkenta

その他

アンダーヘア(陰毛)処理をする際に知っておきたいこと

アンダーヘアの処理をする男性が増えてきましたが、どのような処理をされているでしょうか?

中には、知らず知らずのうちにお肌へ良くない方法を行なっているかもしれません

処理をするにあたっての注意点や、陰毛を処理するメリットをご紹介しています。

今行なっている処理方法と、この記事を照らし合わせてみてね。

もはや世界ルール!男性の4割がアンダーヘア(陰毛)をお手入れしている

男性の皆様は、アンダーヘア(陰毛)のお手入れをなさった経験はありますか?

この記事をご覧になられている皆様のなかには、「デリケートゾーンの毛を処理するのは、恥ずかしい」という羞恥心や、抵抗感がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日本では、「デリケートゾーンの毛は手入れしない」というのが広く定着しておりますが、海外での事情は全く異なります。

サウナが広く浸透している欧米諸国などでは、デリケートゾーンにある毛は「不潔な存在」として捉えられています。

そのため、男女ともにデリケートゾーンにあるムダ毛を剃ってツルツルな状態にすることが、「エチケット」として定着しています。

海外では人によって、日本人で言う髪やおひげを整えるのと同じくらいの感覚なんだよね。

しかし、近年では日本にも海外からの移住者が増えてきたことや、外国のスキンケア方法が女性の間で注目されていることを背景に、女性だけではなく男性の間でもデリケートゾーンのお手入れが徐々に受け入れられるように変化してきました

最近では「男性の約4割がヒートカッターやシェーバーでお手入れしている」というアンケート結果も発表されており、これまでのデリケートゾーンに対する意識にも変化が見られつつあると言っても良いでしょう。

 

アンダーヘア(陰毛)を処理するメリット

お手入れをすることに抵抗がある男性もまだまだいらっしゃる「アンダーヘア(陰毛)」ですが、必ずしもお悩みと無縁の部位というわけではありません。

陰部や肛門周りのことを一括りに「VIOゾーン」と呼ぶことがありますが、男性の中には、陰茎とアンダーヘア(陰毛)が絡み合うことで生じる痛みや、下半身の蒸れに不快な思いをされており、改善方法を模索されている方もいらっしゃるようです。

ここでは、密かにお悩みを抱いていても、日常生活ではなかなか面と向かって話しにくい、男性が陰部のムダ毛をご自身でお手入れされる際の方法をご紹介します。

毛を処理することで得られるメリットはたくさんあるよ!

意外に多い?男性がアンダーヘア(陰毛)をお手入れするメリット

男性がアンダーヘア(陰毛)をお手入れすると、様々なメリットがあります。

水着やパンツからはみ出さない

下着や水着を着用した時に、アンダーヘア(陰毛)がはみ出てしまったというご経験をお持ちの男性もいらっしゃるのではないでしょうか?

あらかじめデリケートゾーンをお手入れしておけば、周囲の皆様に不快感を与えるような心配もありません

 

陰茎に毛が絡まない・引っ張られない

デリケートゾーンに生えているアンダーヘア(陰毛)は、時に陰茎と絡み合ったり、引っ張り合うことがあり、場合によっては強い痛みを伴うケースもお見受けされます。

しかし、あらかじめデリケートゾーンのお手入れをすれば、痛みに悩む心配もありません。

 

清潔感が向上する

デリケートゾーンをお手入れすると、清潔感があるように見えます。

そのため、性行為の時にパートナーに好印象を与えるケースもあります。

 

蒸れやお肌のトラブルを防ぐ

暑い時期に下着の内側に掻く汗や、蒸れを感じにくくなります。

下半身の痒みをはじめとするお肌のトラブルも起こりにくくなるため、お手入れをされる前よりも衛生的に過ごすことができるでしょう。

 

陰茎が大きく見える

性器は「男性のシンボル」です。

男性の中には「大きい方がいい」というお考えをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アンダーヘア(陰毛)をお手入れすると性器が際立ち、視覚的に大きく見えるようになります。

そのため、密かにコンプレックスを感じられている方などは、陰部のお手入れによってお悩みが改善できる可能性もあります。

 

