スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

脱毛プチ豆知識

青ヒゲとは

写真01

青ヒゲとはヒゲを処理しても肌が青く見えてしまう状態を言います。 ヒゲは皮膚の皮下組織から表皮まで存在しており、黒く濃いヒゲが皮膚の肌色を透過して見えるため青くなります。 青ヒゲは、どんなに丁寧に剃ってもどんなに深剃りをしても目立ってしまいます。

『外人(白人)はなぜ青ヒゲにならないの?』

という質問を多くのお客様から聞かれます。

白人は体内の色素が薄くヒゲの色が黒ではなく茶色く生えてきます。ヒゲだけでなく髪の毛・体毛・陰毛と、全ての毛が茶色くなっています。元々の毛色が薄いため青ヒゲにはなりにくいのです。

日本人でも白髪ヒゲの男性は、毛が太くて多くても青ヒゲにはなりません。

また、ヒゲが生えていても青ヒゲに見えない男性もいます。

青く見える理由には、ヒゲの太さと密度・肌の色が関係しています。
ヒゲ1本1本が濃く・太い毛の本数が多ければ深剃りをしても毛の色が目立ちます。

そして肌が色白な方はより目立ちます。青ヒゲ改善として、日焼けをする男性もいらっしゃることでしょう。
ですが日焼けは一時の改善になりますが、肌老化(特にシミ・しわ)の原因となるのでできるだけ避けた方が良いです。

ですので男性脱毛専門のRINXでは、皆様の5年後・10年後・30年後のお肌のためにも、
ヒゲ脱毛で肌負担を抑えながらの青ヒゲ改善をおすすめしております。

脱毛豆知識

  • 毛が濃くなる原因
  • ひげ剃りについて
  • 女性脱毛との違い
  • 脱毛クリームについて
  • メンズ脱毛の認知度
  • 陰部脱毛のメリット
  • メンズ脱毛の来店ペース
  • 青ヒゲとは
  • 体毛の種類
  • 毛の構造について
サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る