青ヒゲを隠して目立たなくする方法と根本的な解決方法

ヒゲ脱毛(顔)

青ヒゲを隠して目立たなくする方法と根本的な解決方法

「毎朝しっかり深剃りしても青ヒゲが目立ってしまう」

青ヒゲで顔が暗く見えたり、清潔感が出なかったりして悩んでいる男性は多いです。一時的でもいい場合は、コンシーラーを使ったメイクでヒゲを隠せます。

しかし、自分の肌の色に合ったコンシーラーを見つけるのは難しく、色味を間違えると不自然に浮いて余計に目立ってしまうこともあります。

この記事では、青ヒゲが気になる部分を自然にカバーするためのメイク術を紹介します。

また、その場しのぎで隠すのではなく、根本から青ヒゲを解決できるヒゲ脱毛についても解説します。

初めての方限定!ヒゲ脱毛が73%OFFになる割引プランはこちら!!

 

2月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

男のメイクについて女性はどう思っている?

部分的とはいえ、男性がメイクすることに対して女性はどう思っているのでしょうか。

青ヒゲを隠して目立たなくする方法と根本解決方法

青ヒゲを隠して目立たなくする方法と根本解決方法

引用元:男性がメイクをすることに対して5割の女性が好印象であることが判明「メイク男子についての意識調査」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000036414.html

男性のフルメイクには抵抗を感じる女性が多いですが、コンシーラーなどを使用した部分的なメイクであればいいと考える女性が多いという結果が出ています。自分の欠点をカバーするメイクは清潔感を出せるため、青ヒゲで悩んでいる男性は試してみる価値はあるでしょう。

 

青ヒゲを隠すにはコンシーラーがおすすめ

青ヒゲを隠すなら「コンシーラー」という化粧品がおすすめです。コンシーラーはファンデーションとは違い、肌の色を部分的にカバーするためのものです。青ヒゲだけではなくニキビ跡や赤み、目の下のクマなども隠せます。

 

目的に合わせてコンシーラーのタイプを選ぼう

コンシーラーにはスティックタイプ、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプの4タイプあります。カバーしたい内容によって適したコンシーラーが違うため、用途に合わせて選びましょう。

 

スティックタイプ

持ち運びに便利なスティックタイプは、部分的な青ヒゲ・ニキビ跡・シミを簡単に隠せるため、初心者にもおすすめです。固めの質感で色が乗りやすく、マットな仕上がりになります。カバー力はスティックタイプが一番高いですが、広範囲に使用するのには向いていません。

 

リキッドタイプ

リキッドタイプは青ヒゲを隠すのには向いていませんが、顔全体を明るくするのに適しています。サラっとしたテクスチャーでカバー力は弱いですが、ナチュラルな仕上がりになります。

 

クリームタイプ

クリームタイプは顔全体の青ヒゲ・シミ・赤み・くすみを隠したいときに便利です。スティックタイプの次にカバー力がありますが、ナチュラルに仕上げられます。

美容成分が入っているため保湿力が高く、乾燥肌の男性にもおすすめです。

 

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは一番硬いテクスチャーで、細かいニキビ跡やホクロ、シミなどピンポイントな部位を隠したいときに使用します。青ヒゲや顔全体をカバーするのには向いていません。

 

コンシーラーで青ヒゲを隠す方法

次に、コンシーラーで青ヒゲを隠す方法を解説します。コンシーラーの色が明るすぎると付けた部分が浮いて目立つため、自分の肌より少しだけ暗めの色を選びましょう。また、オレンジ色のコンシーラーは青ヒゲの色を相殺する効果があります。

1.洗顔で肌を清潔にする

メイク前は洗顔で皮脂汚れを落とし、肌を清潔な状態にします。

2.ヒゲをシェービングする

カミソリを使用する場合はシェービング剤を、電気シェーバーを使用する場合はプレシェーブローションを塗ってからシェービングしましょう。

3.肌を保湿する

洗顔後は化粧水→乳液→クリームの順でスキンケアをします。化粧水で肌に水分を補い、水分が蒸発しないように乳液とクリームの油分で閉じ込めます。

4-1.クリームタイプのコンシーラーでヒゲを隠す場合

手の甲に小指の爪くらいの量をとります。指の腹でおでこ・鼻・頬・あごに少量ずつのせたら、顔の中央から外側に向けて顔全体に均一になるよう、薄くのばしていきます。

コンシーラーを塗ったところと塗っていないところの境界線ができないように、耳に向かってフェイスラインにものばしましょう。

4-2.スティックタイプのコンシーラーでヒゲを隠す場合

隠したい部分に少しずつコンシーラーを塗り、指の腹でポンポンと優しく叩きながらなじませていきます。付けすぎると色が浮いて不自然になるため注意しましょう。もし付け過ぎた場合はティッシュで押さえます。

5.クレンジングで化粧を落とす

メイクは普通の洗顔料では落ちません。肌荒れの原因になるため、メイクをした日は必ずメイク落とし用のクレンジングで落としましょう。クレンジングは洗顔前の乾いた顔に使用します。

