ヒゲ脱毛で肌荒れ?肌荒れした時の効果的な対策法を紹介

ヒゲ脱毛(顔)

ヒゲ脱毛で肌荒れ?肌荒れした時の効果的な対策法を紹介

2月のメンズ脱毛キャンペーンを見る

ヒゲ脱毛すると肌荒れを防止できる

カミソリやシェーバーでヒゲを剃ると、肌表面の角質も削り取られます。微細な傷や刺激により、肌トラブルが引き起こされる可能性があります。また、ヒゲが生えていると皮脂や汚れがヒゲに絡み付くため、毛穴が詰まったり細菌が繁殖したりして肌トラブルを引き起こすこともあります。

ヒゲ脱毛をすればヒゲ剃りの頻度が大幅に減り、自己処理による肌荒れが自然に回復します。さらに、脱毛機の光の熱は皮脂腺の機能が低下する効果もあります。毛穴に皮脂や汚れが溜まりにくくなるため、肌荒れの防止に効果的です。

 

ヒゲ脱毛で肌荒れが起きることもある

ヒゲ脱毛の施術は少なからず肌に負担がかかるため、肌が敏感になります。脱毛中は適切なケアをしていなければ、一時的に肌荒れが起きることもあります。ヒゲ脱毛で起きる可能性がある肌荒れの種類は以下の通りです。

 

乾燥・かゆみ

ヒゲ脱毛後は脱毛機の光の熱が肌内部にこもるため、肌が過度に乾燥しやすくなります。肌が乾燥することで、かゆみ・ひび割れが生じることがあります。

 

赤み・炎症

脱毛機の光の熱によって肌が刺激を受けると、一時的に肌に赤みや炎症が起きることがあります。照射後に冷却ジェルや冷却パックで肌を冷やすことで緩和できます。

 

やけど

レーザーや光が肌に与える熱の影響で、やけどに似た状態を引き起こすことがあります。

 

色素沈着

照射後に肌が炎症した場合、肌を修復する過程でメラニンの生成が促されると色素沈着を引き起こすことがあります。

また、炎症が強かったり長引いたりした場合も色素沈着が起きやすくなります。

 

ニキビ・毛嚢炎

脱毛によって肌が刺激を受けると小さな傷ができ、細菌やウイルスに感染しやすくなります。アクネ菌が毛穴に侵入するとニキビが発生し、皮膚に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が侵入すると毛嚢炎が発生します。

 

ヒゲ脱毛で肌荒れが起きる原因

ヒゲ脱毛による肌荒れの原因は以下の通りです。

 

肌の防御機能の低下

肌は本来、紫外線や外部からの刺激から体を守る防御機能を持っています。脱毛機の照射で肌に強い熱エネルギーが当てられると、肌の表面がダメージを受けて防御機能が低下します。肌が一時的に敏感になり、微小な傷から細菌が侵入して肌トラブルを引き起こすことがあります。

また、しばらく肌の内部に熱がこもるため、肌が乾燥しやすくなります。乾燥によってかゆみが出たり、乾燥から肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてニキビが発生したりするケースもあります。

 

脱毛機の出力が高すぎる

照射の強度が高すぎると熱による刺激が増え、肌荒れを引き起こす原因となります。特に、敏感肌の方は刺激に対して反応しやすいため、クリニックのレーザー脱毛でヒゲ脱毛する場合は注意が必要です。

 

ヒゲ脱毛後に肌荒れが起きた場合

ヒゲ脱毛後の肌荒れは一時的なものです。肌を清潔に保ち、適切なスキンケアで保湿を心がけることで、症状は落ち着きます。

 肌荒れの種類  対処法
 赤み 保冷剤や冷たいタオルで冷やす
 かゆみ 掻かずに保冷剤や冷たいタオルで冷やす
 やけど 患部を冷やす
 ニキビ・毛嚢炎 潰さずに放置する

数日経っても症状が治まらなかったり、悪化したりする場合は皮膚科を受診しましょう。

また、脱毛が原因で肌荒れが起きた場合、適切な対応をしてくれるクリニックや脱毛サロンを選ぶと安心です。

 

ヒゲ脱毛は肌荒れしていてもできる?

軽度の肌荒れであれば、脱毛可能です。ただし、重度の肌荒れや色素沈着が濃い場合は避けて照射したり、出力を下げて照射したりすることになります。

肌荒れがあると痛みを感じやすくなり、炎症が悪化する可能性もあるため、肌の状態が良好なときに施術を受けることをおすすめします。

アトピー性皮膚炎の場合は、本人の同意書や医師の承諾書が必要になる場合があります。

 

ヒゲ脱毛後の肌荒れを防ぐ方法

肌を保湿する

肌荒れを防ぐためには、脱毛前後の肌のケアが重要です。脱毛中は肌を清潔に保ち、化粧水やクリームで保湿しましょう。保湿することで肌の防御機能が高くなり、乾燥や刺激から肌を保護できます。

ただし、照射後は肌がスキンケア用品の成分に対して過剰に反応することがあります。スキンケア用品は、アルコールフリー製品や低刺激性のものを使用しましょう。

 