雑菌や悪臭を防ぐことができる

アンダーヘア(陰毛)をお手入れすると、雑菌が繁殖しにくくなり、汗や汚れがアンダーヘア(陰毛)と絡み合った時に発生する悪臭も軽減できます。

 

トイレでのウォシュレットも不要

アンダーヘア(陰毛)をお手入れすると、ウォシュレットがないトイレでも快適に過ごすことができます。

「大きい方」をした時に拭く回数や、汚れがこびりつくことも少なくなるため、不快感が少なくなります。

 

「VIO」だけじゃない!アンダーヘア(陰毛)の主な部位

「アンダーヘア(陰毛)」の中にも様々な部位があり、お手入れの方法も異なります。

ここでは、一般的に用いられていることが多い、「アンダーヘア(陰毛)」の部位についてご紹介します。

ビキニライン

「ビキニライン」とは、一般的にヘソの下から陰茎の上付近までのエリアを指し、「Vライン」とも呼ばれています。

デリケートゾーンにあたる部位の中では一番範囲が広く、毛も多くあるため、脱毛施術を受けられるお客様が最も多く、比較的脱毛効果を感じやすい部位です。

 

股間周辺

性器と肛門間に生えている毛は、「Iライン」と呼ばれています。

お手入れの効果を感じやすく、衛生面での改善が見られるため、「Vライン」と同様に、人気を博しているエリアです。

 

肛門周り

肛門周辺に生えている毛は「Oライン」と呼ばれています。

お手入れによって衛生面での改善効果が見られるため、「Vライン」「Iライン」と同様に、多くの皆様に支持されているエリアです。

 

陰茎周辺

性器の竿部分とその周辺の毛を指します。

お手入れをすると、アンダーヘア(陰毛)と陰茎が絡み合うことによる痛みや、衛生面での改善に効果が見られます。

 

陰嚢周辺

性器の玉部分、睾丸の外部を合わせて「陰嚢」と呼びます。

陰茎周辺と同様に、アンダーヘア(陰毛)が絡み合うことによる痛みや、衛生面での改善に効果が見られます。

 

アンダーヘア(陰毛)の「VIO」とは?

陰部、性器周辺全体を指すデリケートゾーンを細かく分けて言う時に、「VIO」という言葉が使われることがあります。

これは、先ほどご紹介した「ビキニライン」を指す「Vライン」、性器と肛門の間を指す「Iライン」、肛門周りを指す「Oライン」を合わせた造語です

 

「VIO」のお手入れを考えられた時に、おそらく「ハイジニーナ」という言葉を頻繁に目にされることでしょう。

※「ハイジニーナ」とは、いわゆる「無毛状態」、アンダーヘア(陰毛)がまったくない「ツルツル」の状態を指します。

サウナが広く浸透している欧米諸国では、衛生上の理由や宗教上の理由から、多くの人に親しまれている「脱毛施術」の方法です。

日本ではまだまだ抵抗感がある方もいらっしゃると思いますが、世界的なスタンダードとして既に定着しております。

 

アンダーヘア(陰毛)のお手入れ方法

快適な日々を過ごすことができるアンダーヘア(陰毛)のお手入れは、以下の方法で行われるケースが一般的です。

ハサミを用いたお手入れはNG

ハサミを用いて長いアンダーヘア(陰毛)をカットするお手入れは、すっきりした印象を与えることができるため、一見効果が高いように思われます。

しかし、お手入れ後の毛先が尖ったアンダーヘア(陰毛)が伸びた際には、従来よりも強い痛みや痒みを伴うケースもお見受けされるため、あまりお薦めできない方法です。

快適なデリケートゾーンを保ち続けるためには、ハサミを用いたお手入れはできる限り避けるようにしましょう。

 

デリケートゾーンのお手入れに役立つヒートカッター

ご自身でデリケートゾーンにあるアンダーヘア(陰毛)のお手入れをされる際の定番グッズとして、「ヒートカッター」が挙げられます。

「ヒートカッター」とは、コームの内側に通る熱線を用いて、ムダ毛を焼き切る機械のことです。市場では、2,000〜20,000円程度まで、様々な価格帯の製品が販売されています。

