ヒゲ脱毛はどのくらい痛い?痛い理由と痛みを減らす方法も合わせて解説

kenta ライターkenta

ヒゲ脱毛(顔)

ヒゲ脱毛はどのくらい痛い?痛い理由と痛みを減らす方法も合わせて解説

ヒゲ脱毛は痛いという声も多くあり、「ヒゲ脱毛はどのくらい痛いのか」、「顔に痛みが生じるのは不安…」といった、不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

しかし、すべての脱毛が一律に痛いというわけではなく、痛さにも段階があります。今回は、ヒゲ脱毛の痛みの程度や痛みを減らして快適に施術を受ける方法を紹介します。

RINXの脱毛機は男性の濃いヒゲに最大のアプローチをしながらも痛みを軽減!初めての方限定の最大66%OFF割引キャンペーンを実施中!詳細はこちら!!

9月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

ヒゲ脱毛は種類によって痛みが違う

脱毛にはいくつかの種類があり、すべての脱毛が一律に痛いというわけではありません。中には少ない痛みで脱毛ができる方法もあるため、混同しないようにしましょう。

脱毛方法ごとの痛みの違いについては記事の後半で解説しています。

 

そもそもヒゲ脱毛が痛い理由

体の部位によっては少ない痛みで脱毛できますが、ヒゲは痛みを感じやすいです。ヒゲ脱毛が痛いのには、大きく2つの理由があります。

 

1.ヒゲは密度が濃いから

脱毛は、脱毛機から毛のメラニン色素に反応する特殊な光を照射し、光の熱刺激で毛根にダメージを与えて根本的に毛を減らします。光が毛のメラニン色素に反応するという特性上、男性のヒゲのように濃い毛が密集する箇所に照射した光は反応が強くなり、皮膚への刺激も強くなるため痛みを感じやすいのです。

 

2.顔の神経が敏感だから

顔は皮膚が薄く、その下に神経が集中しているため外部からの刺激に敏感に反応しやすいです。脱毛による熱刺激が皮膚から神経に伝わりやすいのも、ヒゲ脱毛が痛みを感じやすい理由のひとつです。

 

ヒゲ脱毛の痛みは我慢できる程度?

ヒゲ脱毛の痛みは多くの場合、「輪ゴムでパチンと弾いた程度の痛み」と比喩表現されます。痛みに我慢できず途中で脱毛を断念してしまう方もいますが、基本的には耐えられる方がほとんどです。

先述したように少ない痛みで脱毛できる方法もあります。脱毛の痛みに耐えられそうにないという方は、脱毛方法を変えてみることも視野に入れてみてください。

 

脱毛方法による痛みの違い

脱毛方法には、大きく分けて「美容電気針(ニードル)脱毛」、「医療レーザー脱毛」、「光(フラッシュ)脱毛」、「蓄熱式脱毛」の4種類があります。以下、各種の痛みの違いをまとめました。

・美容電気針(ニードル)脱毛…痛みがとても強い

・医療レーザー脱毛…痛みがとても強い

・光(フラッシュ)脱毛…痛みが弱い

・蓄熱式脱毛…痛みをほとんど感じない

 

美容電気針(ニードル)脱毛

美容電気針脱毛は、毛穴一つひとつに針を挿入して、針から電流を流して毛根を刺激して脱毛を行います。電流による刺激が周辺の皮膚にも直接伝わるため、ヒゲに限らず、全身のどこを脱毛しても痛みを感じやすい方法です。

 

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素に反応する特殊なレーザーの熱刺激で毛根にダメージを与えて脱毛を行います。レーザーの出力が高いため、皮膚に伝わる衝撃も強く、痛みを感じやすいのが特徴です。

 

光(フラッシュ)脱毛

光脱毛の仕組みは、医療レーザー脱毛とほとんど同じです。ただ、脱毛機から照射される光の出力は、脱毛効果をしっかりと発揮しつつも、痛みが抑えられるように調整されており、痛みに耐えられなかったという方はほとんどいません。

