スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

ムダ毛処理の負担をなくす

負担のかかるムダ毛の自己処理

写真01

近年男性脱毛が注目を浴びていますが、まだまだムダ毛を自己処理で済ませるケースが多いです。誰にも知られることなく処理できること、そして家庭用脱毛器や除毛剤など脱毛グッズも豊富で手に入れやすいことなど、自己処理には手軽に試せるというメリットがあります。

しかし、このような手法は根本的な脱毛にはならないため、新たな毛が繰り返し生えるたびに処理が必要になります。

ムダ毛の自己処理回数が増えることで、肌表面にある角質層が削ぎ落とされ、肌に大きな負担がかかってしまいます。そこで今回は、ムダ毛の自己処理についてお話しいたします。

自己処理と肌への影響

肌を保護する角質層や毛穴に傷がつくことで、次のような影響が現れます。

  • カミソリ負け
    カミソリの刃が肌に繰り返し当たることにより、角質層に傷がつきます。赤みやヒリヒリとした火照りを感じやすくなります。


  • 埋没毛(埋もれ毛)
    特に家庭用脱毛器や毛抜きを使用したときに起きやすい症状です。毛穴に傷がつくと、肌がかさぶたのように穴を覆います。薄い皮膚で塞がれた穴の奥には、新しい毛が生まれているため、毛が外に排出できずに渦状に丸まります。間違ったヒゲ脱毛を行うと、埋没毛になる場合があります。


  • 毛嚢炎(もうのうえん)
    毛穴に雑菌が入り込み、炎症や化膿を引き起こします。ニキビのように赤く腫れ、膿が溜まり痛みが生じることもあります。


  • 色素沈着
    肌に繰り返し刺激が与えられると、肌を保護するためにメラニン色素が増産されます。肌が薄い部分は特になりやすく、一度黒ずみを起こすと元に戻しにくいです。

肌に優しい脱毛法とは

メンズ脱毛で使用する脱毛機では、メラニン色素にのみ反応する光を照射します。
肌への刺激を極力抑え、さらに施術中はしっかりと冷却し肌を保護します。毛穴や角質層を傷つける心配が少なく、肌に優しい脱毛が可能です。
ムダ毛の脱毛には、専門機関で施術を受けることをお勧めします。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る