スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

毛のメカニズムに合わせた、効率のよいスネ脱毛を

男性のすね毛事情

写真01

男性は、スネに濃く長い毛が生えやすい体質にあります。これは、体内の男性ホルモンの影響により起こるもので、思春期を境に体に現れやすくなるのです。スネ毛が多く濃い場合はもちろん、部分的に集中してアンバランスに生えたスネ毛も目立って見えてしまいます。
最近ではスネ毛を処理する男性が増えており、身だしなみの一つになりつつあります。


毛が生えるメカニズム

自己処理で脱毛(除毛)している方ならば、処理したムダ毛が何度も再生するのを目にしたことがあるでしょう。 なぜ毛は生え続けてくるのか。
毛の生えるメカニズムについてご説明します。

毛が抜けてから生えるまでの過程を「毛周期」と呼び、ムダ毛も産毛もこの毛周期に合わせて絶えず生え続けてきます。

1)成長期

毛根にある毛乳頭が、血管から養分を受け取り、毛が生え始める

2)退行期

十分に毛が伸びたところで、毛根部分が毛穴から離れていく

3)休止期

毛の成長が完全に止まり、抜け落ちる。毛穴の奥深くには毛乳頭が残される

このように3つの期間を経て一連のサイクルを繰り返します。
実際に肌に生えている毛は全体の3分の1量で、残りは退行期や休止期の毛穴です。

部位によって異なる成長期

毛は生える場所によって成長期の伸びる長さは異なります。

1)髪の毛

一日に約0.3~0.4mm伸びる。

2)眉、まつ毛、ひげ

一日に約0.2mm弱伸びる。

3)ワキ毛

一日に約0.3mm伸びる。

4)脚や腕

一日に約0.2~0.4mm伸びる。

一度ムダ毛を処理しても、肌表面に現れていない毛が多く存在するため、何度処理をしても生え続けてくるという印象を受けやすいです。

成長期を狙って脱毛する

脱毛サロンでの脱毛は、毛周期を利用して施術します。毛の黒い部分に反応する光を当て、熱エネルギーを確実に毛根部まで当てるには、毛が成長期にあることが大前提です。
毛を伝ってエネルギーが毛根に当たると、次に生える毛はしだいにより細く薄い毛になっていきます。毛周期に合わせて施術を繰り返すことで、全体の毛を脱毛することが可能になるのです。

すね毛をキレイに減らしたい場合は、自己処理よりも専門の脱毛サロンでの施術をお勧めします。

RINX(リンクス)のメンズ脱毛で確実に脱毛

RINX(リンクス)のメンズ脱毛では、毛周期を利用した施術法で、より確実で効果的な脱毛が可能です。これまで自己処理でスネ毛の処理を行っていた方も、専門脱毛機ならムラなく均一に脱毛ができるうえ、肌への負担も軽くなります。

RINXではお客様の肌状態や毛質に合わせて、調整しながら施術を行います。そのため肌ダメージを抑えるだけでなく、少ない痛みで脱毛ができます。
メンズ脱毛が初めてという方も、肌が弱く痛みに不安があるという方も、専門脱毛技能士が丁寧に対応いたしますのでご安心ください。
カウンセリング時には、ご希望やお悩みについて一つ一つお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る