体毛が太い人は埋没毛が発生しやすい?埋没毛を防ぐ効果的な方法を紹介

hirotake ライターhirotake

その他

体毛が太い人は埋没毛が発生しやすい?埋没毛を防ぐ効果的な方法を紹介

毛穴の中で毛が埋もれて、黒いポツポツに悩まされたことのある方は多いのではないでしょうか。これは「埋没毛」と呼ばれる肌トラブルのことです。自然治癒することがほとんどですが、悪化すると炎症が起きることもあります。埋没毛になった毛穴を間違った方法で処置すると、跡が残ったりシミになったりするので注意が必要です。

今回は、埋没毛ができる原因や予防する方法を解説します。

埋没毛でお悩みの方は脱毛がおすすめです。メンズ脱毛専門サロンRINXの無料カウンセリングはこちら

1月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

埋没毛とはどのようなもの?

埋没毛とは「埋もれ毛」とも呼ばれ、本来は皮膚の外に出るはずの毛が何らかの原因で出て来られず、皮膚の中に埋もれている毛のことを指します。脇やデリケートゾーンのような体毛が硬くて太い部位や、皮膚が薄い部位にできやすいことが特徴です。埋没毛は、皮膚の新陳代謝が正常であれば放置しても問題はなく、自然に改善されることがほとんどです。

しかし、埋没毛ができると黒いブツブツのように見えることが多く、ザラっとした感触になるため見た目も手触りもよくありません。埋没毛が発生すると目立つことから、コンプレックスを抱える方も少なくないでしょう。

 

埋没毛になる原因

埋没毛はムダ毛の自己処理が原因であることが多いです。肌にダメージがかかると防御機能がはたらき角質が硬化し、毛穴がふさがって埋没毛が起きやすくなります。これはターンオーバーを遅らせようとするためです。

ここでは、埋没毛になる主な原因を紹介します。

 

カミソリによるダメージ

カミソリで体毛を処理すると、ムダ毛と一緒に表面の皮膚も少なからず削られます。肌にダメージがかかると、乾燥したりかさぶたができたりします。角質が分厚くなって毛穴がふさがれるため埋没毛になる可能性が高くなります。

次のようなシェービングは肌に大きな負担がかかるため避けましょう。

・何度も同じ部位を剃る

・切れ味の悪いカミソリを使用する

・シェービングの圧が強い

・シェービング剤を使用しない

 

毛抜きやブラジリアンワックスによるムダ毛処理

毛抜きやブラジリアンワックスで体毛処理することも、埋没毛の原因になります。毛抜きはムダ毛を無理に引き抜く際、毛穴が歪んだり途中で毛が切れたりすることで毛穴がふさがり、埋没毛になることがあります。

ブラジリアンワックスとは、ムダ毛処理したい部位にワックス剤を塗布し、シートを被せて一気に剥がして引き抜く方法です。ワックスを剥がす際に角質も一緒に剥がれるため、肌が乾燥したりかさぶたができたりして毛穴がふさがり、埋没毛を引き起こしやすくなります。

 

肌の乾燥

肌の乾燥も埋没毛の原因になります。自己処理やスキンケア不足により肌が乾燥すると、皮膚の防衛機能でターンオーバーを遅らせる作用がはたらきます。肌のターンオーバーが滞ると角質が分厚く・硬くなるため毛穴がふさがり、体毛が皮膚の表面に出られなくなって埋没毛が発生します。自己処理の頻度が多い部位は乾燥しやすいため、なるべく自己処理の頻度を控え、保湿をすることが大切です。

 

埋没毛を防ぐにはどうすればよい?

埋没毛になると見た目や肌触りがよくありません。人目が気になり、肌を露出できなくなる方も少なくないでしょう。一度発生すると治るまでに時間もかかるため、埋没毛が起きないようなムダ毛処理やスキンケアをすることが大切です。ここでは、埋没毛を未然に防ぐ方法を解説します。

 

カミソリではなく電気シェーバーを使う

カミソリより電気シェーバーのほうが肌へのダメージが少なく、埋没毛リスクを減らせます。カミソリは直接刃を皮膚に当てて剃る方法で、角質層が傷つきやすいです。一方、電気シェーバーは外刃でムダ毛をひっかけて内刃で剃るため、肌への負担がかかりにくい方法です。普段カミソリを使用している方は、電気シェーバーを使用するのがおすすめです。どうしてもカミソリを使用する場合はシェービング剤で肌を保護し、逆剃りは控えましょう。

 