「ヒートカッター」を用いたお手入れのメリットは、お手入れ後のアンダーヘア(陰毛)の先が尖らない点にあります。

デリケートゾーンの快適さを保ち続けられることから、多くの皆様に支持されているアイテムです。

 

ヒートカッターでのお手入れ方法

ヒートカッターを使ったアンダーヘア(陰毛)のお手入れは、次のような手順で行います。

長さを決めてカット

まずは左手で取り除きたいアンダーヘア(陰毛)をつまみ、右手でヒートカッターを当て、好きな長さの所で切ります。

ムダ毛の長さは皆様のお好みで決められますが、慣れていない場合には少し長めに切ったほうが失敗のリスクを少なくできます。

 

毛を焼き切る

毛が焼き切れるまで、数秒同じ場所に当てます。

 

ヒートカッター使用時の注意点

ヒートカッターを使ったお手入れには、注意すべき点もあります。

室内を換気する

ヒートカッターは、アンダーヘア(陰毛)を切る時に焦げた臭いが発生する器具であるため、お手入れの際には室内の換気を行う必要があります。

 

乾いた状態でお手入れする

毛が濡れている場合には、焼き切ることができません。

そのため、水滴などが付いていない乾いた状態で行う必要があります。

 

火傷のリスクに注意する

ヒートカッターによるお手入れは、高温の器具を使って行われます。

そのため、火傷には細心の注意を払う必要があります。

ヒートカッターは剃った後のチクチクした感覚がないんだ。でも使用するときは気をつけて。

カミソリを使ったお手入れ

カミソリを使ったアンダーヘア(陰毛)のお手入れも、多くの人に支持されています。

一般的には、男性用のカミソリよりも、長い毛を剃った時に根詰まりしにくい女性向けのカミソリをご使用された方が、陰部周辺はお手入れしやすい傾向があります。

実際にお手入れをされる際には、カミソリを陰部周辺に当て、整えたい部分を剃るようにしましょう。

ビキニラインをカミソリで剃るには

もし、ビキニライン(Vライン)周辺をお手入れされる場合には、ハサミで陰部周辺のアンダーヘア(陰毛)をカットした後に、カミソリをご使用されると良いでしょう。

ビキニラインをお手入れする際には、安全機能の付いた製品を選ばれると、お肌を間違えて切ってしまうといったようなトラブルの防止にもつながります。

 

お手入れの前後にすべきこと

お手入れの前には、入浴などの方法であらかじめアンダーヘア(陰毛)を柔らかくしたり、シェービングクリームを使ってお肌とカミソリの摩擦を減らすといった方法も効果的です。

またお手入れの後に、乳液や化粧水を陰部に塗ると、保湿効果によってお肌が受けた負担が軽減されるため、ご使用されると良いでしょう。

 

陰茎や玉周りにお薦め!I字電動シェーバーを用いたお手入れ

この記事をご覧の男性の中には、陰茎や玉周りのお手入れをご検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

陰茎や玉周りのお手入れは「T字カミソリ」ではなく、高い安全性が魅力的な「I字電動シェーバー」のご使用をお薦めしております

「T字カミソリ」は、アンダーヘア(陰毛)を深くまで剃ることが出来るというメリットがありますが、一方で使い方が難しく、安全面でも不安を伴うことがその理由です。

陰茎や玉周りをI字電動シェーバーで剃る前にやるべきこと

陰茎や玉周りをI字電動シェーバーでお手入れする際には、体毛を剃る前に事前の準備が必須です。

まずは、お手入れの前に入浴し、身体を清潔にしましょう。お手入れを始めるのは、汚れや水分を十分に拭き取った後です。

アンダーヘア(陰毛)をお手入れする部分にシェービングクリームを塗った後は、片手で陰部の「竿」を引っ張り、もう一方の手で上から下にシェーバーを滑らせましょう。

そして、お手入れを終えた後はお肌が荒れるケースもお見受けされるので、保湿ケアを忘れずに行うようにしましょう。

注意するべきことが沢山あって、大変!I字シェーバーは手軽で、自己処理にかかる時間も短縮できるから楽だよ。でも、毛が太い箇所には向いていないんだって。

股の間、肛門周り

股間や肛門周りは、一度お手入れすると衛生面での向上が見られます。

しかし、手の届きにくい箇所も多く、ご自身でのお手入れが難しい部位です。

股間、肛門周りのお手入れ方法

股間や肛門周りのお手入れは、入浴を終えた後の清潔な状態で行いましょう。

陰部に石鹸を塗り、お手入れには安全機能の付いたT字カミソリを使用し、浴槽に片足を上げた状態で粘膜側から外側にかけて滑らせるようにして剃ると効果的です。

お手入れを終えた後には、必ず乳液などを用いて保湿ケアを行うようにしましょう。

 