また、脱毛でヒゲの密度が狭まってくると、光に反応するヒゲが少なくなるため、脱毛の回数を積み重ねていくほど痛みも弱くなっていきます。

 

蓄熱式脱毛

近年の研究結果で、「バルジ領域」という発毛組織が新たに発見されたことを受け、バルジ領域にダメージを与えることを目的として開発されたのが蓄熱式脱毛です。皮膚の浅い層に位置するバルジ領域まで光を届けることが目的のため、低出力で痛みはほとんど感じません。

しかし、蓄熱式脱毛が登場してからまだ日は浅く、肝心の脱毛効果がどれくらい得られるのかは不明瞭です。

RINXでは痛みの少ない「光脱毛」によるヒゲ脱毛のパッチテストで脱毛が体験できる!初めての方限定で最大66%オフの割引キャンペーンも実施中!!

 

ヒゲ脱毛の痛みを減らす方法

脱毛方法を変えるという手段以外にも、施術前のヒゲの剃り方や肌ケアを工夫することでもヒゲ脱毛の痛みを減らすことができます。

 

ヒゲは施術の前日に剃っておく

ヒゲを剃ると肌のバリア機能が低下して、外部からの刺激を受けやすくなり、いつも以上に脱毛の痛みを感じやすくなる恐れがあります。そのため、前日にヒゲ剃りを済ませて、施術当日はなるべく皮膚に負担をかけないようにすることが大切です。

なお、脱毛(美容電気針脱毛を除く)はヒゲが伸びた状態では施術できないため、事前に自分でヒゲを剃っておく必要があります。

 

肌の保湿ケアを心がける

肌が乾燥していて、皮膚の水分が不足していると、脱毛の光の熱刺激によるダメージが増加してしまい、痛みを感じやすくなることがあります。保湿ケアの実践が効果的ですが、脱毛の直前に一時的に保湿を行っても保湿効果は薄いため、脱毛期間中は毎日保湿ケアを心がけましょう。

保湿ケアのタイミングは、肌の乾燥が起こりやすい、ヒゲ剃りのあとやお風呂上がりがおすすめです。

 

脱毛前後は飲酒を避ける

飲酒をすると血行が良くなり、痛みを敏感に感じ取りやすくなってしまいます。また、利尿作用で水分が失われて、肌が乾燥しやすくもなります。ヒゲ脱毛の前後12時間はアルコールの摂取は控えましょう。

 

日焼けしない

脱毛機から照射された光が色素に反応するという特性上、毛のメラニン色素だけではなく、日焼けによって黒くなった皮膚にも光が反応してしまい、強い痛みが発生してしまいます。仕事や学業の関係でどうしても日焼けが避けられないという人は、日差しが少ない秋〜冬ごろに脱毛を開始するのがおすすめです。

 

麻酔を打ってもらう

クリニックで脱毛する場合にのみ麻酔を打ってもらうことができます。クリニックで主に扱われている医療レーザー脱毛はどうしても強い痛みが発生してしまうため、人によっては麻酔に頼らざるを得ません。

麻酔は別途3,000円ほどの追加費用がかかりますが、痛みが我慢できないという方は検討してみると良いでしょう。

 

光脱毛なら男性の濃いヒゲにも痛みが少なく効果が実感できるRINX(リンクス)へ

メンズ脱毛のRINX(リンクス)は、男性のみを専門として運営する脱毛サロンです。提携メーカーと共同開発した男性専用の高性能な光(フラッシュ)脱毛機を導入しており、少ない痛みで脱毛ができると、たくさんの会員様からご好評いただいております。

ヒゲ脱毛のパッチテストや脱毛が気軽にお試しできる割引キャンペーンなども実施しているため、どうしても脱毛の痛みへの不安が拭えないという方も安心してお越しください。初回は脱毛のご相談・お見積もりのみでもOK!無料カウンセリングのご予約お問い合わせはこちらから。

初めての方限定!メンズ脱毛が77%OFF割引プランはこちら!!

ご予約お問い合わせはこちら

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11888

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
RINX RINX リンクス