スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

トピックス

上野店NEWS

上野店 夏を迎える前の日焼け対策 2020年06月04日

1180 views  
上野店夏を迎える前の日焼け対策2020年06月04日

RINX東京上野店のトピックスをご覧頂き、誠にありがとうございます。

朝晩の寒暖差も少なくなり、暑い季節がやってきましたね。

日差しも強くなり、この時期から日焼け対策を始められる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

日中は室内におられ外出を短時間で済ます方でも、気がつけば日焼けしていたというご経験は皆様お有りかと思います。

今回のトピックスでは快適に脱毛を行っていただけるように、日焼けと脱毛の関係性と日焼け対策についてご紹介させて頂きます。

日焼けと脱毛の関係性

まず知って頂きたいのは、日焼けと脱毛の関係でございます。

フラッシュ脱毛の光は黒いものに反応する性質があることで、お肌の上に生えている黒い毛に反応して脱毛の効果を発揮します。

もし日焼けをされお肌が黒くなってしまうと、毛に反応する光がお肌にも過剰に反応してしまい、お肌に負担がかかってしまいます。

そこで、日焼け止めの出番です。

日焼け止めには、SPFとPAの表記がされています。

SPFはお肌を赤くし、しみやそばかすを生じさせる紫外線B波からお肌を守る数値です。PAはお肌の奥に届き、しわやたるみの原因になる紫外線A波からお肌を守る数値です。

この数値が高いほど紫外線を防ぐ事ができますが、その分お肌に負担がかかってしまいます。

また日焼け止めには紫外線吸収材もしくは紫外線散乱剤のいずれかの成分が入っていて、紫外線防止に強いのは吸収材でSPF50の日焼け止めにはほとんど使われています。

場面ごとに使い分けを!

日焼けとお肌への負担を軽減させるためには、SPFとPAの使い分けがポイントになります。長時間の外出や日に当たりやすい状況ですとSPF・PAの値が高いものを、短時間の外出程度でしたらSPF・PAの値が低いものがベストでございます。

例として、上野店会員様の日焼け止め活用術をご紹介いたします。

【アウトドアが大好きなT様】
T様はキャンプや海が大好きで、脱毛を始める前は日焼けしたお肌が印象的でした。
脱毛を機に日焼け対策をして頂き、将来のお肌の事も考えるようになられました。
紫外線をよく浴びる時はSPF50・PA++++の防御効果の高いものを使用されています。
汗をかいて日焼け止めが流れて効果が落ちないように、こまめに塗り無しもされております。
最近は外出を控えておられますが、車に乗る時も日焼け止めを塗り、UVカットフィルムを窓に貼り日焼け対策をされています。

【通勤時の日焼けが気になるI様】
I様はお肌が白く、少しの日焼けでも赤くなりヒリヒリ感を感じられる方で、将来のシミやシワを防ぐためにも日焼け対策をされています。
短時間の外出ではお肌への負担を考えSPF30・PA++のものを使用され、営業で外を回る時はSPF40・PA+++と場面に合わせ使い分けておられます。
また日傘や帽子やスプレータイプの日焼け止めなど手軽にできる日焼け対策もされております。
日焼け対策をしていただきながらスッキリしたお体で夏を迎えられるよう、RINX東京上野店スタッフ一同、皆様の脱毛ライフを全力でサポートさせていただきます!


記事一覧に戻る
東京上野店TOPへ戻る
  • サロンNEWS一覧
  • サロンQ&A一覧
  • サロンご当地情報一覧
  • サロントピックス一覧

ご予約・お問い合わせ24時間365日OK!

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る