スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

処理が難しいVラインの毛、最適なケアで悩みを解消

Vライン脱毛の目的

1)不快な悩みを解消

ヘアスタイルやヒゲのデザインなど、他人からどう見られているかに重点を置いて伸ばす毛と違って、Vラインの毛は他人に見せる機会があまり無いため、自身の好みや快適さを目的として処理することが多いでしょう。

下着のタイプによっては締め付け部分が当たるVラインは痒みが出やすく、太ももの付け根付近がくぼんでいるため毛がはみ出てしまう場合があります。
また毛量が多いと下着が膨らんで不自然に見えたり、毛が絡み合って無理矢理抜け落ちることで肌に負担がかかることも考えられます。
毛を処理することで様々な悩みを解消できることが、アンダーヘアを処理する代表的な理由の一つです。

2)自己処理の限界

あまり他人に見られたくないアンダーヘアの処理は、はさみでカットしたりカミソリで剃るなど、出来ることなら自己処理で済ませたくなるかもしれません。
しかし、処理が難しいくぼみ部分の毛を剃り残してしまったり、不揃いな長さで毛をカットしたために肌着から毛が付き出していたりと、自己処理で理想通りに仕上げることはとても難しいものです。

男性脱毛サロンなら、専用の脱毛機を使って微細にコントロールしながらムダ毛を処理していくため処理残しの心配がありません。また、男性特有の剛毛に合わせて脱毛を行いますので、毛の太さや長さに関わらず理想の仕上がりを実感できるのでおすすめです。

Vライン剛毛とは

写真02

胸毛やひじ下、ひざ下の毛など、目立つ部分の毛が薄い男性は毛深い男性に比べて、体毛の処理に無関心なことが多いです。しかし、自身が気付いていないだけで実際にはお尻のあたりまでアンダーヘアが生えていることは多いものです。このように、ワキや腕の薄い毛とは質の違う、陰部から生えた太くしっかりとした毛を、「Vライン剛毛」と呼んでいます。陰部周辺の皮膚は汗腺の数も多く、下着や衣服との擦れによって刺激を受けやすいため毛質が濃くなることが原因と考えられます。

全身の体毛が薄い男性ほど注意が必要です。不意に陰部の毛に気付いて処理をすると、予想以上の毛量の多さと面積の広さに満足のいく処理ができない結果になることがあります。突発的にVラインの毛を処理するよりも、常に自身の毛の状態を把握しながら整えておけば、自然な毛量で清潔感のあるVラインを保つことができます。

RINX(リンクス)のVライン脱毛

RINX(リンクス)は、男性脱毛を専門に東京や全国各地で店舗を展開する男性脱毛サロンです。
RINXでは、デリケートゾーンの脱毛をはじめ、すべてのプランで専門の男性脱毛技能士が施術を担当いたします。脱毛が初めての男性やアンダーヘアにコンプレックスを感じている方など、様々な男性のムダ毛の悩みを解決に導きます。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る