クレンジングが面倒な男性は、洗顔料で落ちるコンシーラーがおすすめです。

 

コンシーラーで青ヒゲを隠すデメリット

コンシーラーは一時的に青ヒゲを隠せますが、デメリットが多いです。

 

メイクをする手間がかかる

青ヒゲをしっかりカバーしつつ肌のベタつきも防止したい場合はファンデーションを顔全体に塗った後、青ヒゲ部分をコンシーラーでカバーして仕上げに皮脂防止パウダーを重ねるといった手順が必要です。ヒゲ剃りの後に毎回メイクをするとなると合計で30分以上は必要で、手間と費用もかかります。

 

時間が経つとメイクが崩れる

コンシーラーはカバー力が高いため、質感がかためのものが多いです。時間が経つと肌の乾燥や皮脂の分泌によって口元などのシワの部分にコンシーラーが溜まり、化粧崩れが起きやすいです。

 

ヒゲが伸びてくると隠せない

ヒゲが伸びてくると隠せなくなるため、効果的な対策とはいえません。 朝にしっかり深剃りしても夕方には青ヒゲが目立つ方は、丸一日メイクで隠しきるのは難しいでしょう。

 

自分の肌に合ったコンシーラーでないと目立つ

肌の色に合ったコンシーラーを見つけるのは難しく、色が合っていないと塗った部分が浮いて不自然に目立ちます。自分の肌に合ったコンシーラーを見つけても、日焼けをした場合は再度コンシーラーを買いなおす必要があります。

 

メイクで肌が荒れることがある

メイクをすると少なからず肌に負担がかかるため、かゆみ・乾燥・ニキビといった肌トラブルが起きることがあります。

また、クレンジングでしっかりメイクを落としきれていないと肌荒れだけでなく、シミやシワの原因にもなります。

 

青ヒゲの悩みを根本的に解決できるのはメンズ脱毛

青ヒゲを根本から解決するならヒゲ脱毛がおすすめです。

ヒゲ脱毛は特殊な光で毛根にある細胞にアプローチし、毛を生えてこなくする仕組みです。照射を重ねるうちにだんだんとヒゲが細く柔らかくなり、最終的には青ヒゲのないキレイな肌になります。

ヒゲ脱毛をすれば青ヒゲのコンプレックスが解消し、ヒゲ剃りもほぼ不要になるため、自己処理やメイクをする手間から解放されます。カミソリ負けやニキビなど肌荒れの悩みも解決していきます。

ヒゲ脱毛をするメリット

  • 青ヒゲを根本から解決できる
  • 自己処理やメイクによる肌トラブルがなくなる
  • 自己処理やメイクをする手間・費用がなくなる
  • 顔色が明るくなり若々しくなる
  • 清潔感がUPする

ヒゲ脱毛をするデメリット

  • 脱毛店に一定期間通う必要がある
  • 日焼けができない
  • ツルツルに脱毛すると元通りに生えてこない
  • 施術時に痛みがある

初めての方限定!ヒゲ脱毛が73%OFFになる割引プランはこちら!!

光脱毛と医療脱毛の効果の違いや特徴を解説

脱毛機の光を照射して脱毛する方法には、脱毛サロンで受けられる「光脱毛」と、クリニックで...

RINX(リンクス)のヒゲ脱毛で青ヒゲの悩みを解決しよう

RINX(リンクス)はスタッフ・利用客ともに男性のみで、カウンセリングルーム・施術ルームは全室個室です。「女性の視線が気になる」「脱毛に通うのが恥ずかしい」といった方でもストレスなく通えます。

RINX(リンクス)使用している脱毛機は、医師監修のもと開発したオリジナル製の光脱毛機です。従来機の1.5倍の脱毛効果を発揮し、高水準の冷却装置により痛みを最小限に抑えています。

15段階ものパワー調節ができるため、毛質・肌質・部位に合わせたパーソナルな脱毛が可能です。

また、コース満了後は無期限・無制限80%OFFの料金で脱毛でき、新たにコースを申し込む必要がありません。オプション費用も発生しないため、予算オーバーになる心配もありません。

ここで、実際にRINX(リンクス)でヒゲ脱毛した男性のビフォーアフター写真を紹介します。

顔全体が青ヒゲになっている方でも、照射を重ねれば青ヒゲが解消し、肌のトーンも上がります。

RINX(リンクス)の無料カウンセリングは相談のみでも歓迎です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

初めての方限定!ヒゲ脱毛が73%OFFになる割引プランはこちら!!

 

ご予約・お問合せはこちら

全国87サロン

店舗間移動も可能!
急な転勤・引越しも安心
各主要駅より好アクセス

店舗検索

RINX 全国サロン一覧
北海道・東北エリア
関東エリア
東京エリア
中部エリア
関西・大阪エリア
中国・四国エリア
九州・沖縄エリア