紫外線対策をする

日焼けをして肌の色が黒くなると脱毛機の光が肌にも反応し、照射時の痛みが大きくなります。光のエネルギーが分散して脱毛効果も薄れるため、脱毛中は日焼けをしないように日焼け止めを使用し、直射日光を避けましょう。特に、照射直後は紫外線によるダメージを受けやすくなるため要注意です。

日焼け止めは肌に刺激の少ない敏感肌用の日焼け止めがおすすめです。

 

体温を上げない

照射後に体温が上昇して血流が増加すると、肌が刺激に対して敏感になり、肌荒れのリスクが高まります。照射後は冷たいタオルやアイスパックで肌を冷却し、体温を上げないようにしましょう。

また、当日は入浴や熱いお湯でのシャワーやサウナ、日焼け、激しい運動は避けてください。肌の刺激となり、赤みやかゆみを引き起こす可能性があります。

 

摩擦や刺激を与えない

洗顔やスキンケアの時に顔をこすったり、叩いたりすることも避けましょう。ヒゲ剃りをする際も肌のほてりが落ち着くまではなるべく優しく行い、使用する道具は清潔に保つことが大切です。

 

光脱毛でヒゲ脱毛する

肌が弱い方や敏感肌の方は、脱毛サロンで受けられる光脱毛が適しています。光脱毛は、広範囲の波長を照射し、肌への刺激を最小限に抑えながら毛根にアプローチする方法です。クリニックで行われるレーザー脱毛より肌への刺激が少ないため、敏感肌の方や肌荒れしやすい方にもおすすめです。

特に、ヒゲのような太くて硬い毛の脱毛には、「IPL脱毛」が高い効果を発揮します。IPLの光は医療機関で使用されるフォトフェイシャル治療にも使用されています。フォトフェイシャルはメラニン色素に作用し、コラーゲン生成を促すなどしてシミ・シワ・ニキビを改善する治療法です。IPL脱毛はフォトフェイシャルほどではありませんが、副次的に美肌効果も期待できます。

 

蓄熱式脱毛はヒゲ脱毛には不向き

脱毛機の光を照射する方法には「熱破壊式」と「蓄熱式」の2種類あります。蓄熱式脱毛は熱破壊式のように高い出力のエネルギーを照射するのではなく、低出力のエネルギーを肌にゆっくりと照射し、毛根より浅い領域にアプローチする方法です。肌に対する急激なダメージを避け、痛みや肌荒れを大幅に軽減できます。

しかし、出力が低いためヒゲのような濃く太い毛には効果を実感しにくく、かなりの回数がかかります。ヒゲが減っても早い段階で生え戻る可能性があるため、熱破壊式で脱毛できるところを選びましょう。

 

ヒゲ脱毛なら熱破壊式のオリジナルIPL脱毛機使用のRINX(リンクス)へ

RINX(リンクス)では、医師監修のもと開発した男性用の熱破壊式オリジナルIPL脱毛機を使用しています。従来機の1.5倍の脱毛効果を発揮し、高水準の冷却装置により痛みを最小限に抑えています。15段階ものパワー調節ができるため、毛質・肌質・部位に合わせたパーソナルな脱毛が可能です。

ここで、実際にRINX(リンクス)でヒゲ脱毛した男性のビフォーアフター写真を紹介します。

ヒゲ脱毛で後悔したくない!永久脱毛でよくある失敗を解説

照射を重ねれば肌荒れや青ヒゲがが解消し、肌のトーンも上がります。

また、RINX(リンクス)は医師監修の脱毛サロンです。万が一、肌トラブルが起きた場合でも適切に対応しますので、ご安心ください。

RINX(リンクス)の無料カウンセリングは相談のみでも歓迎です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

RINX(リンクス)の最大10万円がお得になる顔・ヒゲ脱毛キャンペーン

RINX(リンクス)では初めてご来店のお客様限定で、毎月先着30名様に顔ヒゲ脱毛が最大73%OFFで受けられる割引プランをご用意しております。

顔ヒゲ全6カ所対象部位は「両ほほ」「両もみあげ」「鼻下」「口下」「あご」「あご下、首」の全6カ所で、4回と8回の2つプランから選べます。

4回コースは、キャンペーン適用で4回通常価格が108,000円(税込)のところ30,000円(税込)と1回あたりの金額が72%OFFなるお得なキャンペーンです。RINX(リンクス)の月定額システムなら月定額3,000円~お支払が可能です。

8回コースは、8回通常価格が172,800円(税込)のところ58,000円(税込)と10万円以上もお得になります。1回あたりの金額では顔ヒゲ全体6箇所がなんと最大73%OFFの1回6,000円で受けられます。

濃いヒゲ・青ヒゲにお悩みの方は8回コースがおすすめです!ぜひこの機会にご利用ください。

初めての方限定!最大10万円お得になる顔ヒゲ全体脱毛キャンペーンはこちら!!

ご予約・お問合せはこちら

全国87サロン

店舗間移動も可能!
急な転勤・引越しも安心
各主要駅より好アクセス

店舗検索

RINX 全国サロン一覧
北海道・東北エリア
関東エリア
東京エリア
中部エリア
関西・大阪エリア
中国・四国エリア
九州・沖縄エリア