男性の介護脱毛はあり? メリットや気をつけるべきポイントを紹介!

kenta ライターkenta

その他

男性の介護脱毛はあり? メリットや気をつけるべきポイントを紹介!

この記事では、介護脱毛についてまとめました。介護脱毛とは?VIO脱毛されるのは恥ずかしくないのか、そもそもの必要性や年齢的に脱毛するのは遅くはないかなど、介護脱毛に関するよくある疑問を一緒に解決していきましょう。将来、介護されることを見据える20〜30代の男性も必見です。

ご相談・お見積もりは無料!メンズ・介護脱毛の不安をお聞かせください!初めての方限定の最大96%OFF割引キャンペーンを実施中!詳細はこちら!!

 

12月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

介護脱毛とは

介護脱毛とは、将来的に自身が介護されることを想定して、排泄周りの介護の妨げになるVIO(アンダーヘア)を脱毛処理しておくことを言います。つまり、介護者の負担を減らすための脱毛ということです。

 

介護脱毛が増加している背景

近年は高齢化社会のため、今後介護を受ける方々の意識が高く、老後の準備をする一環で介護脱毛に興味を持ったという方が多いです。また、脱毛をする男性の職業や年齢層は幅広く、介護の苦労を経験した方が自分は次の介護者世代に迷惑をかけたくないという理由から、進んで介護脱毛を受ける方も増えています。

在宅介護で自分の子供に介護を任せることになった時に、少しでも負担を減らせるようにと、40代の男性を中心に介護脱毛の希望者が多く、20〜30代の時点で将来を見据えて脱毛するという方もいます。

介護脱毛をする男性からはほかにも、「当日初めて会ったペルパーに、ボサボサな陰毛を見せるのが恥ずかしいから」という意見もありました。

 

介護脱毛のメリット

基本的には、介護者の負担を減らすための介護脱毛ですが、介護を受ける方にもメリットがあります。

 

陰毛が絡まらず排泄の拭き取りが楽になり介護者への配慮になる

排泄物の拭き取りが楽になるので、介護の負担が減って介護者から喜ばれます。排泄周りのケアがスムーズに進むと、介護者も介護される側も肉体的・精神的な負担が少なくて済みます。

介護者にかかる負担や不満を減らしてあげることで、お互いに快適な介護生活が送れるでしょう。

 

陰部を清潔に保つことができ菌の増殖を防いで臭いも軽減できる

陰部周りは、排泄や陰毛の影響で菌が繁殖しやすいです。さらに、蒸れて汗をかきやすく、汗と菌が混ざると不快臭を放ちます。介護者にとっても、自身にとっても好ましい状態ではありません。

陰毛をなくすことで、毛に付着した菌の繁殖や陰部の蒸れが軽減でき、臭いを減らします。陰毛そのものが不快だと感じる方もいるため、見た目においても清潔感がアップします。

 

脱毛だと自己処理で起こる肌トラブルの予防ができる

陰部は皮膚がデリケートなのでカミソリなどの鋭利なもので傷つけやすく、毛嚢炎や肌の炎症といった肌トラブルが起きやすいです。また、自己処理を繰り返していると慢性的な肌への負担は避けられません。外部の刺激から皮膚を守ろうとして体が「メラニン」を生成し、肌にシミや黒ずみが残る恐れも。

脱毛をなるべく早めに始めて自己処理の手間から解放されたほうが、高い肌トラブルの予防効果が期待できます。

 

介護脱毛の気をつけるポイント

介護脱毛を受ける際に気をつけたいポイントをまとめました。

 

白髪になる前に脱毛を受けましょう

体毛が白くなると、医療レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛といった光の作用を利用した脱毛方法では効果が得られなくなります。毛のメラニン色素に反応する特殊な光を扱うため、メラニン色素が抜けた白髪には光が反応しなくなってしまうためです。

白髪でも脱毛ができる脱毛方法はありますが、白髪になってしまうと脱毛の選択肢が限られてしまいます。陰部の毛が白髪になる前に脱毛の施術を受けることを検討することで施術方法の選択肢は狭まらないのでおすすめです。

 

ツルツルにしたくないなら減毛脱毛しましょう

ツルツルにしなくても減毛を行うだけでも、介護の負担を減らすことができます。邪魔にならない程度に毛量を減らすことで、排泄などの拭き取りの負担を減らし、においも抑えさせることが出来ます。

全く毛のない状態は恥ずかしいけど、介護の負担を減らしたいという方は減毛を行いましょう。脱毛は毛をツルツルにしてしまう以外にも、脱毛したくない箇所を避けたり、施術する回数を調節して毛のボリュームをほどよく減らしたりもできるので安心してください。

 

