スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

男性ホルモンとシェービングの影響

ホルモンとムダ毛の関係とは?

写真01

人は思春期を過ぎた頃から徐々に体毛が濃くなり、量が増えたように感じてきます。これは第二次成長期から活発に分泌される性ホルモンの影響が大きく関係するためです。
男性ホルモンの一つ「テストステロン」は、毛を再生する毛母細胞に働きかけ、体毛を太く濃くする働きがあります。男性ホルモンの分泌量によって毛の濃さが変わるため、ムダ毛の多さに個人差が見られます。

実際に男性脱毛に通う方の中で毛量や毛質が異なるのも、このホルモンの影響です。

体毛の種類とホルモンについて

体毛はホルモンの関わり方の違いで、3種類に分けられます。

  • 無性毛:性ホルモンが関与せず生える毛です。(まつ毛・眉毛・手足・頭髪の一部)
  • 両性毛:男女問わずに性ホルモンが関わる毛です。(脇毛・アンダーヘア)
  • 男性毛:男性ホルモンの影響が大きく、男性特有のムダ毛として出現します。

  • (ヒゲ・胸毛・背中・手足の濃い毛・陰部周辺・頭髪の一部・耳毛)

このように体毛の生える場所によって、性ホルモンの関わり方が異なることが分かっています。
ホルモンの分泌量は遺伝性に左右されるものが大きいですが、生活習慣・食生活・ストレスなどによっても左右されます。

シェービングで除毛する

濃い体毛を処理する際は、カミソリ(シェービング)によって除毛するのが一般的です。ヒゲ剃りを同じ感覚でできるため、男性でも扱いやすく手間もかかりません。一方で「ムダ毛を剃ると濃くなる」という話もよく耳にします。
これは、毛の断面がカミソリによって斜めに剃り落とされ、毛が太く見えるためではないかと考えられています。また、カミソリを繰り返し肌に当てることで、皮膚への刺激が増します。外的刺激から守るためによる濃く頑丈な毛を生やそうと、毛母細胞が活性化するケースもあります。

そこでムダ毛を着実に減らしたい男性には、メンズ脱毛サロンをお勧めします。ひげ脱毛をはじめ、男性特有のムダ毛を熟知した専門スタッフが施術するため安心です。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る