スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

トピックス

立川店ご当地情報

街全体が美術館~立川アート~ 2017年08月05日

650 views  
街全体が美術館~立川アート~2017年08月05日

皆様こんにちは

立川店のトピックスをご覧いただきありがとうございます。

街はセミの鳴き声が止むことなく響き、街を歩くだけで夏の風物詩が感じられる今日この頃ですね。

 

今回は立川店に通ってくださるお客様、またこれから立川店で脱毛をご検討されている方に、

この立川の街の特徴をお伝えしたいと思います。

ただ通って頂くだけでなく、脱毛でスッキリされた後に立川の街全体を楽しんで頂ければ幸いでございます。

 

 

街にあふれるアートの数々

初めに立川の歴史を少し語ります。この立川は元々は第二次大戦後の米軍基地としての場所でした。

 

しかし昭和52年に全面返還された後、基盤整理が行われ、昭和58年に多摩都心立川計画が打診されたことにより、

広大な跡地は昭和記念公園や広域防災基地として生まれ変わりました。

 

それからの立川は新しい文化と人々の五感に響くような素晴らしい街をコンセプトに、

市内の公園や公共施設に様々なオブジェやアート作品が並べられるようになり、

その作品にはこれまでに36ヶ国92人のアーティストが関わり、その数なんと109点にもなります!

 

いかがでしょうか、現在の立川の繁栄の裏には、立川を愛する人々の様々な苦労とアイディア、ドラマがあり、

そして今では多摩地区最大のターミナル駅として位置しているのです。

アートウォーキング

立川駅北口を降りて伊勢丹方面に歩いていくと、写真のようなお洒落な並木道が見えます。

この道は私小針がおススメの場所でもあり、某国民的光の巨人や某国民的巨大怪獣が出てくる特撮にもよく使われるので、

知っている方からするピンと来るかもしれません。

この道中にはお洒落なカフェがたくさんございますので、デートスポットにはまさに最適の場所です。

 

この通りのアートはほんの一握りで立川の街周辺にはたくさんのアートが隠れております、

まさに【街全体が美術館】に相応しい美しい街創りとなっておりますので、

是非立川に足を運ばれた際は、街のアートとその歴史を堪能してはいかがでしょうか。


  記事一覧に戻る 
立川店TOPへ戻る
  • サロンNEWS一覧
  • サロンQ&A一覧
  • サロンご当地情報一覧
  • サロントピックス一覧

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る