スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

体毛の濃さで変わる印象、自然な毛量で全身の好印象をキープ

毛深い男性の毛の特徴

1)体毛の構造で決まる毛量

実際に目で確認することができる体毛は、毛穴から皮膚表面に生えているごく一部分です。
体毛の三分の二以上は皮膚の中に埋まっていると言われています。皮膚表面上に生えている部分を毛幹、皮下部分の毛を毛根とよんでいます。
毛根部にある毛球と呼ばれる部分が毛細血管から栄養分を取り込むことで毛の成長を促しています。毛球の先端にある毛乳頭が栄養分の吸収を助ける働きをしているため、不意に毛が抜け落ちても、皮下の毛母細胞が失われない限り毛は成長を続けます。

毛深い男性はこの毛母細胞の分裂が活発で、毛の成長スピードが速いと言われています。また、毛の成長に大きな影響を与えてる男性ホルモンは、毛乳頭を刺激し体毛を濃くする作用があります。
体毛の濃さにコンプレックスを感じている男性は、毛母細胞の働きを弱めて毛の成長を抑えるなど、体毛の構造に変化を与えることで理想の毛量に整えることができます。

2)好印象な毛量をキープする

男性がムダ毛を処理する際には、見た目が自然になるように整えると好印象に映ります。
元々体毛が薄い男性は、産毛を目立たせないよう意識しながら部分的に生えた濃い毛を処理すると効果的です。

また体毛が濃い男性は、全体の毛量を減らしながら特に濃さが目立つ部分や、清潔感を出したい部分の毛をきちんと処理することで、他人に不快感を与えることのない好印象をキープできます。

毛周期の比較

写真02

全身の毛はそれぞれのパーツ毎に毛穴の数や毛の成長スピード、生え方などに違いがあり、全て同時に毛量を調節することは難しいものです。
部分脱毛なら処理したい部分の毛に時期を合わせることができますが、全身脱毛では毛周期にバラつきがあるため、時期がズレた部分の肌は負担が大きくなってしまう可能性があります。
ワキ毛や腕の毛、脚の毛は比較的毛周期が短いと言われており、一方でVラインなどのアンダーヘアは毛周期が長いパーツだと言われています。

その他にも、毛周期が違う胸毛やお腹周りの毛、背中や肩などのパーツを組み合わせて脱毛するなら、それぞれの毛周期や毛の長さなどに合わせて計画的に脱毛することで、一部の皮膚にかかる大きな負担を軽減できます。

RINX(リンクス)の全身脱毛

RINX(リンクス)は、男性脱毛を専門に東京や全国各地に店舗を展開しております。
RINXでは最新の男性専用脱毛機を使用しており、お客様一人一人のご希望に合わせた効率的な脱毛プランをご提案致します。 全身脱毛の際にも時間的負担を感じること無くお気軽に通っていただけます。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る