毛抜きを使う

「毛抜き」は、ムダ毛のお手入れに使われる定番のアイテムです。

しかし、お肌の一箇所を強く引っ張り、無駄な体毛を取り除く器具であるため、お肌に強い負担を与えやすい器具でもあります。

陰部は、お肌が薄く柔らかいため、お手入れの際に細菌が入り込みやすく、毛のう炎などのお肌のトラブルに発展しやすい部位です。 そのため、お肌に強い負荷をかけることとなる「毛抜き」を用いたお手入れは、出来る限り避けたほうが無難です。

どうしても毛抜きを使った陰部のお手入れが必要な場合には、入浴で身体を温めて毛穴を開き、アルコールで消毒をした後に行いましょう。

お手入れを終えた後には、化粧水と乳液をご使用されるとお肌に与えたダメージを軽減することができます。

 

脱毛クリームやワックスを使う

「脱毛クリーム」は、毛根からムダ毛を溶かして取り除くことができる利便性が高いアイテム。

塗った後にしばらく放置するだけでムダ毛がないツルツルとした状態を実現できるため、 男性の皆様に根強い人気を博しています。

しかし、陰部などのお肌が薄く敏感な部位に対しては、すべての製品が使用できるわけではありません。

お肌に与える負担も大きいため、継続的なご使用が難しいケースもお見受けされます。

「脱毛クリーム」を陰部のお手入れにご使用の際には、必ず事前にパッチテストを行うようにしましょう。

 

男性の間で人気急上昇!アンダーヘアのお手入れ方法

男性がアンダーヘア(陰毛)のお手入れをすることによって様々なメリットがありますが、ご自身でのお手入れには時間や手間を要することも多く見受けられ、必ずしも仕上がりに満足されている皆様ばかりではないようです。

アンダーヘア(陰毛)のお手入れへのハードルの高さから、近年、男性向けの脱毛サロンでの脱毛施術が注目を集めています

専門家監修による施術によってご自身では手が届きにくい部分まで綺麗にできることが、多くの男性の皆様からのご支持を集めている主な理由です。

脱毛サロンで用いられている脱毛器は、市販されている脱毛器などと比べ、お肌の広範囲にわたって光を照射出来るため、実際に効果を感じられるまでの施術の回数を抑えることが可能です。

不安視される方が多いご予算の面についても、最近ではかなり経済的な予算で施術が受けられるように変化してきました。

キャンペーン価格や学生割引といったような、状況に応じた割引プランも用意されているケースがお見受けされますので、今後も男性の皆様の間に広く浸透していくことが推測されます。

 

アンダーヘアの悩みは男性向け脱毛サロンで解決できる

男性の間でも、衛生面の向上やお肌のトラブルが軽減できることも相まって、アンダーヘア(陰毛)のお手入れが浸透しつつあります。

様々なメリットがあるアンダーヘア(陰毛)のお手入れではありますが、カミソリやカッター、ハサミ、毛抜き、ブラジリアンワックスといったアイテムを用いたご自身でのお手入れは、時間や手間を要するためハードルが高いと感じられている方もいらっしゃるようです。

このような男性の皆様から支持を受けているお手入れ方法が、脱毛サロンでの脱毛施術です。

皆様の状況やご予算に合わせた様々なプランをご提案していただける、脱毛の専門家によるカウンセリングや体験脱毛が行われている脱毛サロンもありますので、ぜひこの機会にご検討されてみてはいかがでしょうか?

当サロンでも光脱毛を取り扱っております。

ご相談は無料でお聞きしておりますので、ぜひこの機会に一度お越しいただけますと幸いです。

ご予約お問い合わせはこちら

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 2434

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

RINX