スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

デリケートな首元、正しいムダ毛処理でシャツをカッコ良く着こなす

デリケートなうなじの皮膚

写真01

うなじとは一般的に、髪の生え際から肩との境界あたりまでを指しますが、他の部位と比べてとても皮膚が薄く日焼けしやすい部位と言えます。髪の毛や襟足の毛と常に接触しているうなじ部分の皮膚は、汗をかいて赤みや痒みが強くなることがあります。

またうなじの毛は縮毛が多いため、毛量の多い男性が放置すると汚らしく見えてしまいます。カミソリで手軽に整える方法もありますが、頭と胴とを繋いでいる首には多くの神経や血管が通っています。単なるムダ毛処理と侮ることなく、慎重にムダ毛処理を行うことで大切な首周りの皮膚を守りたいものです。

魅力的な男性の首周り

1)シャツとの相性でわかるセンス

多くの女性は男性の首元に男としての魅力を感じています。魅力を感じるポイントは人によって違いますが、肌の綺麗さや程よい首の太さ、清潔なシャツと襟足の毛とのバランスなど、様々な角度から男性の首周りに注目しています。

うなじの毛は人によっては背中や肩の毛との境界が曖昧で、極端に四角い形の襟足は避けたいなどデザインの好みも分れるため、自身の毛質をきちんと把握した上で理想に合わせることがポイントです。

髪が短い男性は、シャツを着た時後方から覗くうなじの毛がとても目立ちます。頻繁に着る服装に合わせて、髪の生え際から肩にかけて生えるうなじの毛を整えることで清潔感とオシャレの両方を手に入れることができます。体型にもよりますが、うなじの範囲が広く見える首が長めの男性には、襟高が高めで第一ボタンが二つあるタイプのシャツがおすすめです。反対に、首が短めの男性やジャケットと併用することが多い方には、折り返しの無いスタンドカラータイプがよいでしょう。

2)男性と女性の産毛の量の違い

女性の髪の生え際と男性とでは産毛の量が違います。女性の額やうなじなど輪郭部分の毛は産毛がほとんどで、丸い形にぼんやりと生えています。しかし男性の輪郭部分の毛は直線的にしっかりとした毛が生えていることが多く、毛のある部分とそうでない部分とがわかりやすく分かれていることが多いです。また、整えていても自然に出てきてしまう後れ毛は女性ホルモンの働きによるもので、男性にはあまり見られない毛の特徴です。

このように、男性と女性とでは産毛や後れ毛などの細く薄い毛にわかりやすい質の違いが確認できます。

RINX(リンクス)のうなじ脱毛

RINX(リンクス)は、東京や全国各地で男性脱毛を専門に行っております。
RINXでは、デリケートなうなじ部分の毛を安全に脱毛するため、十分な時間をかけてカウンセリングを行っております。お客様一人一人の肌タイプや毛質、ご希望の襟足デザインに沿った最適なプランをご提案致します。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る