ムダ毛処理後のアフターケアをきちんとする

ムダ毛処理後は角質層が刺激を受け、バリア機能が低下した状態になっています。バリア機能が低下すると肌が乾燥し、埋没毛や肌トラブルを招くため化粧水やクリームでしっかり保湿することが大切です。スキンケア商品は、「ヒアルロン酸」「グリセリン」のような保湿力の高い成分が配合されたものがおすすめです。

また、肌を露出しない時期は自己処理を控え、肌への負担を軽減しましょう。

 

角質ケアをする

乾燥や角質の肥厚・硬化が埋没毛を引き起こすため、定期的な角質ケアが大切です。週に1回程度の頻度でスクラブやピーリングを使用し、古い角質を取り除きましょう。スクラブやピーリングを使用する際は、ゴシゴシと擦ったり強い圧を与えたりすると色素沈着や乾燥肌の原因になるため、注意してください。仕上げは化粧水や保湿クリームで肌に水分を補給し、乾燥を防ぎましょう。

 

埋没毛が発生したときの対処法

埋没毛はターンオーバーが正常であれば、基本的に放置していれば自然に改善されることが多いです。皮膚が元通りになれば埋もれていた毛が皮膚の表面から出てくるため、特別な処置は必要ありません。しかし、黒ずみや炎症が発生している場合は適切に対処する必要があります。

 

角質を除去する

埋没毛は角質が分厚くなっていることが原因です。スクラブやピーリング剤で角質を除去すれば肌のターンオーバーが促進され、埋没毛が皮膚の表面から外に出やすくなります。ただし、スクラブやピーリングのしすぎは肌に負担がかかり、乾燥や炎症を招くおそれがあるため、週に1回程度に留めておきましょう。また、使用する際も強く擦ったり圧力をかけたりしないように注意が必要です。

 

皮膚科を受診する

炎症が発生している場合は、皮膚科を受診したほうがよいでしょう。ピンセットで埋もれた毛を無理に取り出そうとすると、毛嚢炎や色素沈着が起きる可能性があります。傷跡が残ったり悪化したりすると完治するまでに時間がかかり、別の治療が必要になるため自己判断で対処するのは控えましょう。皮膚科では皮膚を柔らかくする軟膏や内服薬を処方され、時間の経過とともに埋没毛が改善されていきます。

 

埋没毛で悩んでいるなら脱毛がおすすめ

埋没毛を防ぐには、なるべく肌に負担をかけない自己処理や角質ケア、スキンケアをすることが大切です。埋没毛のリスクを最小限に抑えたい方は、脱毛がおすすめです。脱毛は主にエステサロンで受けられる光脱毛や、クリニックで受けられる医療レーザー脱毛があります。

ここでは、脱毛で得られるメリットを3つ解説します。

 

1根本的にムダ毛を処理できるので埋没毛を防げる

自己処理の場合、すぐにムダ毛が伸びるため頻繁に処理する必要があります。正しい自己処理やスキンケアをしても、処理する度に肌にダメージが蓄積されて埋没毛や肌トラブルが起きやすくなります。

脱毛は毛を生やす根本原因の細胞にアプローチし、毛を生えにくくする方法です。自己処理の必要がほとんどなくなるため、埋没毛の発生を防げます。

 

2自己処理にかかる時間やコストがなくなって一石二鳥

脱毛すると、長期的に見れば時間とコストを削減できます。例えば、40年間カミソリでヒゲを剃り続けた場合の費用と時間の目安は以下の通りです。

費用

カミソリ本体:1,000円×40年=40,000円

替刃:250円/月×12か月×40年=120,000円

シェービングフォーム:400円 /月×12か月×40年=192,000円

合計:352,000円

時間

髭剃りを毎日10分、40年間続けた場合

10分間/日×365日×40年=146,000分(101日)

 

3肌がきれいになる効果もあり

脱毛で毛がなくなれば毛穴が目立たなくなり、汚れも詰まりにくくなります。毛穴汚れや角栓が解消し、毛穴の黒ずみも改善されることが期待できます。

また、青ヒゲで肌が暗く老けて見られがちな方は、脱毛すれば毛根から毛がなくなるため青ヒゲが改善します。毛穴が引き締まり、トーンが明るくなって若々しい肌に生まれ変わるでしょう。さらにエステサロンで受けられる光脱毛の場合、美肌効果が期待できる作用もあります。

 

脱毛と埋没毛に関するQ&A

埋没毛を防ぐには、自己処理の必要がほとんどなくなる脱毛が効果的です。脱毛は、毛の生え変わるサイクルのうち「成長期」の毛に照射する必要があり、1回の照射だけでは効果を発揮できません。

では、どの程度の期間や回数で脱毛効果を実感できるのでしょうか。埋没毛がすでに発生している場合でも脱毛は有効なのかという点も含め、詳しく解説します。

 

Q1: 埋没毛があっても脱毛できる?

