スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

家庭用脱毛器について

普及する様々な家庭用脱毛器

近年では男性の間でもメンズ脱毛に対する関心が高まり、自宅でできるムダ毛ケア用品が増えています。中でも家庭用脱毛器には様々な種類があり、それぞれの特徴に違いがでます。
今回は家庭用脱毛器の違いについてご紹介いたします。

家庭用脱毛器の種類について

家庭用脱毛機は機能の違いから以下の4種類に分けられます。

◆レーザー式
黒いメラニン色素に反応するレーザーを照射し、毛根を熱刺激で弱らせるものです。医療用と比べ家庭用脱毛器では出力を大きく下げられているため、効果もその分出にくくなります。またレーザーを一点に集中させるため痛みを伴いやすく、広い範囲の脱毛は手間と時間がかかるというデメリットもあります。

◆フラッシュ式
レーザー式と同じく、メラニン色素を光によって刺激する脱毛法です。光脱毛またはIPL脱毛とも呼ばれ、肌に優しく痛みが和らげられます。照射範囲も広く処理がしやすいのですが、出力が低いため毛が薄くなるまでに時間がかかります。

◆サーミコン(熱線)式
脱毛機の先端にある熱線に毛が触れることで、毛を焼き切ります。毛根部にも熱線のエネルギーが伝わるため抑毛効果が高まるとも言われますが、直接毛根に刺激が届くわけではありません。肌表面に出た毛を除毛するものと捉えるべきでしょう。

◆超音波式
ピンセット型の器具で毛を挟み、超音波を一定時間流すことで毛根部を刺激しながら脱毛します。熱を加えないため痛みが少ないですが、長い毛には超音波が届かず事前に短くカットしておくことが望ましいです。また、一本ずつでしか処理ができないため広範囲の脱毛には適していません。

肌に負担を与えないために

写真01

家庭用脱毛器は脱毛知識のない一般人が使えるよう、パワーを抑えて設計されています。肌への負担は少ないですが、脱毛効果はその分下がってしまうデメリットがあります。
また、使用法を誤ると火傷や傷などを負うこともあり、取り扱いには注意が必要です。濃く太いヒゲ脱毛も自己処理で行うのは避けるべきでしょう。
安全で効果的な脱毛を求める方には、男性脱毛専門サロンで施術を受けることをお勧めします。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る