スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

気になる胸毛、メリットを実感できる脱毛効果

男性の体質と毛の特徴

1)遺伝との関係性

毛深いことがコンプレックスの男性の中には、遺伝によるものだと諦めてしまっている方もいるでしょう。
毛穴の数が多いほど体毛が濃いと言われていますが、毛穴の数は遺伝によって決まっており成長過程で増減することはありません。中には、自分は毛が濃いのに両親は薄いという方もいらっしゃいますが、これも「隔世遺伝」という遺伝によるものが多いです。

肌質や毛髪などのタイプが親から子へと遺伝することは否定できませんが、周りの環境や生活習慣などでも体毛は変化します。普段の生活パターンを少し意識して、コンプレックスを解消したいものです。

2)皮膚の薄い胸毛の処理

体毛の濃さには男性ホルモンが影響しますが、ホルモンの調節は自分ではできないため、体毛をなくしたり減らすには適切なケアが必要です。本来なら肌に弾力を与えるはずのコラーゲンやエラスチンが加齢や紫外線により減少すると、肌細胞を作り出す力が衰えてきます。このサイクルによって皮膚が徐々に薄くなり、処理方法によっては肌の赤みやバリア機能の低下を引き起こします。
特に、胸毛は乳輪を含んでいることや、内側と外側では皮膚の厚さが違うため、処理が難しい部位の一つと言われています。

毛穴詰まりやニキビ肌などに悩まされることなく、自身の肌タイプに最適な方法でムダ毛処理したいものです。

食べ物でコントロールできる毛質

写真02

毛質を変えるなら食生活の改善をおすすめします。
毛の成長にはたんぱく質やビタミンなどの栄養素が不可欠ですが、普段の食事の内容によっては体毛を濃くする可能性があります。健康維持に必要な動物性タンパク質は、摂取し過ぎると酸化した脂肪が体内に溜まります。その後、過酸化脂質という脂肪分を毛を通して体外へ出そうとする毛の働きが活発になることで毛を増やし始めます。肉食メインの欧米人の体毛が濃いのは、食事による影響が大きいと言えます。

女性ホルモンに近い大豆イソフラボンを積極的に摂取することで毛質を改善することができます。女性ホルモンが、活発な男性ホルモンの働きを中和し濃くなる体毛を抑制するというメカニズムです。

納豆や味噌、きな粉などの大豆イソフラボンを多く含む食材は、肌質や毛質へのアンチエイジング効果が期待できます。

RINX(リンクス)の胸毛脱毛

RINX(リンクス)では、東京や全国各地で男性専門店として脱毛を取り扱っております。
RINXは、専門の男性脱毛技能士によって最適な毛周期をご提案し施術を行うため、時間を無駄にしたくない男性にもご満足頂けます。

RINXの胸毛脱毛で、男らしさを残した爽やかな胸元を手にいれてれみてはいかがでしょう。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る