基本的に埋没毛があっても問題なく脱毛できます。レーザー脱毛や光脱毛は、脱毛機の光を毛のメラニン色素に反応させて毛根に熱を送る仕組みです。埋没毛でも毛穴に毛があれば脱毛機の光は反応します。

ただし、色素沈着や炎症がひどければ照射を受けられない場合があるので注意してください。

 

Q2: 脱毛すればすぐにムダ毛がなくなる?

体毛には毛周期というサイクルがあり、脱毛の効果を発揮できるのは「成長期」の毛だけです。成長期の毛は全体の毛穴の20%程度しかないため、効果を実感するまでには繰り返し施術を受ける必要があります。個人差はありますが、回数や期間の目安は以下です。

ヒゲ 必要回数 通う期間
光脱毛 約15〜20回 1年半~2年
医療レーザー脱毛 約13〜15回 1年半~2年

 

ボディ 必要回数 通う期間
光脱毛 約10〜15回 1年~1年半
医療レーザー脱毛 約8〜10回 1年~1年半

 

Q3: 脱毛で逆にムダ毛が太くなることがあるって本当?

脱毛には、硬毛化のリスクがあります。硬毛化は明確な原因は解明されていませんが、毛が濃く・太くなる現象で、背中や肩回り、うなじといった産毛が多い部位に発生しやすいです。硬毛化が発生した場合、根気よく照射を継続するか、ニードル脱毛で処理すれば解決できます。

※RINX(リンクス)では硬毛化を防ぐため、しっかりとリスク対策をしています。

 

まとめ

どの部位の脱毛を受けた場合でも、コース終了後は永久80%OFF保証のサポートを受けられます。永久脱毛を完了させたとしても、期間が経つとまた毛が生えてくる可能性があります。RINX(リンクス)の保証サポートがあれば、万が一再発毛しても安価に施術を受けられるため、家計に負担がかかりません。

また、全国展開しており、引っ越した場合でも近隣の店舗に移動してサービスを継続できます。

※80&OFF保証は、顔ヒゲ脱毛10回コース、ボディ・陰部脱毛8回コースが対象です。

 

埋没毛での脱毛のご相談はRINX(リンクス)へ

男性の脱毛なら、メンズ脱毛専門のRINX(リンクス)がおすすめです。レーザー脱毛は出力が高い分、痛みが強く、費用も高額になりがちです。RINX(リンクス)では肌に優しく、痛みが少ない光脱毛を採用しており、お得に脱毛できるキャンペーンや保証も充実しています。ここでは、RINX(リンクス)の強みを3つ紹介します。

1問い合わせ段階から男性の脱毛技能士が対応

RINX(リンクス)はスタッフ・利用客ともに男性のみです。カウンセリングを予約する前に確認したいことがある場合、メールや電話で問い合わせることも可能です。カウンセリングやパッチテストは無料で、脱毛経験のある男性技能士が対応します。

カウンセリングルームや施術ルームは個室で、「女性スタッフに見られたくない」「待合室に女性がいると落ち着かない」という方も安心して通えるサロンです。

2太くて濃い毛にも対応できるオリジナルマシン

RINX(リンクス)は医師監修のもと、脱毛機器メーカーと男性専用のオリジナル脱毛機を開発しています。男性特有の太くて濃い毛にもしっかりとアプローチでき、15段階もの出力調整が可能です。肌質・毛質・施術部位に合わせたパーソナルな脱毛を提供しています。

また、従来の3倍の冷却機能により痛みを最小限に抑えています。脱毛協会の厳しい適合審査にも通過しているため、痛みが心配な方や肌が弱い方も安心です。

 

3再発毛した際の保証が充実していて安心

埋没毛を防ぐには、角質ケアで肌のターンオーバーを促進させることや、肌に負担のかかる自己処理を避けることが大切です。しかし、自己処理による肌へのダメージや手間を考慮した場合、脱毛でお手入れするのがおすすめです。
RINX(リンクス)では男性専用のオリジナル脱毛機で、肌に優しく痛みの少ない脱毛を提供しています。埋没毛で悩んでいる方は、根本解決できる脱毛を検討してみましょう。
RINXのメンズ脱毛のご相談はこちらよりご予約ください

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11882

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
WEBご予約

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Contact List

店名をタップするとお電話が繋がります

RINX RINX リンクス