デリケートゾーンへの脱毛は自分に合った方法を選びましょう

脱毛方法には、低刺激で脱毛できるものや効果の高いものといった、いくつかの種類があります。光脱毛は肌に優しい微弱な光で脱毛することができ、痛みは少なく、十分な脱毛効果が得られます。包皮や肛門周辺といった粘膜部分への脱毛も安心です。

一方で、医療レーザー脱毛は高出力で効果は高いですが、肌に大きな負担がかかります。VIOといったデリケートな箇所への脱毛は、痛みが強く、肌トラブルが起きやすいため、自分に合った脱毛方法を見極める必要があります。パッチテストができるお店もあるので、実際に体感して脱毛方法を決めるという手段が良いでしょう。

 

※脱毛方法による金額の違いと保険適用の有無

脱毛は保険適用外です。脱毛方法やお店によっても金額は異なるため、あらかじめ店舗情報をリサーチしておきましょう。脱毛方法の中で最も値段が安い傾向にあるのは光脱毛で、1カ所おおよそ10,000円〜脱毛が受けられます。

パッチテスト可能○ 効果が高くデリケートな肌にも優しい光脱毛機をご体感ください!初めての方限定で最大96%オフの割引キャンペーンも実施中!!

 

介護脱毛って恥ずかしくない?

近年では、男性が脱毛をすることは当たり前になりつつあるので、男性だから脱毛するのは恥ずかしいと感じる必要はありません。

ただ、「VIOを脱毛されるのが恥ずかしい」「年齢的に脱毛するのが恥ずかしい、そもそも60〜70代で脱毛するのは今更ではないか」などの心配ごともあるでしょう。

 

メンズ脱毛のRINX(リンクス)ではヒゲに次いでVIO脱毛が人気

メンズ脱毛専門店RINXでは、ヒゲに次いでVIO脱毛をする方が多いです。美容のための脱毛から「介護のため」「自己処理から解放されたい」「運動の時に陰部が蒸れにくくしたい」といったように、メンズ脱毛へのハードルが下がったことがVIO脱毛の人気に繋がっているでしょう。

 

老若男女から人気が高いからVIO脱毛をする年齢は気にしなくても良い

年齢的に脱毛を始めるのは今更ではないか、VIO脱毛をするのは早すぎるのではないかといった心配をする必要は一切ありません。女性はもちろん、脱毛する男性も増えており、VIO脱毛を受ける年齢層も10〜70代までと幅広いです。

また、VIO脱毛は陰部の蒸れ、股ずれ、不快臭などを軽減してくれるといった、いつ脱毛を始めても嬉しいメリットが得られます。

ただ、前述したように、年齢が高くなるにつれて増えてくる白髪は脱毛できないため、迷われているなら早めに脱毛を始めたほうが良いです。

 

メンズ脱毛サロンなら陰部を見られる恥ずかしさを軽減できる

VIO脱毛はデリケートな箇所だけに、やはり恥ずかしいと感じる方は多いです。中には男性器が勃起してしまう方もいます。ただ、施術者は毎日何人もの脱毛施術を担当するため、気にしない方がほとんどですし、男性器の勃起は自然現象なので気にする必要はありません。

それでも初めての脱毛は勇気がいります。少しでも恥ずかしさを軽減したいという男性には、男性専用の脱毛サロンに通うことをおすすめします。男性スタッフだけのほうが女性の目を気にせず、女性に話しづらい悩みも気軽に相談することができます。

リンクスのメンズ脱毛ページはこちら>>>

 

介護脱毛のことならRINX(リンクス)にお任せください

メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)は男性専用の脱毛サロンです。会員様は10〜70代と幅広く、創業からメンズ脱毛のみでサロンを運営してきました。確かな実績をもとに、あなたの介護脱毛をサポートさせていただきます。RINXは男性スタッフオンリーだから、女性の目が気になる方にも安心です。

カウンセリングは無料で承っており、初回はご相談・お見積もりのみのご来店でもOK!介護脱毛のことでほかに不安なことがあればご相談ください。電話対応からカウンセリングや施術まで、男性脱毛技能士が最善の形でご要望にお応え致します。ご予約お問い合わせはこちらから。

初めての方限定!メンズ脱毛が77%OFF割引プランはこちら!!

ご予約お問い合わせはこちら

この記事をシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • はてブ
  • Pocket
  • LINE

カウンセリングご相談無料 お見積のみもOK ご予約はこちら

このメディアが少しでも皆様のお役に立ちましたらぜひ投票をお願いします 11889

FacebookやTwitterなどのSNSとは連携しておりませんのでご安心ください

  • メンズ脱毛百科事典リンクスペディアTOPはこちら
  • メンズ脱毛・ヒゲ脱毛専門店 リンクス公式HP
RINX RINX リンクス