スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

自己処理が大変な両肩の毛

目立つムダ毛への効率的なアプローチ

1)毛が退化しにくい部位

男性は女性に比べて全体的に体毛が濃いためムダ毛の存在感は大きくなります。しかし手入れされることなく生えた濃いムダ毛に対して、汚らしいイメージや嫌悪感を抱く人は多いのもです。
特に露出の多い部位の毛は、定期的にきちんと処理をして清潔に保つことができたら理想です。
ムダ毛の無い状態を長く保てれば時間も手間もかかりません。そのためには、毛の成長を遅らせたり細い毛質に変化させ、肌への負担を徐々に軽減しながら毛を無くす必要があります。

毛質が変化しにくかったり、毛が退化するのに時間がかかったりと部位によって特徴が異なります。中でも背中や両肩、腕のように、元々細い毛が広範囲に生えていて、毛穴が浅い位置にある部位の毛は退化しにくい特徴があります。
自己処理を繰り返して皮膚表面に負担がかかると、かえって毛の成長を促してムダ毛を濃くすることがあります。正しい処理を行って、自然にムダ毛を減らしていくようにするといいでしょう。

2)毛の退化を押し進める要素

気になる体毛を根本から薄くするなら、男性脱毛サロンで毛の成長を止めることが効果的です。毛は徐々に細くなって最終的に生えてこなくなります。
また、脱毛と食生活とは大きく関係しています。動物性たんぱく質を多く含む肉類や乳製品を過剰に摂取すると、体外へ排泄される老廃物が増えます。老廃物は毛穴から汗や皮脂として排泄されるため、結果として毛穴を大きくすることに繋がります。
毛穴が広がるとその分ムダ毛が目立ちやすくなってしまいます。乳製品や肉類を中心とした食生活から和食中心の食生活へとシフトすることで脱毛効果が高まります。

濃く生えた毛と皮膚の特徴

写真02

濃く生えた毛は、本来の毛周期が乱れた状態です。産毛は、比較的薄くデリケートな皮膚に生えていることが多いです。
自己処理で産毛のように元々薄い毛が濃くなることがあり、その後のムダ毛処理がとても大変になると言われています。
男性脱毛サロンでは、プロ目線から見た部位毎の特徴に最適な強さで脱毛していきます。

そのため、両肩のように、皮膚が薄く自己処理が難しい部位の場合は特にプロの技術に任せることをおすすめします。

RINX(リンクス)の両肩脱毛

RINX(リンクス)は、全国各地に男性脱毛専門サロンを展開しております。
RINXの両肩脱毛では、毛の生え方を見ながら上腕や首の後ろ部分の毛を含めて脱毛範囲を設定していきます。
RINXで施術を担当する熟練の男性脱毛技能士は、両肩部分の毛量が多い男性や自己処理の仕上がりに不満を感じている方など、多くの男性のムダ毛のお悩みを解決致します。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る